まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大統領

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/20(火) 19:53:53.85 ID:CAP_USER
    金大中最後の付属室長「20年右傾化日本…DJが存命ならば怒鳴りつけていただろう」
    8/20(火) 8:21配信

    “最後の付属室長”キム・ハンジョン議員が語る、DJ(金大中)と日本  金大中元大統領、個人的な傷に蓋をし新たな韓日関係を掘り起こす 盧武鉉大統領当選者に前向きな韓日関係要請も 「安倍など極右政治勢力が小渕・小泉の成果をすべてぶち壊した」
     政治家金大中(キム・デジュン)ほど、日本と特別な縁を持った人物は珍しい。日帝強制占領期(日本の植民地期)に生まれた彼は、野党の政治家時代、日本で中央情報部により拉致されて生死をさまよった。1981年、内乱陰謀容疑で死刑宣告を受けた時、日本の市民社会は彼の救命に積極的に取り組んだ。大統領就任後には、韓日関係の礎石になった共同宣言文を引き出した。日本と「経済戦争」を戦っている最近、彼がたびたび呼び起こされる理由だ。

     18日は金大中大統領逝去10周年を迎える日である。韓国大統領府最後の第一付属室長であり、退任後は金元大統領の最初の秘書室長を務めた共に民主党のキム・ハンジョン議員に今月14日会った。

    金大中と日本のもつれた縁

     金大中大統領は1924年生まれだ。日帝強占期治下で小中高に通った。日本への国賓訪問の際、高校二年生の時の担任の先生と東京のあるホテルで再会したりもした。そんな彼が、日本との悪縁にとりつかれ始めたのは、1973年8月8日だった。

     「71年の大統領選挙で、朴正煕(パク・チ ンヒ)大統領と薄氷の勝負の末、落選しました。病気治療のため日本に留まっている時の72年10月に維新(朴正煕が戒厳令を宣布、憲法を改定して始まった独裁体制)が起きたのです。夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)女史が帰国を止めました。自然に亡命になったのです。この時から73年上半期まで、日本で朴正煕維新体制を批判する講演を活発に行いました。朴大統領が「なぜ放っておくのか」と李厚洛(イ・フラク)中央情報部長に暗示したようです」

     1998年6月に公開された当時の駐韓米国大使館の秘密電文を見ると、米大使館は「李厚洛中央情報部長の指示の下、拉致事件が行われ、朴正煕大統領も明示的または暗黙的に承認したと見られる」と本国に報告した。1998年2月に公開された「KT工作要員実態調査報告」という中央情報部の極秘文書によると、この事件は中央情報部長だった李厚洛の指揮の下、総勢46人が9組に分かれて組織的に実行したとのことだった。中央情報部長を務めた金炯旭(キム・ヒョンウク)も1976年6月22日、米下院フレーザー委員会の聴聞会で中央情報部が金大中を拉致したことを自分が収集した情報で確認したと証言した。

     「この事件の本質は“金大中殺害未遂事件”です。拉致直後、米国がこの事実を知ることになり、朴正煕大統領に対し「殺すな」と警告しました。結局、殺すことはできず船に乗せて数日間海を漂い、13日未明にソウル東橋洞(トンギョドン)の自宅前に放置したのです」

     事件直後、日本政府は韓国政府に「主権侵害」だとして強く抗議した。犯行場所から当時の在日韓国大使館一等書記官だった金東雲(キム・ドンウン)の指紋まで出た。しかし、金鍾泌(キム・ジョンピル)国務総理が朴正煕大統領の謝罪が込められた親書を持って田中角栄日本首相に会い、その後、真相究明作業はうやむやになった。その後、レナード米国国務省韓国課長は、韓国政府が田中に3億円を提供したと見られると米国議会で証言したりもした。

     「事件直後には断交まで口にした日本が、この事件を見逃しました。“韓日結託”でした。日本としては大きな過ちであり、恥ずべき事でした」。後日、金大中大統領は自叙伝で「韓国の独裁政権と日本の金権政治が結託した買収外交の極致だった」と評価した。

    個人的な傷に蓋をして成し遂げた新たな韓日関係

     1997年の大統領選挙で、金大中は大統領に当選した。韓日関係は前任の金泳三大統領の「悪い癖を直していく」という発言で最悪の状態だった。こうした状況で98年10月、日本への国賓訪問の日程が決まった。日本側は大いに緊張した。

