まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:家計負債

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/19(水) 16:55:29.84 ID:CAP_USER
    家計負債残高が1年間で80兆ウォンほど増えた。4-6月期だけで約26兆ウォン増加した。1-3月期の増加額より2倍以上多い。信用貸付が大きく増えた影響だ。前年同期比増加率も6四半期ぶりに5%を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大により1-3月期に急激に減少したクレジットカード使用額は4-6月期に小幅に回復した。

    韓国銀行は19日、「2020年4-6月期の家計信用」(速報値)を発表した。これによると、4-6月期の家計信用残高は1637兆3000億ウォンで3月末より25兆9000億ウォン増加した。前四半期の11兆1000億ウォン、前年同期の16兆8000億ウォンと比較すると増加規模は大幅に拡大した。1年前と比較すると80兆6000億ウォン増えたが前年同期比の増加率は5.2%だった。前年同期比増加率は2016年10-12月期に11.6%まで上昇した後、11四半期連続で下落したが、昨年10-12月期からは4.1%→4.6%→5.2%と着実に高まっている。

    家計信用は銀行や保険会社、消費者金融など金融機関から借りた資金(家計貸付)と、決済前のクレジットカード使用額(販売信用)など、家計が返済しなくてはならない負債を合わせた数値だ。4-6月期の残高基準で家計貸付は1545兆7000億ウォン、販売信用は91兆6000億ウォンだった。家計貸付は前四半期より23兆9000億ウォン増えた。住宅担保貸付は14兆8000億ウォン増加した。増加規模は1-3月期の15兆3000億ウォンよりやや小さくなった。韓国銀行のソン・ジェチャン金融統計チーム長は、「伝貰資金に対する需要が持続する中で分譲物件の増加により集団貸付が増えたのに、貸付規制、政策モーゲージローン取り扱いが減少した影響」と話した。

    大部分の信用貸付を占める「その他貸付」が9兆1000億ウォン増えた。証券会社の信用供与額が7兆9000億ウォン増加した影響で、過去最大規模だ。3月の新型コロナウイルス発の証券市場への衝撃後に株価が急上昇し、多くの人が資金を借りて株式投資に飛び込んだためだ。貸付規制のため住宅担保貸付だけでは住宅資金調達が難しくなり、信用貸付を最大限調達する需要も少なくなかったと分析される。基準金利引き下げ後に信用貸付金利が急速に低くなり、相対的に資金借入負担が減った影響もある。

    1-3月期に新型コロナウイルスの影響で消費が急減し、2003年の統計作成以降で最も大幅に減少した販売信用はプラスに転換した。クレジットカードを中心に前四半期より2兆ウォン増加した。

    中央日報日本語版 8/19(水) 16:39
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c94b9348a562f43e35ba9ab0e5ed5c8d47e85d95

    引用元: ・【中央日報】韓国、家計負債が過去最大…1年で80兆ウォン増加 [08/19] [新種のホケモン★]

    【ヤバイのは無担保ローンかな【中央日報】韓国、家計負債が過去最大…1年で80兆ウォン増加 [08/19] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/22(月) 10:57:59.63 ID:CAP_USER
    韓国貨幣

    韓国の家計負債が主要国と比較して最も速く増えていると確認された。特に今年は新型コロナウイルスの余波で民間部門の信用規模が過去初めて国内総生産(GDP)の2倍を大きく上回る見通しだ。

    国際決済銀行(BIS)が21日に公開した43カ国のGDP比負債比率報告書によると、韓国のGDP比の民間部門(家計+企業)信用の割合は昨年10-12月期基準197.6%で、前四半期の195.0%より2.6ポイント上がった。シンガポールの7.2ポイント、チリの3.1ポイントに次いで上昇速度が3番目に速かった。2018年10-12月期と比較すると10ポイントの上昇だ。

    特に家計部門の信用増加速度は比較対象国のうち最も速かった。GDP比の家計信用の割合は昨年10-12月期基準95.5%で前四半期の93.9%より1.6ポイント高くなった。香港の1.6ポイントと同水準で増加した。ノルウェーが1.0ポイント、中国が0.8ポイント、ベルギーが0.8ポイントなどと続いた。GDP比の家計信用の割合の絶対水準はスイスが132.0%、オーストラリアが119.5%、デンマークが111.7%などに続く7位だった。

    非金融企業信用のGDP比の割合は102.1%で前四半期の101.1%より1ポイント上がった。シンガポールの6.9ポイント、チリの2.7ポイント、サウジアラビアの2.1ポイントに続き4番目に上昇幅が大きかった。2018年と比較してもシンガポールの11.1ポイント、チリの9.2ポイント、スウェーデンの7.3ポイントに続き4番目に増加速度が速かった。GDP比の非金融企業信用の割合の絶対水準は17位で日本の103.9%と同水準だった。

