まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:女性

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/02/28(火) 21:05:39.40 ID:CAP_USER
    韓国では結婚や妊娠などで職場を離れた女性が700万人に達することが分かった。

    また、25-39歳の未婚女性が過去10年間で51万人増えるなど、未婚人口が増える中、既婚女性も出産を避け、「完結出生率」(49歳までに生んだ子どもの数の平均)は2015年現在で1.92人まで減少した。

    完結出生率は合計特殊出生率から既婚女性の出産のみを抽出したものだ。未婚女性の増加と既婚女性の出産手控えで、新生児数は30万人台に低下した。

    ■高卒女性より多い大卒女性

    韓国統計庁が27日発表した「2015年人口住宅総調査」の「女性・出産力・移動・住居の実態」によると、結婚時期の中心である25-39歳の未婚女性は213万1514人で、2005年(161万5569人)を51万5945人上回った。

    特に25-29歳の女性は10人中7.7人が未婚で、05年(5.9人)を大きく上回った。35-39歳の未婚率も19.2%で、05年(7.6%)の2倍以上に増えた。出産世代の女性(25-39歳)全体でみた未婚率は05年の27.4%から42.2%に上昇した。

    未婚女性の増加は、女性の高学歴者が増えたことが一因との分析もある。統計庁のイ・ジェウォン人口総調査課長は「大卒以上の男性は婚姻率が高いのに対し、女性は逆に高学歴ほど適当な配偶者が見つからないためだ」と話した。

    実際に大卒女性の数は史上初めて高卒女性を抜いた。女性全体の36%(663万9000人)が大卒以上、34.3%(632万4000人)が高卒だった。

    ■女性の退職、結婚時から妊娠・出産時に

    結婚前に職場に勤めていた女性の退職理由も変化している。696万人いる退職女性のうち、50代以上は主に結婚と同時に退職した。

    しかし、現在の30代は妊娠・出産で退職することが多い。50-54歳では結婚と同時に退職したケースが67.7%だったのに対し、35-39歳では43%にとどまった。

    妊娠・出産での退職は、50-54歳では19.4%なのに対し、35-39歳では43.4%に上った。統計庁関係者は「妊娠・出産すると、子どもの面倒を見る人や保育施設が見つからないために退職するケースが増えている」と指摘した。

    特に第1子の出産年齢が31歳を超え、子どもを2人以上産むケースも少なくなった。通常出産が終了している49歳女性の子どもの数は10年の1.98人から15年には1.92人に減少した。

    保健社会研究院のイ・サンリプ副研究委員は「結婚すれば子どもを2人産むのが基本だったが、若い世代は1人で出産をやめることが多くなっている」と指摘した。

    子どもがいない既婚女性も急増している。妊娠可能世代の既婚女性(15-49歳)のうち、子どもがいない女性は77万8000人で、10年(48万5000人)よりも30万人近く増えた。うち出産計画がない人は10人中3人に達する。

    政府の出産奨励策の焦点を住宅対策に合わせるべきだとの指摘もある。マイホームを持つ人の出生率は1.73で、月払い賃貸住宅(1.54)、保証金預託型の賃貸住宅(1.44)よりも高いことが分かった。

    期待出生数(生まれた子どもにこれからの出産計画を合わせた数)もマイホーム族が1.88人なのに対し、月払い賃貸住宅では1.74人、保証金預託型の賃貸住宅では1.75人だった。

    60歳以上の女性による熟年離婚も4.5%となり、05年(1.5%)の3倍に増えた。専門家は「財産だけでなく、公務員年金や国民年金などを半分受け取れるようになった影響だ」と分析した。

    キム・ドンソプ保健福祉専門記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    no title

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801241.html

    引用元: ・【韓国】25-39歳の韓国人女性、42%は未婚[2/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【頑張れw】25-39歳の韓国人女性、42%は未婚】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/10(金) 09:07:01.11 ID:CAP_USER
    2017年3月8日、韓国中西部、忠清南道(チュンチョンナムド)牙山(アサン)市が買春の被害女性の自活を支援する条例を制定したが、
    このほど明らかになった具体的な施行指針が批判を浴びている。

