まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:安倍

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/03(日) 21:37:06.92 ID:CAP_USER
    コロナ19のパンデミック(Pandemic=世界的大流行)は未曾有の危機だ。中世の時代にヨーロッパを死骸で埋め尽くした黒死病(ペスト)、1900年代初頭に数千万人の命を奪ったスペイン毒感(スペイン風邪)にも劣らない、人類の歴史的な災いになるという悲観的な展望も出ている。

    危機であればあるほど指導者の役割が重要となる。この点で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相のリーダーシップは対照をなしている。コロナ19の初期、韓国は深刻な混乱を招いた。しかし文大統領が透明性、開放性、迅速性という原則を立てて国民と通じ合った結果、我々は防疫模範国家という評価を受けている。

    今回の事態を経験して我々は、賢明で洞察力のあるリーダーの重要性を知ることになった。もちろん成熟した市民意識、医療陣の献身、防疫当局の徹底した検査・管理があったため、コロナ19の被害を最小限に抑えたことは周知の事実である。

    日本はどうなのか。閑散とした都市の繁華街には、ネズミの群れがウヨウヨしていると外信は伝えた。東京では連日、感染者が溢れている。ある自治体長は医療陣がゴミ袋を被って診療をしているとし、レインコートの提供を訴えた。都心の路上で死亡した人たちが陽性判定を受け、日本は事実上制御不能状態に陥ったという警告も出た。世界最高の文明国家と偉ぶっていた日本の政治指導者たちは恥かしいに違いない。

    日本が『感染国家』になったのは、安倍首相の責任に間違いない。彼は長期政権に下心を持ち、東京オリンピックの開催に固執して防疫ゴールデンタイムを逃した。その後に打ち出した対策も右往左往しているとし、叱咤が相次いでいる。速度が遅く、一日の検査実績は多くて7,000件に過ぎない。感染者数を減らすために、クルーズ船の感染者は統計から省くというコムス(小細工・みみっちいやり口)も使った。

    安倍政権は揺らいでいる。 朝日新聞の調査によれば、日本国民の66%は来年秋に任期が終わる安倍の4期連続再任に反対していることが分かった。コロナの事態を受け、安倍のリーダーシップに懸念を抱く人々が多くなったのである。安倍は2012年からの第1次政権から現在まで首相職を維持していて、第1次安倍内閣(2006年9月~2007年9月)の期間を合わせ、日本歴代の最長寿の首相になった。

    彼の長期政権は日本特有の派閥政治のせいでもあるが、何より『嫌韓フレーム(なんか最近流行っているっぽいw)』を通じて支持を集めたのが最も大きな要因である。安倍が国内で危機に追われる度に、伝家の宝刀のように取り出すのが『韓国叩き』である。独島(トクド)の領有権主張、歴史歪曲、経済侵略など、絶え間ない挑発で嫌韓感情を煽り立てた。

    安倍は大韓民国と文在寅政権に対し、コンプレックスを持っているようだ。世界が認める韓国の成功した防疫を嘲笑い、韓国産の診断キットについて不良品と云々するのは愚かな自尊心のためである。 韓国を真似するのは屈辱と考える情緒が、安倍政権の内部に広がっているのだ。

    日本は一時、文化経済大国として世界の羨望を集めた。だが今は隣人に財布自慢、拳自慢をする下品な三流国家に転落した。このような現象は、軍国主義で象徴される安倍政権の長期政権期間中に目立った。安倍の偏狭なリーダーシップが、日本にとって毒になっているのである。日本は共存と連帯の指導者が出る時、初めて真の先進国になるという点を忘れてはいけない。

    (え)
    no title

    ▲ ユン・ギルジュ発行人

    ソース:インサイトKorea
    http://www.insightkorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=79561

    引用元: ・【韓国】安倍が死んでも文在寅に勝てない理由[05/03] [ハニィみるく(17歳)★]

    【気持ち悪いわ 【韓国】安倍が死んでも文在寅に勝てない理由[05/03] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/28(火) 09:18:51.90 ID:CAP_USER
    |輸出規制から嫌韓措置まで・・・韓国内の反日感情も極度に悪化