    負債増加の流れは当分続くものとみられる。特に今年はGDP比の民間部門信用の割合が過去初めて200%を超えるのが有力だ。新型コロナウイルス感染拡大の余波で家計と企業とも借り入れが大幅に増加しているためだ。これに対し経済協力開発機構(OECD)が予測した韓国の今年のGDP成長率はマイナス1.2%水準だ。

    韓国銀行によると、5月末基準で銀行の企業向け貸付規模は945兆1000億ウォンだ。今年に入ってから76兆2000億ウォン増え、すでに昨年の増加幅44兆9000億ウォンを超えた。特に大企業が5月までで27兆5000億ウォンを銀行から借り入れ、増加傾向を主導した。昨年大企業は2兆4000億ウォンの借り入れを純償還した。

    家計向け貸付も大幅に増えた。5月基準で銀行の家計向け貸付残高は920兆7000億ウォンだ。今年に入り32兆4000億ウォン増えた。特に6月には信用貸付が急増している。17日基準で新韓銀行、国民銀行、ハナ銀行、ウリィ銀行、農協銀行の5大銀行の個人向け信用貸付残高は116兆5544億ウォンで5月末より1兆8685億ウォン増えた。すでに5月1カ月間の信用貸付増加幅1兆689億ウォンを上回った。

    延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は「新型コロナウイルス拡散前から負債が急速に増加していたが、新型コロナウイルスがこれを加速化した側面がある。成長と投資に寄与する負債ではなく、生存のための負債が大幅に増加するのは今後民間と政府部門に大きな負担を与えるほかない」と話した。

    6/22(月) 9:59 中央日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de7b36963bc3bb8afaaa7604ee316d7be7cdff84

    引用元: ・【借金自転車操業するニダ】韓国、GDP比の家計負債増加速度1位…信用貸付も急増 [6/22] [新種のホケモン★]

    【今更泣き言言うな 【借金自転車操業するニダ】韓国、GDP比の家計負債増加速度1位…信用貸付も急増 [6/22] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/20(水) 18:22:31.81 ID:CAP_USER
    家計負債残高が1年間で71兆ウォンほど増えた。増加率は4.6%で5四半期連続5%以下を維持した。新型コロナウイルスの感染拡大でクレジットカード使用額は大きく減った。

    韓国銀行が25日、「2020年1-3月期の家計信用(速報値)」を発表した。これによると、1-3月期の家計信用残高は1611兆3000億ウォンだ。前四半期より11兆ウォン、前年同期と比較すると71兆4000億ウォン増えた。前年同期比増加率は4.6%だ。家計信用増加率は2016年10-12月期に11.6%まで上昇した後、政府の高強度貸付規制の影響で昨年7-9月期まで11四半期連続で下落した。その流れは昨年10-12月期に途切れ、今年1-3月期も小幅の上昇が続いた。

    家計信用は銀行や保険、消費者金融など金融会社で借りた資金(家計貸付)と決済前のクレジットカード使用額(販売信用)など、家計が返済すべき負債を合わせた数値だ。家計貸付は前四半期より17兆2000億ウォン増加した。住宅売買と伝貰取引が増え住宅担保貸付が増加した。だが証券会社の信用融資減少などでその他貸付は大きく減った。全体の増加規模が前四半期の23兆1000億ウォンより6兆ウォンほど縮小した理由だ。

    預金取扱銀行は住宅担保貸付とその他貸付増加規模がいずれも縮小した。その他金融機関では住宅担保貸付が大きく増えた。庶民型安心転換貸付など政策金融の一部が住宅金融公社に譲渡され金額も増えたのに伴ったものだ。目を引くのは販売信用がマイナスに転じた点だ。前四半期より6兆1000億ウォン減った。2003年の統計作成以降で最低値だ。1年前と比較しても2.1%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で消費規模が大幅に減ったためとみられる。

    中央日報日本語版 5/20(水) 17:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc952b2048c834b42057eddedde9ff2ce6941016

    引用元: ・【借金大国】韓国、家計負債1年で71兆ウォン増加…新型コロナでカード使用額は減少 [5/20] [新種のホケモン★]

    【調べたらとっくに破綻してるじゃねーかタコ】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/26(水) 08:24:20.90 ID:CAP_USER
    家計負債残高が1600兆ウォン(約145兆円)を超えた。1年間で64兆ウォンほど増えた。年間増加速度は遅くなったが、主要国と比較すると依然として家計負債比率は高い水準だ。