    市は8日、上記の条例案が市議会を通過したことを受け、売春が疑われる店の従業員の独立・自活を支援するため、
    こうした店を辞め「脱性売買」を果たした女性への生活費支給を近く開始すると明らかにした。

    基本支給額は毎月100万ウォン(約10万円)、同居する子など家族がいる場合は増額される。

    また、自活プログラムに積極的に参加するなど意思が明確な場合には、1年間に限って住居も提供されるほか、
    他地へ生活基盤を移す際の引っ越し費用も援助される。

    市は2021年までに同事業にかかる費用を40億ウォン(約4億円)と見込んでいる。

    牙山市には売春が行われているとみられる店が集まる「チャンミマウル(バラ村)」と呼ばれる一角があり、
    市が村の閉鎖に向け15年から営業の取り締まりや周辺道路の整備を進めていた。

    元は70~80店ほどあったという店は、こうした対策により現在では19カ所、従業員80人余りまで減っているという。

    条例は「性売買の被害女性らの自活支援」との名であくまで「被害者救済」のための措置とされているが、
    ネットユーザーからは「売春婦のための年金?」「そもそも性の売買自体が犯罪じゃないか。犯罪者に金をあげるということか?」
    「性の売買の被害女性と自発的な売春婦をどう見分けるつもり?」「海外に言いふらしたい。どんだけ笑われるだろう」など批判の声が相次いでいる。

    他にも「国が狂ってきている。金をもらって体を売る人に国民の血税が渡るとは…誰の頭から出た案なのか本当に情けない」
    「買春をやめた男性はもらえないの?」「娼婦ばかりが暮らしやすい国だよ」「軍人の給料より高いんですけど」「韓国は法治国家ではありません」
    「ヘル朝鮮(地獄のような韓国)だ。ヘル朝鮮の面目躍如」など、男性からとみられるため息交じりの声が多く聞かれた。


    2017年3月10日(金) 0時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b171711-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】売春婦をやめた女性に生活支援金 毎月100万ウォン(約10万円) 韓国の条例に批判殺到[03/10]©2ch.net

    【【詐欺が横行するだろうな 】韓国で売春婦をやめた女性に生活支援金 毎月100万ウォン(約10万円)】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/13(火) 19:13:13.39 ID:CAP_USER
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20161213003400882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

    【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が13日に発表した「仕事・家庭両立指標」によると、昨年、女性の平均初婚年齢が30.0歳となり、初めて30代になった。


     また15歳から49歳の女性の人口は1265万6000人で女性全体の49.5%だった。2002年以降、減少傾向にあるものの50%を割り込んだのは今年が初めて。

     晩婚化が進んだことで、昨年30~34歳の女性1000人が産む子どもの数は116.7人まで増えた一方で25~29歳では過去最低となる63.1人に減少した。

     昨年の出生数は43万8000人で前年比2985人(0.7%)増加した。

     15~49歳の既婚女性が望む子どもの数は平均で2.3人だった。

     また昨年10月現在、40代の既婚者は51.4%が共稼ぎで、50代の既婚者は51.7%が共稼ぎだった。

     18歳未満の子どもがいる家庭のうち、共稼ぎをしている夫婦は47.3%だった。

     子どもの年齢別に見ると、6歳以下の子どもがいる夫婦のうち38.1%が共稼ぎだった。7~12歳では51.6%、13~17歳では57.6%であった。

    ◇既婚女性の就労者のうち46%が退職経験
     昨年の就業率は男性が73.8%、女性が51.8%だった。

     15~54歳の既婚女性のうち、50~54歳の就業率66.1%で最も高かった。

     6歳以下の子どもを持つ女性の就業率は43.9%で前年(42.8%)より小幅上昇した。

     今年4月現在、15~54歳の既婚女性のうち、就職していない人は39.8%、就職していたが退職した女性は20.6%に達した。退職した経験がある女性は46.4%だった。

     退職した理由は結婚(34.6%)が最も多く、育児(30.1%)、妊娠・出産(26.3%)、家族の世話(4.8%)、子どもの教育(4.1%)と続いた。

     今年、公共機関や社員数500人以上の企業における女性就業者の割合は37.8%、管理職の割合は20.1%で増加した。女性管理職の割合が20%を超えたのは今回が初めて。

