まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大宇造船

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/10(月) 21:47:33.00 ID:CAP_USER
    産業銀行が1年前に大宇造船海洋への4兆2000億ウォン(約3900億円)支援を決定しながら前面に出した見通しと根拠はほとんど間違っていたことが分かった。産業銀行は現在まで3兆2000億ウォンを支援したが、大宇造船の経営状況がさらに悪化した背景には産業銀行の「バラ色展望」があるという指摘が出ている。

    産業銀行は昨年10月29日に大宇造船の経営正常化案発表を通じて、韓国輸出入銀行とともに4兆2000億ウォンを大宇造船に支援すると明らかにした。同年7-10月にサムジョンKPMGが作成した大宇造船調査報告書を根拠に出した決定だった。産業銀行は大宇造船の営業利益が2016年から安定すると見込んだ。100億ドル以上を受注し、負債比率は500%以下に落ちるという予想も出した。

    しかし現実は逆の方向に流れている。先月末まで受注額は10億ドルにもならなかった。今年上半期の当期純損失は1兆1894億ウォンにのぼった。負債比率は7000%を超えた。

    造船業界の関係者は「産業銀行は現実性が不足したバラ色予想を根拠に支援を決め、その結果、天文学的な金額を投入しても大宇造船を再建できないという最悪の状況になった」と指摘した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/537/221537.html

    引用元: ・【韓国/経済】大宇造船支援の5大根拠すべて間違い[10/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【「最悪の状況」大宇造船支援の5大根拠すべて間違い】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/28(水) 21:10:35.34 ID:CAP_USER
    27日造船業界によればアンゴラ国営石油会社ソナンゴル(SONANGOL)は先週、大宇(デウ)造船に「9月末の引き渡しは難しくなった」と公式に通知した。ソナンゴル高位関係者は先週末、ドバイで鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長と会って「ファイナンシング(資金調達)作業が遅れ、今月末の引き渡しは不可能な状況」としながら「引き渡しを取り消す予定は全くない」という意向を明らかにした。

    鄭社長とソナンゴル関係者はドバイの会合でファイナンシングおよび保証計画を再び用意したと分かった。大宇造船は一部の船舶代金をあらかじめ受け取り、年内に満期が来る短期借入金がないため引き渡しの日時には執着しないとの戦略を立てた。鄭社長とソナンゴルは来月再び会って最終引き渡しの日時やファイナンシング方式などを確定させる計画だ。

    会社関係者は「1兆ウォンの代金を今月末に受け取ることができないからといって流動性危機が発生することはない」として「できるだけ早期に引き渡しが可能になるよう継続協議していく予定」と話した。大宇造船は、ソナンゴルのドリルシップ買入れの意志が強く資金調達計画さえつまずかなければ年内に引き渡しが可能だとみている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/171/221171.html

    【【資金ショート?】大宇造船1兆ウォンの代金受け取りが延期に】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/10(金) 14:14:32.94 ID:CAP_USER
    大型不正捜査を専門に担当する検察腐敗犯罪特別捜査団が大宇造船海洋に照準を合わせた。捜査団は8日、大宇(デウ)造船本社と玉浦(オクポ)造船所など10カ所余りを家宅捜索した。検察は大宇造船海洋が数年間にわたり粉飾決算を行った端緒を捕らえたものとされる。

    実際に大宇造船海洋の財務諸表はおかしな部分が多い。外見上大宇造船海洋は最優良企業に引けを取らない。3月に2013年と2014年の財務諸表を訂正するまで大宇造船海洋は8年連続黒字だった。収益性に規模(売上額)までともに成長した。

    通常この程度なら現金もだぶつくのが道理だ。だが船舶や海洋プラントを作って稼いだ現金(営業活動によるキャッシュフロー)は2008年からこれまで1年も欠かさず毎年マイナスだった。

    簡単に言えば船舶を作って稼いだお金より、船舶を作るために使ってしまったお金がはるかに多かったと解釈できる。

    8年間に稼いだお金よりも使ったお金が多いのに財務諸表が派手だったのは大宇造船海洋だけの秘策のおかげだ。

    船舶・プラントを作る上で予想とは異なり追加建造費用がかかれば損失とするのが正常だ。だが大宇造船はこうした勘定の一部を「今後受け取るお金(未請求工事)」とした。

    このようにすると損失はひとまず売り上げと利益に化ける。「当時は損失とわからなかった」としらを切れば違法といえるかも曖昧だ。

    実際にこうした方法を使ったのかは財務諸表だけではわからない。だが結果的には推定が可能だ。未請求工事代金が貯まればいつかは問題が起きる。

    工事損失を当座は先送りしても最小限残金を受け取る時点では損失として処理しなければならない。

    大宇造船海洋は昨年1~3月期に9兆4150億ウォンまで拡大した未請求工事金額を4~6月期に3兆2276億ウォンも処理した。

    これが受け取るお金だったら利益は大きく膨らまなければならない。だが反対に昨年4~6月期に3兆ウォンを超える営業損失を記録した。損失だったということが証明されたのだ。

