まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:実力

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/21(金) 01:18:49.16 ID:CAP_USER
    「コリア・パッシング(Korea Passing)」は直訳すれば「韓国を飛び越える」という意味だ。韓半島をめぐる国際情勢で韓国を疎外したまま議論を進める現象をいう。1998年、ビル・クリントン米国大統領が日本を飛び越えて中国だけ訪問して帰った状況を「ジャパン・パッシング(Japan Passing)」と呼んだところに由来する。

    しかし、コリア・パッシングはこれよりはるかに歴史が長い。7年間の壬辰倭乱の末、中国と日本の交渉過程から朝鮮は徹底的に排除された。講話に反対して日本攻撃を主張した先祖は中国の交渉責任者、宋応昌から朝鮮軍をむやみに動かすなという訓戒を聞く。

    その450年余り後、朝鮮戦争で韓国は国連司令官を兼任した米国と中国、北朝鮮が行う休戦協定から再び抜けた。コリア・パッシングだ。

    いったいコリア・パッシングというこの屈辱的現象の原因は何だろうか?当然、名分と実力の不在だ。

    まず名分を見よう。もしトランプと習近平が私たちの大統領に「率直に言って韓半島がなぜ統一しなければならないのか分からない」と言ったらどうだろうか?南と北はかなり以前から同じ民族で同じ血筋とか当然、統一しなければならないと言えば彼らの胸の内はどうだろうか?国益だけを考える周辺国にこの様な主張が果たして通じるだろうか?彼らには統一を願う理由がないなら「韓半島現状維持」が最も最善の戦略でコリア・パッシングは当然の結果だ。

    実力を見よう。2016年基準で韓国の軍事力は世界12位、GDP基準経済力は世界11位だ。しかし、問題はすべての実力は相対的だということにある。あたかもパレスチナ人は他の中東地域人より熱心に働いて明晰だが、イスラエルの前では対応できないのと似た局面だ。その上、北核危機を越えて平和と統一を成し遂げる長期的戦略不在も深刻だ。周辺国が「君たちはどのように韓半島に平和と統一を成し遂げるのか?」と問うても「韓半島の平和と統一は必ず必要だ」という原論レベルの回答と「それであなたたちは助けなければならない」という要請だけだ。コリア・パッシングは当然の結果だ。

    これよりもっと残念なのはコリア・パッシングという恥ずかしい表現を使う指導者とメディアの態度だ。指導者としてこの様な自己侮辱的な表現を公開の席上でためらいなく使う政治家たちの姿に、あるいは韓米同盟を唯一無二な対応戦略と提示する彼らを見ながら、朝鮮時代と旧韓末事大主義者などの姿を発見する。

    コリア・パッシングは赤信号だ。解放後、奇跡のような経済成長と国力増大を成し遂げたがそれで充分ではないことの証拠だ。もはや暮らす心配はなく、米国が血盟で守っているので「今のままが良い」という境遇ではない。国際社会は自らを世話する能力がない者に無限の慈悲を施さない。

    1648年、ウェストファーレン条約以後、民族国家の主権が国際社会で保障されたとしても2014年、ロシアのクリミア半島合併に見るように国際社会力の均衡はいつでも変わって結局、名分と力を持った勢力の意志が新しい国際社会の秩序となる。国際社会に堂々と提示する名分とこれを自ら成し遂げる力を育てなければならない。

    韓半島の平和と統一を通じて第二次世界大戦の人類最後の宿題を解き、統一韓半島を新しくデザインして東アジアと世界が体験している時代的痛みを解きほぐす新しい世界の青写真を提示する時、統一は国際社会で名分を持つようになる。未来に発生する状況を複数のシナリオで設定し、世界10位圏の経済力をより一層効果的に活用する戦略と戦術をたてなければならない。

    この頃はそうではないことを望むが、筆者の中高校時代は学校でげんこつをふるう兄たちがいた。そのような兄たちが支配する殺伐とした社会で身体の小さい学生が生き残る方法は勉強しかなかった。死ぬほど勉強して賢いと認められれば兄たちも刺激しなかった。コリア・パッシングをコリア・リーディングに変えるために臥薪嘗胆するこの土地の指導者らを見たい。

    チョ・ジョンフン亜洲(アジュ)大国際大学院教授兼統一研究所所長. 世界学研究所中央アジアセンター長
    no title


    ソース:イーデイリー(韓国語) [モンミョッカルロム]コリアパスでコリアリディンで
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=01279206615996488

    引用元: ・【韓国】 コリア・パッシングからコリア・リーディングへ~韓半島統一への名分と実力を育てよ[07/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それパッシング違うって】韓国人教授「コリア・パッシングという屈辱的現象、韓国に名分と実力ないから」】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/11/24(火)01:58:58 ID:TlV
    2015年11月20日、ウォール・ストリート・ジャーナルの中国語版が中国はかつての日本のようなデフ
    レ危機に陥る可能性があるとする記事を掲載した。