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が、韓日対立の感情の溝を深める形になっている。全世界的に国家間の防疫の協力と保健物資の支援が行き交う中でも、唯一我が国と日本だけは流れに逆行しているのである。

    去る2018年、我が国の大法院(最高裁)による強制徴用賠償判決を皮切りに、昨年7月の日本政府による一方的な輸出規制強化措置まで続く一連の対立が、爆発直前にまで至っているという分析まで出ている。

    最近日本のメディアで、我が国のコロナ19診断キットが日本に支援されるだろうという報道も出たが、日本政府はこれを公式に否定した。

    27日の朝日新聞によれば、日本政府の報道官である菅義偉官房長官はこの日の定例記者会見で、「現時点で韓国政府と(コロナ19検査キットなどの)支援に関する具体的なやりとりをしている事実はない」と述べた

    朝日は前日、複数の韓国政府高官らを引用したソウル発の記事で、「韓国政府が日本側の要請を前提に、コロナ19検査キットなどを支援を検討中だ」と言いながら、「日本側の意思を聞くため、保健当局間の電話での協議を提案している」と報道した。

    これにより、コロナ19の対応のための両国間の協力の可能性は、再び水面下に沈んだ状況となっている。

    コロナ19による両国の感情的な対立は、最近になって極度に突き進んでいる。これはコロナ19により、我が国と他国との関係を見ても明らかである。

    我が国は米国とアラブ首長国連邦、インドネシアなどに優先的に診断キットを支援して、欧州の複数の国とも防疫体系を共有している。ウズベキスタンは防疫体系を構築するため、我が国の保健専門家の派遣を要請している。

    しかし、日本だけは例外だ。依然として入国制限措置を維持しており、最も隣接している国であるにもかかわらず、防疫のための協力は見られない状態である。

    このような背景には、コロナ19に対処する日本の姿勢に主な原因があると指摘されている。事態の初期から、韓国の防疫対策について非難に近い発言をしてきた日本は、先月5日に事前予告もなく我が国に対する入国制限措置を強化して国民の公憤(公衆の憤怒)を買った。

    嫌韓感情は、マスク支援の議論でMAXファイヤーに達した。先立って、チ ン・セギュン(丁世均)国務総理が米国と日本などにマスクを輸出・支援する案を検討したという報道がハプニングで終わり、おりしも台湾が日本にマスクを支援すると、すぐに日本国内で韓国を非難する声が高まった。

    ソース:ソウル=news1(韓国語)
    https://www.news1.kr/articles/?3919227

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】『韓日対立』がコロナでさらに深まる・・・安倍は『嫌韓フレーム』が主導[04/28] [ハニィみるく(17歳)★]

    【いつまでもしつこくつきまとってくるな。 【韓国】『韓日対立』がコロナでさらに深まる・・・安倍は『嫌韓フレーム』が主導[04/28] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/11(金) 07:58:56.96 ID:CAP_USER
    |日本の経済報復100日経っても『韓国叩き』姿勢変わらず
    |保守右翼横行して日本社会に嫌韓ムード拡散
    |『安倍政権批判’』日本の内部の声ますます高まる
    |『報復撤回・心からの謝罪』安倍政権に要求

