まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:安倍

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/05(土) 13:01:44.88 ID:CAP_USER
    安倍首相の辞任表明後、日本では次期首相を巡るレースが熱い。おおむね菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長が有力候補に挙げられている。3人のうち誰が首相になっても、すぐに韓日関係改善を期待するのは難しい。

    最大の懸案である慰安婦問題、強制徴用に関して、3人いずれも自民党の立場と異なる意見を掲げたことはない。実際、首相交代の変数の一つとして韓日関係を予測するのは困難だ。

    だが日本の現代政治史を振り返ってみると、「安倍後」の日本と韓日関係を占う四つの糸口を見いだすことができる。

    第一に「管理型内閣」が登場する可能性が高い。1980年、大平正芳首相が急逝して鈴木善幸内閣が成立したが、これといった足跡もない継投型の内閣にすぎなかった。2000年に小渕恵三首相が在任中に入院して、そのまま死去したときも、森喜朗が自民党有力者間の協議を経て首相に推されたものの、わずか1年で退任した。現職首相の健康問題で急きょ成立する内閣は、大抵が管理型にとどまる。

    第二に、長期政権は政策転換の圧力をつくり出す。1964年から8年にわたり政権を握っていた佐藤栄作首相の後任は田中角栄首相だった。田中角栄は佐藤栄作の親米一辺倒路線に反旗を翻して首相になると、敵性国だった中国を電撃訪問し、世界を驚かせた。2001年に自民党主流派の長期政権に反旗を翻して政権をつかんだ小泉純一郎首相もまた、電撃訪朝を断行したことがある。長期政権は党内に新たな路線への渇望を育む。また政権勢力は、ひとたびポストをつかんだら前任者とは区別される自分の足跡を残そうとする。

    第三に、政策転換には国際的な背景がある。1970年代、田中内閣の親中路線の背景には、ベトナム戦争の後遺症による米国の脱アジア政策があった。82年に政権を取った中曽根康弘首相は軍事力強化路線を打ち出したが、これはソ連との冷戦に集中していた米レーガン政権の外交路線に応えるものだった。小泉首相が電撃訪朝など独自路線を実現できた背景には「テロとの戦い」がある。小泉首相は9・11同時多発テロの後、米国へ積極的に協力することにより、それ以外の外交分野では独自性を確保したのだ

    第四に、韓日関係もまた国際構造とこれへの日本の対応に影響を受ける。70年代の韓日関係は、金大中(キム・デジュン)拉致事件や陸英修(ユク・ヨンス)暗殺事件で最低の状態だった。韓日関係悪化の背景として、アジアの同盟諸国を軽視する米国の政策を無視することはできない。また80年代に韓米日関係が急速に改善した理由として、米国が冷戦遂行のため韓日関係改善を強く望んだ事実を省くこともできない。歴代最高と評される金大中政権時代の韓日関係にも、米国と日本の大戦略が作用していた。彼らは、韓米日を中国に対抗する民主主義同盟としてまとめようと考え、これは太陽政策のために米日の支援を必要としていた金大中政権の需要ともぴったり符合した。

    過去のパターンを総合してみると、 短期的には安倍首相後に管理型内閣が登場する可能性が高い。しかし歴代最長政権となった安倍首相の後任者らは、一定期間の後、新たな外交路線を追求するだろう。

    日本が新路線を模索するとき、最も重視する変数は国際構造、すなわち「米中間の競争の中で利益の最大化をいかに実現するか」だ。彼らは、対韓外交もこのような枠組みの中で見ようとするだろう。

    現在、日本の対韓外交はあいまいだ。輸出規制をしつつも実際の輸出はほとんど全て承認している。徴用問題も取りあえず見守るという姿勢だ。1時間を超えた安倍首相の退任表明記者会見で、韓国関連の質問は一つも出なかった。

    日本は現在、米中対立の構図の中で韓国を抱擁すべきか、中国側へ突き放すべきか、悩んでいるようだ。相手がまごまごしているなら、主導権はこちら側にある。米中対決の時代、韓国は日本を抱擁すべきか、それとも突き放すべきか?