    中略:低金利、低為替の支援が必要と指摘。政治的要因でそれを避ければ20年前の日本と同じデフ
    レ状態になると警告。それに対して様々なコメントが寄せられた。

    「たぶん90年代の日本より恐ろしいことになると思うな」
    「10年前にはもう分かっていたことだろ。中国は日本と同じ道を進んでいる。ただ問題は日本より10
    倍大きい」

    「なぜ中国人の個人消費が増えないのか?それは主な消費者にはお金がなくて、お金を持っている消
    費者は消費する必要がないからだ」
    「普通の消費者はお金がなくて、金持ちは国外で消費するからだろ」

    「デフレになるかもしれないではなく、すでにデフレになっている」
    「危機という言い方が間違っている。これはニューノーマルだ」
    「え?デフレなのか?インフレじゃなくて?」

    「経済成長率が5~7%の世界第二の経済体が、日本のようなデフレになるだって?マイナス成長やゼ
    ロ成長の国が安定した成長というのか?」
    「ウォール・ストリート・ジャーナルはいつも中国経済衰退論を唱えているよね。でも日本と中国で
    は実力が違うんだよ」(翻訳・編集/山中)

    レコードチャイナ
    http://www.recordchina.co.jp/a123698.html

    【今こそ、共産革命のとき来たれり!w【中国】中国は20年前の日本同様のデフレ危機に陥る?=「日本の時より恐ろしいことになる」「日本と中国では実力が違う」―中国ネット[11/23]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 09:26:38.88 ID:???.net
    FOCUS-ASIA.COM 8月7日(金)6時37分配信

    独立70周年、韓国人が最も誇らしかった瞬間とは・・韓国ネット「国民全員が一つになった」「また金融危機が来たら…」

    韓国・国際新聞は5日、韓国人が独立以来最も誇らしい瞬間と考えているのは「2002年韓日ワールドカップの4強進出」であるとする世論調査結果を報じた。

    記事によると、MBCが光復(独立)70周年を迎えて実施した国民認識調査では、「解放以来、最も誇らしい瞬間」に29.5%が「韓日W杯」を選んだ。2位は「1988年ソウル五輪開催」で19.0%、3位が「IMF克服、金集め運動」の6.3%だった。

    調査はMBCが世論調査会社の韓国ギャラップに委託し、一般人3000人と各分野の専門家200人を対象に実施した。

    「光復後に韓国を経済的・社会的に成長させた韓国人の良さ」を問う質問では「勤勉」が1位、「忍耐と粘り強さ」が2位になった。「大韓民国のイメージ」を問う質問では、「太極旗」「ムクゲ」「ワールドカップ」「分断国家」といった回答があった。

    一方、「韓国の国際的地位」を問う質問には、19.0%が「先進国」と回答。2005年の調査の1.9%から10倍に伸びた。

    これに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「ワールドカップはすごかった。国民全員が一つになった瞬間」

    「今の中学生は、ワールドカップが韓国で開かれたことも知らない」

    「ベスト4の実力はなかったが、精神力でがんばってくれた」

    「ワールドカップの時は泣いて喜んだ」

    「大学入学が私の人生で一番輝かしい瞬間だった。就職は、厳しそう」

    「88五輪なんて忘れてた」

    「平昌五輪は最悪の瞬間として記録される」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00000006-xinhua-cn

    引用元: ・【話題】独立70周年、韓国人が最も誇らしかった瞬間はサッカーW杯ベスト4進出「ベスト4の実力はなかったが精神力でがんばった」

    【審判買収がそんなに誇らしいのか【話題】独立70周年、韓国人が最も誇らしかった瞬間はサッカーW杯ベスト4進出「ベスト4の実力はなかったが精神力でがんばった」】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 19:49:58.38 ID:???.net
     韓国メディアの国民日報は29日、佐々木則夫監督率いるサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)が参戦する
    サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会において、E組予選グループで日本時間10日に行われた、
    韓国代表対ブラジル代表の試合後に韓国国内で論議となった代表選手らの化粧について、韓国の女子サッカー代表
    キャプテンのMFチ・ソヨンが「フランスやスペインの選手達に比べたら、私達の化粧はたいしたことはない」と語ったと伝えた。

     記事によれば、チ・ソヨンは国民日報との電話インタビューの中で「化粧論議は全く予想していなかった非難だった」と
    述べたほか「中継放送されるからといって化粧をして試合に出たことは絶対にないし、練習時も日焼け止めとBBクリームぐらいは
    塗るものの、ブラジルの選手達が全く化粧をしないで出場してきたのに対し、私達が着飾って見えたのかもしれない」としながらも
    「ブラジル選手達は化粧のかわりに香水をつけていた」と非難されたことと他国の選手達について述べた。

