まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:妄想

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/24(木) 19:20:03.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲24日、共に民主党の趙正シク政策委員長(太極旗の前)が、国会で軍関係者から日本哨戒機近接飛行関連の報告を受けている。

    日本哨戒機の威嚇飛行論争に関連し、韓国与党が日本政府を強く批判した。重鎮議員が公開的に非難の水準を高めている。

    共に民主党の趙正シク(チョ・ジョンシク)政策委議長は24日、「常識を外れた日本政府の傍若無人さと居直りの行動」と話した。国会で開かれた民主党政策調整会議でだ。趙議長は日本哨戒機が離於島(イオド)付近の海上で韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」に対して540メートルの距離、60メートルの低高度で近接威嚇飛行を再び行ったという国防部の説明に言及した後、「昨年12月20日に海軍艦艇に向かって挑発的な低空飛行をしてわずか1カ月しか経っていない。これは明らかに意図的で、大韓民国を威嚇する挑発行為」と話した。

    趙議長は「挑発行為を行う日本政府の態度に強い遺憾を表明し、丁重な謝罪と再発防止を厳重に要求する」と明らかにした。続いて「韓日葛藤を増幅して右傾化を合理化しようとする愚かな政治的妄想をやめるよう要求する」と付け加えた。

    4選の宋永吉(ソン・ヨンギル)共に民主党議員はこの日、フェイスブックを通じて韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA・general security of military information agreement)の廃棄を主張した。日本が両国軍の軍事機密を共有できるように結んだ協定のGSOMIAに全く従わないでいるという理由からだ。

    宋議員は「昨年12月20日に始まった日本の哨戒機関連論争は佳境に入りつつある」としながら「GSOMIAは全くの無用の長物」と指摘した。宋議員は「1カ月以上やり取りしている日本哨戒機関連論争はGSOMIAにより『日本哨戒機が照射されたというレーダーの探知日時、方位、周波数、電磁波特性など』を軍事秘密に指定して該当内容を韓国政府に共有すればすぐに論争を終息させることができる」とし「ところでなぜ日本は資料を共有しないというのか。GSOMIAの実効性が根本的に疑われる状況」と説明した。

    宋議員はまた「GSOMIAは締結過程も、その後続過程も問題だらけであるうえに、日本哨戒機のごり押し主張論争で根本的な限界が現れた」と付け加えた。引き続き「日本の『普通国家化』を向かう野望を助長する目的以外にこの条約を敢えて維持するべき理由が何か分からない」と皮肉った。宋議員は「GSOMIA廃棄に対する鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と外交・安保担当者の決断を求める」とした。

    これに先立ち、民主党政策委議長だった金太年(キム・テニョン)議員も17日の会議で韓日哨戒機威嚇飛行攻防に対して声を高めた。金議員も「韓国との葛藤を増幅させて軍事大国化、右傾化を合理化しようとする愚かな妄想」と日本を叱責した。「韓日関係を日本の国内政治に利用しようとする態度をやめるべきだ」とも話した。金議員は「日本が広開土大王の射撃統制レーダー情報全体を提出するよう言ったが、荒唐無稽かつ傲慢でふてぶてしい要求」とし「日本が要求した射撃統制レーダー情報は軍事機密に該当する敏感な情報だ。世界のどこの国もレーダー情報は公開したことがない」と糾弾した。

    韓貞愛(ハン・ジョンエ)政策委首席副議長は「常識を外れた日本の非常識なごり押しに対して、日本メディアは日本政府の肩を持ち、われわれ大韓民国に向かって指を差している」とし「日本は政府とメディアが一つになって大韓民国が悪者扱いしているが、われわれメディアはそれをそのまま中継しているだけではないか。時には政府と共にする姿勢が必要な時もある」と述べた。
    (後略:強制徴用被害者賠償判決についての意見)

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<「日本、傲慢だ」…哨戒機の威嚇飛行に非難水準高める韓国与党(1)>
    https://japanese.joins.com/article/515/249515.html

    引用元: ・【低空威嚇】 傲慢な日本、愚かな妄想をやめよ…韓国与党議員、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を主張[01/24]

