まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:天皇

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/30(金) 13:04:08.96 ID:O9Kyfzwg
    ー前略ー
    しかし消極的な管理だけでは逆走行を防げないだろう。
    首相の答礼訪問直後の5月11日に首相公邸で行われた洪錫炫(ホン・ソクヒョン)中央ホールディングス会長との特別対談で確認されたように、
    当分は首相の追加謝罪表現と被告企業の基金参加を期待しにくい状況で、これに満足しない韓国側の反発は続くだろう。
    したがって逆走行を根本的に遮断して未来に向けて前進するためには、より一層の積極的な企画が必要となる。
    私は韓日新条約を締結して韓日和解3.0時代に移るべきだと考えている。

    韓日新条約が植民支配の不法性の有無など1965年の韓日条約で縫合した事案を議題にして解決しようとすれば合意に至らないだろう。
    その代わり、一方では持続する過去の問題が深化しないよう方策を模索し、
    別の一方では新しく登場する顕在的課題に共に対処することに協議を集中し、導出された案を制度化できれば、
    韓日和解3.0の新しい時代が開かれると期待する。

    もちろん、多くの障害物が新条約締結の道をふさいでいる。
    その中でも韓日和解2.0時代に君臨した責任論的和解論という堅固な事由の障害物を越えなければ新条約の実現は期待しにくい。

    和解しようとして絶えず日本の責任を追及するのは、むしろ関係を悪化させ、
    徴用者問題にまで及んで破綻直前にまで進む逆説的な現象を経験した。莫大な費用を支払った後、
    包容的な決断を通じて、責任論的和解論が招いた副作用をかろうじて収拾することができた。
    そのように努力しても「道義的責任」に基づく歴代内閣の立場を継承するという間接表明と首相の個人的所感を得るにとどまった。
    新条約の締結はこうした責任論的思惟の枠組みを越えてこそ可能だ。このために天皇の訪韓を進めることを考慮することができる。

    天皇は日本憲法第1章に規定されている。
    「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」。
    通常、戦前の人格神として絶対権力を持っていた天皇と差別して象徴天皇という。
    平和愛好者の明仁天皇は在位中、東南アジア国家および中国などを訪問して謝罪の表現をすることで、日本との友好関係増進に寄与した。

    2019年に皇位を継承した徳仁天皇が訪韓し、韓国人の過去の歴史認識に共感する適切な謝罪の表現をする場合、
    我々はそれを日本を象徴する存在が表明した「象徴責任」として包容し、歓待しよう。
    これを通じて無限責任追及から抜け出し、未来に進む和解の軸を用意できる。

    天皇の訪韓が時期尚早という反論も予想される。仮に不祥事が発生すれば両国関係の悪化を招くと懸念される。
    1992年に明仁天皇が中国を訪問した当時もそのような懸念が提起されたが、天皇の訪中はその後、日中関係の発展に寄与した。

    重要人物の歴史的な行為は二つのケースがある。一つは条件が熟してその行為を通じて局面の掉尾を飾るケースであり、
    もう一つは条件が熟さずその行為を通じて歴史を追求するケースだ。
    すべての条件がそろった後の訪韓なら、いつになるかは分からず、訪韓の意味も小さい。いま韓国は天皇訪韓を包容する能力を備えている。
    天皇の象徴責任をきっかけに責任論的和解論を超える場合、新条約締結の道が開かれるだろう。

    新条約を締結する最適な時期は韓日国交正常化60周年となる2025年だ。
    天皇の訪韓と新条約締結という未来志向的な企画は従来の外交業務だけでは手に余る。
    韓日和解委員会を設置し、日本と共に両国の経験と知恵を集めなければならないだろう。

    朴鴻圭(パク・ホンギュ)/高麗大政治外交学科教授

    全文はソースから
    2023.06.30 10:27
    https://japanese.joins.com/JArticle/306040

    引用元: ・【中央日報】 過去にとらわれた韓日…天皇の訪韓で未来の和解に進むべき [6/30] [仮面ウニダー★]

    【まず反日教育やめたら【中央日報】 過去にとらわれた韓日…天皇の訪韓で未来の和解に進むべき [6/30] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/25(日) 18:50:10.64 ID:CAP_USER
     東京五輪に来日した韓国の潘基文(※パン・ギムン)前国連事務総長が、23日の開会式後に天皇陛下と2人きりで会談したと韓国メディアが一斉に報道した。

     韓国メディア「フィナンシャルニュース」などは「潘基文が、開会式当日に日本の天皇と単独面談。天皇からのリクエストだ」と報道。両国の外交筋などによると、潘氏は国立競技場で行われた東京五輪の開会式に出席後、深夜に競技場内の貴賓室で約10分間にわたって天皇陛下と会談を行った。韓国側は「天皇の要求に応じて行われた」と強調している。

