まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:嫌韓感情

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/03(月) 09:55:02.17 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、アメリカのドナルド・トランプ大統領による初の首脳会議が終わった。文大統領にとっては大統領就任後、初の外遊となったアメリカ訪問の成果と課題に注目が集まるところだが、相手国を見つめる米韓の眼差しに、意外なギャップがあることをご存じだろうか。

    まずは韓国である。韓国人の“アメリカ人好き”は世界最高レベルというデータがある。

    米世論調査機関『ピュー・リサーチセンター』がアメリカを除外した37カ国、4万447人を対象に設問調査を実施し、その調査結果(調査期間は2月16日~5月8日)を6月26日(現地時間)に発表したのだが、それによると、韓国人のアメリカ全体に対する好感度は75%で、全世界3位。

    また、「アメリカ人」に対する好感度は86%にまで上ったという。ちなみに日本は75%となっており、韓国の数字はベトナムと並ぶ世界1位タイだった。

    しかも、アメリカ人に対する否定的な評価は韓国9%、ベトナム12%となっている。好感度と否定評価を総合すると、韓国人は世界一の“アメリカ人好き”といっても良いかもしれない。

    ■またしても好きな国に嫌われる構図に

    しかし、皮肉なことにアメリカ人は韓国をそれほど好いてはいないようなのだ。

    世界的な調査会社『ユーガブ』がアメリカ人(7150人)を対象に「アメリカの親友と敵」という世論調査を行っているのだが、意外な結果が出ている。

    同調査結果によれば、韓国を「同盟」(32%)、「友好国」(29%)と肯定的に評価したアメリカ人は60%を超えたが、「非友好国」という回答が10%に上り、さらに「敵国」と考えるアメリカ人が9%もいたというのである。

    日本を「敵国」と考えるアメリカ人はわずか4%にすぎず、また中国を「敵国」と考えるアメリカ人(11%)とほぼ同数なだけに、韓国の数字の高さは気になるところである。好きな国にこそ嫌われるという構図は、ドイツのケースとそっくりなのだ。
    (参考記事:韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのかhttp://s-korea.jp/archives/4255

    ■アメリカで起きている事件の背景に“嫌韓感情”が!?

    アメリカ人の10人に1人が韓国を「敵国」と考えているわけだが、実際に近年、アメリカでは“嫌韓”を背景にしたようなトラブルが起こっている。

    例えば今年2月、“ホワイト・パワー暴行事件http://s-korea.jp/archives/17591”となるものが韓国のネットで話題になった。

    ロサンゼルスで暮らす韓国系アメリカ人の老婦人が突然、白人の女に襲われたというニュースで、事件を写真付きでフェイスブックに上げた女性によれば、暴行した女は「ホワイト・パワー!!」(白人の力を思い知れ)などと叫んで、韓国系老婦人を衝撃したらしい。

    また、過去には正真正銘のK-POPアイドルが売春婦認定されるという珍事もあった。

    アルバムのジャケット撮影のために米ロサンゼルス空港に到着したとあるガールズグループが、売春婦ではないかと疑われ、15時間以上も空港で抑留されているのだ。
    (参考記事:米ロサンゼルス空港で“売春婦”と誤解された韓国ガールズグループの悲劇http://s-korea.jp/archives/4046

    アメリカではここ数年、売春に関わる韓国人が逮捕・起訴される事件が相次いでいるとはいえ、彼女たちからしてみれば「迷惑」どころか「悲劇」としか言いようがない。

    政治的にも複雑化している米韓

    こうした一例を見ても、アメリカにおける嫌韓感情が高まっていると感じざるを得ないが、その一因には政治的な問題も関係しているのだろう。

    慰安婦像や記念碑をアメリカ本土に次々と建設していることなども遠因に挙げられるが、つい先日には、史上初となる駐韓アメリカ大使館へのデモが行われている。
    (参考記事:幹部が直接明かした本音!! 韓国系団体がアメリカに慰安婦像や碑を設置するワケhttp://s-korea.jp/archives/14685)

    主催者発表によれば、3000人が「THAAD反対」を訴えて、ソウルの米大使館を「人の鎖」で包囲したという。韓国の裁判所が許可を出したうえでのデモで、米韓関係はますます複雑化しそうだ。

    いずれにしても、韓国人はアメリカが好きだが、アメリカ人は韓国を好きではないということはデータ的にも間違いない。果たして、そのギャップが埋まる日は来るのだろうか。米韓首脳会議が、両国の関係改善のキッカケになればいいのだが…。

    慎武宏
    ライター/S-KOREA編集長
    1971年4月16日東京都生まれの在日コリアン3世。

    7/3(月) 6:30
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170703-00072709/

    引用元: ・【米韓】10人に1人が韓国を「敵国」と見なす理由とは?すれ違うアメリカと韓国の国民感情の実態[07/03]©2ch.net

    【【北も南もまったく同じ】アメリカで嫌韓感情が高まる 10人に1人が韓国を「敵国」と見なす】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:00:05.53 ID:CAP_USER.net
    no title

    朴正煕大統領
    no title

    西岡力氏

     朴槿恵政権下で反日外交が展開される中、日本人の嫌韓感情はかつてなく高まっている。
    韓国研究者としてかの国と40年近く付き合ってきた私はこの間「現在の韓国人の反日感情の原因は日本統治時代の記憶ではない。なぜなら、反日感情は統治時代を経験していない若い世代ほど高いからだ。」と繰り返し述べてきた。(iRONNA)

