まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:女性

    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 17:45:51.12 ID:CAP_USER
    かつては欧米が最先端だった「美容整形」だが、いまやイノベーションと人気の面では、アジアがそれを凌ぐ勢いだという。
    なかでも韓国での普及は著しく、見た目重視の社会や、自己の変化と改良は良いことという価値観が影響していると見られている。

    ◆人口比では世界一。韓国では整形はカジュアル感覚

    ファッション・サイト『ビジネス・オブ・ファッション(BOF)』によれば、国際美容外科学会(ISAPS)の2016年の調査では、
    世界で最も美容整形が多く行われている国はアメリカで、以下ブラジル、日本、イタリア、メキシコの順となっている。

    しかし、人口一人あたりで見ればもっとも多いのは韓国で、1000人中約20人が美容整形を受けている計算となり、
    アメリカの13人を越え、世界一となっている(注:韓国の美容整形医の多くは、ISAPSの調査に参加していなかったため、韓国の数字は別の調査に基づくもの)。

    韓国の美容整形では、二重まぶたへの整形や、まぶたを引き上げたり脂肪を取ったりする形成術がほぼ半分を占めるということだ。
    18歳の誕生日にこうした手術を受けるというのも、非常によくあることだという。

    目を大きく見せるという処置が、東アジア人の特徴は「解決」すべき「問題」と捉えられ、
    欧米的な顔立ち偏重につながるという批判もあるが、整形をする側は今風のアイドル的な顔立ちへの安全なアップデートだと考えているという(BOF)。

    BBCによれば、韓国のある調査では、実に20代の女性の60%以上が、整形をしたことがあると答えたという。

    韓国で美容整形が人気となった理由の一つとして、競争の厳しい社会おいて、見た目が重要な武器であることが上げられる。
    ウェブ誌『クオーツ』によれば、韓国の昨年の調査では、312人中34%の人事担当者が、たとえ経歴が仕事に向かなくても、顔を基準に採用を決めたと答えている。

    また、50%が見た目の悪い応募者は落としたと回答した。このような事情から、美容整形クリニックは就職活動の一助としての整形を宣伝しており、
    希望する職種に合わせた顔立ちに整形をしてくれるクリニックなどもあるという。

    ファッションエディターのHaesoon Jung氏は、1970~1980年代に急速に産業化し、貧しい国から世界トップレベルの経済規模を持ったインパクトが韓国人にとって非常に大きいと指摘し、
    変化と改良は良いものという考えが、整形で良い仕事、良い伴侶が得られ、未来はより明るくなるという思考につながっていると見ている。

    同氏はまた、Kポップスターをはじめとするセレブ文化が普通の人々に影響していると指摘する。
    多くのKポップスターは整形をしており、それが彼らのキャリアにとって不可欠なものになっているため、一般の人も、整形により競争力が高まると考えるのだと述べている。
    http://newsphere.jp/culture/20170726-3/

    引用元: ・【話題】 韓国では整形はカジュアル感覚・・・20代女性の60%以上 「整形をしたことがある」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【顔も名前も変えホーダイ】 韓国人20代女性の60%以上 「整形をしたことがある」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 06:31:28.03 ID:CAP_USER
    2017年7月20日、韓国の公衆トイレのうち、男性用トイレにはなく女性用トイレにのみあるという正体不明の「穴」がネットユーザーの間で話題になっている。女性からは「私も見た」との証言が集まっているが、男性は概して「見たことがない」と主張しているという。韓国・中央日報が伝えた。

    あるネットユーザーが15日、ソウル中心部、新村(シンチョン)の公衆トイレで撮影したとする1枚の写真をツイッターに掲載した。トイレの個室のドアを内側から撮った写真には、ドアノブ周辺に不規則に小さな穴が開いている。投稿者は穴について、「これは(作業の)ミスではなくて故意だよね?」とし、鍵を設置するために開けたねじ穴などではなく、誰かが意図的に開けたものである可能性を指摘した。

    中央日報によると、このツイートはこれまでに1万8800回以上リツイートされ、写真はフェイスブック、カカオトークなど、他のSNSにまで広がっている状況だという。

    トイレの写真がこうして関心を集めている理由は、穴の中に「隠しカメラ」が仕込まれているのでは、との疑念からだ。この写真を見た男性らは「トイレでこんな穴を見たことはない」と証言しているが、女性ユーザーからは「10カ所のうち7カ所はこういう穴がある」と指摘するなど、女性用トイレではよく見られる穴だと主張している。ただし、この穴が本当に盗撮のために意図的に開けられたものかについては確認されていない。