    ◇「家事の負担を公平に」認識は広がったものの、女性の負担が圧倒的
     2015年の週当たりの平均就労時間は43.6時間だった。男性が46.0時間、女性が40.4時間だった。

     共稼ぎの夫婦における2014年の男性の家事時間は5年前より3分多い40分だった。女性は6分減少した3時間14分だった。

     2016年に「家事の負担は公平にするべき」と考える人の割合は53.5%で、2年前(47.5%)より増加した。

     「家事は妻が主にする」と考える人の割合は43.8%で減少傾向が見られた。ただ実際に家事を公平に行っている人は男性17.8%、女性17.7%だった。

    引用元: ・【韓国】女性の晩婚化進む 平均初婚年齢が初めて30代に[12/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【まず整形の費用を貯め】韓国女性の晩婚化進む 平均初婚年齢が初めて30代に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/26(水) 07:50:17.62 ID:CAP_USER
    韓国・朴槿恵大統領から、演説文や機密に関する文書などを事前に受け取り、青瓦台(大統領府)の人事にも介入していたとされる女性、崔順実(チェ・スンシル)氏。

    アメリカのニューヨークタイムズは10月24日、朴槿恵氏との個人的関係を利用して、大企業から財団に巨額の金を寄付させた崔氏を、「まるでラスプーチン(のように報じられている)」とたとえた。

    崔順実氏とは、いったい誰なのか。

    no title

    崔順実氏(右)とチョン・ユンフェ氏

    話は2014年にさかのぼる。304人の死者・行方不明者を出した大型旅客船セウォル号沈没事故を巡り、産経新聞の加藤達也・ソウル支局長(当時)の書いたコラムが、名誉毀損にあたるとして起訴され、刑事裁判になった(のちに無罪判決が確定)。

    コラムで問題となったのは、朴大統領が事故の発生時間に、ある男性と密会していたという内容だったが、のちにこの男性が、一民間人の立場で青瓦台(大統領府)の人事に深く介入しているという疑惑が報道された。この男性は1998年から2004年まで、国会議員だった朴槿恵氏の個人秘書室長を務めていたチョン・ユンフェ氏だ。

    このチョン・ユンフェ氏の元妻が、崔順実氏だ。

    no title

    (左から)朴正熙・元大統領と朴槿恵氏、崔太敏氏

    崔順実氏は、新興宗教団体「大韓救国宣教会」の総裁だった崔太敏(チェ・テミン)牧師の5番目の娘だ。

    崔太敏氏は1974年、妻を銃撃事件で失った朴正熙大統領に接近し、娘の朴槿恵氏を名誉総裁に担いだ。ここから、朴槿恵氏と、崔順実氏の娘同士の関係が始まったとみられる。

    崔太敏氏の人物像は謎に包まれており、権力と癒着して不正蓄財を重ねた疑惑が指摘されてきたが、朴正熙氏は顧みなかったとされる。1979年10月26日、朴正熙氏は中央情報室長の金載圭に暗殺されたが、金載圭の弁護人は控訴審で「崔太敏氏の疑惑を朴正熙大統領に進言したが、聞き入れなかった」ことが暗殺の動機の一因だったと主張した。

    朴正熙大統領の暗殺後、朴槿恵氏は事実上の隠遁生活を余儀なくされたが、崔太敏氏と崔順実氏は朴槿恵氏の財団「陸英財団」をともに運営するなど、朴槿恵氏を支え続けた。朴槿恵氏は「崔順実氏は、昔、私が苦しいときに助けてくれた縁」と表現しており、信頼の深さを物語る。

