まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:嫌韓

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/12/14(日)13:11:38 ID:x8Y
    【新刊】田浪亜央江著、ソン・テウク訳『イスラエルには誰が暮らしているのか』(玄岩社)

    韓国人は、ユダヤ人と韓民族を好んで比較するが、実は日本も同じだったようだ。
    日本人とユダヤ人は共通の先祖を持つ兄弟だという「日ユ同祖論」が、周期的に流行したという。

    ぞっとするのは、その背後にある論理だ。両国は、アジアにありながらも例外的に西欧的価値観を受け入れ、
    周辺地域に対して「抑圧的存在」になってきた-というのが著者の批判的視点だ。

     成蹊(せいけい)大学アジア太平洋研究センターの主任研究員を務める著者は、シリアとイスラエルで留学生活を送ったという、
    ユニークな経歴の持ち主。イスラエルの宗教やキブツ(集団農場)などについて現場ルポ形式で記述した本書で、
    著者の立場はイスラエル寄りではなくむしろパレスチナ人寄りだ。
    「イスラエルは軍事力を通して地域社会と敵対し、周囲との関係を自ら遮断したまま孤立している」という。

     本書で最も驚かされる記述は、韓国語版の序文にある。
    著者は「イスラエルで排外が深刻になり、非ユダヤ人が暮らしにくい社会になっているように、
    中国人や韓国人に対する嫌悪発言が力を得ている日本も、その傾向は同じ」と記し
    「イスラエルのパレスチナ人社会を観察するたびに、日本が在日韓国人に対して行ってきたことを意識せざるを得ない」と告白した。
    このように率直な告白をあまり聞けないのが、日本の真の悲劇なのだ。

    金性鉉(キム・ソンヒョン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/13/2014121300678.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「嫌韓嫌中の日本、在日韓国人への扱いと言い排外主義のイスラエルに酷似」[12/14]

    【それって、どこの世界の日本の悲劇?【朝鮮日報】「嫌韓嫌中の日本、在日韓国人への扱いと言い排外主義のイスラエルに酷似」[12/14]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/10/06(月)12:24:28 ID:07Yu2Ialh
    日本で出版社や書店などに勤務する20-30代の若者たちが今年3月に立ち上げた
    「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」は、「嫌韓・嫌中書籍の危険性」を訴える運動を展開している。
    この会は今月末に民族差別と憎悪をあおる書籍の問題点を指摘する『No Hate』を出版する予定だ。
    会の結成に中心的な役割を果たしたのは出版社で編集の仕事をしている岩下結氏(35)。本紙は3日に岩下氏から話を聞いた。

    -会を結成したきっかけは。

     「昨年末ごろから書店などの陳列台に民族差別や憎悪をあおる書籍が無数に並ぶようになり、
    また地下鉄などの広告にも戦争前夜を思わせるような扇動の言葉があふれるようになった。
    このような現状を目の当たりにすると『何かが大きく間違っている』と考えざるを得ないし、
    また別の出版関係者たちも誰もが同じような問題意識を持っていた。若い出版関係者たちは問題を傍観できなかったのだ」

    -嫌韓書籍が氾濫する理由は。

    「嫌韓書籍は一定の読者を確保している。そのため不況に苦しむ出版社や書店は嫌韓書籍に突破口を見いだしている。
    その影響で出版社の間では先を争って出版物に刺激的な書名を掲げるようになった」

    -それはどの程度か。

     「『愚韓論』『悪韓論』『卑韓論』『沈韓論』『恥韓論』といった書籍が相次いで出版されている。
    また最近はヘイトスピーチを叫ぶデモを行う団体の代表が書いた『大嫌韓時代』や、
    韓国に罰を与えよと主張する『誅(ちゅう)韓論』など、とんでもない本がベストセラーになった。
    アニメーションなど文化関連の書籍を主に出してきた出版社も、最近は嫌韓書籍の発行に加わるようにもなった」


    -嫌韓書籍を出す出版社はどのような立場を取っているのか。

     「彼らは口をそろえて『韓国にもそのような本が出ている』と強弁する。また嫌韓的な内容を何度も掲載するある週刊誌の関係者たちは
    『問題については理解しているが、販売部数を維持するにはやむを得ない』とも話している。
    私は韓国の出版社や書店について調べたが、反日をあおる刺激的な書籍は目につかなかった。
    率直に言ってこれには自分も驚いた。日本は今深刻な病気にかかっている」

    -嫌韓書籍を購入しているのはどのような人たちか。

     「書店などの従業員に聞いたところ、50-60代の男性が主な読者層のようだ。
    嫌韓の内容を立て続けに掲載している週刊誌の読者層もこの年代だ。これに対して30代は逆に嫌韓書籍を批判する本を購入している。
    社会におけるナショナリズムや右傾化の雰囲気は、若い世代よりも中年層に深く浸透しているようだ」

