まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:安倍

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/07(火) 14:14:45.44 ID:CAP_USER
    トランプと30回目の通話をした安倍、韓国だけをぐいっと抜いて話した

    30番目の電話会談で餅のような共助が続き
    首相官邸は「韓米日協力も確認」と明らかにしたが、
    安倍首相は韓国を抜いて、プーチンと習近平にだけ言及
    「安倍・金正恩無条件会談」にトランプが共感?

    「今後、北朝鮮問題への対応に関連し、すべての面でトランプ大統領と完全に意見の一致を見た。」

    6日夜、ドナルド・トランプ米国大統領と40分間にわたる電話会談終えた後、安倍晋三日本の首相が記者団にこう言った。

    「完全な非核化合意を速やかに実現していくということで意見が一致した。今後も米国と日本はともに対応して行動する」とした。

    トランプ大統領と安倍首相は先月27日、ワシントンで首脳会談を行った。その翌日には一緒にゴルフもした。しかし、北朝鮮が発射体を打ち上げて、両首脳はワシントン会合からわずか8日後に電話をし、最高の相性を誇示したものである。

    両首脳の電話会談は、2017年1月のトランプ大統領就任後、今回が30回目だ。トランプ大統領は25日?28日に徳仁日王就任後に初の国賓として日本を訪問する予定である。

    日本の首相官邸関係者は会見で、「この日の最も重要なトピックは北朝鮮問題だった。かなり多くの話をした」と説明した。

    首相官邸側は、「電話会談で両首脳は、今後の米・日、韓・米・日3カ国間の協力をさらに緊密にしていこうということで完全に意見の一致を見た」、「米国、韓国と緊密に連携し、情報収集と分析、警戒監視活動に全力を尽くしていく」と発表した。

    しかし、通話後に記者らと会った安倍首相は、「朝鮮半島の非核化のため、また(北・日)サミット(の必要性)について、ロシアのプーチン大統領とも中国の習近平国家主席とも認識を共有している」と述べた。


    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=025&aid=0002904991
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=277&aid=0004462370

    引用元: ・【韓国】安倍が韓国を無視

    【北からも無能認定されてんだろうがw【韓国】安倍が韓国を無視 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/10(月) 06:00:10.82 ID:CAP_USER
    ■ 文大統領の公式Twitterにコメント数百件
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公式ツイッターに9日、「安倍晋三総理の無礼を謝罪します」という内容の日本語のコメントが数百件寄せられた。先立って文大統領は北海道で発生した強震に関連して、去る6日に日本国民と安倍総理に送る慰労文をTwitterに投稿した。これに対して安倍総理の返事はなく、日本人と推定されるネチズンが謝罪文を書き始めたのである。

    当時、文大統領は、「自然災害で大きな被害を受けている日本国民と安倍総理に慰労文を送った」とし、「台風と地震で犠牲になった大阪と札幌地域の住民を哀悼する」と述べた。

    安倍総理は文大統領の文には沈黙したが、自身のTwitterのに台湾の蔡英文(つぁぃ・いんうぇん)総統とオーストラリアのスコット・モリソン総理が残した慰労文に対しては、去る7日に感謝の返事を掲載した。

    この事実が判明すると、「安倍総理が文大統領の慰労にだけ無視した」という世論が日本ネチズンの間で広がったと見られる。 その後、文大統領のTwitterには、日本語の謝罪文が相次いで寄せられた。

    ただし、安倍総理がTwitterなどのソーシャルメディアではなく、別の青瓦台(大統領府)チャンネルを通じて文大統領に謝意を示したかは確認されなかった。青瓦台の関係者は、「地震以外にも日本とは常時疎通チャンネルを構築している」と話した。

    ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=023&aid=0003397791

    引用元: ・【日韓】文在寅大統領の地震慰労文に安倍は4日間無回答・・・・日ネチズン、「無礼を謝罪します」[09/10]

    【【日韓】文在寅大統領の地震慰労文に安倍は4日間無回答・・・・日ネチズン、「無礼を謝罪します」[09/10] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/07(土) 09:57:32.23 ID:CAP_USER
    (東京=聯合ニュース) =安倍晋三総理が明治維新後150年に言及してアジアの国家作りを助けていると主張した。

    6日、日本経済新聞によれば安倍総理は同紙が前日、東京都内のホテルで「アジアの価値観と民主主義」という主題で開催したシンポジウムで講演し、「明治(明治維新)150年、日本はアジアの国づくり、民主主義の土台づくりのお手伝いができている」と強調。それと共に「これからも信頼を得られる国であるように努力を続けていきたい」と付け加えた。

    安倍総理は今年が明治維新150年目であることを強調して国民に愛国心を強調する戦略を展開している。日本が明治維新後、韓半島を植民地化し帝国主義侵略戦争を起こした誤りは省略し、近代化の成果だけ強調した。