    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/-RhGUEspiC8


    ____________________________________________________________

    <アンカー>
    強制徴用判決に対する報復が明白ですが、安全保障問題のために輸出規制をしたという日本政府の主張は100日経ってもそのままです。

    右翼まで加勢した、いわゆる『韓国叩き』が拡散する中、一方ではこれを批判する声もますます高まっています。

    東京からファン・ボヨン特派員が報道します。
    _________________

    <記者>
    大阪に集まったG20の首脳たち前で、自由貿易を力を込めて強調した日本の安倍首相。

    <安倍晋三 / 日本首相>
    「自由、公正、無差別、このような自由貿易の基本原則を今回のG20で明確に確認しました」

    『大阪宣言』のインクが乾く前に、日本政府は安全保障問題を口実に自由貿易の価値を自ら損なう、韓国輸出規制措置を発表しました。

    <世耕弘成(経済産業大臣=当時)>
    「日本政府は輸出管理上の措置として、粛々と手続きを行っています」

    続けて韓国を輸出優待国、すなわち『ホワイトリスト』から除外してしまう措置も断行しました。

    暇さえあれば韓国を『信用できない国』と貶し、無差別に『韓国叩き』に没頭する姿勢は経済報復が100日過ぎても全く変わっていません。

    <安倍晋三(日本の総理=10月8日)>
    「韓国が国際法に基づき、国家間の約束を順守して、韓日関係を健全に戻す機会を作ることを求めます」

    このような雰囲気に便乗した保守右翼が大手を振り、日本社会はますます嫌韓ムードに染まっています。

    しかし、『経済報復』、『嫌韓拡散』のブーメランは、観光で食いつないでいる日本の地域経済が直撃弾を受けました。

    韓国の観光客で賑わっていた九州やテマド(対馬島)、鳥取などから、韓国人がほとんど見られなくなったからです。

    <オウラ・コジ(対馬島の食堂店主)>
    「(お客さんが)ほとんどいません。長期に及ぶのではないかと思います。 ますます悪くなっています」

    韓国に対する輸出も目に見えて減り、韓国に進出した事業も苦戦を強いられ、日本の財界の不満も積もっていく雰囲気です。

    こうした中、目が覚めた知識人と市民は街に出ることが多くなりました。

    馬鹿げた『韓国叩き』を中断して、侵略の歴史から始まった強制徴用と慰安婦問題などに対し、安倍内閣が心からの謝罪をしなければならないと声を高めています。

    <渡辺多嘉子(日本の市民団体の関係者)>
    「自民党の教育政策で歴史が歪曲されてきました。何とかしないといけない。安倍政権は一日も早く退陣しなければならない」

    歪んだ歴史認識を基に全てのことを韓国せいにする安倍内閣が、経済報復の副作用を心配して軌道修正を求める良心の叫びを真剣に悩む可能性は、今後もしばらく高くないという見方が優勢です。

    東京からYTN、ファン・ボヨンでした。

    ソース:YTN(韓国語)
    https://www.ytn.co.kr/_ln/0104_201910102213057651

    引用元: ・【韓国YTN】『韓国叩き』変わらない安倍・・・反発には『知らんぷり』[10/11]

    【約束守れって言われると、叩かれた!と叫く 【韓国YTN】『韓国叩き』変わらない安倍・・・反発には『知らんぷり』[10/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 06:19:30.72 ID:CAP_USER
    ■ 朴元淳市長、毎日新聞とのインタビューで「自治体・民間レベルで両国の交流を回復しなければ」
    (写真)
    no title

    ▲ 朴元淳ソウル市長
    __________________________________

    朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、「市民(韓国人たち)は日本自体や日本国民を排斥しようとするものではない」と言いながら、「地方自治体や民間レベルの両国間交流を回復させなければならない」と日本のメディアに述べた。パク市長は、来年の東京オリンピックに積極的に協調する意思も明らかにした。

    パク市長は29日、日本の毎日新聞に掲載されたインタビューでこのように述べ、「長い間構築してきた、平和と共生の両国関係を改善させる努力が必要だ」と強調した。

    パク市長は、ソウル・中区(チュング)が日本製品不買と日本旅行拒否を促す旗を掲げた後、市民の批判を受けて撤去したことを例に挙げて、「市民は安倍政権の政策には反対しているが、日本自体や日本国民を排斥するものではない」と述べた。

    パク市長は、ソウル市議会が通過させた『日本の戦犯企業製品の公共購買制限に関する条例案』などに対してソウル市が再議を要求したことについて、「韓日間の問題を解決する適切な方法ではないという意見が多かったため」と説明した。ソウル市議会は去る6日、日帝時代に徴用被害者が働いた日本企業を『戦犯企業』に規定して、該当企業の製品購入をしないように努力義務を課すなどの内容の条例案を可決したが、ソウル市は26日に廃案要求書を議会に提出して『受け入れ不可』の立場を明らかにした。