     「拉致事件を自分たちが見逃したので、金大中大統領がこの事件の謝罪を要求するかもしれないと考えました。日本のマスコミは連日『拉致事件について公式謝罪を要求する』と報道しました。恥ずかしい歴史だったから、日本全体が金大中大統領の口からどのような言葉が出るか、ハラハラしていました」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00034137-hankyoreh-kr

    引用元: ・【韓国】キム・ハンジョン議員「20年右傾化の日本…金大中大統領が生きていれば、日本を激しく怒鳴りつけただろう」[8/20]

    【韓国ってさ、たらればばっかりw 【韓国】キム・ハンジョン議員「20年右傾化の日本…金大中大統領が生きていれば、日本を激しく怒鳴りつけただろう」[8/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/23(金) 23:28:40.24 ID:CAP_USER
    ※※規制回避

    「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明
    https://www.asahi.com/articles/ASM8R5FP1M8RUHBI01V.html

     韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))破棄を決めた経緯について、大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)・国家安保室第2次長は23日、「韓日間で基本的な信頼関係が損なわれており、韓国として維持する理由がなくなった」と述べ、改めて日本側に責任があると批判した。

     金氏は、韓国側が元徴用工問題をめぐる大法院(最高裁)判決などについて、外交的解決をめざす対話を求めてきたとし、「日本側は全く真剣に取り組まなかった」と主張。文在寅(ムンジェイン)大統領が日本統治からの解放を記念する今月15日の「光復節」式典で行った演説についても、「高位級の人物が日本を訪問し、発表前に内容を知らせたのに、日本側は何の反応も見せず、感謝の言葉もなかった」と批判した。

     文氏は光復節の演説で、歴史認識問題をめぐる日本批判を抑え、「日本が対話と協力の道に出れば、我々は喜んで手をつなぐ」と関係改善を呼びかけていた。

     金氏はこのほか、8月初めに駐日韓国大使が日本の官邸幹部と協議を試みようとしたが、成果を得られなかったとも言及した。(ソウル=武田肇)


    2019/08/23(金) 20:35:22.61
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566564560/

    引用元: ・【韓国】「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明★4[8/23]

    【バカ過ぎて呆れてしまう 【韓国】「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明★4[8/23] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/25(土) 12:48:33.07 ID:CAP_USER
    日本の河野太郎外相が韓日外交長官会談で大法院の強制動員判決に対する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「責任」に直接言及したと日本メディアが24日報道した。

    河野外相は去る23日(現地時間)、フランス、パリで開かれたカン・ギョンファ外交長官との会談でイ・ナギョン国務総理が「強制徴用訴訟に対する政府の対応には限界がある」と言ったことに言及し、「総理の上にいるムン・ジェイン大統領が対策を考えなければ解決につながらないだろう」と言ったという。

    河野外相は去る21日、日本国内での記者会見でも強制動員賠償判決と関連して「ムン大統領が責任感を持って対応しなければならない」と言った。長官級要人が格の合わない国家元首であるムン大統領の責任を言及したことは明白な外交的欠礼だ。

    去る21日の発言を批判されたにもかかわらず、再び同じ主張をしたことは「意図的挑発」と疑わざるをえない。

    一国を代表する外交首長は言動に品格を失ってはいけないのが外交の基本姿勢だ。それなら河野外相の発言は一線を越えて久しい。彼は昨年10月、大法院が強制労働賠償判決を下すと「暴挙」という表現を使い、「韓国側が適切に対応しなければすべての手段を取る準備ができている」と圧力を加えた。去る2月には「日王謝罪」を要求した文喜相(ムンヒサン)国会議長を示して「韓日議員連盟議長までつとめた人間が…」といって物議をかもした。

    韓日間には様々な懸案が乱麻のように絡まって結び目探しさえ容易ではない。特に強制動員判決以後、韓日葛藤は手のほどこしようもない状況に至っている。いくらそうだったとしても外交首長が品格を失った言動をはばからないのは事態解決をさらに難しくさせるだけだ。

