まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:失敗

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 12:09:19.57 ID:???.net
    【社説】準備遅れの平昌五輪、今こそ決断の時だ

     2018年の平昌冬季五輪開催を3年後に控え、遅々として準備が進まない状況が今もなお続いている。
    まず競技場や周辺施設の建設が予定よりも遅れ、これらが計画通り完成するのかさえ見通せない状況だ。
    新たに建設される6カ所の競技場は、まず着工の段階から招致申請書に記載された予定日よりも平均で
    2年半遅れ、いずれも昨年6-10月の間にようやく工事が始まった。そのため現在の進捗(しんちょく)
    状況はわずか6-14%にとどまっている。例えばスピードスケートの会場は敷地の整備が行われただけで、
    再設計後の進捗状況はたったの12%だ。通常オリンピックの競技場は開催の1年前にテストイベント
    として大会を開催し、それによって明らかになった問題点を改善することになっている。アルペン
    スキーとスライディングセンターは2017年12月に完成予定となっているため、テストイベントは観客席
    なしのコースやトラックだけで行うしかない。開会式と閉会式に関しては、会場の場所と費用負担割合
    が昨年12月に決まったばかりだ。

     オリンピックを成功させるために必要な原則が二つある。一つは事前の段階から大会終了後の管理を
    念頭に置き、少ない費用で競技場を建設すること。もう一つは大会終了後に効率的に活用することだ。
    1994年のリレハンメル大会は開催の5年前から終了後の活用計画が決められていた。また2020年の夏季
    五輪を招致した東京も、今月中に終了後の施設活用計画を正式決定し、設計の段階からこの計画を反映
    させることになっている。

     ところが平昌五輪に関しては、競技会場の将来的な活用計画はこれまでずっと決められない状態が
    続いてきた。新たに建設される競技場と開会式・閉会式会場の建設には6553億ウォン(約710億円)の
    費用が投入される。そのうちスピードスケートと男子アイスホッケーの会場は2390億ウォン(約260億円)
    を投じて2週間だけ競技を行い、その後は撤去される。今なお計画さえ決まっていないアルペンスキーの
    会場とスライディングセンターに関しては、もし撤去されることになった場合、環境を復元する費用を
    含めた撤去費用は建設費とほぼ同じ2000億ウォン(約220億円)は掛かると見込まれている。フィギュ
    アスケート、ショートトラック、女子アイスホッケーの競技場は運営主体と費用負担の問題で今なお
    駆け引きが続いている。859億ウォン(約93億円)が投じられる開会式・閉会式会場は、都合わずか
    6時間使用した後に1万5000席へと規模を縮小して残り部分を撤去することが決まっているが、その活用
    計画は定まっていない。

     このような現状に業を煮やした国際オリンピック委員会(IOC)は分散開催を提案した。一部種目を
    他国で開催する案については朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が「意味がない」とすでにくぎを刺して
    いるが、国内での分散開催は検討する価値があるだろう。複数のアイスホッケー関係者は「ソウル市
    木洞のリンクを改装し、男子アイスホッケーの競技場として使用すれば、大会後の活用にも問題ない」
    としている。開会式・閉会式会場の場合、招致申請書通りアルペンシア(スキージャンプ場)の観客席を
    拡張して建設すれば、必要な費用は160億ウォン(約17億円)で済む。

     平昌五輪の修正予算は11兆4000億ウォン(約1兆2400億円)に膨れ上がったが、これは全て国民の
    負担だ。そのうち政府は競技場建設費用の75%、インフラの70%を負担するが、それでも江原道が支出する
    地方予算は7000億ウォン(760億ウォン)を上回る。江原道の財政自立度は21.6%で、全国の特別市、
    広域市、道の中では下から3番目だ。江原道はオリンピック誘致を口実にアルペンシアリゾートの建設後
    1兆ウォン(約1100億円)の借金をした上に、今年だけで1200億ウォン(約130億円)、来年は1000億ウォン
    (約110億円)の地方債を発行する計画だ。しかしこれらの借金の返済計画について語る人間は誰もいない。
    分散開催に強く反対する関係者らは、江原道が抱えるこれらの借金を他の地域に押し付けないという約束を
    すべきだろう。

     このような状況に追い打ちをかけるように、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)組織委員長(大韓航空会長)は
    いわゆる「ナッツリターン」問題が表面化した後、組織委員会の仕事が手につかない状況が続いている。
    誰かが早急に前面に出て、一日も早く組織委員会を立て直さねばならない。われわれはこれまで1988年の
    ソウル五輪、2002年のサッカー・ワールドカップを成功させたが、平昌五輪の開催に問題が生じれば、
    国際社会から「国際スポーツイベントに失敗した国」というレッテルを貼られる事実を忘れてはならない。
    平昌五輪が開催されるのは朴大統領の任期が終わる前だ。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/08/2015010801027.html