    チャン・ブスン関西外国語大学教授

    2020/09/05 06:00/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/04/2020090480108.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/04/2020090480108_2.html

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1599261893/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1599269502/

    コピペ草間大作

    引用元: ・【朝鮮日報】 ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる★3 [09/07] [Ikh★]

    【身の程をわきまえろ【朝鮮日報】 ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる★3 [09/07] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/02(木) 11:52:40.05 ID:CAP_USER
    韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官が2日、「我々の国益の側面で最も悪い人はボルトン、最も醜い人は安倍、それなりに良い人はトランプ、非常に良い人はビーガン」と述べた。

    文補佐官はこの日午前、ソウル汝矣島(ヨイド)国会議員会館で開かれた韓半島平和フォーラム緊急懇談会でこのように語った。前日に「米大統領選前に米朝首脳会談を推進」と話したに続き、この日はジョン・ボルトン前大統領補佐官の回顧録に正面から反論し、韓米朝交渉における韓国政府の役割を前向きに評価したのだ。

    文補佐官は「ボルトンというニューヨーカーの視点で見ると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は悪い人で韓国政府がすべてを創作したというが、我々の視点では文大統領はよくやった」と強調した。

    「個人的によく知っている」とし、文補佐官はボルトン氏という人物を評価した。文補佐官は「ボルトンは米国覇権一方主義を話す人であり、最大限の圧力で制裁し、抵抗すれば軍事力も辞さないというのが基本的な考え」とし「人が死ぬことを気にしない。この視点が回顧録からも伝わる」と話した。

    トランプ米大統領とボルトン氏周辺の人物についても一人ずつ評価した。文補佐官は「おもしろいことにボルトンの最大の友軍は安倍だった。青瓦台(チ ンワデ、韓国大統領府)の鄭義溶(チ ン・ウィヨン)国家安保室長室長が行って話せば、谷内正太郎(当時の日本国家安全保障局長)が行って揺さぶり、文大統領が電話をすれば安倍が揺さぶりをかけた」とし「その過程で安倍の基本主張は、北は信頼できないから絶対に制裁解除はいけないというものだった」と伝えた。続いて「2番目の友軍はマイク・ペンス副大統領だった。ポンペオ(国務長官)はボルトンと連合だと思ったが、機会主義者だった」と語った。

    「ハノイ・ノーディール」にも言及した。文補佐官は「ハノイ会談に向けてトランプはビーガン米国務副長官に協議案を作成するよう伝えたが、これは韓国政府案と非常に似ていた。凍結だけでも部分的に解除し、ロードマップを作って段階的に解決しようというものだった」とし「その後、ボルトンがビーガンの案を見てすぐにペンスに電話をかけ『完全に米国を亡ぼすものであり、北朝鮮の連帯保証をするものであるため、作り直すべき』と指示した」と伝えた。文補佐官は「ボルトンが一番嫌う人が文在寅大統領」とも話した。

    文補佐官は「ボルトンは『文大統領は太陽政策を盲目的に追従し、北を過度に信頼し、うまくいくという希望的な思考を持っている』と話した」とし「(回顧録で言及された)『統合失調症患者』という表現はなかったが、鄭義溶室長がハノイでボルトンに会い、『寧辺(ヨンビョン)核施設非核化は最も重要な兆候だが、そのようにするのは理解できない』という大統領の意向を伝えたのを聞いて統合失調症と表現した」と説明した。続いて「難攻不落のホワイトハウスの『ボルトン守門将』を鄭義溶は突破しようと努力した」とし「ボルトンは偏執症的患者」という発言もした。

    この日、司会を担当した金漢正(キム・ハンジョン)議員は「文補佐官が強く発言した。ボルトン回顧録は過ぎたイシューになっているが、韓米関係と国内に及ぼす影響は大きい」とし「事実関係を歪曲し、外交成果を否定する面も見える。そのような側面を特別補佐官が指摘した」と述べた。

    これに先立ち文補佐官は前日(1日)、「トランプ大統領がいっそのこと大統領選挙前に北との関係を改善し、外交的な突破口を開けば、中国への対応もはるかに有利になるのではないか」という米国家利益センターのハリー・カジアニス韓国担当局長の最近のコラム内容を紹介し、「カジアニス局長のように保守的でワシントンの気流をよく知る友人が中国変数を取り上げながら米朝首脳会談を大統領選挙前にすべきという話をするのを見ると励みになる」と話した。

    中央日報/中央日報日本語版2020.07.02 11:39
    https://japanese.joins.com/JArticle/267672

    引用元: ・【韓国大統領特別補佐官】 「悪人ボルトン、醜い安倍、よい人はトランプ」 [07/02] [荒波φ★]

    【こんな発言するなんて頭おかしい【韓国大統領特別補佐官】 「悪人ボルトン、醜い安倍、よい人はトランプ」 [07/02] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/29(月) 11:57:53.74 ID:CAP_USER
    アメリカのトランプ大統領が主要7か国(G7)首脳会議を拡大して韓国を参加させる構想を立てた後、これまで公式に言及していなかった日本の安倍首相がメディアを通じて反対の意思表明をしたという。
     
    安倍はこのような意思をアメリカに伝達したともいわれている。安倍が反対の意思を表明したのには、北韓(北朝鮮)や中国に対する韓国の姿勢がG7とは異なるという理由を挙げた。また、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が南北の和解を優先して、親中姿勢を見せているというのである。これはトランプが中国と鋭く対立していることを念頭に置いて、小賢しい口実をつけたものと見られる。
     
