まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:家計負債

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/24(水) 19:32:01.66 ID:CAP_USER
    韓国、貸出金利の上昇にも家計貸出が再び増加…家計負債が過去最大に

    韓国では貸出金利が上昇しているが、4-6月期の家計貸出が再び増加に転じた。20年ぶりに減少した1-3月期の家計貸出が3カ月ぶりに増加に転じ、家計負債は過去最大を記録した。

    韓国銀行(韓銀)が23日に発表した「4-6月期家計信用(暫定)」によると、4-6月期基準の家計信用残額は1869兆4000億ウォン(約191兆円)だ。前期に比べて6兆4000億ウォン増加した。統計作成が始まった2003年以降、最大規模となった。家計信用は銀行や金融会社公的金融機関からの借入やカード使用金額(販売信用)などを含む家計負債を意味する。

    4-6月期の家計貸出残額は1757兆9000億ウォンで、前期に比べて1兆6000億ウォン増えた。1-3月期に8000億ウォン減少した家計貸出が3カ月ぶりに再び増加した。住宅担保貸出の増加幅が大きくなり、その他貸出の減少幅が減った影響だ。

    4-6月期の住宅担保貸出(1001兆4000億ウォン)は前期比8兆7000億ウォン増加した。増加幅は1-3月期(8兆1000億ウォン)に比べて若干大きくなった。昨年4-6月期の増加幅(17兆6000億ウォン)の半分水準だ。

    韓銀経済統計局金融統計チーム長のパク・チャンヒョン氏は「4-6月期の住宅売買およびチ ンセ取引が前期に比べてやや増加した」とし「チ ンセと集団貸出を中心に住宅担保貸出が増えた」と説明した。

    住宅担保貸出は増えたが4-6月期の信用貸出を含むその他貸出(756兆6000億ウォン)は減った。減少幅(7兆1000億ウォン)は1-3月期(8兆9000億ウォン)より縮小したが、3四半期連続で減少傾向だ。韓銀は「持続する貸出規制と貸出金利上昇の影響」と説明した。金利が急速に上昇しながら相対的に高金利である信用貸出を返済していった影響だと考えることができる。

    4-6月期に増加に転じたが、家計貸出は昨年と比較すると鈍化傾向が顕著だ。増加規模でみると昨年4-6月期(41兆4000億ウォン)にピークをつけた後、昨年7-9月期(34兆8000億ウォン)と10-12月期(12兆1000億ウォン)に増加の勢いが鈍化した。

    韓銀は下半期にも家計貸出の鈍化傾向が続くと予想している。パク氏は「7月から総負債元利金償還比率(DSR)3段階規制が施行され、最近になって金利が相当幅で上昇したことから、このような要因は下半期も持続して家計貸出に影響を及ぼすだろう」と説明した。

    心配な部分もある。パク氏は「8月から生涯最初住宅実需要者を中心に家計貸出規制が緩和されたことからこの部分が家計貸出にどのような影響を及ぼすのか見守らなければならない」と話した。

    中央日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e207cb5c6c81175477eb4e403c06d041ec818f2

    引用元: ・【韓銀】 貸出金利の上昇にも家計貸出が再び増加…家計負債が過去最大に[08/24] [LingLing★]

    【今度利上げでしょ? 【韓銀】 貸出金利の上昇にも家計貸出が再び増加…家計負債が過去最大に[08/24] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/07(火) 08:23:14.86 ID:CAP_USER
    韓国の家計負債が経済規模を考えると、世界主要国36カ国の中で最も多いことが分かった。さらにコロナ禍が頂点を過ぎて低金利時代が幕を下ろし、米国など主要国は国内総生産(GDP)比家計負債の割合が1年前より4%ポイント以上減少し、韓国は0.7%ポイント下落にとどまった。韓国の高い家計負債が金利上昇期の韓国経済を脅かす雷管になり得るという懸念の声が上がる理由だ。6日、国際金融協会(IIF)の世界負債報告書によると、今年1-3月期基準で韓国のGDP比家計負債の割合は104.3%で、調査対象36カ国の中で最も高かった。レバノン(97.8%)、香港(95.3%)、タイ(89.7%)、英国(83.9%)、米国(76.1%)などが後に続いた。特に、家計負債規模が経済規模より大きい国は韓国が唯一だった。

    新型コロナの世界的な大流行(パンデミック)だった1年前に比べても融資の増加傾向ははっきりと落ち着いていない。過去1-3月期における韓国のGDP比家計負債比率は1年前(103.6%)より0.7%ポイント下落した。英国(-7.2%ポイント)、米国(-4.7%ポイント)、日本(-4.6%ポイント)など主要国が4%ポイント以上減少したことに比べられる。

    ソウル大学経済学科のイ・インホ教授は「昨年、政府がDSR(総負債元利金返済比率)など不動産規制を強化したが、マンションの購入など不動産需要は変わらなかった」として「住居価格の上昇が家計負債の減少傾向を鈍化させた『砂袋』になったわけ」と分析した。