    【北朝鮮みたいやなぁ【低空威嚇】 傲慢な日本、愚かな妄想をやめよ…韓国与党議員、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を主張[01/24] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/23(月) 07:14:49.45 ID:CAP_USER
    最近、国会国防委員会国政監査では、先月23日に米軍の長距離爆撃機B-1Bが東海の北方限界線(NLL)を越えて武力誇示を行ったことを政府が事前に知っていたかどうかをめぐり、舌戦が繰り広げられた。

    自由韓国党など野党議員らは「政府がB-1B爆撃機の作戦を予め知っていたのか。米軍が韓国政府にも知らせず、作戦を行ったのではないか」と問い詰めた。米軍が朝鮮半島で韓国政府を差し置いて単独で戦争する可能性を示したことに対する政府の対策は何かと追及したのだ。

    国防部と合同参謀本部は「米軍から事前通知を受けて緊密に協議した」と防御網を張ったが、議論の火種は残っているようだ。

    野党が国政監査でこの問題を取りあげた背景に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「韓国の同意なしに朝鮮半島で戦争を決定できない」と述べたことを狙った政治的意図にあるのは疑いの余地がない。だとしても、野党の問題提起を政治的に偏ったものと無視するわけにもいかない。

    米軍が朝鮮半島で韓国政府と協議もなしに独断で対北朝鮮先制攻撃など、戦争をする可能性があるかどうかは、私たちの生存と直結する敏感な問題であるからだ。もしかしたらこの地で数十万人または数百万人が犠牲になる戦争の惨劇が私たちの意向と関係なく起きる恐れもあるのだ。

    米軍が単独に朝鮮半島で戦争を決定できるかどうかについては、微妙なところがある。在韓米軍を動かして北朝鮮を攻撃するためには、韓国と米国の両国の合意がなければならない。在韓米軍司令官が兼職する韓米連合司令官は、両国の大統領と国防部長官の戦略指針を受け、作戦統制権を行使できるようになっている。

    しかし、朝鮮半島の外の米軍はこのような制約を受けないという見解が多い。北朝鮮が米国本土を脅かす場合、米国の自衛権行使は国際法的に容認されているということだ。

    バーウェル・ベル前在韓米軍司令官が先日「米国が北朝鮮から明らかな脅威にさらされ、海外にいる軍事資産を利用して北朝鮮を攻撃する際には、韓国の承認が必要ない」と述べたのもこのためだ。

    最近、朝鮮半島の戦争危機説は「北朝鮮の完全破壊」と「史上最高の超強硬対応措置」など、米朝の最高権力者の激しい舌戦とかみ合っている。これに加え、リ・ヨンホ北朝鮮外相はB-1B爆撃機の武力誇示に「撃ち落とせる権利」を主張し、米国では「対北朝鮮軍事オプションの検討」説が絶えず流れている。

    にもかかわらず、実際の軍事行動が容易ではないというのは1994年第1次北朝鮮核危機当時、ビル・クリントン政権が一時は北朝鮮への爆撃を検討したが、結局あきらめた事実からからも推測される。それでも米朝の対決構図が強化された状況が放置されて、韓国が傍観者のようになっている現実は残念だ。

    約60年前、朝鮮戦争を控えて、米国側は戦争が起これば、「昼食は平壌(ピョンヤン)で取って、夕食は新義州(シンウィジュ)で取る」と豪語したという。1950年6月から3年間続いた戦争はそのような豪語がどれだけ根拠の無い妄想だったのかを如実に示ししてくれた。

    今も事情はそれほど変わっていない。南北間の力の均衡が過去とは全く異なると言う人もいるかもしれない。しかし、朝鮮戦争が多くの人々が犠牲を強いられただけで、朝鮮半島の腰を折って横切る分断線を消すことができなかったのは、当時南北の力学関係とは無関係である。

    その時、朝鮮半島の統一を妨げた分断の地政学は今なお健在だ。不幸にも、朝鮮半島は米中の対決構図または韓日米と朝中ロの両勢力の冷戦的対決構図に依然として包摂されている。どちらも朝鮮半島で勢力基盤または緩衝地帯を失いたくと思っている。戦争は最悪のシナリオだ。

    no title

    パク・ビョンス統一外交チーム先任記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/28762.html