    -今後の計画は。

     「7月に開催した『ヘイトスピーチ出版物の製造者責任を考えるセミナー』で議論された内容などを取りまとめ、
    今月末に『No Hate』という本を出版する。クラウドファンディング(インターネットを通じた投資)により資金を調達し、
    書店や出版社が立ち並ぶ東京の神保町に広告を設置する計画だ。
    11月には出版団体と共同で嫌韓・嫌中書籍に反対する推薦図書展を神保町の大型書店で開催する予定だ」

    東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/06/2014100601454.html

    引用元: ・【朝鮮日報】度が過ぎる嫌韓、深刻な病に侵される日本-嫌韓・嫌中書本に反対する岩下結「韓国に反日本はない。神保町で『大嫌韓時代』等への反対運動を行う」[10/6]

    【『大嫌韓時代』宣伝活動乙です(´・∀・`)【朝鮮日報】嫌韓・嫌中書本に反対する岩下結「韓国に反日本はない。神保町で『大嫌韓時代』等への反対運動を行う」[10/6]】の続きを読む

    no title


    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 11:20:59.46 ID:???.net
    嫌韓・ヘイトスピーチ増加は「日本の手口知り抜いた韓国人への怒りが原因」―中国メディア

     2014年8月12日、人民日報海外版によると、韓国・聯合ニュースは、近ごろ日本では韓国人に向けた
    憎悪表現(ヘイトスピーチ)や反韓デモが増加しているとして、国連人種差別撤廃委員会が日本政府に
    対して「人種差別撤廃条約」の履行状況を審査していると伝えた。

     国連の人種差別撤廃委員会は、8月11日から29日までの会期中に最終見解を採択する。

     日本での憎悪表現の一つとして、産経新聞が、朴大統領がセウォル号が沈んだ当日に「男性と
    密会していた」という噂を伝えコラムが挙げられている。右翼団体による東京都心でのデモでは、
    太極旗が汚損され、朴槿恵大統領と元慰安婦の写真に「乞食、売女」と書くなどする行動も
    見られた。また、昨年11月には安倍首相が韓国について「愚かな国」と発言したとされている。

     中国政法大学朝鮮半島研究センターの韓献棟(ハン・シエンドン)氏は「日本は、他の東アジア
    民族は二等民族で,自分たちが最も優秀な民族だと考えている」と述べた。また、社会科学院
    日本研究所外交研究室の呂耀東(リュー・ヤオドン)主任は「安倍首相は、戦争ができ、軍隊の
    持てる“普通の国”を目指している。その実現のため、周辺国からの脅威をあおり、国民に武力を
    行使しなければ安全は守れないと吹き込んでおり、日本に対して不満を持ち続けている韓国が
    ターゲットの一つとなっている」と述べた。

     韓国が日本の野心を暴いていることも、日本が韓国を憎悪している理由だ。中国社会科学院
    日本研究所の楊伯江(ヤン・ボージアン)副所長は「日韓は歴史的接触があまりも深く、韓国は
    日本の植民、侵略の手段を知り抜いている。現地社会に根を下ろし、日本社会を知り抜いた
    在日韓国・朝鮮人団体が日本のやり口を暴露していることが、“平和”の旗を掲げる日本を
    悩ませている」と語った。

     記事は「安倍政権発足以来、日本は右傾化の道をばく進し、軍国主義が東アジアの空を漂い
    始めた。韓国は日本の蹂躙を受け、その恨みも晴れないままに、新たな憎悪が向けられている。
    韓国は常に日本の一挙一動を警戒しており、“平和”の衣に身を包む日本は、韓国の警戒に
    いらだっている」と伝えている。

     呂、楊両氏は「この韓国の感情が日本を怒らせ、理性のない言葉の攻撃に転化している」、
    「しばらくは根本的に改善することはない」と述べた。

     報道は最後に、「日本の野心に対する韓国の監視と警戒は、アジア太平洋地域の安全にとって
    悪いことではない」と締めくくっている。(翻訳・編集/岡本悠馬)

    Record China 2014年8月18日 11時4分
    http://www.recordchina.co.jp/a92773.html

    引用元: ・【Record China】日本の嫌韓・ヘイトスピーチ増加は「日本の手口知り抜いた韓国人への怒りが原因」―中国メディア[08/18]

    【韓国のヘイトクライムのせいです 【Record China】日本の嫌韓・ヘイトスピーチ増加は「日本の手口知り抜いた韓国人への怒りが原因」―中国メディア[08/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