    保有資産価値再評価時点(2009年、2014年)もややおかしい。大宇造船海洋は経営状況が悪化するたびに保有する土地の資産価値を上げた。

    5127億ウォンとしていた土地を9835億ウォンと再評価するなど2009年に合計7985億ウォンの再評価差益を得た。これがなければ営業利益(6845億ウォン)は赤字だった。

    昨年も大宇造船海洋は2014年に1兆5830億ウォンとしていた土地の価値を2兆1426億ウォンに引き上げた。あっという間に5596億ウォンという大金ができた。

    土地の価値が急上昇しなかったとすればどうだっただろうか。昨年の資本総計2328億ウォンから土地価値増加分5596億ウォンを差し引けば資本割れだった。

    こうした一連の事件にはひとつの共通点がある。帳簿上短期業績が良くなるという点だ。 オーナーのいない会社でよく起きることだ。大宇造船海洋は2000年からオーナーがいない。

    中央日報/中央日報日本語版 2016年06月09日
    http://japanese.joins.com/article/686/216686.html
    http://japanese.joins.com/article/687/216687.html

    【経済】危機的な韓国造船会社 国策銀行が呆れた対応 日欧は“警告”[6/10]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1465506118/
    【日韓】 日本、OECDで韓国の造船業公的金融支援を指摘=韓国ネット「指摘されて当然」「日本には韓国を監視する部署が?」[06/03] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464970078/
    【造船業】韓国STX造船海洋、会社更生手続きへ[5/24] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464150441/
    【韓国】造船業に破産の波?韓国経済のさらなる打撃に、大宇、現代、サムスンには421億ドルの負債が[6/1] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464751831/

    引用元: ・【韓国】大宇造船海洋の会計帳簿は「不正帳簿」だった[6/9] [無断転載禁止]©2ch.net

    【大宇造船、8年連続で「不正帳簿」。検察が家宅捜索】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/13(月) 12:27:22.87 ID:CAP_USER
    韓国政府が不良企業の構造調整のために産業銀行と輸出入銀行に12兆ウォンを投じることにした。造船大手3社と海運大手2社という既存の体制はそのまま維持される。産業銀行は現代商船と韓進海運まで一手に引き受けることになった。

    政府が緊急血税投入を決めた事情を理解できないわけではないが、大宇造船海洋の不良を拡大した当事者である産業銀行が再建作業をしっかり遂行できるかは疑問だ。

    3年間に4兆5000億ウォンを注ぎ込んだSTX造船も結局再建に失敗し法定管理に入った。これは本質的な競争力確保案なくしては債権団主導の構造調整に限界があるという証拠だ。

    構造調整が成功するには莫大な血税を注ぎ込むのに先立ち不良に対する責任糾明が先行しなければならない。大宇造船は3月に財務諸表を訂正するまで8年連続で黒字を出していたと発表してきた。

    しかし実際のキャッシュフローはマイナスを記録し続けていた。ダンピング受注で船舶と海洋プラントを建造するたびに損失を出しながら帳簿上では未請求工事費(今後受け取るお金)と見せかけて利益を出しているようにだましてきた。

    会計を少しでも知っている人ならば帳簿上で黒字を出すのにキャッシュフローは毎年莫大な赤字を出していることに対して当然疑いを持つべきだった。しかし大宇造船に天下りした産業銀行関係者らは手を放していた。

    産業銀行のずさんな監督は詐欺融資の従犯だと言われても過度でないほどのレベルであきれた水準だ。この間に負債比率は200%前半から7310%に増えた。

    韓国政府と債権銀行はいまになって不良企業を構造調整すると騒いでいる。だがどの部分をえぐり取るべきか、どのように生かすべきか、だれに責任を問うべきかなど具体的なマスタープランは見られない。

    さらに管理不良に大きな責任がある張本人は互いに責任を転嫁してピンポンを打っている。天下り人事をめぐる議論をかもしたホン・ギテク前産業銀行会長は大宇造船の支援が青瓦台西別館会議で一方的に決定されたとし、自身は「脇役にすぎなかった」と抗弁した。

    その後ホン前会長は「事実と異なる」と発言を翻したが波紋は鎮まらずにいる。経済副首相として大宇造船支援を指揮した崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)セヌリ党議員は10日にセヌリ党政策ワークショップ中に記者らと会い大宇造船問題と関連し 「1点の不良も隠したことはない」と反論した。

    これまで莫大な粉飾会計と不良隠蔽がなされたがこれを監督する政府と国策銀行の高位級当事者が互いに責任を回避するあきれた事態が起こったのだ。はたしてこれでも国民の協力と理解を求められるか疑問だ。

    構造調整は不良の兆しが現れる初期に先制的になされてこそ効果を上げられる。そうするには官僚と国策銀行の伏地不動、無事安逸から破らなければならない。

    全面的な改革を通じて国策銀行の役割を再確立することも必要だ。現在国策銀行は大企業、特に限界大企業支援の割合がとても高い。大企業が厳しくなれば産業銀行と輸出入銀行が一緒に不良化する構造だ。