    漢陽(ハニャン)大経済学部のハ・ジュンギョン教授は「不動産市場が心理的に安定して家計融資の減少傾向が続くように金融当局の代案が必要な状況」とし「特に、金利上昇期に個人と自営業者の債務調整を含む莫大な負債の『軟着陸』対策など政策的な議論が必要だ」と話した。


    https://japanese.joins.com/JArticle/291848

    引用元: ・【中央日報】韓国、対GDP比家計負債が世界1位…莫大な負債の「軟着陸」対策作りが急務 [6/7] [昆虫図鑑★]

    【また世界一【中央日報】韓国、対GDP比家計負債が世界1位…莫大な負債の「軟着陸」対策作りが急務 [6/7] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/17(水) 17:17:47.50 ID:CAP_USER
    【社説】どうして家計負債比率世界1位の国になったのか=韓国
    ? 中央日報/中央日報日本語版2021.11.17 12:03

    韓国の家計負債が国内総生産(GDP)比で世界1位になった。負債の増加速度もやはり1位だ。15日に国際金融協会(IIF)が明らかにした世界負債報告書の内容によるものだ。4-6月期基準で韓国のGDP比の家計負債比率は104.2%で、調査対象37カ国のうち1位だ。韓国に次いで香港が92.0%、英国が89.4%、米国が79.2%、タイが77.5%の順だった。数字で見るように韓国は家計負債規模が経済規模(GDP)よりも大きい世界で唯一の国だ。さらに深刻なのは方向性だ。家計負債が耐えがたいほど急速に増加している。家計負債は昨年4-6月期と比較して6ポイント上昇した。香港、タイ、ロシアを追い抜いた。

    世界知的財産機関(WIPO)が明らかにした革新国世界5位を誇る韓国がなぜ家計負債比率世界1位の国になったのだろうか。IIFによると家計負債の最も大きな原因は不動産だ。韓国政府の不動産政策失敗で住宅価格が急騰したのが主原因という話だ。26回も続いた規制一辺倒の不動産対策が生んだ結果だった。このため持ち家がない人々は一瞬にしてチャンスを逃した。いまからでも家を買おうとする人たちと急上昇する伝貰資金を調達しようとする人々はなにもかもかなぐり捨ててかき集めなければならなかった。「家計負債世界1位」という不名誉はこのようにして達成された。

    それでも韓国政府と与党は住宅価格の上昇は新型コロナウイルスのパンデミックが呼び起こした世界的現象と投機勢力のためだと強弁する。韓国の住宅価格上昇が2020年から始まったのか、現政権発足時期である2017年からなのかは幼い子どもでもみんな知っていることだ。「投機のせい」は政府の無能さを自ら認める格好だ。規制一辺倒の不動産政策の失敗に新型コロナウイルス時局による過剰流動性が加わって住宅価格が上がり、ともに家計負債も急増したのだ。

    問題は出口が見えないという点だ。急増する家計負債を抑えようとするなら過剰流動性を解消しなければならないが、伝統的アプローチでするなら金利をさらに上げ、貸し出し規制をすべきだがこれすらも容易ではない状況だ。相次ぐ金利引き上げは限界状況に追いやられた家計と企業を崖っぷちに放り出しかねない。金融当局が金利引き上げに慎重な理由でもある。金融機関の貸出規制で秋の引っ越しシーズンに伝貰金を調達できず地団駄を踏んでいる借家人は切迫した状況だ。

    結局解決策は不動産にあるが、規制のドグマに陥った韓国政府は主張を曲げない。新都市計画が遅れ当面の住宅不足を解消できないならば既存の住宅でも売り物が出るようにすべきなのに、途轍もない譲渡所得税課税で退路までふさいでいる。韓国政府が世界1位の家計負債と不動産急騰問題を本当に解決したいなら、規制一辺倒から抜け出し問題の本質を見なければならない。

    https://japanese.joins.com/JArticle/284893?servcode=100§code=110

    引用元: ・【社説】どうして家計負債比率世界1位の国になったのか=韓国 [動物園φ★]

    【国民が馬鹿すぎるだけ 【社説】どうして家計負債比率世界1位の国になったのか=韓国 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/18(月) 18:20:23.16 ID:CAP_USER
    フランス日刊紙ル・モンドがNetflix(ネットフリックス)の韓国ドラマ『イカゲーム』が韓国社会の裏面を投影していると伝えた。 同紙は17日(現地時間)、電子版に掲載した記事で世界的に爆発的な人気を呼んでいる『イカゲーム』が見せている韓国社会の現実を紹介した。

    ル・モンドは韓国の家計負債が国内総生産(GDP)の100%を上回っていて、2014~2018年ソウル・麻浦(マポ)大橋で自ら命を絶った800人余りのうち、多数が借金に悩まされてきたと説明した。

    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)パンデミックまで重なって働き口を見つけることが難しくなった若年層は金を借りながらオンライン賭博や仮想通貨投資をしているという現状も伝えた。 韓国政府がさまざまな対策を講じているが、対策が効果を発揮するまでに不平等はますます広がっていると同紙は分析した。

