まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大手

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/28(月) 01:37:42.51 ID:CAP_USER
    26日付韓国経済新聞によると、韓国国税庁は24日、防衛機器大手のハンファグループ傘下の企業から会計・財務関連の資料を押収し、特別財務調査を開始した。

    調査対象はハンファ、ハンファテックウィン、ハンファ地上…

    https://www.nna.jp/news/show/1653788

    引用元: ・【韓国】ハンファに財務調査、防衛産業に打撃か[8/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【会計透明度最下位の国だもん】韓国防衛機器大手のハンファに財務調査、防衛産業に打撃か】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 23:22:16.70 ID:CAP_USER
    【香港=粟井康夫】中国の国有複合企業大手、中国中信(CITIC)の常振明董事長は29日の記者会見で、2016年に商業生産を始めたオーストラリアでの鉄鉱石開発プロジェクトを中止する可能性に言及した。

    鉱山の売り手との訴訟で敗れるなどすれば、最悪の場合は操業を停止せざるを得ないと説明。「リスクは現実のものとなっている」と語った。

    CITICは06年、豪最大規模の磁鉄鉱鉱山の権益を取得し、1兆円以上を投資してきた。だが開発の難航や鉄鉱石市況の低迷で、5千億円以上を減損処理済み。売り手の豪資源開発会社ミネラロジーとは生産開始後に支払うロイヤルティーの算出方法を巡って係争中で、敗訴すれば採算割れの公算が大きくなる。

    常董事長は「CITICは上場企業であり、株主への責任がある」として、国有企業でも不採算事業は容認できないと強調した。常氏の発言にはミネラロジーをけん制する狙いもあるようだ。

    同日発表した17年1~6月期の純利益は323億香港ドル(約4500億円)と前年同期比60%増えた。上海のオフィスビルや傘下のプロサッカークラブの一部権益を売却した利益が寄与した。一方、主力の金融部門は3%減益、資源・エネルギー部門は赤字となった。

    7月には米マクドナルドの中国・香港事業の買収を完了した。常董事長は、傘下の銀行や書店との共同店舗やビッグデータの活用など相乗効果を追求する考えを示した。

    伊藤忠商事やタイのチャロン・ポカパン(CP)グループとの提携の現状に関して、王炯副董事長兼総経理は「協力の余地は大きいが、各社にそれぞれの考えがあり、(実績を出すには)少し時間がかかる」と語った。

    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDX29H13_Z20C17A8FFE000/

    引用元: ・【豪州】中国国有企業大手、豪鉄鉱石開発中止の可能性も 最悪の場合は操業停止[8/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【1兆円以上を投資】中国国有企業大手、オーストラリアでの鉄鉱石開発プロジェクトを中止に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/18(金) 11:20:40.53 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】英調査会社クラークソン・リサーチが18日までにまとめた資料によると、7月末時点の造船会社の手持ち工事量で、韓国の大宇造船海洋が596万4000CGT(標準貨物船換算トン数、82隻)と世界トップだった。

    現代重工業が333万1000CGT(69隻)、サムスン重工業が303万9000CGT(60隻)と続き、韓国大手3社が1~3位を維持した。

    6月末に比べると、大宇造船が3000CGT増え、現代重工業は21万6000CGT、サムスン重工業は10万6000CGT、それぞれ減少した。

    4位は上海外高橋造船(220万4000CGT、51隻)、5位は今治造船(183万5000CGT、30隻)だった。5位までの順位は6月末から変わっていない。

    一方、韓国の現代三湖重工業は9位、現代尾浦造船は10位に、それぞれ順位を下げた。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/18/0200000000AJP20170818001300882.HTML

    no title

    造船現場(資料写真)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国】造船大手3社 手持ち工事量が世界1~3位[8/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【大規模リストラやったんじゃなかったっけ?】韓国造船大手3社 手持ち工事量が世界1~3位に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 22:58:09.40 ID:CAP_USER
     韓国半導体大手SKハイニックスは25日、半導体市場の好況を追い風として、今年第2四半期(4-6月)に創業以来最高の実績を上げたと発表した。売上高6兆6923億ウォン(約6685億円)、営業利益3兆507億ウォンはいずれも四半期ベースで過去最高だ。売上高に占める営業利益の割合を示す営業利益率も過去最高の45.6%を記録した。

     SKハイニックスは今年下半期にDRAMとNAND型フラッシュメモリーの生産量を増やし、新工場の建設スケジュールも前倒しすることを決めた。LGディスプレーも同日、有機発光ダイオード(OLED)パネルの生産拡大に向け、2020年までに16兆8000億ウォンを投資すると表明した。半導体各社は好況を受け、市場支配力の拡大を狙い、攻撃的な投資に乗り出した格好だ。