     会談では、潘氏が東京五輪の開幕を祝して大会の成功を祈願する言葉を述べ、天皇陛下が感謝の挨拶で応じたという。また同メディアは「潘氏と天皇は、現在悪化している日韓両国の関係改善の必要性に共感を示したことが分かった」と指摘。

     日韓両国を巡っては、東京五輪に関連することだけでも竹島の表記問題や旭日旗の使用問題、韓国選手団が選手村で戦時下を連想させる横断幕を掲示するなど火種が多く、両国の対立は悪化している。そうした背景から両国の関係改善に向けた話し合いが行われたと韓国メディアは報じている。

     会談が深刻化する日韓関係を改善するきっかけになるのか注目される。

    東スポWeb 2021年07月25日 16時25分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/3463887/

    引用元: ・【東京五輪】潘基文前国連事務総長が開会式後に天皇陛下と会談 「天皇からのリクエスト」と韓国報道[07/25] [Ikh★]

    【なんでそんな嘘つくの? 【東京五輪】潘基文前国連事務総長が開会式後に天皇陛下と会談 「天皇からのリクエスト」と韓国報道[07/25] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/29(月) 21:25:00.32 ID:CAP_USER
     【ソウル時事】1990年5月24~26日に韓国の盧泰愚大統領(当時)が訪日するのに先立ち、韓国政府が天皇陛下(現上皇さま)による過去より「具体的で強い」おわびを求める対日交渉方針を定めていたことが分かった。韓国外務省が29日、90年前後の外交文書を公開した。

     84年に全斗煥大統領(当時)が訪日した際、昭和天皇は「今世紀の一時期において、両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり、再び繰り返されてはならない」と表明。90年4月の文書はこれに関し「おわびの対象と内容の不明確さから、韓国国民に不満が存在している。同じレベルのおわびが繰り返される程度では韓国国民の期待にそぐわない」と指摘し、「今回は『不幸な過去』の明確な内容に言及し、反省の意思が言明されなければならない」と強調した。
     その上で「日本政府が明仁天皇(現上皇さま)の初の海外訪問国として韓国を考慮している」ことを踏まえ、「おわびの内容が満足できる場合、大統領訪日中に天皇訪韓を招請する予定だと(日本側に)通報する」という方針を立てていた。
     天皇陛下は5月24日の宮中晩さん会で「わが国によってもたらされたこの不幸な時期に貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、痛惜の念を禁じ得ない」と表明。日本政府は同月28日、盧大統領の訪日中に天皇陛下訪韓の正式招請があったと明らかにした。
     6月初めに作成された文書は陛下のお言葉について「はっきりと反省とおわびを行ったことにより、韓日間の不幸な過去を整理し、過去に起因する懸案にけじめをつけることができた」と評価している。

    時事ドットコム 2021年03月29日20時35分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032900930&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    no title

    天皇、皇后両陛下(現上皇ご夫妻)の歓迎を受ける韓国の盧泰愚大統領夫妻(手前左)=1990年5月、東京・元赤坂の迎賓館

    引用元: ・【韓国外交文書】天皇の「具体的なおわび」要求 90年大統領訪日時 [3/29] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【嫌悪感しかもてない【韓国外交文書】天皇の「具体的なおわび」要求 90年大統領訪日時 [3/29] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/23(月) 17:31:58.33 ID:CAP_USER
    November. 23, 2020 09:28
    https://www.donga.com/jp/home/article/all/20201123/2249258/1/「天皇裕仁に有罪判決」20周年を迎えた女性国際法廷

    「本法廷は天皇裕仁に有罪を判決する」

    2000年12月12日、日本東京で開かれた日本軍性奴隷戦犯女性国際法廷で裁判長を務めたガブリエラ・マクドナルド旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷所長が判決文を読み上げると、傍聴席から歓声と涙が出てきた。女性国際法廷は、2000年12月8日、日本軍「慰安婦」被害者70人余りが参加した中で韓国、中国、台湾など8カ国の被害国の検事団40人余りが、昭和元天皇など25人を起訴した民間法廷だ。

    それから20年後の今月20日、韓国女性人権振興院傘下の日本軍「慰安婦」問題研究所(所長=キム・ソラ)は、女性国際法廷20周年を迎えて、「2000年の女性法廷と超国籍連帯」をテーマに学術行事を開いた。当時、法廷の実行委員だったシン・ヘス国連人権政策センター理事長は、この行事に参加して、「女性国際法廷は、多国間の女性運動の結実で、終戦後、極東国際軍事裁判が取り扱わなかった日本軍性奴隷犯罪に対する有罪判決を引き出した」とし、「まだ被害者の保護と法的賠償、再発防止などの課題が残っている」と説明した。