     続けてチ・ソヨンは「スペインやフランスの選手達に比べれば、私達はたいしたことはない」とし「彼女たちはマスカラや
    アイシャドウなどフルメイクで試合に出場していたし、フランスのある選手はハイライトまでしていたので、驚きを隠せなかった」と
    述べたという。

     さらに、チ・ソヨンは外見をよく見せようとしたとしても、サッカーができないわけではないと言及。サッカー選手達は毎日、
    外での練習のため、太陽と風にさらされるほか、サッカー選手でもあるが、肌を気にする女性でもあるとし、実力とルックスを
    兼ね揃えたサッカー選手になれるよう、常にベストを尽くしていきたいと述べたと報じた。

     また記事は、強豪ブラジルに負けたものの、失点は2点であったため、代表チームには多くの応援と激励が続いていた一方で、
    非難も多かったとし、その非難が他でもない選手達の化粧に関するものであったと伝えた。しかし、韓国国民が女子サッカーに
    関心を集めたことを意識して、外見に敏感な20代の選手達が化粧をするのは当然のことではないかと報じた。

     加えて韓国女子サッカー代表のユン・ドギョ監督は「叱責と非難も関心であり、無関心よりはむしろ非難の方がましだ」とし
    「気にしないように、試合に専念しよう」と選手達を励ましていたとのことだ。

     韓国のネットユーザー達は「化粧しなかったブラジル選手達の方がきれい」「化粧する時間に練習をしなさい」「モントリオール
    オリンピックスタジアムはドームなのに何故化粧をする?」など皮肉った非難のコメントを書き込んでいたと報じた。

    (編集担当:木村友乃)

    infoseek楽天ニュース サーチナ / 2015年6月29日 16時33分
    http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1579468/

    参考画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    関連スレ
    【韓国】サッカー女子 フランスに完敗=W杯 [06/22] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434924546/
    【女子?サッカー】フランスのメディアがパク・ウンソンに性別疑惑申告~「筋肉質の体つきを見ると・・・」[06/22] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434934322/

    引用元: ・【韓国】「実力とルックスを兼ね備えた選手を目指す」と韓国女子サッカー代表キャプテン・・・「化粧して試合」の物議に対して[6/30]

    【みんな真っ白だったw 【韓国】「実力とルックスを兼ね備えた選手を目指す」と韓国女子サッカー代表キャプテン・・・「化粧して試合」の物議に対して[6/30]】の続きを読む

    yaru


    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 16:00:33.14 ID:???.net
    ■「汚物まみれでほふく前進」「遺体を抱いて寝る」・・実力は世界トップクラス、韓国特殊部隊の過酷な訓練とは―中国メディア

    中国メディア「中国軍網」が28日、韓国軍特殊部隊の訓練の実態について紹介する
    記事を掲載した。

    汚水の中に潜伏し、火葬場の遺体を抱いて寝るといった驚くべきことも、特殊部隊に
    とってみれば普通の訓練の一部に過ぎないという。

    記事によれば、韓国軍の特殊部隊は兵力が約3万人。実力は世界トップクラスで、
    米軍を超えるとも言われる。それだけに隊員になるのは容易なことではない。

    特殊部隊のスローガンに「不可能を可能にする」というのがあることからも分かる
    ように、訓練と隊員選抜の過程は過酷だ。

    特殊部隊の日常の訓練でけがをする人の割合は57.5%。5.7人に1人が入院
    するという。

    海軍の特殊部隊に合格するには、訓練から選抜までにいくつかの段階がある。

    第1の段階は14週間にわたって基礎体力を鍛える訓練。装備を加えて重さが
    200キロ以上になるゴムボートと基本的にいつも一緒に行動し、体力を磨く。
    この段階で6割以上の人が脱落するという。

    第2の段階は1週間の「極限体験」。汚物の浮かぶ下水をゴムボートを担いで
    ほふく前進したり、火葬場で遺体を抱いて眠ったりする。訓練参加者が顔などに
    下水の汚物がつくのを嫌がるそぶりを見せようものなら、教官はその参加者の
    頭を汚水の中に沈める。また、防弾服を着た仲間の胸に向けて銃を打つという
    訓練もある。

    そして第3の段階は無人島や谷底からの生還訓練。1週間、食料は与えられず
    草や木の皮、カエルや虫を食べて生き延びる。

    こうした16週間の訓練を経ても、全員が隊員として合格できるとは限らず、
    さらに9日間にわたって400キロメートルを移動する訓練にパスする必要がある。
    (編集翻訳 恩田有紀)

    ソース 新華経済
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140729/Xinhua_90425.html

    引用元: ・【軍事】 「汚物まみれでほふく前進」「遺体を抱いて寝る」…実力は世界トップクラス、韓国特殊部隊の過酷な訓練とは[07/30]

    【たしかにトップクラス(無駄の度合いが) 【軍事】 「汚物まみれでほふく前進」「遺体を抱いて寝る」…実力は世界トップクラス、韓国特殊部隊の過酷な訓練とは[07/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