    長らく隠遁していた朴槿恵氏は1998年、国会議員に初当選し、政治の表舞台に復帰する。このとき、個人秘書室長に据えたのが、崔順実氏の夫だったチョン・ユンフェ氏だった。朴槿恵氏の政界の側近も、このときに形作られた。

    no title

    チョン・ユラ氏

    朴槿恵氏が大統領に就任後、崔順実氏との深すぎる関係が表面化し始める。典型的な例が、崔順実氏の娘を巡る騒動だった。

    崔氏の娘、チョン・ユラ氏は乗馬の有力選手だったが、2014年の仁川アジア大会代表を決める2013年4月の大会で2位となり代表入りを逃した。その翌月、青瓦台(大統領府)は「乗馬協会を監査しろ」と文化体育省に命じる。「協会もチョン・ユラ氏も問題があった」という報告書を作成した課長と、上司の局長は、朴大統領が直接、更迭を指示したという。

    文化体育省の許可で設立された「文化財団ミル」と「Kスポーツ財団」の理事長や理事に、崔氏の知人が多数就任し、韓国企業が計800億ウォン(約73億円)を出資していたことが報じられている。存在自体あまり知られていない2つの財団に企業が巨額の資金を拠出したことに、青瓦台の圧力があったのではないかと疑われている。

    先の産経コラムの事件も、当初から「無理やりな起訴」と言われていたにもかかわらず、検察当局が起訴に踏み切った背景に、崔順実氏の存在があった可能性もある。

    疑惑が報じられ、崔氏とその娘は行方をくらませている。ドイツで豪邸住まいをしているという説もあるが、真偽は分からない。

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/25/who-is-choi-sun-shil_n_12644096.html

    引用元: ・【韓国】「韓国のラスプーチン」朴槿恵大統領を陰で操る謎の女性・崔順実(チェ・スンシル)氏とは?[10/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【クネが大ピンチ】朴槿恵大統領を陰で操る謎の女性は「韓国のラスプーチン」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/30(月) 12:17:04.91 ID:CAP_USER
    2016年5月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で「気分障害」や「不安障害」など精神の健康異常を訴える20代女性の割合が急増している。

    韓国保健社会研究院のチョン・ジンア副研究委員が「精神疾患実態疫学調査(2001?2011)」や「国民健康栄養調査(2007?2014)」などの資料を分析した結果、うつ病性障害や双極性障害などの「気分障害」を発症した18?29歳女性の割合は、2001年の2.8%から2011年には6.1%に急増したことが分かった。

    また、強迫性障害や外傷後ストレス障害、パニック障害、広場恐怖症などの「不安障害」の同年代女性の発症率は、2001年の9.1%から2011年には12.6%と大きく増えている。「精神障害」全体の発症率も、2001年の16.1%から2011年には20.1%と上昇している。

    チョン副研究委員は、この原因について「女性の社会参加が活発になり、就職や結婚、妊娠、出産などの急激な変化が、女性の精神障害の発症率に影響を及ぼすものとみられる」と分析している。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「女として生きるのが大変な大韓民国」
    「結婚して出産したら、今よりもっとストレスを受ける。女は一人で生きて行くのが幸せ」
    「韓国の既婚女性の大部分が夫や夫の家のことで悩んでいるらしい」

    「男女とか関係ない。みんなストレスを感じてるよ」
    「こんな時代にストレスを受けないわけがない」
    「生活の質は昔より良くなったけど、心は前より憂鬱になった」
    「何もかも憂鬱。今や面白いテレビ番組を見ても憂鬱」

    「韓国は自殺率も1位だし、みんなおかしくなっているっていうのに、競争を強化すべきだという財閥の支配イデオロギーが牛耳っている。そもそも大統領と政府からしておかしい。成果給に成果年俸制。やることがすべて狂っている」
    「李明博(イ・ミョンバク)大統領から朴槿恵(パク・クネ)大統領の8年と、セヌリ党の長期政権が続く今の韓国では就職は難し過ぎるし、結婚もしたくないし、出産なんてもっと嫌だし、もう諦めた。これからは老後の準備をしながら暮らすつもり」

    Record china  配信日時:2016年5月30日(翻訳・編集/松村)
    http://www.recordchina.co.jp/a139781.html
    写真は韓国。おしり
    no title

    引用元: ・【韓国】精神障害を訴える20代女性が急増、「社会参加」が原因と専門家[5/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【発症率20%以上!「社会参加」が原因で精神障害を訴える20代女性が急増】の続きを読む

    このページのトップヘ