    キム・ソラ日本軍「慰安婦」問題研究所長は東亜(トンア)日報との電話インタビュー、「女性国際法廷は韓国、中国、インドネシアなどのアジア諸国が連携して、女性に対する暴力を断罪する必要があることを宣言した意味がある」とし、「今後、日本の謝罪と賠償だけでなく、将来世代のための教育も重要だ」と語った。

    2000年に開かれた女性国際法廷には、韓国と北朝鮮が南北共同検事団を結成して参加し、故ムン・ピルギ、アン・ボブスン、ハ・サンスク・ハルモニなども出席して被害事実を証言した。マクドナルド裁判長ら4人の裁判部は、「生存者たちの証言と各種資料を検討した結果、日本政府は、拉致、詐欺などを通じて数多くの女性を強姦するなど、人道に反した犯罪を犯した点が認められる」とし、有罪判決を下した。

    引用元: ・【戦犯】「天皇裕仁に有罪判決」20周年を迎えた女性国際法廷[11/23] [Ttongsulian★]

    【あ~嘘にまみれたインチキ法廷ねw 【戦犯】「天皇裕仁に有罪判決」20周年を迎えた女性国際法廷[11/23] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/24(水) 15:42:06.41 ID:CAP_USER
    日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、無視、嘲笑、嘲弄されるのが常だった。この様な雰囲気に乗って「自称天皇」が続出した。岡山県では「坂本天皇」、鹿児島県では「長浜天皇」、新潟県では「佐渡天皇」、高知県では「横倉天皇」が登場した。愛知県では「十村天皇」と「三浦天皇」など二人も出た。この様な「自称天皇」は一時、17人に達したという。

    これらの中で抜群は名古屋県(名古屋市の誤り)で雑貨屋をしていた熊沢寛道であった。彼は自身が14世紀、室町幕府に追い出されて南朝を開いた第96代後醍醐天皇の直系子孫で、「本当の天皇」はヒロヒト(裕仁)ではなく自分だと主張した。天皇家の正統性はヒロヒトが属した北朝でなく自身が属した南朝にあるということだった。

    彼はその根拠として「家系図」を出した。彼の主張が大衆の関心を買って、彼は全国巡回するなど「有名人」になった。彼は米軍政司令官マッカーサーにヒロヒトは退位して自分が直ちに天皇に即位するのに協力してほしい、と要請も送った。これは日本占領政策の中枢に天皇権威弱化を推進した米軍政司令部の関心を引き、時事雑誌「ライフ」と米軍新聞「星条旗」に「ヒロミチ天皇が本当の天皇」と報道された。

    しかし、「本当の天皇」としてはで認められなかった。1951年、ヒロヒトを相手に天皇非適格確認訴訟も提起したが却下された。彼が本当に後醍醐の直系の子孫なのかは依然としてミステリーだ。

    ファン・ヒソク開かれた民主党最高委員が、「曺国(チョ・グク)前法務部長官は(儒学者の)南冥・曺植(チョ・シク)先生の子孫」と主張してひどく恥を書いた。昌寧(チャンニョン)チョ氏の家系図を確認さえせず、チョ前長官をチョ・シク先生の子孫と断定したからだ。十分に「軽はずみ」といえる。

    朝鮮日報の報道によればチョ・シク先生の13代子孫であるチョ・ヨンギ氏が家系図を確認してみると、チョ前長官とチョ・シク先生は全く関係ないということだ。ファン最高委員はなぜチョ前長官をチョ・シク先生の子孫にしようとしたのだろうか?チョ・シク先生の子孫なら平等・公正・正義への背信も問題にならないと考えたのかもしれない。

    チ ン・ギョンフン論説委員
    http://mnews.imaeil.com/inc/photos/2020/03/27/2020032718040905756_s.jpg

    ソース:韓国毎日新聞(韓国語)[オイ姑と嫁]ファン・ヒソクの軽はずみ
    http://mnews.imaeil.com/NewestOpinion/2020062318032596903

    関連記事:南冥チョ・シクの子孫「チョ・グクはわが一族の子孫ではない、冒涜だ」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/22/2020062280263.html

    引用元: ・【韓国】 ファン・ヒソクの軽はずみ~日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、「自称天皇」が続出した[06/24] [蚯蚓φ★]

    【頭だいじょうぶか?w 【韓国】 ファン・ヒソクの軽はずみ~日本敗亡後、天皇の権威は地に落ち、「自称天皇」が続出した[06/24] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