まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:安倍

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/14(火) 23:49:43.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲11日午後(現地時間)ベトナム・ダナンインターコンチネンタルホテルで開かれたアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議で安倍晋三総理とムン・ジェイン大統領が撮影会場に移動するドナルド・トランプ大統領を見ている。/ニューシス

    安倍晋三総理が9月28日、議会を解散したとき、選挙の予想は霧の中だった。国有地安値売却に触発された「私学スキャンダル」で安倍総理の支持率は急落し、7月の東京都議会選挙で圧勝した小池百合子東京都知事が「安倍総理の代案」として脚光を浴びていた。民進党の前原誠司代表が野党候補単一化のため公薦しないと宣言し「政権交替ドラマ」の奇跡が起きるのではないかという期待感もあった。

    しかし、選挙では安倍総理は圧勝した。一部専門家たちは「北風が日本総選挙の結果を分けた」と分析した。北朝鮮の核とミサイル挑発で高まった日本国民の危機意識と「戦争できる国」を作るという安倍総理のナショナリズムが作り出した選挙結果というものだ。安倍総理に批判的な朝日新聞は「安倍総理は韓半島情勢のおかげをこうむる政治家」とさげすんだ。「歴史歪曲」問題で安倍総理を否定的に見る雰囲気が強い韓国でも「極右政治家が「運良く」圧勝した」という様なマスコミの報道が続いた。本当にそれが全てだろうか。

    安倍総理の経済成績表を見れば選挙結果は運や野党の無能、北風のおかげだけではない。2012年12月就任当時、9800だった日経指数が最近2万2000を突破した。失業率は2012年末4.33%から最近2.89%まで急落した。大卒者就職率が2011年91%から今年97.6%に沸騰した。高卒者就職率も98%で完全雇用に近い。史上最悪という就職難を体験している韓国大学生らが仕事探しに日本に行くほどだ。

    2012年12月から始まった日本景気回復傾向が58カ月持続し、これは前後二番目に長い景気回復だ。日本野党は働き口が増えたのは高齢化による人材不足のためであり、株価が上がったのはお金を刷る政策のためだと批判する。しかし、過去の民主党政府はもちろん、自民党政府でもなかった一貫した景気浮揚政策を安倍総理が展開し、その成果が現れている事自体は否定できない。

    日本野党は安倍総理執権後、選挙のたびに「アベノミクス」を批判したが、特別な「代案」を提示できなかった。野党は代案のない批判だけする無責任な政党という烙印が押され、今回の安倍総理の圧勝に一役買った。

    今回の選挙で注目しなければならない、もうひとつのポイントは安倍総理の支持層が20代に広がった点だ。「テレビ朝日」の選挙出口調査の結果、20代が49%で支持率が最も高く、かえって年上である50代(32%)と60代(30%)、70代以上(37%)の支持率が落ちた。保守的な高齢者層が彼を熱烈に支持するという「常識」を破って20代支持率が強気を見せたことは「就職難解決」というアベノミクスの成果のおかげであろう。安倍総理が衆議院選挙前日の夜、最後の街頭遊説場所で若者たちが多く集まる東京秋葉原を選んだのも若い層の支持に対する自信からだろう。

    つまり安倍総理の圧勝は日本社会の「右傾化」ではなく日本国民の「現実主義」「実利主義」の反映という分析も出てくる。経済危機を打開した政治指導者が選挙で圧勝するのはグローバルな常識だ。アンゲラ・メルケル、ドイツ総理が去る9月の総選挙を通じて4選再任を達成した秘訣も1990年ドイツ統一以後、失業率が最低値を記録した経済成績表のおかげだ。

    歴史歪曲発言、独島(ドクト、日本名:竹島)領有権主張などで安倍総理と日本に対する韓国社会の見解が「右傾化パラダイム」に過度に傾倒しているのではないだろうか。「G2時代」としても日本は「世界経済力3位」の経済大国で東北アジア勢力均衡の一つの軸だ。

