まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:契約

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/29(木) 23:32:38.97 ID:CAP_USER
    no title

    ▲22日、ソウルの新世界フード本社で(左から順に)ニュートリーの川口晋社長、新世界フードのチェ・ソンジェ代表、韓国三井物産、森山朋之社長がMOU締結後記念撮影をしている。(c)新世界フード

    新世界フード(代表チェ・ソンジェ)が健康食品事業推進のために日本戦犯企業と手を握ったことをめぐり議論がおきている。

    新世界フードは22日、日本企業「ニュートリー」と三井物産の韓国法人「韓国三井物産」と韓国型健康食品の開発および商用化を推進する内容の了解覚書(MOU)を締結した。その際、新世界フードはニュートリー、韓国三井物産と協力して自主開発した健康食品を商用化する目標を提示した。

    しかし、このうち健康食品製造に必要な素材を供給し物流を支援する韓国三井物産が日帝強制占領期間に朝鮮人強制徴用を行った戦犯企業「三井物産」の韓国法人である点が論議になった。

    三井グループは雑貨屋、三井高利(みつい たかとし)が1673年、日本初のデパート三越デパートの前身である「越後屋」という反物屋を始め、三井物産と三井銀行、三井鉱山などを設立して日本国内の巨大企業に成長した。特に去る1931年の満州事変当時、軍需産業まで範囲を拡張し兵器と艦艇、弾薬、石炭など軍用物資供給に全方向的に寄与した。

    特に三井は朝鮮人慰安婦、強制動員、過去2014年国務総理傘下の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が公開した日帝強制支配期、女性を強制的に労務に動員した企業に三井グループも含まれた。

    三井グループの系列会社である三井鉱山は日本最大の三池炭鉱を運営し朝鮮人を強制動員した。日本石炭統制会統計によれば1944年10月当時、三井系列炭鉱だけで最小3万3000人の朝鮮人労務者がいた。

    最近、新日本製鉄に続き日本三菱重工業も強制徴用被害者に損害賠償しなければならないという大法院判決が下され、三井の賠償可否にも関心が集まっている。去る2015年、社団法人アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会は訴訟に出た企業100余りに三井も含まれた。経営利益を優先する企業の事業的判断かもしれないが、最近の戦犯企業に対する社会的雰囲気を考慮すれば国民感情上批判を受けかねない問題だ。

    これと関連して新世界フードは三井グループが戦犯企業と指摘されると「韓国三井物産」と事業を推進しないことにした。新世界フード関係者は本紙との電話通話で「韓国三井物産とはニュートリー専属の物流会社として3者MOUを結んだ」とし、「しかし、戦犯企業だと分かって行事の翌日、事業できないと話をしておいた。本契約から三井物産は抜けるだろう」と明らかにした。

    引き続き「物流会社は他の会社を使う計画」とし、「まだ本契約がたくさん残っていてその時まで調べてみる予定」と付け加えた。

    チェ・ビョンチュン記者

    ソース:トゥデイ新聞(韓国語) 新世界フード、健康食品手を握った企業分かってみれば日戦犯企業…論議日時急いで撤回
    http://www.ntoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=64348

    引用元: ・【韓国】 新世界フード、契約企業が日本の戦犯企業「三井グループ」と指摘され…契約発表の翌日、撤回[11/29]

    【もう完全に敵国だな【韓国】 新世界フード、契約企業が日本の戦犯企業「三井グループ」と指摘され…契約発表の翌日、撤回[11/29] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/20(金) 06:14:04.52 ID:CAP_USER
    交渉行き詰り副首相を急派して合意
    紛争起きた場合はUAE法で裁判受けることに
    収益率16→10.5%へと大幅に修正
     
    「60年間運営権を確保」発表したが、実際には「とりあえず10年間だけ契約」明らかに
    期待収益494億ドルは“水増し”
    韓電「持分投資契約は60年」

    韓国電力公社のアラブ首長国連邦(UAE)原発4基に対する運営・投資契約条件に、法律紛争が生じた場合、第3国ではなくアラブ首長国連邦の裁判所で仲裁を受けなければならないなど、韓国側に不利な契約条件が多数含まれたことが確認された。