    一方、先月17日にNetflixを通じて公開された『イカゲーム』は賞金456億ウォン(約44億円)がかかった謎のサバイバルに参加した人々が最後の勝者になるために命をかけて極限のゲームに挑戦する様子を描いたシリーズだ。今月13日基準で世界1億1100万世帯が視聴したことが集計で分かった。

    10/18(月) 13:11 配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c648d73fa8bda9d2a09efeeafe3c0b591a5ebd2

    引用元: ・【中央日報】フランス日刊紙「『イカゲーム』、高い家計負債・自殺など韓国社会の現実」[10/18] [新種のホケモン★]

    【ノンフィクションなんだね 【中央日報】フランス日刊紙「『イカゲーム』、高い家計負債・自殺など韓国社会の現実」[10/18] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/26(水) 08:16:05.24 ID:CAP_USER
    韓国銀行(韓銀)が解く通貨政策が難解な高次方程式になっている。韓国経済の弱点である家計負債の爆発力がさらに高まったからだ。1-3月期の家計の負債が1765兆ウォン(約171兆円)を超えた。資産市場の過熱の影響だ。

    韓銀によると、3月末基準で家計信用の残額は約1765兆ウォン。住宅担保ローン(931兆ウォン)と信用貸付を含むその他貸付(735兆ウォン)などを合わせた数値で、前年同期比154兆ウォン(9.5%)増、前期比37兆6000億ウォン(2.2%)増となった。家計信用は、家計が銀行や保険など金融機関から借りた資金(家計貸付)とクレジットカード使用額など(販売信用)を合わせたもので、全般的な家計負債状況を表す指標だ。

    韓銀のソン・ジェチャン金融筋桂チーム長は「昨年1-3月期以降、住宅売買資金・保証金の需要が続いて住宅担保貸付が増え、新型コロナ事態の長期化による生活資金の需要と株式投資の需要が発生した影響」と説明した。

    経済規模が膨らめば自然に負債も増える。負債の総量が大きくなり、増加幅も過去最大を更新した。問題はその速度だ。1-3月期の家計の負債増加率は前年同期比9.5%だった。金融委員会が設定した今年の管理目標値(5-6%)を大きく上回る。

    さらに市中金利が上昇している。貸付金利の先行指標である国債3年物の利回りは25日、年1.142%となった。年初(1月4日0.954%)と比較すると0.188ポイント上昇している。さらに大きな問題は、金利の変動に脆弱な韓国の家計負債構造にある。韓銀によると、3月基準の銀行貸付(残額基準)で変動金利が占める割合は70.5%にのぼる。利上げが本格化すれば家計の負債がその直撃弾を受けるということだ。通貨政策をめぐる韓銀の算法が複雑になるしかない理由だ。景気は回復傾向にある。韓銀が27日に出す経済修正予測値にもこうした雰囲気が反映される。3.0%と予想していた今年の成長率予測値は3%台後半に、1.3%と見込んでいた物価上昇率も1%台後半に上方修正されると予想される。韓国経済の成長エンジンの輸出も先月、10年ぶりの最大増加率となった。消費心理も5カ月連続で改善している。

    物価上昇圧力は強まっている。先月の消費者物価指数(CPI)は1年前に比べて2.3%上昇し、3年8カ月ぶりに最高値となった。CPIの先行指標である生産者物価指数(PPI)も先月5.6%上昇し、インフレ懸念を強めた。5月の期待インフレ率も2.2%だった。

    米国の通貨政策方向が変わる兆候も表れている。最近公開された米連邦公開市場委員会(FOMC)の4月の議事録で、米連邦準備制度理事会(FRB)が資産購入のテーパリング(段階的縮小)に関する議論を始める可能性があると明らかにした。緊縮に向かう扉を開け始めたという診断があった。

    あふれる流動性による不動産・株式市場、暗号通貨など資産市場の過熱による金融市場の不安感も強まっている。韓銀金融通貨委員会の内部でもこうした問題意識が提起された。4日に公開された4月の金融通貨委員会議事録によると、ある委員は「緩和的金融状況が持続し、民間部門のレバレッジング(借入金)拡大誘引として作用している」とし「金融不均衡累積リスクに対する警戒をさらに強化する必要がある」と述べた。

    とはいえ、緊縮モードへの転換は回復軌道に乗り始めた景気に冷や水を浴びせかねないため、韓銀は慎重にならざるを得ない。通貨政策をめぐる高次方程式を解く最初の試験は27日に開かれる金融通貨委員会だ。

    漢陽大のハ・ジュンギョン経済学科教授は「家計の負債急増をあらかじめ管理しなければ、利上げの衝撃に無防備になる」とし「韓銀が強い緊縮シグナル(信号)よりは『現在の通貨緩和の程度が過度であるため注視する』という程度のメッセージを伝える必要がある」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d94d8a457ce8513aedd718e38e7edcb88a1aa8ba

    引用元: ・韓国の家計負債1765兆ウォン…金利上がれば経済の雷管に[5/26] [首都圏の虎★]

    【そこからが始まりだからな。 - 韓国の家計負債1765兆ウォン…金利上がれば経済の雷管に[5/26] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