    安倍総理と日本を正しく見なければ、韓国は日本を克服することも、活用することもできない。

    チャ・ハクポン産業1部長
    no title


    ソース:朝鮮日報(韓国語) [経済フォーカス]「安倍右傾化」メガネだけかけては見られないものなど
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/11/13/2017111303073.html

    引用元: ・【韓国】 「安倍右傾化」のメガネを外して日本を正しく見なければ、韓国は日本を克服することも活用することもできない[11/13]

    【【身の程をわきまえろ】「「安倍右傾化」のメガネを外して日本を正しく見なければ、韓国は日本を克服することも活用することもできない」朝鮮日報(韓国語)】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/14(火) 23:20:49.25 ID:CAP_USER
    http://cphoto.asiae.co.kr/listimglink/6/2017111409281488141_1.jpg
    ▲文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日(現地時間)、第20次アセアン+3首脳会談の記念撮影で安倍晋三総理と手を握っている。写真/マニラ=聯合ニュース

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日(現地時間)、東南アジア国家聨合(ASEAN)関連首脳会議が開かれているフィリピン、マニラでドミトリー・メドベージェフ、ロシア総理と両者会談を持った。

    ムン大統領はこの日の昼12時半から約30分間、フィリピン国際コンベンションセンターで(PICC)両者会談を持って両国協力関係発展の方向性と北朝鮮核ミサイル問題などについて意見を交換した。ロシアナンバー2のメドベージェフ総理はこの日午後、マニラで開かれる東アジア(EAS)首脳会議に参加するためフィリピン訪問中だ。

    EASはアセアン+3(韓国、中国、日本)にオーストラリア、ニュージーランド、インド、米国、ロシアなど18カ国が参加する対話フォーラムだ。ロシアはEASにウラジミール・プーチン大統領の代わりとしてメドベージェフ総理が参加している。本来予定になかった今回の会談はロシア側の要請で行われたという。ムン大統領は9月にウラジオストックで開かれた東方経済フォーラムでプーチン大統領と首脳会談を持ったのに続き2カ月でロシアの第1、2人者の両方と会談を持ったことになる。

    ドナルド・トランプ大統領のアジア歴訪を契機に始まった東北アジア外交「スーパーウィーク」の間、ムン大統領は4強国家のうち日本を除く米国、中国、ロシア指導者と会談を持った。ムン大統領と日本の安倍晋三総理は10~11日、ベトナム・ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議と13日からマニラで開かれているアセアン関連会議に並んで参加している。ダナンに到着した10日からマニラを離れる15日まで6日間、同じ場所で動くが特に会談はしなかった。

    大統領府高位関係者は「私たちは日本に会談を提案しなかったし、日本からも提案はなかった」と話した。ムン大統領が中国との関係を意識して日本と意図的に距離をおく「ジャパン・パッシング」をしていると見られる。日本は中国が警戒心を持つ韓米日3国合同軍事訓練を推進し、中国孤立戦略の「インド、太平洋構想」に韓国の参加を要請している。

    これに先立ちムン大統領はこの日午前、アセアン+3首脳会議に参加し、リー・シェンロン、シンガポール総理と首脳会談を持った。

    ムン大統領はアセアン+3首脳会議で今年スタート20周年をむかえたアセアン+3の協力成果を点検し、未来発展方案について意見を交換した。ムン大統領は「1997年アジア金融危機を成功的に克服するのに中枢的な役割を果たしたアセアン+3協力がスタート20周年を迎え、域内構成メンバーの人生を守る東アジア共同体実現のためにもう一次元、成熟していく必要がある」と強調した。

    ムン大統領は「今回の東南アジア歴訪の際に発表した韓-アセアン未来共同体構想がアセアン共同体の繁栄に寄与することにより、東アジア共同体実現の基礎になることを期待する」と話した。ムン大統領はこの日午後、EASに参加して北核問題と非伝統的安保脅威地域情勢などについて意見を交換する。引き続き領域内包括的経済パートナー協定(RCEP)首脳会議に参加する。