    河野外相は言動を慎むよう警告する。

    日本は去る20日、強制徴用判決と関連した両国間紛争を仲裁委員会に回付することを韓国に要請するなど国際紛争化を試みている。日本の態度は遺憾ではあるが、強制徴用問題を越えなければ韓日関係の復元は難しいのも事実だ。政府がより警戒心を持って創意的解決方法作りに集中力を発揮してくれるよう求める。

    そうした点で大統領府が国内最高の日本専門家に選ばれるチョ・セヨン国立外交院長を外交部1次官に起用したことは時期適切と見られる。チョ次官がふさがった韓日関係を解くのに力量を発揮することを望む。

    ソース:京郷新聞(韓国語) [社説]相次いだ外交欠礼「乱暴な口」日本河野外相に警告する
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201905242021005&code=990101

    関連スレ:【韓国】 ムン・ヒサン国会議長の「慰安婦問題、日王が謝罪しなければ」発言、外交的波紋が予想される[02/08]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549638693/

    引用元: ・【日韓】 相次ぐ外交欠礼、河野外相に警告する~長官級が格の違う大統領の責任に言及するのは慎むように/京郷新聞社説[05/24]

    【天皇陛下に噛み付いててよく言えるな 【日韓】 相次ぐ外交欠礼、河野外相に警告する~長官級が格の違う大統領の責任に言及するのは慎むように/京郷新聞社説[05/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/20(月) 18:47:38.40 ID:CAP_USER
    <「無礼」な記者の処罰を求める署名ページが大統領府運営のサイトに作られる異様さ>

    韓国の言論と報道の自由が後退している。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任から丸2年を迎える前日の5月9日、韓国の公共放送KBSが文とのインタビューを放送した。大統領の座に就いてからの道のりと将来への展望を文自身の口から聞くことのできる貴重な機会となるだけに、有権者にも歓迎されると思われた。

    ところが、番組は思わぬ波紋を呼んだ。インタビューしたKBSのソン・ヒョンジョン記者に対して、大統領に「無礼」だという批判が殺到したのだ。

    「無礼」というのは、ソンがインタビュー中に文の話を聞きながら眉をひそめ、話を遮ったとすることへの批判だった。質問内容が「不適切」という意見もあった。政府高官の物議を醸す人事をめぐり、文に「独裁者」というイメージを持つ有権者もいるが、とソンが切り込んだことも非難の的となった。

    一部のネットユーザーは大統領府が運営する公式の署名サイトで、ソンとKBSへの処罰を要求する運動を展開。この記事を書いている時点で、KBSの解体を求める呼び掛けには1万4000筆、記者に正式謝罪を要求する呼び掛けには約1万筆の署名が集まり、同サイトには同様の趣旨の署名運動が少なくとも58件立ち上げられている。

    「異様な事態だ」と、野党・自由韓国党の広報担当者は記者会見で語った。「記者の質問が検閲され、質問内容で自分のクビが飛ばないかどうか心配しなければならないとしたら、私たちの社会の後退を意味する」

    ネット上の攻撃も擁護?

    記憶に新しいのは、韓国の与党「共に民主党」が、ソウルを拠点とするブルームバーグの記者を攻撃する論評を発表した出来事だ。

    きっかけは今年3月、自由韓国党の保守派議員である羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)がブルームバーグの記事を引用して、文の外交政策を批判したことだった。問題の記事は、国連総会で演説した文が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「首席報道官」のようだったとする内容だった。

    「共に民主党」は、ブルームバーグと記者を名指しし、同社で働いている韓国人らを侮蔑的な言葉で非難した。これに対してソウル外国特派員協会は、同党の行為を「大いに憂慮する」という声明を発表。アジア系アメリカ人ジャーナリスト協会も、同記者が韓国系であることに同党が言及したことを非難する声明を発表した。

    こうした反発を受けて「共に民主党」は論評を撤回。文陣営も報道の自由を擁護することを約束し、どんな場合でも記者の身の安全が脅かされるようなことがあってはならないという立場を明確にした。しかし、文陣営がこの声明を発表したのは、ブルームバーグ記者がメールやSNSで文の支持者たちから執拗な攻撃を受けてからのことだった。

    韓国では、政府や大統領を批判的に報じたジャーナリストが攻撃される事例がますます増えている。

    文は昨年の年明けに行った記者会見で、自身に批判的な意見を述べた人々を支持者がネットで攻撃する事態について、これも1つの意見表明の形と捉えていると主張。その上で、この質問をした記者に、ひどい書き込みやネットでの嫌がらせにいちいち神経をとがらせず、冷静に対応すべきだと語った。