    年初新年辞(年頭感想)を通じて明治維新を称賛し、「新しい国家」を強調した彼は国会新年施政演説でも明治維新を活用しながら日本が「戦争可能国」に変身できるように改憲ドライブをかけた。

    安倍総理はこの日も過去の誤りに対する反省なしに自国の民主主義について自画自賛した。

    彼は日本民主主義について「多様な試練に直面しながら限りない歩みを歩んできた」として「民主主義は成長するのに長い時間が必要な木と同じだ。土の中に深く根をおろさなければならない」と話した。

    キム・ビョンギュ特派員

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 安倍「明治維新150年日本、アジア民主主義助けている」主張
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/07/06/0200000000AKR20180706074000073.HTML

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1530861776/
    ★1の立った時間:2018/07/06(金) 16:22:56.40

    引用元: ・【韓国】 安倍「明治維新150年、日本はアジアの民主主義を助けている」~過去の反省なしに自画自賛と韓国メディア★2[07/06]

    【【韓国】 安倍「明治維新150年、日本はアジアの民主主義を助けている」~過去の反省なしに自画自賛と韓国メディア★2[07/06] 】の続きを読む

    1: ろこもこ ★ 2018/07/07(土) 08:11:11.84 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00031031-hankyoreh-kr

    朝米首脳会談前後の韓国人認識調査

    北の好感度、2010年調査開始以来最高
    韓国人の好感度が最も高い首脳は“トランプ”
    10人中7人「朝米首脳会談は成果を上げた」
    対北朝鮮信頼度、2013年10.7→54%急騰
    20代は全般的に懐疑的反応、注目

     朝米首脳会談以後、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とドナルド・トランプ米大統領に対する韓国人の好感度が大きく上がったことが分かった。北朝鮮に対する好感度も急騰し、中国と日本を超えたと調査された。

     峨山(アサン)政策研究院が5日に発表した「朝米首脳会談と韓国人の周辺国認識」報告書によれば、金正恩委員長に対する韓国人の好感度は、安倍首相(2.04点)より二倍高い4.06点を記録した。このような結果は、峨山政策研究院がリサーチアンドリサーチに依頼して先月18~20日に全国の成人男女1000人を対象にした電話世論調査(95%信頼水準に標本誤差±3.1%p)とあらわれた。周辺国の指導者に感じる好感度(0~10点)を聞いた結果、昨年11月に底を打った金委員長の好感度(0.88点)は、今年3月2.02点に上がり、今回再び2倍以上騰がったと調査された。研究院側は「指導者好感度調査を始めた2013年以来、金正恩委員長の好感度が1点台前後であった点を考慮すれば、驚くべき結果」として「金正恩委員長が今年初めから対北朝鮮制裁から抜け出すために対話に積極的に取り組んで起きた変化」と解釈した。

     韓国人が最も好感を感じる周辺国の指導者は、トランプ大統領(5.16点)だった。3月(3.76点)に比べてトランプ大統領の好感度も明確に上昇した。朝米首脳会談でトランプ大統領に対するイメージが改善されたとみられる。

     一方、習近平中国国家主席に対する韓国人の好感度は3.89点で、昨年11月(4.02点)と今年3月(3.29点)に比べて大きい変化は見られなかった。同じ期間に安倍晋三日本首相の好感度変化はさらに微小だった。昨年11月の2.04点から今年3月には1.79点に落ちた安倍首相に対する好感度は、6月調査で2.04点を記録した。

     周辺国に対する好感度も大きくは変わらなかった。回答者が最も好感を感じた周辺国はアメリカ(5.97点)で、北朝鮮(4.71点)がそれに続いた。研究院側は「北朝鮮の好感度が4点台を超えたのは、周辺国好感度調査を始めた2010年以来初めて」とし「北朝鮮に強硬な態度を見せた保守層でも、北朝鮮好感度は4.32点で高かったということも興味深い結果」と評価した。調査の結果、中国と日本に対する好感度はそれぞれ4.16点、3.55点とあらわれた。北朝鮮の好感度が中国より高く調査されたのは今回が初めてで、日本を超えたのも約4年ぶりだ。

     6・12シンガポール朝米首脳会談に対する韓国人の評価も高く表れた。10人中7人は「朝米首脳会談が成果を上げた」(71.8%)と答え、「成果がなかった」という回答者(21.5%)より圧倒的に多かった。敵対国だった朝米の首脳が初めて会ったという点が肯定的評価の要因にあげられた。ただし年齢帯別に見れば、朝米首脳会談の成果に対する肯定的回答が相対的に20代の女性(59.7%)で少ないことが調査された。

     「北朝鮮の非核化の可能性はない」という認識は、会談前(3月・23.7%)から会談後(6月・10.2%)に半分以下に減った。同じ期間に北朝鮮の非核化に予想される所要期間は、10.9年から6.5年に短縮された。