    マニラ(フィリピン)=ファン・ジンヨン記者

    ソース:アジア経済(韓国語) ムン大統領、「ジャパンパッシング」…首脳外交「スーパーウィーク」に米・中・ロ1~2人者会いながら安倍は「パス」
    http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2017111409281488141

    関連スレ:【韓国】韓国新駐日大使「平昌五輪に安倍晋三首相の訪韓を」 日韓首脳シャトル外交に意欲
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1510655914/

    引用元: ・【韓国】 ムン・ジェイン大統領、首脳外交で「ジャパン・パッシング」…米・中・露と首脳会談しながら安倍は「パス」[11/14]

    【【バカの代表はすごいバカw】「ムン大統領、首脳外交で「ジャパン・パッシング」…米・中・露と首脳会談しながら安倍は「パス」」アジア経済(韓国語)】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/08(水) 13:44:30.11 ID:CAP_USER
    2017年11月08日08時16分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    ドナルド・トランプ米国大統領が7日午後、青瓦台で開かれた国賓晩さんで慰安婦被害女性の李容洙さんを抱擁して挨拶している。左は文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真上)。国賓晩さんのコース別メニューに出てきた独島エビ。韓牛カルビ焼きと独島エビのチャプチェを添えた石焼き飯膳が登場した。(写真=青瓦台)
    ドナルド・トランプ米国大統領が7日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた国賓晩さんで、慰安婦被害女性の李容洙(イ・ヨンス)さん(90)と抱擁を交わした。

    この日、青瓦台関係者は李容洙さんを晩さんに招いたことについて、韓国メディアの京郷新聞を通じて「トランプ大統領が日本に行って韓国にも来られるのに、慰安婦問題と韓日歴史問題を韓国の大統領としては扱わざるを得なかった」とし「トランプ大統領がこの問題に対してバランスの取れた見解を持ってほしいという意味ではないか」と説明した。

    イさんは2007年、米国下院外交委員会の旧日本軍慰安婦公聴会でその被害を証言し、米議会から慰安婦決議案を引き出した。最近公開された映画『アイ・キャン・スピーク』のモデルにもなった。

    この日、日本の菅義偉官房長官は記者会見で「一昨年の合意は、慰安婦問題の、最終的で不可逆的な解決について日韓両国間で確認したもの」とし「この合意が着実に実施されることが重要」と述べて不快感を表した。

    晩さんに独島(ドクト、日本名・竹島)エビが含まれたメニューがあることについても「他国の要人をどのように接遇するかについて、政府としてはコメントを差し控えるが、どうかとは思う」とし「北朝鮮問題への対応で日米韓の連携強化が求められる中、悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と明らかにした。この日、晩さんメニューには独島エビのチャプチェが添えられた石焼き飯膳が提供された。

    http://japanese.joins.com/article/177/235177.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁

    【【二国間の合意を破ってマンセ~】「安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁」中央日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/27(金) 08:24:52.15 ID:CAP_USER
    安倍晋三首相の圧勝は文在寅(ムン・ジェイン)政権にとって胸が痛むしかない。文大統領は執権から半年で安倍首相に4回も会った。うち2回は韓日米首脳会議を通じてだ。

    与党消息筋によると、安倍首相はトランプ大統領の前で韓国に対する不満をよく口にするという。「韓国が(対北朝鮮抑止や日米との連携に)消極的」などと告げ口をすることが多かったのだ。

    これに対し文大統領はすぐにトランプ大統領に「実はそうではなく、韓国はやるべきことをこのようにうまくやっている」と反論し、制裁と対話を併行する必要性を説明する構図が続いた。与党関係者は「文大統領の説明を聞くと、トランプ大統領も『韓国の言うことが正しい』と考えを変えた」と伝えた。