    一見、思慮深い助言のようではある。しかし文の頭からは、ジャーナリストの存在意義が何であるかがすっぽり抜け落ちているようだ。

    テジョン・カン

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12151.php
    Newsweek 2019年5月20日(月)11時50分

    引用元: ・【文在寅】リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領[5/20]

    【リベラルって他の考え認めない連中だからね 【文在寅】リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領[5/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/14(水) 12:33:56.03 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が数日前の国務会議で、対日問題をめぐる感情的な対応を自制するよう注文した。「決起するものの、冷静に根本的な対策まで考える長い呼吸が必要」と強調した。韓日間の葛藤が経済・外交・安全保障など全方向に広がる事態を防ぐという国政最高責任者として意志を示唆したという点で歓迎する。

    しかし一部の与党・政府・青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は以前として大統領の意向に背く無責任・無分別な発言を続けている。

    国民年金公団の金成柱(キム・ソンジュ)理事長は英フィナンシャルタイムズ(FT)のインタビューで「日本戦犯企業を投資リストから排除するかを検討している」と述べた。国民年金が「責任投資」レベルでも過去に韓国国民に苦痛を与えた日本戦犯企業に投資すべきでないという主張は、これまで市民団体などを中心に提起されてきた。

    しかし韓日葛藤局面で国民年金公団の最高責任者が直接この問題に言及したのは適切でない。何よりも収益率と安定性を基準に運用すべき国民年金が中立性を失って政治の論理に巻き込まれるからだ。国民年金はそうでなくともスチュワードシップコードなどに関連して「年金社会主義」などの論議を呼んだことがある。

    「戦犯企業投資排除」は国民年金の海外投資にまで政府の影響を及ぼすという批判を招きかねない。投資排除が現実になる場合、「なぜ私の老後保障手段が外交葛藤に利用されるのか」という反発を避けることができない。

    さらにこの問題は現在の韓日経済葛藤に予期せぬ状況を招くかもしれない。2014年の首相室傘下「対日抗争期強制動員被害調査支援委員会」の資料によると、日帝強占期に韓国人を強制動員した前歴がある日本企業は計299社。このうち国民年金は昨年末基準で75社に1兆2300億ウォン(約1085億円)ほど投資している。

    ここには三菱、トヨタ、住友、日立、東芝など日本有数の企業が含まれている。この投資を撤回または中断する場合、一部の商品規制にとどまっていた葛藤が金融・投資領域に拡大するおそれがある。

    日本の公的年金(GPIF)は韓国証券市場に約7兆ウォンを投資している。この資金が流出する場合、ほかの外国系資金の動きまでも刺激する。そうでなくとも厳しい韓国経済にさらなる不確実性を招く必要はない。

    大統領の自制要求に背く無分別で感情的な言動はこれだけではない。青瓦台の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安全保障室第2次長はあるラジオ番組のインタビューで「我々に影響を及ぼす日本の戦略物資は一握りにすぎない」「米国に仲裁を要請しなかった。世界的なカモになる必要はない」など激しい表現をした。

    問題を解決すべき通商外交責任者が相手国や友好国を刺激して何が得られるのか。与党の「日本経済侵略対策特別委員会」というところは日本の記者を呼び集め、「4歳の子どものような行動」「笑いごと」などという表現を使って腹いせの神経戦をした。

    我々の立場を日本国民に効果的に伝える日本メディアを相手に戦って何をどうしようということなのか。

    責任のある執権勢力なら何よりも韓国の国民と企業の被害を最小化することを考えなければいけない。効果もない不必要な感情的争いを自制し、戦線拡大よりも状況管理に注力すべき時だ。


    2019年08月14日09時03分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/549/256549.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報】 韓国与党は大統領の「感情対応自制」注文が聞こえないのか 厳しい韓国経済にさらなる不確実性を招く必要はない [08/14]

    【もう用日は無理だぞ? 【中央日報】 韓国与党は大統領の「感情対応自制」注文が聞こえないのか 厳しい韓国経済にさらなる不確実性を招く必要はない [08/14] 】の続きを読む

    このページのトップヘ