    韓国の公衆トイレなどでの盗撮への対策は今回の騒ぎの前から行われており、警察庁は先月、全国の地方警察に盗撮特別取り締まりのための電波検出装置16台とレンズ検出器70台を支給した。また海水浴客が多く集まる釜山(プサン)には、トイレに盗撮犯罪防止のための特別な造形物まで設置しているという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「こんなに穴だらけのドアから盗撮したらすぐにばれるのでは?」「盗撮しようとするやつが、こんな分かりやすい所に穴を開けるはずがない」など、盗撮用の穴とする意見への疑念の声が寄せられた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=173950&ph=0

    引用元: ・【韓国】韓国の女性トイレにあって男性トイレにはない「穴」の謎[07/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【なにがあっても驚かない】韓国の女性トイレにある「穴」、男性トイレにはない】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/07/19(水) 08:57:18.58 ID:CAP_USER
    韓国人女性は日本で性的対象、根底に嫌韓も


    福岡市内の民泊で16日、宿泊していた韓国人女性が日本人の貸主に性的暴行を受けるという事件が発生した。
    事件は個人による犯行だったが、一部の日本人男性は韓国人女性を売春相手など性的対象として見ており、卑劣な認識を捨てられずにいる。

    比較的治安のよい日本が意外にも韓国人女性にとって危険な場所となっているのは、こうした理由からだ。

    「韓流ブーム」に対する反発から始まった「嫌韓運動」は、韓国人女性を集中的に攻撃している。
    日本人女性の間で韓国の男性俳優の人気が高まると、日本人男性の嫉妬の矛先が韓国人女性に向かった。

    1960-70年代のいわゆる「キーセン(妓生=この場合は売春婦)観光」を蒸し返すかのように、現代の韓国人女性を卑下しているのだ。
    今でも東京都内の大手書店には韓国を「売春輸出国」と表現した書籍が並んでいる。東京で働く韓国人ホステスに対する当てこすりだ。

    日本国籍を取得して日本に定住している韓国系日本人の呉善花(オ・ソンファ)氏は、ベストセラー『スカートの風』で
    「韓国の女子留学生は、ホステスとして金持ちの愛人を見つけるのを目標にしているケースが多い」と書いた。
    元ホステスの呉氏はおかげで現在は日本の大学の教授になっている。

    嫌韓ムードが続く影響で、若い日本人男性の中にも極端な考えを持つ人が現れている。
    そうした人たちが利用するインターネットの掲示板サイト「2ちゃんねる」を見ると、今回の事件の被害者を軽蔑するコメントがほとんどだ。

    「慰安婦と同じように、(被害者は)売春婦だったのではないか?」「韓国の女はみんな淫乱だ」
    「夏に露出の多い服を着ている韓国の女を見ると〇〇になる」といった具合だ。

    もちろんどこの国にもこのようなことを書き込む人間はいる。しかし注意すべきなのは、こうした男性たちが韓国人女性を標的にしている点だ。

    韓国人女性に関連する事件が、韓国との交流が多い福岡や大阪で主に発生している点も目を引く。
    交流が頻繁にあるほど、好感と共に反感も高まるため、慣れ親しんだ地域だからといって油断は禁物だ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/18/2017071803706.html

    引用元: ・【韓国】 韓国人女性は日本で性的対象 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本には行くな、日本で暮らすな】 朝鮮日報「日本は韓国人女性には危険な場所」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/18(日) 18:27:18.27 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=181521&ph=0

    2017年6月17日、韓国・国民日報は、東京原宿を行き交う若い女性の間で韓国の「テニススカート」が流行していることを伝えた。

    日本のTV番組が、日本で流行している韓国のファッションをテーマに、先月原宿に進出した韓国のファッションブランドの店舗を紹介し、街で出会った若者にインタビューしたところ、女性30人のうち20人から「インターネットショッピングモールで、韓国の衣類を購入した経験がある」とする回答を得た。この中でも最も多く選ばれたのが「韓国式テニススカート」だった。

    記事は「Kポップガールズグループのファッションが日本の若い女性に影響を及ぼした結果と思われる」と分析。テニススカートを着てインタビューに応じたある女性は「この服を着た韓国のガールズグループのメンバーを見て、可愛いと思った。韓国風に見せたかった」と話した。

    放送の映像は17日、ユーチューブで韓国にも伝えられた。放送を韓国語に翻訳した映像には「最近、日本に進出したガールズグループTWICEの影響を受けたようだ」とするコメントが多く寄せられた。

