まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:実刑

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 14:12:57.01 ID:???.net
    金基宗容疑者を止められなかった警察・裁判所
    人が集まるところに現れ突発的行動、来賓に暴行・服脱ぎ騒ぐ
    6回起訴も執行猶予・軽い罰金刑どまり
    専門家「日本大使襲撃時に実刑だったら二度と外交官襲わなかったはず」

    マーク・リッパート駐韓米国大使を襲撃した韓国市民団体代表の金基宗(キム・ギジョン)容疑者(54)は4年半前に日本の外交官
    も襲っていた。金容疑者は2010年7月、在韓日本大使に向かって手のひら大のコンクリート片2個を投げ付けた。日本大使はこれ
    をかろうじてよけたが、日本の女性書記官に当たり、負傷した。外交官に対する暴力行為は最大で懲役5年となる重大な犯罪だ。
    金容疑者は当時、暴行などで前科2犯だったが、裁判所は懲役2年・執行猶予3年を言い渡した。法律の専門家は「この時に実刑
    を言い渡していれば、再び外交官を襲撃しようとは思わなかっただろう」と話す。従北(北朝鮮信奉)思想だけでなく、数々の法律
    違反に対し軽い処罰しかしてこなかった公権力のお粗末さが、金容疑者をテロリストにしてしまった一因ともいえるというわけだ。

    金容疑者は今回のテロまで6回、警察に立件されている。そのうち4回は人が大勢集まった集会・講演会の会場で暴れたり、
    主要人物に対して暴行あるいは威嚇するというものだった。裁判所の判決は厳罰には程遠いものだった。金容疑者が日本大使を
    襲ったとき、ソウル中央地裁は「被告人は(2010年以前に)罰金刑で一度処罰された以外、特に犯罪の前科がなく、2007年に大統領
    府前で焼身自殺を図った後遺症で健康状態が良くないことや、この事件での行為自体を認め、今後の意思表現に慎重を期すると
    誓った」ことなどを考慮して執行猶予を付けたと説明した。

    ところが、これ以降の金容疑者の行動は裁判所の好意をあざ笑うかのようなものだった。 13年に執行猶予期間が終わるやいなや、
    過激な行動を再開したのだ。金容疑者は昨年2月13日、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の講演会場で当時の西大門区議会
    議長に暴力を振るって立件された。これは、公共交通機関専用地区指定を前にソウル・新村の延世大学で開かれた住民説明会で、
    金容疑者は朴市長に「間違った交通政策で新村を台無しにした」と大声を張り上げて激しく抗議、関係者が止めてもマイクを離さず
    に叫び続け、説明会を妨害したものだ。

    金容疑者は取り押さえようとしていた西大門区議会議長の胸を拳で殴り、頬をたたいた。ソウル市関係者は「金容疑者は催しがある
    たびに現れ、来賓を暴行したり唾を吐いたりするなどの突発的な行動をすることで悪名高く、時には服を脱いで寝転がるなどの醜態
    をさらすこともあった」と話す。金容疑者が騒ぎを起こすのはほぼ常習的だった。しかし、裁判所はこのときも罰金70万ウォン(約7万
    6000円)を言い渡しただけだった。

    ソース:朝鮮日報 2015/03/07 10:52
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/07/2015030700758.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/07/2015030700758_2.html
    no title

    no title


    続きます

    引用元: ・【韓国】駐韓米国大使襲撃事件…「日本大使襲撃時に実刑だったら…」、前科6犯の男をテロリストにした「軽い処罰」[03/07]

    【民族の英雄に実刑とか鬼畜の所業だな。 【韓国】駐韓米国大使襲撃事件…「日本大使襲撃時に実刑だったら…」、前科6犯の男をテロリストにした「軽い処罰」[03/07]】の続きを読む

    chosenjin


    1: ◆E2FCewEIt. 2014/07/09(水)18:38:02 ID:gs8fFXC8c
    人種差別的暴言と暴行に正当防衛で立ち向かったコリアンが、実刑の宣告を受ける危機に
    直面して、コリアンコミュニティの支援を訴えている。

    ニューヨーク・コリアン父兄協会によれば、ペンシルバニア州のロックヘブン大学に在学中の
    イ某さん(19歳=コリアン)は去る4月、友人と一緒に道を歩いている途中、白人の男女カップル
    が口論している現場を目撃に遭遇した。口論していた白人の男はイさんが見つめると、
    東洋人を誹謗する暴言を吐きながらいきなりいさんに襲い掛かった。 この過程でイさんが
    反射的に防御しながら喧嘩が始まった。この喧嘩で相手は歯を折り、イさんも怪我を負った。

    イさんは『正当防衛』だと思っていたが、現在の状況はイさんが4ヶ月の実刑と3年間の保護
    監察を受ける可能性が高くなっている。検察がplea bargaining(交渉を通じて量刑を調整する
    制度)を提示しているからだ。

    ニューヨーク・コリアン父兄協会は9日、イさんの父親とイさんが参加して真相究明のための
    集会を行う予定だ。

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=2660015

    【加害者なのに被害者ヅラ?-【米国】人種差別に立ち向かったコリアンの大学生が実刑を受ける危機に[07/09]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/06/12(木)19:51:55 ID:???
    『ユン・チャンジュン事件は企画』虚偽事実まき散らしたネチズンに実刑


    (ソウル=聯合ニュース)ユン・チャンジュン前大統領府報道官のセクハラ疑惑事件はパク・チウォン新しい政治民主連合議員が企画したという虚偽事実をまき散らしたネチズンが実刑を受けた。

    ソウル南部地方裁判所刑事9単独イ・ギュホ判事は昨年5月13日から16回にかけて自身のツイッターに「(被害者である)そのインターンはパク議員のアメリカ現地妻」という文を載せたネチズンAさんに対して懲役6ヶ月を宣告したと11日明らかにした。

    Aさんは「パク議員がインターンをさせてユン前スポークスマンを誘惑するようにし、パク議員の金を受け取った記者たちが小説を書いた。この事件はパク議員が企画した」と主張してパク議員から告訴にあった。

    調査の結果パク議員と該当インターンは何の関係がないと明らかになった。

    また、Aさんは偏執性精神分裂病患者で2005年8月から数回かけて治療を受けた前歴があった。

    裁判所は「Aさんがパク議員とインターンを誹謗する目的でインターネットに公然と虚偽事実を持ち出してこれらの名誉を傷つけた」と実刑を宣告した理由を説明した。

    韓国日報(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140612091340137800.htm

    引用元: ・【韓国】『ユン・チャンジュン事件は企画されたもの』~虚偽事実まき散らしたネチズンに実刑判決(ソウル)[06/12]

    【で、当の元報道官は懲役何十年になったの?w -【韓国】『ユン・チャンジュン事件は企画されたもの』~虚偽事実まき散らしたネチズンに実刑判決(ソウル)[06/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