    引用元: ・【社説】ソウル五輪や韓日W杯の開催に成功した韓国、平昌五輪で失敗すれば「国際スポーツイベントに失敗した国」のレッテルを貼られる

    【成功したのは審判の買収だけだろ【社説】ソウル五輪や韓日W杯の開催に成功した韓国、平昌五輪で失敗すれば「国際スポーツイベントに失敗した国」のレッテルを貼られる】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/22(木)10:59:37 ID:???
    119電話網3分40余秒間不通…倒れた心臓疾患者結局亡くなって
    4回の電話も連結できなくて移送遅延
    消防災難本部「不通の原因調査中」

    およそ60代男性が心臓疾患で倒れるとすぐに周辺の同僚が緊急応急申告をしようとしたがちょうど京畿道(キョンギド)消防災難本部119統合システムが3分40余秒の間不通で連絡できず結局亡くなる事故が発生した。

    21日京畿道(キョンギド)消防災難本部の話を総合すれば、20日夕方7時47分頃、ガソリンスタンド職員で仕事をしたカン某(66・儀旺市(ウィワンシ)高村(コチョン)洞)さんが突然倒れるとすぐに周辺の同僚が京畿道(キョンギド)消防災難本部119システムに緊急応急申告を4回も試みた。しかし当時京畿道(キョンギド)消防災難本部119申告システムは夕方7時43分32秒から3分40余秒の間不通だったことがわかった。同僚は119申告できないと警察を通じて応急申告をし、警察は再び京畿道(キョンギド)消防災難本部に連絡した。ついに5分余後である7時52分頃、儀旺(ウィワン)消防署119救助隊がガソリンスタンドに到着した。消防災難本部側は「儀旺(ウィワン)消防署119救助隊が到着した当時カンさんは呼吸と脈拍がなかった。心肺蘇生術をしながら14分後である午後8時6分頃に坪村(ピョンチョン)翰林(ハンリム)病院に到着したがすでに亡くなった」と明らかにした。

    京畿道(キョンギド)消防災難本部側は「カンさん側から119電話をした当時、儀旺(ウィワン)をはじめとして安産・軍浦(クンポ)など京畿(キョンギ)西北圏域9個の消防署の119申告システムがしばらく不通だった。また当時ケイティ(KT)で119申告統合システム構築作業を進行中であったが不通原因に対してはまだ調査中」と明らかにした。

    水原(スウォン)/ホン・ヨンドク記者

    ハンギョレ新聞(韓国語)
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/638388.html

    【さすがIT先進国 -【韓国】119電話網が3分40余秒間不通…4回の電話失敗で倒れた心臓疾患者結局亡くなる[05/22]】の続きを読む

    1: ◆gtMtsQbrRc 2014/05/20(火)19:22:50 ID:lFooPR6dH

    泥酔30代、80代おばあさん性暴行しようとしたが殺害

    文化日報 2014-05-19 14:21

    関心指数40コメント153149 1 3

    老人対象性暴力1年間33%急増

    昨年12月慶北(キョンブク)浦項(ポハン)に住むキム某(65)さんは“家に美しい子犬がいる”として
    普段から交流していたアン某(82)おばあさんを家に誘引した。彼は家の居間でアンさんを抱いて、
    部屋の中に引っ張っていって性暴行を試みたが思い通りにならず強制的にアンさんを醜行した。

    性暴行前科があったキムさんはアンさんが80代老人という事実は全く眼中になかった。
    去る2月には慶南(キョンナム)泗川(サチョン)で酒に酔っ払った30代男性が80代おばあさんを
    性暴行しようとしたが、おばあさんがさからうとすぐに暴行して殺害した事件が発生した。

    最近、老人対象の性暴行犯罪が急増していて対策準備が至急だという指摘が起きている。

    19日警察庁によれば老人対象の性暴行犯罪は去る2012年は320件で2013年には428件と1年間に108件(33.4%)
    増加したことが分かった。

    今年も増加傾向は続いている。 4月末現在129件で、昨年同期(103件)より25.2%増加した。

    警察は老人たちが性暴行されても静かに黙る場合があって申告されなかった犯罪が多いと見ている。
    一部専門家たちは申告率が10~20%水準に止まるという分析も出している。中略

    警察関係者は「老人対象の性暴行犯罪者の心理を見れば、理性的に惹かれたのでなく、
    私より力が弱い‘弱者’なので犯行を犯す場合が多い」として「このような側面で見れば
    老人だといって性暴行犯罪の安全地帯にあるのではない」と話した。

    http://news.nate.com/view/20140519n21210?mid=n1006

    引用元: ・【韓国】80代お婆さんにレイプを試みるも失敗し殺害した30代男性 韓国で老人相手の性暴行事件が急増中 大半の老人はだんまり [5/20]

    【朝鮮人にとっては、日常!! -【韓国】80代お婆さんにレ*プを試みるも失敗し殺害した30代男性 韓国で老人相手の性暴行事件が急増中 大半の老人はだんまり [5/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