    また、韓電の原発運営期間も当初の60年間ではなく、10年間だけ保障されていたことが分かった。昨年10月、朴槿恵(パク・クネ)政権と韓電は「運営権を60年間確保で494億ドル(約55兆ウォン=約5兆4600億円)の売り上げが期待される」とバラ色の広報をしたが、実際の内容はこれと程遠いと指摘されている。

    19日、共に民主党のキム・ビョングァン議員とホン・イクピョ議員が公開した韓電の「アラブ首長国連邦における原発建設および運営事業の持分投資・出資(案)」などの資料によると、韓電は2009年から進めたアラブ首長国連邦原子力公社(ENEC)と核発電所の運営・投資契約交渉で、アラブ首長国連邦側の要求をほとんど受け入れた。契約内容が公開されたのは今回が初めてだ。

    アラブ首長国連邦の原発事業は大きく分けて二種類だ。一つは2009年12月、韓電コンソーシアムがENECと結んだ186億ドル規模の建設契約である。

    また、もう一つは昨年10月、契約した発電所の投資・運営事業だ。発電所の投資・運営に向けて、韓電とENECは18対82の割合でバラカウォン((Barakah One・事業法人)とナワエネルギー(Nawah Energy・運営法人)を設立することにした。当時、政府はこの契約を韓国原発輸出のモデルだと広報した。

    しかし、具体的な内容を見てみると、事情が異なる。まず、韓電とENEC間の法律紛争が発生すれば、当初英国法に準じて、ロンドンの裁判所で仲裁を受けるという合意になっていたが、アブダビ裁判所でアラブ首長国連邦法に基づいて裁判を受けるものに変更された。

    昨年9月に開かれた韓電理事会でチョ・ジョンヒョク理事(元セヌリ党議員)は「最後の砦である公正に裁判を受ける権利は確保しなければならないのではないか。アブダビで裁判を受けるのは本当に最悪だ」と批判した。

    収益率も、当初16%で合意したが、10.5%と大幅に低下した。運営権も60年間ではなく、10年間だ。韓電海外原発開発処長は理事会で「O&M(経営および維持)は、まず10年契約することになっている」と話した。

    結局、運営権契約を延長するためには、再び交渉しなければならず、紛争が生じれば現地裁判所で仲裁を受けなければならない立場だ。また、原発の輸出に伴う売上と配当額(60年基準)も2012年の690億ドルと216億ドルから、昨年には494億ドルと132億ドルにそれぞれ低くなった。

    契約がこのようになったのは、朴槿恵政権が核発電所輸出の成果を出そうと急いだことも背景として働いたものとみられる。昨年、交渉が膠着状態に陥ると、ユ・イルホ経済副首相は5月、アブダビで開かれた両国の経済共同会議に出席し、直接「年内の契約完了」合意を引き出した。

    ホン・イクピョ議員は「アラブ首長国連邦の原発は、李明博(イ・ミョンバク)政権の性急な決定と朴槿恵政権の無能によって、目標収益率の達成するかどうかも不透明な継ぎはぎの契約で終了した」と批判した。

    キム議員は「改悪を重ねた原発の契約は、リスクを問わず成果の広報に偏った海外資源開発と似ている」と指摘した。これについて、韓電側は「契約の内容は秘密のため、(それについては)何も言えない」と明らかにした。

    チェ・ハヤン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28747.html

    引用元: ・【韓国】原発輸出モデルと広報したUAE原発契約、実際は「毒素条項」だらけ 期待収益494億ドルは“水増し”[10/20]

    【【無能かよ 】韓国のUAE原発輸出契約、実際は「毒素条項」だらけ 期待収益494億ドルは“水増し”などなど】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 17:40:43.56 ID:CAP_USER
    イランの投資・経済・技術援助機構と韓国の輸出入銀行エグジムバンクの間で、80億ユーロの資金を調達するファイナンス契約に調印しました。

    イルナー通信によりますと、この契約は、24日木曜、韓国の首都ソウルで、イラン投資・経済・技術援助機構のハザーイー長官と、エグジムバンクの頭取によって調印されました。