    この関係者をはじめ与党の周辺では、安倍首相について「憎らしくてたまらない」という言葉がよく出るという。それでも文大統領は安倍首相と4回会い、電話会談は8回もした。半月後の11月10日にはベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で5回目の会談をする予定という。

    胸中はともかく表面上では「近来最も良い関係」(青瓦台関係者の表現)だ。執権後3年間も安倍首相に会わなかった朴槿恵(パク・クネ)前大統領とは雲泥の差がある。

    もともと進歩政権であるほど執権前には「反日」を叫び、執権後には親日に向かうものだ。北朝鮮に太陽政策を展開するには米国との多少の葛藤が避けられず、日本まで敵に回せば後の処理が難しくなるからだ。

    金大中(キム・デジュン)元大統領と小渕恵三元首相は最高の相性を見せ、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領も任期序盤は小泉純一郎元首相との関係が悪くなかった。

    文大統領もこのような「進歩政権=親日」公式から外れていない。文大統領が執権前に大統領選挙公約として掲げた「12・18慰安婦合意」再交渉は事実上なくなったというのが大半の意見だ。

    現政権の国政企画諮問委員会が明らかにした外交分野の課題から消えた。文大統領本人も安倍首相との会談で再交渉をう回的に要求しただけだ。

    なぜ政府は「羊飼いの少年」になったのか。まず北核危機が強まる状況で慰安婦問題で日本と戦う余力がない。さらに米国は日本を第1中隊、韓国を第2中隊と見なし、中国を抑止するという意志が強い。はっきりと断るのは難しい。

    「我々は中国の反応も見なければいけないのでついて行くことしかしない」としながらも、少なくとも参加するふりくらいはしなければいけない。文大統領が韓米首脳会談の声明に「韓日米協力強化」を入れることに同意した理由だ。

    しかし反日・反米市民団体は政府のこういう「親日」の動きに特に声を出さない。保守政権であればすでに「親日派政権を追い出そう」と大騒ぎになっていただろう。進歩政権だけに与えられる「親日特恵」だ。文在寅政権はこうしたプレミアムをうまく活用する必要がある。

    日本とは「クール外交」が正解だ。一例として懸案の韓日物品役務相互提供協定(ACSA)締結問題は、中国を刺激しないラインで段階的、制限的に進めるのがよい。日本が望む韓日米共同軍事訓練までは進むこともできず、進んでもならない。中国を狙った軍事訓練は韓国に利益になることがないからだ。

    来年は金大中大統領-小渕首相の「韓日共同宣言」20周年だ。一部の知識人、政治家の間では、これを盛大に記念して韓日関係の回復を操り上げようという声が出ている。しかし親しくもない関係を誇大包装すれば逆風を招くだけだ。

    中国がまだ強国でなく韓日関係で大きなイシューにならなかった20年前に時間が戻ることはない。そのような形だけのイベントではなく、中国の浮上を直視しながら実利をつかんで状況を管理する韓日関係の構築が賢明な選択だ。

    カン・チャンホ/論説委員

    http://japanese.joins.com/article/831/234831.html

    引用元: ・【中央日報】安倍首相はトランプ大統領の前で韓国に対する不満をよく口にするという…文大統領、圧勝の安倍首相と「クール」に進め

    【【幼稚園児かよwwww】「安倍首相はトランプ大統領に韓国のことを告げ口。文大統領の説明でトランプ大統領『韓国の言うことが正しい』」中央日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/24(火) 05:12:21.44 ID:CAP_USER
    #1.「必要に応じていつも電話できるような関係を構築してきました。前回は国連総会で米国大統領としては初めて(拉致被害者である)横田めぐみさんに言及しました。そして11月には再びトランプ大統領と首脳会談を行います」。

    衆議院選挙前日の21日午後8時、最後の遊説場所である東京秋葉原駅前で安倍晋三首相がこのように叫ぶと、聴衆からは歓声があふれた。

    この3時間前、名古屋市金山駅南側出口でマイクを握った安倍氏の言葉はもっと露骨だった。「世界が注目する国連演説でトランプ大統領がめぐみさんの話をしてとても嬉しかった。