    引用元: ・【ハンギョレ】韓国は傍観者 戦争の惨劇が私たちの意向と関係なく起きる恐れもある[10/23]

    【【なんで他人事なんだよ 】「朝鮮戦争時の米国側の妄想、今も事情はそれほど変わっていない」ハンギョレ】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/03/30(木) 21:51:39.32 ID:CAP_USER
    「強/弱」と「善/悪」は範疇が異なる。前者は物理的概念で後者は倫理的概念だ。しかし、これらはしばしば相互結合する。「強」が「善」または「悪」と結合したり、「弱」が「善」または「悪」と結合したりする。そうして「強い善」や「強い悪」ができたり、「弱い善」や「弱い悪」ができたりする。

    「強い善」が例えば、ブッダやイエスに見るような強力な宗教的、道徳的信念にともなう犠牲的実践のようなものならば、「強い悪」はヒットラーやスターリンのように強大な権力を振り回す絶対悪のようなものではないか。それに反して「弱い善」が正直で素朴な人生を表わす穏やかな道徳ならば、「弱い悪」は世俗と権力に押さえつけられながらもそれに媚びる輩の人生であろう。
    (中略:悪魔は弱い存在でありうる)

    私は韓国人の基本的な道徳性がまさに、このような「弱い悪」の次元にあるとみるが、本当に驚くべき点は韓国人が永く自分たちの「弱さ」を「善良さ」と一致させてきた事実だ。中国とモンゴル、日本とアメリカ帝国主義を「強い悪」に設定し、自分たちを「弱い善」に置き換えたことこそ、韓国人の最も創造的業績とまであえて私は言いたい。

    これが十分に集団的な欺瞞と言わざるをえないのは、多くの韓国人が「弱さ」と「善良さ」を一致させ、「強さ」と「不道徳さ」を同一なものと考えるからだ。しかし、これは決して固定されない認知的誤りだ。韓国人が「弱い種族」であることは正しい。しかし、それが自動的に「善良な種族」であることを保障するわけではない。かえって韓国の歴史は「弱さ」が頻繁に「不道徳さ」と結びつくことを見せてくれる。

    「弱さ」がすなわち「善」であることを保障しないだけに、私は韓国人が道徳的になるためには、まさにこのような自分たちの偽装の幕から取りはらうべきだと考える。そうした点で民族主義こそ近代韓国人が作り出した最も偉大な自己欺瞞のイデオロギーと言わざるを得ない。

    慰安婦少女像を作って崇拝することほど、日本を「強い悪」に設定し、それに比例して自身を「弱い善」に設定する韓国民族主義の宗教的メカニズムをよく見せるものはないと私は判断する。

    その点、私は韓国人に最も必要な哲学者はニーチェと見る。ニーチェはあえて「強さが善」という命題を強調した。ニーチェにとって「弱さは悪」だ。人生に敗北し、ひざまずいて涙を流す者にニーチェはむち打つ。自身の「弱さ」に同情するなと。

    もちろんこのようなニーチェの思想は、いくらかファシズム的な力の崇拝と解釈できないわけではない。それは「強い悪」に帰結される論理的構造を持っている。しかし、「強さ」を「善」に結びつけるのか、でなければ「悪」に結びつけるつもりなのかは、やはり究極的には自身の道徳的意志にかかっているのだ。

    私は韓国人が「弱い善良さ」という集団的な妄想から脱し、「強い善良さ」を追求するだけで、ヘル朝鮮の「小さい悪魔たちの世界」を克服して道徳的人間になることができると見る。

    チェ・ボム/評論家
    *この文は筆者のフェイスブックにのせられた文です。

    ソース:ハフィントン・ポスト(韓国語) 「弱い善」という悪
    http://www.huffingtonpost.kr/bum-choi/story_b_15673590.html?utm_hp_ref=korea