    これまで日本政府はトランプの韓国を含むG7の拡大構想について、公式の立場を明らかにしていなかった。ただし、菅義偉官房長官が「日本とアメリカとの間で緊密に話し合っている」、「今年のG7首脳会議の日程と開催形態に関しては、議長国であるアメリカが現在検討中と承知している」と言及するにとどめた。もちろん最終的な判断はアメリカのトランプ大統領が最終的に下すはずだが、安倍のこのような介入は決して愉快なことではない。
     
    このような日本の介入は何を意味するのだろうか。共に民主党のソン・ヨンギル(宋永吉)議員はこれについて、『国内向けの嫌韓政治』と評した。
     
    ソン議員の見解はともかく、安倍の茶番は一目瞭然だ。コロナ19の対処について日本国民の感情が激しくなって自身の支持率が下がると、自国民の関心を嫌韓に逸らして危機を突破しようとする意図としか解釈できない。実に無責任な行動である。
     
    安倍が受けている国内政治の負担は、単純にコロナ19の防疫の失敗だけない。相次ぐ政治不正が明るみになり、側近の妄言があふれて政治的に大きな危機に追い込まれている。ここで韓国がG7拡大会議に参加することになれば、アジアの代表国としての地位が揺らぐことも無視できない状況になる。
     
    世界3位の経済大国である日本がこのように苛立って卑劣な妨害工作を繰り広げるのは、かえって哀れに思えるほどだ。 韓国の急成長と『『K-防疫』』によって世界的な地位を高める姿を見て、焦った日本の危機感が暴露した部分だが、歴史的な節目ごとに最も近い隣人ある日本が犯した蛮行については到底許すことができない。
     
    そして安倍の低レベルな政治が、日本の国格(国の品格)を落とす契機になることを分からないというのがもどかしい。日本は国際社会の責任ある一員として、行動に乗り出すべきだ。韓国が国際社会前面に出るのを妨害するのではなく、国際社会に日本が犯した戦争犯罪に対する徹底的な反省をするほうが優先である。

    慶北新聞記者

    ソース:慶北新聞(韓国語)
    http://www.kbsm.net/default/index_view_page.php?idx=280380&part_idx=243

    引用元: ・【韓国】<社説> 安倍の低レベルな政治がもどかしい=慶北新聞[06/29] [ハニィみるく(17歳)★]

    【もしかしてコリアンジョーク?w 【韓国】<社説> 安倍の低レベルな政治がもどかしい=慶北新聞[06/29] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/03(日) 21:37:06.92 ID:CAP_USER
    コロナ19のパンデミック(Pandemic=世界的大流行)は未曾有の危機だ。中世の時代にヨーロッパを死骸で埋め尽くした黒死病(ペスト)、1900年代初頭に数千万人の命を奪ったスペイン毒感(スペイン風邪)にも劣らない、人類の歴史的な災いになるという悲観的な展望も出ている。

    危機であればあるほど指導者の役割が重要となる。この点で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相のリーダーシップは対照をなしている。コロナ19の初期、韓国は深刻な混乱を招いた。しかし文大統領が透明性、開放性、迅速性という原則を立てて国民と通じ合った結果、我々は防疫模範国家という評価を受けている。

    今回の事態を経験して我々は、賢明で洞察力のあるリーダーの重要性を知ることになった。もちろん成熟した市民意識、医療陣の献身、防疫当局の徹底した検査・管理があったため、コロナ19の被害を最小限に抑えたことは周知の事実である。

    日本はどうなのか。閑散とした都市の繁華街には、ネズミの群れがウヨウヨしていると外信は伝えた。東京では連日、感染者が溢れている。ある自治体長は医療陣がゴミ袋を被って診療をしているとし、レインコートの提供を訴えた。都心の路上で死亡した人たちが陽性判定を受け、日本は事実上制御不能状態に陥ったという警告も出た。世界最高の文明国家と偉ぶっていた日本の政治指導者たちは恥かしいに違いない。

    日本が『感染国家』になったのは、安倍首相の責任に間違いない。彼は長期政権に下心を持ち、東京オリンピックの開催に固執して防疫ゴールデンタイムを逃した。その後に打ち出した対策も右往左往しているとし、叱咤が相次いでいる。速度が遅く、一日の検査実績は多くて7,000件に過ぎない。感染者数を減らすために、クルーズ船の感染者は統計から省くというコムス(小細工・みみっちいやり口)も使った。

    安倍政権は揺らいでいる。 朝日新聞の調査によれば、日本国民の66%は来年秋に任期が終わる安倍の4期連続再任に反対していることが分かった。コロナの事態を受け、安倍のリーダーシップに懸念を抱く人々が多くなったのである。安倍は2012年からの第1次政権から現在まで首相職を維持していて、第1次安倍内閣(2006年9月~2007年9月)の期間を合わせ、日本歴代の最長寿の首相になった。