     朴槿恵大統領も日本の統治時代を知らない世代だ。そしてその父、朴正煕大統領は日本統治時代を経験した世代だ。日本では父は「親日」で娘は「反日」だという誤解が広がっているが、朴正煕大統領も自分も「反日」だと明言している。
    朴正煕時代には日本で嫌韓感情は生まれなかったが、朝日新聞など左派メディアからは独裁者だとして激しい非難が加えられていた。

     朴正煕大統領の「反日」は朴槿恵大統領のそれとは質的に異なっていた。だから、侮蔑意識が含まれる嫌韓感情を生むことはなく、むしろ、心ある日本人の尊敬を集めた。

     一言でその違いをいうなら、甘えがなく自己の欠点を直視する勇気を備えている「反日」だった。朴正煕大統領は1965年、国内の激しい反対運動を戒厳令と衛戍令をひいて抑え付けて日韓国交正常化を断行した。
    そのとき、以下のような談話を発表している(1965年6月23日、韓日条約に関する韓国国民への特別談話)。

     去る数十年間、いや数百年間われわれは日本と深い怨恨のなかに生きてきました。彼等はわれわれの独立を抹殺しましたし、彼等はわれわれの父母兄弟を殺傷しました。そして彼等はわれわれの財産を搾取しました。
    過去だけに思いをいたらすならば彼等に対するわれわれの骨にしみた感情はどの面より見ても不倶戴天といわねばなりません。
    しかし、国民の皆さん! それだからといってわれわれはこの酷薄な国際社会の競争の中で過去の感情にのみ執着していることは出来ません。
    昨日の怨敵とはいえどもわれわれの今日と明日のために必要とあれば彼等ともてをとらねばならないことが国利民福を図る賢明な処置ではないでしょうか。(略)

     諸問題がわれわれの希望と主張の通り解決されたものではありません。
    しかし、私が自信を持っていえますことはわれわれが処しているところの諸般与件と先進諸国の外交慣例から照らしてわれわれの国家利益を確保することにおいて最善を尽くしたという事実であります。
    外交とは相手のあることであり、また一方的強要を意味することではありません。それは道理と条理を図り相互間に納得がいってはじめて妥結に至るのであります。(略)

     天は自ら助ける者を助けるのであります。応当な努力を払わずにただで何かが出来るだろうとか、または何かが生まれるであろうとかという考えは自信力を完全に喪失した卑屈な思考方式であります。

     今一部国民の中に韓日国交正常化が実現すればわれわれはまたもや日本の侵略を受けると主張する人々がありますが、
    このような劣等意識こそ捨てねばならないと同時にこれと反対に国交正常化が行われればすぐわれわれが大きな得をするという浅薄な考えはわれわれに絶対禁物であります。
    従って一言でいって韓日国交正常化がこれからわれわれによい結果をもたらすか、または不幸な結果をもたらすかということの鍵はわれわれの主体意識がどの程度に正しいか、われわれの覚悟がどの程度固いかということにかかっているのであります。

     韓国の「反日」がおかしくなるのは1982年、全斗煥政権が日本の左派メディアと中国共産党と野合して、歴史認識問題を外交に持ち出すという禁じ手を使ってからだ。第1次歴史教科書事件で、朝日などが文部省の検定の結果、
    「侵略が進出に書き換えさせられた」という大誤報をして日本政府を非難したことに、まず中国政府が公式抗議し、それに全斗煥政権が乗っかって、他国の歴史教科書の記述の修正を外交交渉の議題にするという前代未聞の「内政干渉」を行った。

    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n4.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n5.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n6.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]

    【もう日本人との友好は無いよ【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]】の続きを読む

    1: ◆E2FCewEIt. 2015/03/06(金)15:12:37 ID:SoT
    キム・ジャンフンが日本公演を計画「民間で文化交流を」

     歌手キム・ジャンフンが日本公演を計画していることが分かった。

     キム・ジャンフンは5日、自身のフェイスブックに「東京はとにかく極右勢力が強く、今はまだ難しそうだ」
    として「まずは大阪公演を実施する方向で日本のイベント会社と暫定的に話し合った。日本に来て公演の
    話を進めることができたので、道が少し開けた」と書き込んだ。

     キム・ジャンフンは、日本での公演開催前に現地で記者会見を開く予定だとして「(記者たちから)
    質問攻めに遭いそうだ。反日だと(認識)されている人物が本陣に乗り込むのだから大きな話題になるだろう」との見方を示した。

     キム・ジャンフンは普段から独島(日本名:竹島)問題に高い関心を見せていることから、日本で要注意人物と
    考えられていることを自身も認識しているわけだ。

     だがキム・ジャンフンは「さまざまな心温まるイベントを実施し、独島や慰安婦問題のようなデリケートな問題や
    両国の政治家によるポピュリズムに関係なく、文化やボランディア分野については民間レベルで交流を行いたい。
    このように先進国の国民らしい態度を強調しようと思う」との考えを示した。

     さらにキム・ジャンフンは「私のような人間が一般の人々に友人として近づくことで、少しでも嫌韓感情が
    なくなることに貢献する自信がある」として「今は自国の中で『井の中のかわず』のように叫ぶのではなく、
    あえて日本と顔を突き合わせ、前に進んでみようと思う」と意欲を見せた。

    NEWSIS/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/06/2015030601598.html

    引用元: ・【日韓】キム・ジャンフンが日本公演を予定「記者たちから質問攻めにあいそうだ。大きな話題になるだろう。嫌韓感情を減らす自信ある」[3/6]

    【ぜったい悪化させるだけだろこれw 【日韓】キム・ジャンフンが日本公演を予定「嫌韓感情を減らす自信ある」[3/6]】の続きを読む

    このページのトップヘ