    あるユーチューブユーザーは「日本で流行するとは思ってもみなかった。韓国は日本を、日本は韓国を警戒しているように見えるけど、お互いに興味を持って文化を素早く吸収している」と述べ、他のユーザーからの共感を得た。

    その他にも、「私が10代だった1990年代初頭は、日本のティーンファッション雑誌が流行していて、日本からちょっとしたファッションのヒントをもらっていたけど、最近は逆に韓国から日本にファッションが伝わる時代になったのね」とするコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】韓国式「テニススカート」が日本の若い女性に人気=「日本で流行するとは思ってもみなかった」―韓国ネット[06/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【必死こいてゴリ押し】韓国式「テニススカート」が日本の若い女性に人気】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/02/28(火) 21:05:39.40 ID:CAP_USER
    韓国では結婚や妊娠などで職場を離れた女性が700万人に達することが分かった。

    また、25-39歳の未婚女性が過去10年間で51万人増えるなど、未婚人口が増える中、既婚女性も出産を避け、「完結出生率」(49歳までに生んだ子どもの数の平均)は2015年現在で1.92人まで減少した。

    完結出生率は合計特殊出生率から既婚女性の出産のみを抽出したものだ。未婚女性の増加と既婚女性の出産手控えで、新生児数は30万人台に低下した。

    ■高卒女性より多い大卒女性

    韓国統計庁が27日発表した「2015年人口住宅総調査」の「女性・出産力・移動・住居の実態」によると、結婚時期の中心である25-39歳の未婚女性は213万1514人で、2005年(161万5569人)を51万5945人上回った。

    特に25-29歳の女性は10人中7.7人が未婚で、05年(5.9人)を大きく上回った。35-39歳の未婚率も19.2%で、05年(7.6%)の2倍以上に増えた。出産世代の女性(25-39歳)全体でみた未婚率は05年の27.4%から42.2%に上昇した。

    未婚女性の増加は、女性の高学歴者が増えたことが一因との分析もある。統計庁のイ・ジェウォン人口総調査課長は「大卒以上の男性は婚姻率が高いのに対し、女性は逆に高学歴ほど適当な配偶者が見つからないためだ」と話した。

    実際に大卒女性の数は史上初めて高卒女性を抜いた。女性全体の36%(663万9000人)が大卒以上、34.3%(632万4000人)が高卒だった。

    ■女性の退職、結婚時から妊娠・出産時に

    結婚前に職場に勤めていた女性の退職理由も変化している。696万人いる退職女性のうち、50代以上は主に結婚と同時に退職した。

    しかし、現在の30代は妊娠・出産で退職することが多い。50-54歳では結婚と同時に退職したケースが67.7%だったのに対し、35-39歳では43%にとどまった。

    妊娠・出産での退職は、50-54歳では19.4%なのに対し、35-39歳では43.4%に上った。統計庁関係者は「妊娠・出産すると、子どもの面倒を見る人や保育施設が見つからないために退職するケースが増えている」と指摘した。

    特に第1子の出産年齢が31歳を超え、子どもを2人以上産むケースも少なくなった。通常出産が終了している49歳女性の子どもの数は10年の1.98人から15年には1.92人に減少した。

    保健社会研究院のイ・サンリプ副研究委員は「結婚すれば子どもを2人産むのが基本だったが、若い世代は1人で出産をやめることが多くなっている」と指摘した。

    子どもがいない既婚女性も急増している。妊娠可能世代の既婚女性(15-49歳)のうち、子どもがいない女性は77万8000人で、10年(48万5000人)よりも30万人近く増えた。うち出産計画がない人は10人中3人に達する。

    政府の出産奨励策の焦点を住宅対策に合わせるべきだとの指摘もある。マイホームを持つ人の出生率は1.73で、月払い賃貸住宅(1.54)、保証金預託型の賃貸住宅(1.44)よりも高いことが分かった。

    期待出生数(生まれた子どもにこれからの出産計画を合わせた数)もマイホーム族が1.88人なのに対し、月払い賃貸住宅では1.74人、保証金預託型の賃貸住宅では1.75人だった。

    60歳以上の女性による熟年離婚も4.5%となり、05年(1.5%)の3倍に増えた。専門家は「財産だけでなく、公務員年金や国民年金などを半分受け取れるようになった影響だ」と分析した。

    キム・ドンソプ保健福祉専門記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    no title

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801241.html

    引用元: ・【韓国】25-39歳の韓国人女性、42%は未婚[2/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【頑張れw】25-39歳の韓国人女性、42%は未婚】の続きを読む

    このページのトップヘ