    ■製造業で異例の高い利益率

     SKハイニックスの第2四半期の営業利益は、昨年の年間営業利益(3兆2767億ウォン)に迫るものだ。前年同期(4529億ウォン)に比べると7倍増で、これまで四半期ベースで最高だった今年第1四半期(2兆4676億ウォン)もはるかに上回った。

     イ・ソッキ社長は機関投資家向けの電話会議で、「世界的にメモリー半導体の供給が需要に追い付かない状況が続き、DRAMとNAND型フラッシュメモリーの価格がいずれも高騰したことが過去最高業績の理由だ」と説明した。

     過去1年間にDRAMの平均価格は130%、NAND型フラッシュメモリーの平均価格は50%上昇した。DRAMはサムスン電子、SKハイニックス、米ミクロンの3社が市場を掌握。NAND型フラッシュメモリーもメーカーはサムスン電子、SKハイニックスをはじめ5-6社にすぎない。需要が増えても供給がすぐには増えない構造で、価格高騰が続いている。

     SKハイニックスが第2四半期に達成した営業利益率45.6%は、世界の製造業全体を見ても比較対象を見つけることが難しい。営業利益率が高いことで知られる米アップルのピーク時の35.3%(2012年)も軽く抜き去った。このほか、インターネット企業のグーグル(15.9%)、半導体大手インテル(27.0%)、マイクロン(35.3%)にも大差を付けた。

     半導体業界関係者は「SKハイニックスが2011年、SKグループに買収されて以降、技術開発と生産拡大に投資を続け、サムスン電子に迫る技術力を確保し、コスト削減にも成功した。最近は高仕様の製品の割合を高め、収益性も高まっている」と指摘した。

     SKハイニックスの新記録ラッシュは下半期も続きそうだ。証券業界はSKハイニックスが下半期に四半期ベースで3兆ウォン以上の営業利益を上げ、通年の営業利益が13兆ウォンに達すると予想している。NH投資証券のアナリスト、イ・セチョル氏は「メモリー半導体市場の需要が増え続ける一方、2020年までは新規参入はない見通しだ」と述べた。

     SKハイニックスは今後、攻撃的な設備投資を行う方針だ。まず年末までに生産設備拡充でDRAMとNAND型フラッシュメモリーの生産量を増やす。また、清州市に建設中のNAND型フラッシュメモリー工場、中国江蘇省無錫市のDRAM工場の完成時期を当初予定の2019年上半期から18年第4四半期に前倒しする。

     同社は今年、生産設備の増設と研究開発に7兆ウォン以上を投資する計画だ。

    パク・コンヒョン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/26/2017072600516.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/26/2017072600516_2.html

    引用元: ・【経済】韓国半導体大手SKハイニックス、驚異的な営業利益率45.6%[7/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【エルピーダ 本当に馬鹿だな】韓国半導体大手SKハイニックス、驚異的な営業利益率45.6%】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 20:44:15.75 ID:CAP_USER
     【北京=藤本欣也】中国が主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は29日、米格付け大手、ムーディーズ・インベスターズ・サービスから最上位の格付け「Aaa(トリプルA)」を取得したと発表した。

     大手格付け会社によるAIIBの格付けは初めてで、Aaaは世界銀行やアジア開発銀行(ADB)と同格。日米などAIIB未加盟国の間で参加を求める声が高まる可能性もある。

     ただムーディーズは、経済成長鈍化と債務負担増の見通しから5月下旬、中国の長期国債格付けを上から5番目に引き下げている。その中国が最大出資国のAIIBに対し、最上位の格付けを付与する妥当性をめぐって論議を呼びそうだ。

     ムーディーズはAIIBについて「ガバナンス(統治)の枠組みがしっかりしている」などと評価した。

     AIIBには、中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を資金面で支える役割がある。

     今回、AIIBが最上位の格付けを取得したことで、その信用力をバックに国際金融市場において安い金利で債券を発行、資金調達規模を拡大できる。途上国への低利融資も可能となる。

    http://www.sankei.com/world/news/170629/wor1706290038-n1.html

    no title

    韓国の済州島で17日、記者会見したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁(左から2人目)。
    昨年1月の開業から1年半で80カ国・地域が加盟したAIIBの成果を強調する一方、慎重な姿勢を崩さない日米に対し「窓は常に開かれている」と述べて改めて参加を促した(河崎真澄撮影)

    引用元: ・【経済】中国主導のAIIB、最上位の格付け獲得 日米ADBと同格[6/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本の見解と真逆でワロタw】「ガバナンス(統治)の枠組みがしっかりしている」米格付け大手のムーディーズ、AIIBを最上位の格付け「Aaa(トリプルA)」に】の続きを読む

    このページのトップヘ