    その後の首脳会談時に『11月に日本に来たらめぐみさんの両親に会って拉致問題に対する強いメッセージを伝えてほしい』とお願いしたところ、トランプ氏は『シンゾー、分かった。本当に悲しい話だ。米国は全力を尽くして拉致問題解決に協力する』と約束してくれました」。

    名古屋遊説3時間前に行われた岐阜県遊説も同じだった。行く先々で「トランプ、トランプ」。トランプ氏は衆議院選挙運動期間中、安倍氏の常連レパートリーだった。このため「安倍氏の遊説場はトランプ劇場」という言葉まで飛び出す始末だった。

    #2.次は安倍氏と自民党が衆議院比例代表選挙用にテレビ放映した「政見放送」の一部だ。芸能人出身の参議院議員、三原じゅん子氏と安倍氏の間にはこのような会話が行き来した。

    三原氏=「思い出すのは2月の首相訪米の時、北朝鮮がミサイルを発射した。その直後、安倍総理とトランプ大統領が2人並んで、毅然とメッセージを発したことです」

    安倍氏=「あの時、フロリダの大統領の別荘で、私たちは一日借りて北朝鮮情勢をはじめ、世界の様々な課題を語り合いました。その後、夕食の時にミサイル発射の一報が入った。

    私が記者の取材に答えるため『席を外します』と申し上げたら、トランプ大統領が『シンゾー、一緒に行くよ』と言ってくれたんです。そして『米国は100%日本とともにある』、こう力強く語ってくれました」

    三原氏=「アメリカの大統領とここまでの関係を築いたのは安倍総理が初めてだと思います」

    実際、トランプ氏の11月初旬の訪日をあらかじめ把握していた安倍氏が10月22日の衆議院選挙実施を決心したことをめぐり、「トランプの訪日を一種の背水の陣とした可能性が高い」という分析もある。

    トランプ大統領と自身の強力な連帯を武器に、安保問題を最大イシュー化して野党指導者との差別化ポイントとする戦略を立てたということだ。トランプ-安倍氏の蜜月は、11月5~7日に予定されたトランプ氏の訪日期間中に最も劇的に現れる可能性が高い。

    男子ゴルフ世界ランキング3位の松山英樹選手を参加させるなど、安倍氏が心を込めて準備したゴルフのラウンドをはじめ、「おもてなし」と呼ばれる日本式の最高水準の接待をトランプ氏にプレゼントすることが確実だからだ。

    問題はトランプ-安倍氏の蜜月関係が深まるほど、韓米首脳間の関係が相対的に萎縮する可能性があるという点だ。

    ジョージ・W・ブッシュ大統領当時、ホワイトハウス国家安保会議アジア担当上級補佐官を務めた韓半島(朝鮮半島)専門家のマイケル・グリーン・ジョージタウン大教授は、中央日報紙のインタビューで

    「ホワイトハウスは初めは訪韓はなく日本だけに行きたかったものと考える。しかし、多くの専門家が韓米同盟で強力な連帯を示さない場合、北朝鮮を抑えることはできないと説得して訪韓日程も含まれることになったと聞いた」と伝えた。

    中国をけん制しなければならない日本と米国の共通した利害がますます一致し、これを後押しする日米トップの個人的なスキンシップが深くなるほど、北朝鮮の核・ミサイル問題解決のための方法論的見解の違いから始まった「コリアパッシング」問題がますます大きく浮上するのではないかというのが専門家の見解だ。

    http://japanese.joins.com/article/680/234680.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【中央日報】「トランプ劇場」で勝利した安倍氏、韓国への影響は?[10/24]

    【【単に仲が良いとかそんな理由じゃない】「トランプ-安倍の関係が深まるほど、韓米の関係が萎縮する」中央日報】の続きを読む

    このページのトップヘ