まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:委縮

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/08(水) 12:26:20.94 ID:CAP_USER
    韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響」
    「経済失政論」めぐり韓国の与野党対立

     韓国で各種経済指標の悪化が続いていることをめぐり、与野党が本格的に対立している。与党・共に民主党は指導部レベルで連日「経済失政論」からの防衛に躍起だ。野党・自由韓国党は優先処理法案をめぐる「ファストトラック問題」以降、議場外での闘争などで文在寅(ムン・ジェイン)政権の「経済失敗」を際立たせることに全力を挙げている。

     民主党のパク・クァンオン最高委員は7日、ラジオ番組に出演し、野党とメディアが指摘する「経済失政論」に反論した。パク最高委員は「韓国社会の一角から『経済が苦しい』との声があるが、もちろん警告のサインを発することは必要だ。しかし、それが度を過ぎれば、国民に不安感を与え、国民の消費心理を委縮させる側面がある」と述べた。パク最高委員は「(『経済状況が悪い』と言うことが)むしろ経済に悪影響を与える」とし、「注意すべき部分だ」とも語った。

     パク最高委員はまた、1-3月期の経済成長率がマイナス0.3%まで低下した理由を外部要因のせいにした。「米中貿易紛争などで貿易量が減少しており、どうすることもできない面がある。特に半導体の輸出が減少したためだ。政府の経済政策のせいであるかのように言うのはつじつまが合わない」との論理だ。

     これまで民主党指導部は「経済失政論」に対し、「韓国経済の低迷は外部要因のせいだ」という論理を前面に掲げてきた。イ・ヘチャン代表は4月16日、「基本的に世界経済が下り坂だ。韓国経済の自生には困難な点がある」と発言した。メディアのせいにもした。イ・スジン最高委員は4月29日の党会合で、「あらゆる経済不安(の原因が)最低賃金引き上げのせいにする誤った報道が社会を不安にしている」と主張した。

     一方、自由韓国党では黄教安(ファン・ギョアン)代表が文在寅政権の経済政策に対する「狙撃手」の役割を果たしている。黄代表は7日、釜山市を皮切りに19日間の日程でいわゆる「民生闘争大長征」を開始した。

     黄代表は7日午前、釜山市のチャガルチ市場で出征式を行い、「文在寅政権が所得主導成長というものにこだわり、経済を崩壊状態に陥れた。あらゆる経済指標が過去最悪となり、韓国経済はマイナス成長にまで転落した」と述べた。その上で、「全国民が泣き叫んでいるのに、大統領は政策基調を変えることはできないという。誰のための大統領だろうか」と訴えた。

     黄代表は釜山のある賃貸マンションの婦人会を訪ね、「韓国党は国を成り立たせることを学んできたが、1980年代の学生運動勢力は革命理論と闘うことは学んでも、正常に働いてカネを稼いだことがある人間はほとんどいない」と発言した。「(元青瓦台秘書室長の)任鍾晳(イム・ジョンソク)氏はカネなど稼いだことがない。自分は任氏(の事件の)主任検事だった」とも述べた。黄代表は1980年代、公安検事として在職中、全国大学生代表者協議会(全大協)議長だった任氏について、国家保安法違反の疑いで捜査した経歴がある。

     ジャンパー姿でバックパックを背負った黄代表は同日、タクシーと地下鉄で釜山市内を移動した。黄代表に気づいた市民は高麗人参や飲料水などを差し入れ、「経済を再生してほしい」「生活が苦しい」などと訴えた。黄代表はチャガルチ市場で「皆さんの言葉は全て愛国心から出たものだ」と涙を浮かべた。世論調査専門家は「文在寅大統領の支持者は経済悪化が大統領のせいではないと考える傾向があり、野党支持層は『経済失政を審判すべきだ』という考えが強い」と指摘した。

    釜山=キム・ヒョンウォン記者 , キム・ギョンピル記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/08/2019050880010.html

    関連スレ:【韓国】 経済危機の現実を認めない韓国政府の存在自体が危機/朝鮮日報社説[05/08]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1557283640/

    引用元: ・【韓国】 韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響。国民に不安を与え、国民の消費心理を委縮させる」[05/08]

