まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:完了

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/15(火) 22:59:19.70 ID:CAP_USER
    LGディスプレーが日本製に依存してきたフッ化水素を全量国産に転換したことが分かった。日本政府が7月4日に輸出規制を実施して以降、100日余りでのことだ。

     LGディスプレー関係者は14日、「ディスプレーの生産に使われる液体フッ化水素を最近全て国産に切り替えた」と述べた。京畿道坡州市、慶尚北道亀尾市などにある国内の有機発光ダイオード(OLED)パネル、液晶パネル生産ラインに国産のフッ化水素を投入した格好だ。

     LGディスプレーは日本が輸出規制に踏み切った直後、日本製のフッ化水素を代替品に切り替える作業に着手。国産品などに対する検証作業を進めてきた。先月から生産工程の一部に国産品を投入し、パネルを生産してきた。同社は国産フッ化水素をテストした結果、これまでの日本製フッ化水素を使用した場合と同じ水準の品質が確保できると判断し、全量の切り替えを決めた。

     パネルの製造工程に投入されるフッ化水素は半導体の工程に使われる物に比べ純度が低い。ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)単位の微細な工程を処理する半導体とは異なり、ディスプレーパネルは微細工程の水準が高くないため、相対的に純度が低いフッ化水素でエッチング、洗浄工程を行うことができる。このため、半導体業界はまだ液体フッ化水素の大半を日本メーカーに依存している状況だ。

     サムスン電子、SKハイニックスは最近、一部工程で日本製の代わりに、韓国メーカーが輸入した台湾・中国製のフッ化水素を投入し始めた。日本は半導体工程用の気体フッ化水素については一部輸出許可を出したが、液体フッ化水素は輸出規制開始以降、1件も許可を出していない。

    崔仁準(チェ・インジュン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/15/2019101580003.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/15 08:40

    引用元: ・【LGディスプレー】フッ化水素国産に転換完了 日本製フッ化水素を使用した場合と同じ水準の品質が確保できる 全量の切り替え[10/15]

    【今まで何度成功ネタあげてんだよe 【LGディスプレー】フッ化水素国産に転換完了 日本製フッ化水素を使用した場合と同じ水準の品質が確保できる 全量の切り替え[10/15] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/12/14(木) 10:45:55.79 ID:CAP_USER
    ■ 独島サイバー戦略センターの役割に期待
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    「日本の挑発、コンテンツで抑える!」

    慶尚北道(キョンサンプクド)の支援機関である(財)独島(トクド)財団は14日、日本の一方的な主張に
    対抗する独島サイバー戦略センターの『K-独島』構築を完了したと明らかにした。

    独島財団が近ごろ試験運営を終えて本格的な運営に入った『K-独島』は、独島関連コンテンツを1ヶ所
    に集めた独島のプラットホームである。

    これまで独島に関連する歴史的真実と、日本の主張の虚構などに対する独島情報を提供する
    ホームページはあったが、独島関連コンテンツを集大成したのは『K-独島』が初めてというのが独島財団
    の説明である。

    『K-独島』には独島関連ニュースと動画、ソーシャルネットワークサービス(SNS)に投稿された写真は
    もちろん、ニューメディア時代の最新トレンドであるカードニュースとジュニア独島、様々な映像コンテンツ
    などを一目で見る事ができる。

    また、独島関連イベントや公募展、イベントなどに関する情報を得る事ができ、国民のコミュニケーション
    の窓口『自由発言台』では、独島に対する自分の考えを自由に交わす事が出来る。

    さらに独島広報物や研究、教育、独島専門マガジンなど、様々な資料もここを通じて共有する計画である。

    他にもK-独島構築を記念して、来る17日までK-独島公式Facebookとホームページで多彩なイベントを
    開き、ネチズンに盛りだくさんの景品を配る予定である。

    イ・サンモ代表取締役は、「独島を日本から守るだけではなく、平和の島である独島に様々な文化・芸術
    のコンテンツを乗せて世界に伝えなければならない」とし、「K-独島の活性化は独島を立体的に広報して、
    日本の一方的な主張を抑えるサイバー戦略センターの役割を果たしてくれる事を期待している」と話した。

    ソース:NAVER/ファイナンシャルニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=014&aid=0003924168

    引用元: ・【韓国】「日本の挑発を抑える」~独島財団、コンテンツプラットフォーム『K-独島』の構築完了[12/14]

    【【挑発してるのは朝鮮人】「日本の挑発を抑える」~慶尚北道が支援の独島財団、コンテンツプラットフォーム『K-独島』の構築完了】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 02:36:38.08 ID:???.net
    韓国でも10月23日、ついにiPhone6Sと同Plusが発売された。日本や他の国よりだいぶ遅れての
    発売であり、その前にサムスン電子やLG電子から新機種が発売されていたので、iPhone6Sと
    同Plusはそれほど売れないだろうと予測した韓国メディアもあった。だが、その予測は見事に
    外れた。

    キャリアのKTの場合、iPhone6Sと同Plusの最初の加入者にはiPad air2とアップルウォッチを
    贈呈し、1年分の通信費(約11万円相当)も無料にするイベントを行った。いつもは前日から
    並んでも十分「第1号」になれたiPhone発売イベントだったが、今回は30代の夫婦が2泊3日
    並んで、第1号になった。

    iPhone大好きな妻に誘われ、夫婦で会社の有給休暇を使い代理店の前で野宿したそうだ。
    2番目に並んだのは男子大学生で、好奇心から第1号になってみたかったとか。KTは、第2号
    にもアップルウォッチを贈呈した。