    韓国銀行は25日、「2019年10-12月期の家計信用(速報値)」を発表した。これによると、昨年末基準で家計信用残高は1600兆1300億ウォンだった。1年前と比較して4.1%増えた。家計信用は家計が銀行や保険・消費者金融など金融会社から借りた金額(家計向け融資)と決済前のクレジットカード使用額(販売信用)など返済すべき負債を合わせた数値だ。昨年末基準で家計向け融資残高は1504兆4000億ウォン、販売信用残高は95兆7000億ウォンだ。

    昨年10-12月期の増加率は前年同期比4.1%で、7-9月期の3.9%に比べ小幅に上昇した。家計信用増加率は2016年10-12月期に11.6%まで上がった後、政府の高強度の融資規制の影響で昨年7-9月期まで11四半期連続で下落した。この流れが10-12月期に途絶えた。10-12月期の増加規模は27兆6000億ウォンで、前四半期の15兆8000億ウォン、前年同期の22兆8000億ウォンより多い。だが年間増加規模63兆4000億ウォンで2016年以降鈍化の流れが続いている。

    名目国内総生産(GDP)比の家計負債比率は昨年9月末基準で96.6%と確認された。6月末の95.6%よりやや上昇した。韓国銀行関係者は「最近は家計負債増加率が鈍化しているが、名目GDP増加率よりはやや高い水準で割合が上昇したとみられる」と話した。この割合がどの程度になると危険水位なのかの判断は難しいが、貸付が家計経済に負担を与えていることだけは確実だ。4-6月期基準で韓国の可処分所得比家計負債比率は186.1%で、経済協力開発機構(OECD)主要19カ国平均の130.6%(2018年)を大きく上回った。

    預金銀行は信用貸付が増えたが、住宅担保融資増加規模が減り7-9月期より貸し出し増加幅は縮小した。その他金融機関では住宅担保融資とその他貸付がともに増加した。韓国銀行関係者は「庶民向け借り換え融資など政策金融の一部が住宅金融公社に譲渡されたのに伴ったもの。保険会社などを中心にしたその他貸付も前四半期の減少から増加に転じた」と話した。10-12月期の販売信用はカード会社を中心に4兆6000億ウォン増加した。2016年10-12月期以降で最も多く増えた。

    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000003-cnippou-kr

    2/26(水) 7:35配信

    引用元: ・【中央日報】韓国、家計負債1600兆ウォン突破[2/26]

    【節約って知恵がないのか? 【中央日報】韓国、家計負債1600兆ウォン突破[2/26]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/10(水) 23:42:26.42 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    昨年、韓国家計負債の増加速度と国内総生産(GDP)比の割合が主要34カ国のうち1位を占めた。

    7日、国際金融協会(IIF)が発表した「グローバル負債モニター」報告書によると、昨年第4四半期末基準韓国家計負債のGDP比の割合は97.9%で、IIFが国別の数値を提示した34個の先進・新興国の中で最も高かった。 グローバル家計負債のGDP比の割合は59.6%であった。 韓国は平均をはるかに超えることはもちろん、家計負債がGDPの水準まで上昇したわけだ。

    上昇速度も最も早かった。 昨年末、韓国家計負債のGDP比率は、前年度の2017年第4四半期末94.8%より3.1%ポイント上昇した。 これ調査対象34カ国の中で最も大幅に上昇したものである。 グローバル家計負債のGDP比率が同じ期間0.2%ポイント上昇したこととも対比される。 韓国が属する新興市場も同期間36.4%から昨年第4四半期末37.6%で1.2%ポイントの増加にとどまった。 米国などが属している先進市場は73.1%で72.7%で小幅減少した。

    家計負債の比率が高ければ金利が引き上げられる場合、家計の危機につながるたり不良債権が増え、金融会社の不良につながる、金融危機に発展することができる。

    家計負債だけでなく、企業の負債も速い速度で増加した。 韓国非金融企業の負債は昨年第4四半期基準GDP比102.2%で、1年ぶりに3.9%ポイント上昇した。

    昨年、世界全体の負債の増加速度は前年比鈍化し、特に新興市場の負債の増加速度は、2001年以来、最も遅いことが分かった。 IIFは、「世界の負債増加率の急激な減速は主にヨーロッパと中国の影響」と述べた。

    世界日報 原文 2019-04-08 06:03
    https://news.nate.com/view/20190408n03095?mid=n1006

    引用元: ・【韓国】家計負債、GDPの97.9% 主要34カ国のうち1位

    【 いっちばーんwww 【韓国】家計負債、GDPの97.9% 主要34カ国のうち1位 】の続きを読む

    このページのトップヘ