    【都合が悪いからな 【韓国】 韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響。国民に不安を与え、国民の消費心理を委縮させる」[05/08] 】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 14:47:53.07 ID:???.net
    昨年、全国身元・車両照会2820万件
    身元照会の場合、毎年2倍ずつ急増
    不特定の市民対象の検問大きく増えたせい
    「集会防止」の目的大きい
    検挙率2012年の2.4%→昨年0.75%

    「身分証明書ちょっと見せていただけますか?」

    先月初め、ソウル鍾路(チョンノ)3街で友人を待っていたキム氏(32)に警察官が身分証明書の提示を求めた。慌てたキム氏は身分証明書を
    渡しながら理由を尋ねた。警察は「周辺をうろうろしていたので、念のため訊いてみた」と答えた。身元照会を終えた警察は「感謝します」という
    言葉を残して立ち去った。キムさんは「思わず身分証明書を渡したけど、警察が去った後に『これが検問だな』と思った。所属も明かさず犯罪者
    扱いされたようで、気分が悪かった」と話した。

    減少傾向にあった警察の検問が朴槿恵(パク・クネ)政権誕生後、毎年2倍ずつ増えている。 11日『ハンギョレ』が警察庁に情報公開を求めて
    入手した最近5年間の「携帯用身元照会機の使用状況」によると、携帯端末を通じて市民の身元や車両を照会した件数は、昨年2820万8383件
    に達した。李明博(イ・ミョンバク)政権の最後の年である2012年の1563万880件に比べ、倍近く増えた。

    特に不特定の市民を対象とした不審検問の増加幅が大きい。携帯端末を利用した身元照会は、2012年323万8918件から2013年621万3650件
    に、昨年は再び1180万7970件で、毎年2倍近く増加した。成人4人のうち1人が不審検問を受けたことになる。携帯端末で車籍を照会した件数も
    2012年1239万1962件から昨年は1640万413件で増加傾向にある。

    警察官職務執行法は不審検問を「挙動不審など、罪を犯したり、犯す可能性があると疑うべき相当な理由がある人を停止させ質問したり、所持品
    を検査」するものと規定している。市民は、不審検問を拒否することができる上に、任意同行要求も拒否できるが、警察の突然の要求に正当な
    権利を行使することは容易ではないのが現実だ。

    2010年に携帯用身元照会機を使用した不審検問(1602万7707件)と車両照会(5599万7503件)はなんと7202万件に達した。これに反発した人権
    団体が不審検問反対キャンペーンを展開し、国家人権委員会も人権侵害の可能性を認めたことから、2012年5分の1の水準(1563万件)に急減
    した。 「実際の必要」より警察の利便性に応じて、検問件数が増減していたのである。

    朴槿恵政権誕生後再び急激に不審検問が増加した理由について、専門家たちは「政権誕生後1~2年目における集会の防止」を挙げた。
    イ・ホジュン西江大学法学専門大学院教授は「セウォル号沈没事件後、大統領府周辺で検問が集中的に行われた。特に大規模な集会の参加
    を防ごうとする目的で、「萎縮効果」を狙い不審検問を行う場合が多い。警察の言う犯罪予防効果は大きくないと思う」と述べた。実際携帯端末
    を利用し指名手配された起訴中止者を検挙した割合(照会数比)は、2012年に2.4%、2013年1.5%、昨年0.75%で毎年落ちている。

    警察庁は、「照会統計は不審検問検索件数だけでなく、交通違反者、基礎秩序違反者、刑事事件の被疑者等に対する手配確認なども含まれて
    いる統計」と説明した。

    ソ・ヨンジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    韓国語原文入力:2015/01/11 20:39
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/673109.html 訳H.J

    ソース:ハンギョレ 2015.01.12 06:07
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19293.html
    「警察による携帯用身元照会機の使用状況」(単位件、資料:警察庁)2010年から2014年までの車両照会と身元照会の変化。上が車両照会件数、
    下が身元照会件数。//ハンギョレ新聞社
    no title

    引用元: ・【韓国】朴槿恵政権で警察の職質が倍増、示威活動の委縮が狙いか[01/12]

    【韓国に生まれなくて良かったww【韓国】朴槿恵政権で警察の職質が倍増、示威活動の委縮が狙いか[01/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