    引用元: ・【韓国】 「弱い善」という悪~韓国人は自分たちの「弱さ」を「善良さ」と一致させてきた集団的妄想から脱する必要がある[03/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【被害者グランプリの根源】ハフィントン・ポスト(韓国語) 「韓国人の「弱い善良さ」という集団的な妄想」】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 07:40:03.06 ID:CAP_USER
    朝鮮戦争(韓国戦争)参戦米軍、元在韓米軍、韓国軍KATUSA(在韓米軍基地派遣の韓国兵)予備役などが参加する米国内で最大規模の親韓組織が年内に創設される。

    キム・ジョンウク大韓民国KATUSA連合会長(61)は5日、「先月、米国でウォルター・シャープ元司令官らに会い、在韓米軍戦友会(KDVA=Korea Defense Veterans Association)の発足日程や推進事業を議論した」とし「9月末までに基金50万ドルを集めて米国に送った後、現地で財団の発足を正式に申請する計画」と明らかにした。

    続いて「現在、米国内に韓国戦争参戦勇士協議会(KWVA)と韓国戦争参戦勇士記念碑財団(KWVMF)があるが、ほとんどが80歳代半ばで維持が難しい」とし「参戦戦友会の永続性も継続し、米国内で韓国の声を代弁する親睦団体が必要だという認識から財団を作ることにした」と説明した。

    キム会長は「在韓米軍出身者と家族・軍務員を合わせれば1000万人を超える。在韓米軍と戦友愛で固まったKATUSA約25万人も参加すれば、韓米同盟の強化に大きな役割をするだろう」と述べた。また「KDVAには元在韓米軍司令官がすべて参加することにした。KWVA、KWVMFをはじめ、米第8軍戦友会、米第2師団戦友会、米第19支援司令部戦友会なども参加するだろう」と話した。初代会長はウォルター・シャープ元在韓米軍司令官に内定した。
    http://japanese.joins.com/article/903/217903.html?servcode=A00&sectcode=A20

    引用元: ・米国内に親韓団体「在韓米軍戦友会」創設へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【「在韓米軍戦友会」が「親韓団体」になると妄想する韓国人たち】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/01(金) 01:09:29.52 ID:CAP_USER
    韓仏首脳会談で加入の意を明かす 
    国際高級情報への接近機会も

    韓国が国際債権国の集いのパリクラブの21番目の加入国になる。

     企画財政部は30日、チェ・サンモク第1次官が7月1日にパリで開かれる「パリクラブ60周年記念式および韓国加入署名式」に参加すると明らかにした。パリクラブは国際的な公的債務の再調整に関する議論テーブルの一つだ。
    例えば、融資先の新興国が金融危機などで債務を償還できなくなった場合、パリクラブが債務の減免や償還満期の延長議論に参加するということだ。

     パリクラブの議長国はフランスで、経済協力開発機構(OECD)の主要加盟国など計20カ国で構成されている。韓国は既存の先進国以外からの初の加入国になる。
    韓国のパリクラブ加入は、すでに昨年7月から水面下で推進されてきたが、7月3日の韓仏首脳会談で朴槿恵(パククネ)大統領が加入の意思を明らかにすることが公式化された。

     企画財政部は「1997年には外債の償還ができず国家不渡り事態に陥った韓国が、20年で債権国家の集いに加わることになった。パリクラブの加入国になることで国際社会における韓国の地位もまた強化されると期待する」と明らかにした。

     パリクラブへの加入は、国家の地位強化以外にもさまざまな面で利点がある。債権国間だけで共有される各種の情報に接近できるためだ。
    例えば経済が困難に陥った特定国家の政治、経済、社会全般にわたる高級情報や、主要債権国家の考えを聴くことができる。
    今回の行事には議長国フランスのミシェル・サパン財務・公会計相と国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド総裁、世界銀行(WB)のジョアキン・レビ専務理事など国際機構の代表、主要加入国の経済官僚や中央銀行幹部が参加する。

    キム・ギョンナク記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24526.html

    引用元: ・【韓国】「国際債権国の集い」パリクラブに加入 国家不渡りから20年で債権国家に[7/01]©2ch.net

    【【韓国】夢と妄想がいっぱい「「国際債権国の集い」パリクラブに加入すればあんなことやこんなことができそう」】の続きを読む

    このページのトップヘ