     回答者10人中6人は「北朝鮮が合意をちゃんと履行するだろう」と見通した。研究院側はこのような展望が対北朝鮮信頼度と関連があると指摘した。2013年の調査で「北朝鮮を対話相手として信頼できる」という回答者は10.7%に過ぎなかったが、今回の調査では54%に高まった。一方、「北朝鮮を信頼できない」という応答は85.1%(2013年)から43.5%(2018年)に半減した。

     多くの回答者は、南北関係(83.2%)と朝米関係(76.7%)が今後「良くなるだろう」と見通した。文在寅(ムン・ジェイン)政府の対北朝鮮政策に対しては、72.3%が「満足」と答えた。

     研究院側は「多くの韓国人が現状況を肯定的に見ていたが、年齢帯別では視角の差が存在した」として「相対的に20代は北朝鮮(3.95点)と金正恩委員長(3点)に低い好感を示し、北朝鮮を信頼しない方(54.4%北朝鮮不信)だった」と明らかにした。韓米合同演習の中断に対しても、回答者の賛成が51.9%で反対(44.2%)より高い中で、20代は反対(58.4%)意見が賛成(39.1%)を上回った。研究院側は「新しい南北関係を確立しなければならない重要な時期をむかえることになった以上、文在寅政府は20代の対北朝鮮認識に注意を注がなければならない」と指摘した。

    キム・ジウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    引用元: ・【ハンギョレ新聞】韓国人の好感度、金正恩は安倍の2倍[07/07]

    【【ハンギョレ新聞】韓国人の好感度、金正恩は安倍の2倍[07/07] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/06(土) 01:21:19.19 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ムン・ジェイン大統領と安倍晋三日本総理。写真=聯合ニュース提供

    「新しい国作りに向けて改革を強力に推進する。」

    安倍晋三総理の新年の辞の一部だ。そして専門家は安倍総理の発言には「総理再任の意志」が含まれていると口をそろえる。だからだろうか。今年、日本政界の主要関心事の一つに「安倍総理の3再任」が挙げられる。安倍総理が来る9月、自民党総裁選で勝利した場合、日本の歴史上最長総理だった佐藤栄作内閣の神話を越えることが分かった。

    安倍総理の3再任と関連して多様な分析が出ている。その中で眼に触れる分析がある。安倍総理が総理に再任されるためには支持率の反騰が必要で、反騰の踏み台としてパク・クネ政権との「12・28日本軍被害者ハルモニ合意」に再合意するという分析だ。このような分析が出てくるのは現在、日本の民心が見える安倍総理の「支持率」のためと見られる。安倍総理の支持率は着実に下落傾向にある。
    (中略:安倍内閣の私学スキャンダルの説明)

    さらに支持率下落傾向を見せる安倍総理支持率は「弾劾」に直面したパク・クネ前大統領が見せた支持率とも軌を一にするというのが大半の意見だ。安倍総理をめぐるこのような兆しが持続する場合、安倍総理もやはりパク・クネ前大統領の後を追うほかない。従って安倍総理がパク・クネ前大統領と違った道を歩くためには負担になる懸案をはたき落として立ち上がらなければならないということだ。

    現在、我が国では政府与党を筆頭に2015年パク・クネ政権と安倍内閣が合意した「12・28日本軍被害者ハルモニ合意」に対し否定的な立場が出ている。当時の合意が「送受信式政治的合意」だったことが明らかになったからだ。従って、ムン・ジェイン大統領は「合意は両国首脳追認を経た約束ではあるが、私は大統領として国民と共にこの合意で慰安婦問題が解決できないという点を今一度、明確に明らかにする」と釘を刺した。

    これは韓国をはじめ一部の周辺国でも日本を狙った過去問題に言及できるという事だ。過去の問題が周辺国からずっと言及されれば安倍内閣には大きな負担となるだろう。だから安倍総理が新年のムン・ジェイン大統領と「12・28再協議」を通じて支持率反騰試みる可能性があるという分析が尋常ではない。

    大統領府関係者はこれと関連して「安倍総理が平昌(ピョンチャン)オリンピック不参加を示唆したというが、安倍総理の支持率を調べれば、もう少し見守る必要がある。国際行事を通じて支持率の反騰を試みるかもしれないからだ」とし、「12・28再合意説が出てくるとすれば、恐らく安倍総理の支持率のためだろう」と話した。

    ウ・スンジュン記者

    ソース:ニュースウェイ(韓国語) 「支持率底」安倍、文大統領と「12・28再協議」で雰囲気反転?
    http://www.newsway.kr/view.php?tp=1&ud=2018010514164332676

    引用元: ・【韓国】 「支持率底」の安倍、文大統領と「慰安婦合意再協議」で逆転狙うか[01/05]

    【【ちょっと何言ってるかわからない】 「支持率底」の安倍、逆転狙い「慰安婦合意再協議」を【ニュースウェイ(韓国語) 】】の続きを読む

    このページのトップヘ