    KTは19日から、iPhone6Sと同Plusの事前予約を始めた。開始から10分で、用意した5万台分
    の予約が終了した。iPhone 6s 128GB全機種と同64GBローズゴールドは、1分で予約完了した
    ほどだった。

    SKテレコムは、第1号に系列ホテルの宿泊券を、先着100人までiPhone 6sと同Plusの専用
    ケースを贈呈した。LGU+、も第1号には人気芸能人との記念撮影とアップルウォッチエルメス
    を贈呈した。先着100人にもプロジェクターやイヤホンなど、スマートフォンアクセサリーを贈呈
    した。

    (写真)
    no title

    ▲ SKテレコムの代理店

    キャリア3社の報道資料を見ると、iPhone6Sと同Plusは2014年発売されたiPhone6よりも売れて
    いるという。iPhone6より値段も高く、キャリアの補助金も少なくなっているにも関わらず、iPhone5
    から機種変更する加入者が後を絶たない。

    ソース:日経BP
    http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/NPC/15/262980/102900051/?P=1

    >>2につづく

    引用元: ・【スマホ】アイドルもこぞって自慢!韓国でもバカ売れ、iPhone6Sローズゴールドは1分で予約完了(写真)[10/30]

    【サムスンもピンクゴールドを出せば?【スマホ】アイドルもこぞって自慢!韓国でもバカ売れ、iPhone6Sローズゴールドは1分で予約完了(写真)[10/30]】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 08:47:55.69 ID:???.net
    韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00010002-sorae_jp-sctch


     大韓民国(韓国)の未来創造科学部は7月30日、次世代ロケット「KSLV-II」の開発の第1段階が完了し、今年8月から第2段階に入ると発表した。

     KSLV-II(Korea Space Launch Vehicle-II)は、韓国が2011年から開発を行っているロケットで、2017年12月に第1段、第2段のみの試験機を、2019年12月に第3段も追加した試験機を
    打ち上げるとしている。2009年から2013年にかけて3機が打ち上げられた「KSLV-I」ロケット(愛称「羅老号」)は、第1段にロシア製の機体やロケット・エンジンを用いていたが、KSLV-IIはすべて
    韓国国内で開発、製造することを目指している。

     KSLV-IIの全長は47.5mで、直径は第1段が3.3m、第2段が2.9m、第3段が2.6mと、上にいくほど徐々に細くなっている。打ち上げ能力は高度700kmの太陽同期軌道に1500kg、月軌道への
    打ち上げ能力は550kgほどになるとされる。太陽同期軌道というのは地球の観測に適した軌道のひとつで、多くの地球観測衛星や偵察衛星がこの軌道に打ち上げられており、韓国の「アリラン3号」、
    「アリアン5号」などもこの軌道に乗っている。アリラン3号は日本のロケットで、アリアン5号もロシアのロケットで打ち上げられているが、KSLV-IIが完成すれば、同クラスの衛星を自力で打ち上げることが
    可能になる。

     ロケットは3段式で、すべての段で液体酸素とケロシンを推進剤として使用する。第1段には75トン級のロケットエンジンを4基装備し、第2段には第1段と同じ75トン級エンジンを、高真空用に
    改修したものを1基のみ装備、そして第3段には7トン級ロケットエンジンを装備する。

     未来創造科学部は、大きく3段階に分けてKSLV-IIの開発を進めている。第1段階(2010年3月~2015年7月)ではロケットの第3段に装備される推力7トン級のロケット・エンジンの開発、
    燃焼試験や、エンジン試験設備の建設などを行うことを目標としており、今回の発表によると、すべて完了したという。

     これを受けて、今年8月からは第2段階(2015年8月~2018年3月)に入るとされる。第2段階では、ロケットの第1段と第2段に装備される、推力75トン級のロケット・エンジンの開発と、第1段階で
    建設した試験設備での燃焼試験、また75トン級エンジンの性能確認のため、第1段と第2段のみで構成されたロケットの試験打ち上げを行うことなどが計画されている。予定では、2016年6月に
    75トン級エンジンの燃焼試験を行い、また7トン級エンジンの燃焼試験も継続し、2017年2月にロケット全体の詳細設計を完了させ、そして2012年12月に第1段と第2段のみでの試験打ち上げを
    実施する、としている。

     それらも予定通り完了すれば、2018年4月から、最終段階となる第3段階に入るという。そして2019年12月と2020年6月に、第3段も搭載した完成品の状態で2回の打ち上げを行い、開発を
    完了させるとしている。事業期間は2021年3月までの計画で、総開発費は1兆9574億ウォン(約2076億円)になるという。

     その後、2020年12月までに、月周回探査機と月探査ローヴァーをそれぞれ分けて打ち上げる予定もある。これは朴槿恵(パク・クネ)大統領が2013年に、「2020年に月に太極旗をはためかせる」と
    宣言したことが背景にある。

     しかし、韓国にとって75トン級という大推力エンジンの開発は未知の領域であり、開発が遅れる可能性は十分にある。また、KSLV-Iの機体の大半や、発射台などの地上設備はロシア製だった
    ことから、人工衛星を打ち上げられるほどのロケットのシステム全体を開発し、運用した経験もない。したがって、KSLV-IIが計画通り完成し、2020年までに月探査機を打ち上げられるかどうかは
    未知数だ。


    ★1 2015/07/31(金) 21:23:19.61
    前スレ
    【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了[7/31] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1438345399/

    引用元: ・【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了★2[7/31]

    【ハードルの高さが成層圏並【韓国/宇宙開発】韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了★2[7/31]】の続きを読む

    このページのトップヘ