    パク市長は、ソウル市が2032年夏季オリンピックを平壌(ピョンヤン)と共同で誘致する案を持っていることに言及した後、「来年の東京オリンピックが成功を収められるよう、アジアの都市が協力しなければならない」とし、2022年冬季オリンピックが開かれる中国・北京を始めとした都市間の提携の必要性を強調した。

    東京=キム・テギュン特派員

    ソース:ソウル新聞(韓国語)
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190930027019

    引用元: ・【韓国】ソウル市長、「韓国が排斥するのは日本ではなく、安倍の政策」[09/30]

    【それなら内政干渉だろwwwww【韓国】ソウル市長、「韓国が排斥するのは日本ではなく、安倍の政策」[09/30] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/04(木) 10:49:26.39 ID:CAP_USER
    「日本政府の報復は今ようやく始まったばかりだ」

    早稲田大学政治経済学部の深川由起子教授の警告だ。日本に居住する日本人の深川氏は30年以上にわたり韓日両国の政治や経済を同時に分析してきた「韓国通」だ。2日、中央日報とのインタビューで深川氏は日本現地の激昂した雰囲気を生々しく伝えた。

    日本政府は1日、韓国大法院の強制徴用判決に対する事実上の報復措置を発動した。日本から韓国に輸出するテレビ・スマートフォン・半導体用の材料を4日から「包括的輸出許可」対象から除外する内容だ。日本政府のこのような措置に対して、深川氏は「日本政府が準備している多様な報復カードのたった1枚を切ったにすぎない」と説明した。今回の措置は単に一回だけの措置では終わらないという見方だ。

    深川氏によれば、昨年10月、日本企業が日帝強制徴用被害者に賠償するべきだという韓国大法院の判決が下されてから8カ月の間、日本では主要内閣官僚がどのように韓国に対して報復するべきか公に言及していたという。深川氏は「実際、麻生太郎副首相兼財務相がテレビに出演して『(韓国に報復する)非常にさまざまな方法がある』と述べたことがある」と話した。

    日本政府は複数の政府部署が共同で戦略を立ててきたという。たとえば経済産業省は1日に発表したように戦略物資の輸出を統制した場合、韓国経済に及ぼす効果が大きいカードを長期間検討してきたという。また、法務省は韓国を訪問しようとする日本人のビザ発行を難しくし、農林水産省は韓国産水産物の検疫を強化する形だ。

    この他にも送金規定を厳格に制限したり、韓国企業が日本に輸出する特定製品に関税を課す方案など「日本政府は数多くの報復カードを持っている」とし「麻生副首相が『慎重に一つずつじわじわカードを切るだろう』と話した」と説明した。

    韓国政府は世界貿易機関(WTO)を通じて提訴するなど国際法を根拠にこれに対抗する計画だ。だが、このような対応方法についても深川氏は効果が大きくないだろうと予想した。

    深川氏は「韓国政府が高高度ミサイル防衛(THAAD)体系を韓半島(朝鮮半島)に配備すると、中国政府は国際法違反素地のある経済的報復行為をしたが、日本は法的問題のない『グレーゾーン(grey zone)』をじっくり検討してから本格的にカードを切った」とし「慎重で徹底した日本政府が、国際法上、根拠の不足した措置を切るとは思えない」と分析した。西村康稔官房副長官も1日、「WTOの規則に基づいて実施する」と主張したことがある。

    深川氏は事態がここまで深刻化した背景として韓国政府の対応を厳しく指摘した。日本政府の警告を韓国政府が事実上無視してきたという点だ。

    https://japanese.joins.com/article/162/255162.html

    引用元: ・【輸出優遇除外】韓国通早大教授 中央日報に「選挙を狙った安倍強硬策?とんでもない、日本の報復はまだ始まったばかりだ」

    【バカは理解できないからバカと言われるんだぜ?【輸出優遇除外】韓国通早大教授 中央日報に「選挙を狙った安倍強硬策?とんでもない、日本の報復はまだ始まったばかりだ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