    この契約に基づき、エグジムバンクは、イランの様々なプロジェクトのために80億ユーロの資金を調査することになっています。

    ハザーイー長官はこの契約の調印式において、「この資金調達の実現は、両国の関係拡大に向けた重要な歩みである」と語りました。

    一方のエグジムバンクの頭取も、「今回の契約の実施は、共通の利益に基づいた両国の経済関係の拡大における重要な一歩だ」と述べました。

    http://parstoday.com/ja/news/iran-i34320

    引用元: ・【国際】イランと韓国の間で、80億ユーロのファイナンス契約が締結 「両国の関係拡大に向けた重要な歩み」[8/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【例のネコババの金】イランと韓国の間で、80億ユーロのファイナンス契約が締結】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/12(水) 20:58:49.18 ID:CAP_USER
    韓国の現代重工業が世界1位の大型エンジンメーカーとしての地位を確かなものにするため、グローバルエンジン専門企業と技術協力関係を強化する。

    現代重工業はデンマークのMAN Diesel&Turbo社とスイスのWinterthur Gas&Diesel社と長期パートナーシップ契約を相次いで締結したと11日、明らかにした。

    2社は6000馬力級以上2ストローク大型エンジンの基礎設計技術を独占しているグローバルエンジニアリング企業だ。

    今回の契約により、現代重工業は今後2社とそれぞれ16年、14年間にわたって電子制御式ディーゼルエンジンをはじめ、ガスおよび二重燃料エンジンなど2ストローク大型エンジンに対する基礎固有技術の提携を受けて製品を製造する。

    また、現代重工業は独自開発したエコ技術を2社のエンジンと組み合わせるエコシップ(Ecoship)パッケージ製品を発売し、今後エンジンの性能向上に向けた研究開発も共に進めていく予定だ。

    中央日報日本語版 2017年04月12日07時27分
    http://japanese.joins.com/article/950/227950.html

    注)スレタイ原文ママ

    引用元: ・【経済】大型エンジン部門世界1位の現代重工業、グローバル企業と長期パートナーシップ契約[4/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界一の組み立て工場】船舶用大型エンジン部門世界1位の現代重工業、グローバル企業と長期パートナーシップ契約】の続きを読む

    1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 10:50:40.11 ID:CAP_USER.net
     開催まで2年を切った韓国・平昌五輪だが、新設競技場の完工、交通インフラの整備などと
    課題は山積する。中でも、五輪組織委員会が賄うべきスポンサー契約が難航しているというのだ。
    国内企業から8530億ウォン(約767億7000万円)を賄う計画が目標額の57%に
    留まっている。このため組織委が財政難で職員に給与が払えないと噂が出たほど。頼みの中核企業は
    輸出低迷の影響などで業績を落としており、景気の先行きは不透明。さらに五輪後の活用法が未定の
    旌善アルペンスキー競技場に関し、国際スキー連盟(FIS)のジャン・フランコ・カスパー会長が
    「保存」を要請。環境団体に配慮して施設の一部を撤去する予定だが、約束違反となれば環境団体の
    反発は必至なだけに、頭が痛いことばかりだ。

     五輪組織委員会はインフラ整備予算を除く運営予算2兆540億ウォンのうち、8530億ウォンを
    国内企業のスポンサー契約で賄う計画になっている。昨年4月には朴槿恵大統領が企業に
    スポンサー参加を要請し、韓国の代表的企業、サムスングループと1億ウォンの契約を結んだ
    経緯がある。この時点で3500億ウォン、目標額の41%だった。サムスンとの契約で契約に
    弾みが付くと期待され、15年の目標を6000億ウォンに設定し、70%の達成を掲げた。

    >>2に続く

    ソース 産経ニュース 2016/02/28
    http://www.sankei.com/premium/news/160228/prm1602280004-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/160228/prm1602280004-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/160228/prm1602280004-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/160228/prm1602280004-n4.html
    平昌五輪のテストイベントが開催されたスキー場。FIS会長から存続の声が出て、新たな難問が…
    (国際スキー連盟のホームページから)
    http://www.sankei.com/images/news/160228/prm1602280004-p1.jpg

    引用元: ・【2018平昌五輪】スポンサー契約難航で組織委がスタッフに給与を払えない? 環境団体の反発で開催がますます危うい…[02/27]

    【ますますワクテカ【2018平昌五輪】スポンサー契約難航で組織委がスタッフに給与を払えない? 環境団体の反発で開催がますます危うい…[02/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