まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:安哲秀

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 18:46:17.54 ID:CAP_USER.net
     【ソウル=名村隆寛】韓国総選挙(13日投開票)まで、6日で1週間となった。選挙戦後半に入るなか、党の公認候補選びで内紛が露呈した与党セヌリ党の苦戦が伝えられる。

     韓国の民間調査機関「リアルメーター」の発表(4日)によると、セヌリ党の支持率は37・1%で、1週間前よりも1・2ポイント減り、3週連続で下落した。

     与党は選挙戦の勝敗を決定づけるソウル首都圏で特に苦戦が報じられている。韓国メディアによると、同党選挙対策委員会が首都圏122選挙区のうち「当選圏内」とみているのはわずか25選挙区。
    朴槿恵(パク・クネ)大統領の地元、大邱(テグ)の複数選挙区でも、同党を離党した無所属候補や野党候補を相手に伸び悩んでいる。

     セヌリ党は、定数300(小選挙区253、比例代表47)のうち、目標獲得議席数を当初、180としていたが、金武星(キム・ムソン)代表が先月末に過半数(151議席)に修正。今週、さらに135議席にまで下方修正した。

     与党苦戦の一方で支持を集めているのは、最大野党の「共に民主党」から離党した有力議員、安哲秀(アン・チョルス)氏が共同代表を務める「国民の党」だ。リアルメーターが4日に発表した支持率は14・8%で、1カ月前よりも3・3ポイント上昇した。

     国民の党は、金大中(デジュン)元大統領の地盤で伝統的に左派が強い南西部の全羅南道(チョルラナムド)・光州(クァンジュ)の28選挙区のうち、23選挙区で優勢が伝えられている。
    これまで「共に民主党」が持っていた票田を大量に奪う勢いだ。

     野党間で進めていた一部選挙区での候補一本化も結局は1選挙区に終わった。
    国民の党は首都圏でも支持を集めており、比例代表では9議席ほどの獲得が予想されている。現有議席20の同党がどこまで躍進するかが、焦点にもなっている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000556-san-kr

    引用元: ・【韓国総選挙】離党者続出で苦戦する朴クネ与党 安哲秀氏率いる第3の党「国民の党」が躍進か

    【朝鮮半島の伝統だな 【韓国総選挙】離党者続出で苦戦する朴クネ与党 安哲秀氏率いる第3の党「国民の党」が躍進か】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 12:50:41.89 ID:CAP_USER.net
     昨年12月に韓国最大野党・新政治民主連合(現在の共に民主党)を離党し、「国民の党」を結成
    した安哲秀(アン・チョルス)人材迎入委員長は1日、韓国政府の従軍慰安婦合意について「今す
    ぐ無効宣言をすべきだ」と主張した。

     安委員長は同日午前、ソウル市麻浦区の同党本部で行われた企画調整会議で、「歴史は省察
    の対象であり、合意の対象ではない」として、上の通り述べた。

     そして、「安倍首相の発言と日本政府の報告書で事態は明確になった。韓国政府が日本政府と
    結んだ慰安婦合意は、最終的かつ不可逆的な合意ではない」と主張した。

     安委員長は「日本政府は従軍慰安婦を強制連行した証拠はないという答弁書を国連に提出した。
    これは、韓日政府が合意に関与したことを安倍首相が謝罪すると言っておきながら、一つの口で二
    つの話したということ」と批判した。

     さらに、「安倍首相と日本政府がこのような妄言を繰り返しているのにもかかわらず、朴槿恵(パ
    ク・クンヘ)大統領と韓国政府は何も言えずにいる」と指摘、「国民の痛みや苦しみを無視する朴大
    統領はどこの国の大統領か分からない。国民が見ても恥ずかしく、国際的な恥だ」と批判した。

    ソウル= キム・テギュ記者  , キム・ナンヨン記者

    ソース:NEWSIS/朝鮮日報日本語版<慰安婦合意:安哲秀氏「朴大統領は国際的な恥だ」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/02/2016020200725.html

    引用元: ・【慰安婦合意】 「朴大統領は国際的な恥だ」~国民の党の安哲秀氏、慰安婦合意に「今すぐ無効宣言をすべきだ」[02/02]

    【合意破棄ってことでいいんだよな? 【慰安婦合意】 「朴大統領は国際的な恥だ」~国民の党の安哲秀氏、慰安婦合意に「今すぐ無効宣言をすべきだ」[02/02]】の続きを読む

    このページのトップヘ