    彼の長期政権は日本特有の派閥政治のせいでもあるが、何より『嫌韓フレーム(なんか最近流行っているっぽいw)』を通じて支持を集めたのが最も大きな要因である。安倍が国内で危機に追われる度に、伝家の宝刀のように取り出すのが『韓国叩き』である。独島(トクド)の領有権主張、歴史歪曲、経済侵略など、絶え間ない挑発で嫌韓感情を煽り立てた。

    安倍は大韓民国と文在寅政権に対し、コンプレックスを持っているようだ。世界が認める韓国の成功した防疫を嘲笑い、韓国産の診断キットについて不良品と云々するのは愚かな自尊心のためである。 韓国を真似するのは屈辱と考える情緒が、安倍政権の内部に広がっているのだ。

    日本は一時、文化経済大国として世界の羨望を集めた。だが今は隣人に財布自慢、拳自慢をする下品な三流国家に転落した。このような現象は、軍国主義で象徴される安倍政権の長期政権期間中に目立った。安倍の偏狭なリーダーシップが、日本にとって毒になっているのである。日本は共存と連帯の指導者が出る時、初めて真の先進国になるという点を忘れてはいけない。

    (え)
    no title

    ▲ ユン・ギルジュ発行人

    ソース:インサイトKorea
    http://www.insightkorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=79561

    引用元: ・【韓国】安倍が死んでも文在寅に勝てない理由[05/03] [ハニィみるく(17歳)★]

    【気持ち悪いわ 【韓国】安倍が死んでも文在寅に勝てない理由[05/03] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/28(火) 09:18:51.90 ID:CAP_USER
    |輸出規制から嫌韓措置まで・・・韓国内の反日感情も極度に悪化

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が、韓日対立の感情の溝を深める形になっている。全世界的に国家間の防疫の協力と保健物資の支援が行き交う中でも、唯一我が国と日本だけは流れに逆行しているのである。

    去る2018年、我が国の大法院(最高裁)による強制徴用賠償判決を皮切りに、昨年7月の日本政府による一方的な輸出規制強化措置まで続く一連の対立が、爆発直前にまで至っているという分析まで出ている。

    最近日本のメディアで、我が国のコロナ19診断キットが日本に支援されるだろうという報道も出たが、日本政府はこれを公式に否定した。

    27日の朝日新聞によれば、日本政府の報道官である菅義偉官房長官はこの日の定例記者会見で、「現時点で韓国政府と(コロナ19検査キットなどの)支援に関する具体的なやりとりをしている事実はない」と述べた

    朝日は前日、複数の韓国政府高官らを引用したソウル発の記事で、「韓国政府が日本側の要請を前提に、コロナ19検査キットなどを支援を検討中だ」と言いながら、「日本側の意思を聞くため、保健当局間の電話での協議を提案している」と報道した。

    これにより、コロナ19の対応のための両国間の協力の可能性は、再び水面下に沈んだ状況となっている。

    コロナ19による両国の感情的な対立は、最近になって極度に突き進んでいる。これはコロナ19により、我が国と他国との関係を見ても明らかである。

    我が国は米国とアラブ首長国連邦、インドネシアなどに優先的に診断キットを支援して、欧州の複数の国とも防疫体系を共有している。ウズベキスタンは防疫体系を構築するため、我が国の保健専門家の派遣を要請している。

    しかし、日本だけは例外だ。依然として入国制限措置を維持しており、最も隣接している国であるにもかかわらず、防疫のための協力は見られない状態である。

    このような背景には、コロナ19に対処する日本の姿勢に主な原因があると指摘されている。事態の初期から、韓国の防疫対策について非難に近い発言をしてきた日本は、先月5日に事前予告もなく我が国に対する入国制限措置を強化して国民の公憤(公衆の憤怒)を買った。

    嫌韓感情は、マスク支援の議論でMAXファイヤーに達した。先立って、チ ン・セギュン(丁世均)国務総理が米国と日本などにマスクを輸出・支援する案を検討したという報道がハプニングで終わり、おりしも台湾が日本にマスクを支援すると、すぐに日本国内で韓国を非難する声が高まった。

    ソース:ソウル=news1(韓国語)
    https://www.news1.kr/articles/?3919227

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】『韓日対立』がコロナでさらに深まる・・・安倍は『嫌韓フレーム』が主導[04/28] [ハニィみるく(17歳)★]

    【いつまでもしつこくつきまとってくるな。 【韓国】『韓日対立』がコロナでさらに深まる・・・安倍は『嫌韓フレーム』が主導[04/28] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    このページのトップヘ