まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:子会社

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 22:02:47.80 ID:CAP_USER
    【ソウル時事】半導体関連メーカーのフェローテックホールディングス(本社東京)は16日、韓国子会社での半導体製造装置部材の開発・製造・販売事業から撤退すると発表した。韓国の司法判断に対する懸念が背景にあり、進出企業の事業継続に影響を与えた形だ。

     子会社をめぐっては、元従業員3人が2月、営業機密侵害などの罪で韓国検察当局に起訴された。フェローテックは「昨今の韓国における日系企業に対する司法判断などに鑑みると、司法の独立性が完全に担保されない懸念があり、潜在的なリスクを現段階で最小化することが最も適切と判断した」と説明した。
     韓国最高裁は昨年10月以降、元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下し、日韓関係が悪化している。フェローテックは事業撤退により4億~6億円の損失を見込んでいる。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041601104&g=int
    時事ドットコム 2019年04月16日20時03分

    引用元: ・【韓国子会社の事業撤退】=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック[4/16]

    【そりゃ司法より感情が優先される国ですから【韓国子会社の事業撤退】=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック[4/16] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/26(水) 20:54:27.09 ID:CAP_USER
    韓国化学大手OCIは26日、日本の化学メーカーのトクヤマから太陽電池材料の多結晶シリコンを生産するマレーシアの子会社の全株を買収すると発表した。

    昨年10月に株式16.5%を2400万ドル(約27億円)で取得したのに続き、残りの83.5%を1億7600万ドルで取得する。取得総額は2億ドルとなる。

    OCIは韓国内の工場で年間5万2000トンの多結晶シリコンを生産している。今回の買収で年産7万2000トンとなり、世界2位に浮上するという。

    トクヤマは2009年にマレーシアに進出し、太陽電池や半導体用の多結晶シリコンを生産してきたが、ここ数年は太陽光関連の市況の急落を受け経営が悪化していた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/26/2017042603257.html

    引用元: ・【経済】韓国OCI 日本の化学メーカー、トクヤマのマレーシア子会社を買収=総額2億ドル[4/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【二束三文】韓国OCI、2億ドルでトクヤマのマレーシア子会社を買収】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/30(水) 03:20:13.48 ID:CAP_USER
    山口宇部空港(宇部市沖宇部)に11月28日、同空港初となる「国際定期便」の初便が降り立った。

    定期便は、アシアナ航空の子会社・エアソウル(本社=韓国)が3月25日まで、山口宇部-仁川間を週3回(月曜・水曜・土曜)往復運航する。運航機材は195人乗りのエアバスA321-200型機。

    2013年度冬期から県が取り組むインバウンド観光推進の一環として、山口宇部-仁川間で連続チャーター便を運航してきた。初年度の利用率は84.3パーセント、2014年度は95.7パーセント、2015年度は93.6パーセントと好調だったため、県が定期便化を働き掛けて実現に至った。

    同日15時25分、152人を乗せた同便が滑走路に降り立ち、消防車からの放水アーチに迎えられてターミナルに到着。国際線の到着口では村岡嗣政山口県知事や久保田后子宇部市長、県PR本部長「ちょるる」などが出迎え、観光パンフレットや山口茶のティーバッグなどが入った記念品を手渡した。

    国際線旅客ターミナルビルでは「就航記念セレモニー」も行われ、同便に搭乗して来宇したエアソウルの柳光熙(リュ・グァンヒ)社長が「歴史と伝統ある山口県に就航できてうれしい。両国の観光活性化、民間交流の拡大に期待したい」とあいさつ。

    村岡県知事は「これまでエアソウル本社や東京本部にも足を運んで尽力してきた。開港50周年の年に実現し、うれしく思う」と笑顔を見せ、今後については「今年度から観光プロモーターをアジア各国へ配置し、韓国ブロガーを誘致するなど、県の魅力発信を積極的に行っている。この定期便を成功させ、便数を増やして通年化を目指したい」と力強く話した。

    http://yamaguchi.keizai.biz/headline/2674/

    no title

    就航記念セレモニーの様子
    no title

    山口宇部空港に到着した「国際定期便」の初便。同空港初の国際定期便は、アシアナ航空の子会社・エアソウル(本社=韓国)が3月25日まで、山口宇部-仁川間を週3回(月曜・水曜・土曜)往復運航する。運航機材は195人乗りのエアバスA321-200型機。初便には152人が搭乗した。

    引用元: ・【日韓】山口宇部空港に初の国際定期便 韓国から152人来県、放水アーチで歓迎[11/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【旅行中に行方知れずに】山口宇部空港に初の国際定期便 アシアナ航空の子会社のLCC】の続きを読む

    このページのトップヘ