    大企業の不良は政府の各種税制・金融支援に安住し革新と競争力向上の努力を疎かにした結果だ。結局構造調整作業も世界経済の流れに合わせて輸出大企業中心の既存の産業体制を改編する大きな枠組みの下でなされなければならない。

    現在の経済状況で見る時、造船・海運産業の構造調整だけでは危機を克服できない可能性が高い。手術をしなければならない病気にかかった“ゾンビ企業”があちこちで苦しんでいる。

    30大グループのうち17グループが3年連続で利子補償倍率1未満を記録している。大企業グループの半分以上が営業利益で利子も返せない不良の沼に落ちているという話だ。

    構造調整のメスは企業がある程度生き返る能力がある時に当てなければならない。すでに手を付けられないほど悪化した後で構造調整に着手するのは死体にメスを当てるのと変わらない。

    いまからでも不良の規模と原因を正確に把握し先制的構造調整に入らなければならない。

    手術のタイミングを逃せば1997年末の通貨危機のような災難が再び訪れないとも限らない。

    中央SUNDAY/中央日報日本語版 2016年06月12日 (中央SUNDAY第483号)
    http://japanese.joins.com/article/796/216796.html .

    引用元: ・【韓国】構造調整のタイミング逃せば経済危機再来する “ゾンビ企業”があちこちで苦しんでいる[6/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【沈没目前の大宇造船に、韓国政府が資金注入決定】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/20(金) 13:25:11.79 ID:CAP_USER
    流動性危機を迎えている大宇造船海洋が潜水艦などを建造する特殊船(防衛産業)事業部を分社して売却することにした。

    また、アフリカの海運会社ナイダス、ルーマニアのマンガリア造船所など、現金化が可能なすべての子会社と資産を処分する方針を決めた。

    投資銀行(IB)業界によると、大宇造船海洋はこうした内容の追加の経営改善計画案を20日ごろ、産業銀行に伝える計画だ。金額にすると2兆ウォン(約2000億円)台という。

    大宇造船海洋の特殊船事業部は潜水艦・戦闘艦などを建造中で、年間売上高は1兆ウォン以上。年平均営業利益率が7-8%台と推定される最も重要な事業部だ。

    国内M&A(企業の合併・買収)市場で1兆5000億ウォン以上を受けるという分析が出ている。

    大宇造船海洋は特殊船事業部を分社後に売却するか、防衛産業事業を保有する国内外企業との合併を推進するなど、さまざまな処理案を検討している。

    この場合、大宇造船海洋のほか、現代重工業、韓進重工業、STX造船海洋などに分散している防衛産業事業部門を統廃合する「ビッグディール」が実現することも考えられる。

    単に売却する場合は、防衛産業の特殊性を勘案し、海外の企業は対象としないことにした。

    また大宇造船海洋は産業銀行など国策銀行の負担を減らすため、現金化が可能なすべての資産を売却する原則を決めて対象の物色に入った。

    同社は昨年から大々的な資産売却に入っている。ゴルフ場を運営する子会社FLCの売却を終えたのに続き、斗山エンジン、ファベスチールなど保有株も売った。

    大宇造船海洋は今回の経営改善計画にアフリカの海運会社ナイダスとルーマニアのマンガリア造船所を売却する案を含めた。

    マンガリア造船所は売却に一度失敗したが、最近また買収者を決めて了解覚書(MOU)を締結したと明らかにした。米国の風力会社DeWindは売却価値がないと判断し、清算することにした。

    産業銀行はこうした計画案を検討した後、流動性追加支援をするかどうか決める。大宇造船海洋は昨年下半期以降の受注の中断で、流動性問題のほか、長期的な実績不振に対する懸念も強まっている。

    昨年10月に債権団が支援することにした4兆2000億ウォンのうち、今後受ける金額は1兆ウォンほどしか残っていない。

    産業銀行は最近、サムジョンKPMGを諮問会社に選定し、大宇造船海洋の経営診断をしている。

    最悪の経営状況を仮定したストレステストを通じて、回復の可能性が高いと判断されれば、資金を支援する方針だ。

    コンサルティング業界の関係者は「今回の経営診断は、追加の流動性支援に先立ち、受注の崖を乗り越えることができるのか、未来の生存のためにどの程度の資金が必要なのかを把握することが核心」と説明した。

    しかし一部では大宇造船海洋の防衛産業事業部売却に対する懐疑論も提起されている。

    あるIB業界の関係者は「防衛産業事業の特性上、買収者に対する制約が多い」とし「現実的に巨済島(コジェド)の玉浦(オクポ)造船所の真ん中にあるドック一つを分離して売却するのも難しいようだ」と述べた。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。2016年05月20日
    http://japanese.joins.com/article/930/215930.html

    引用元: ・【韓国】大宇造船、潜水艦などを建造する特殊船(防衛産業)事業部を分社して売却へ[5/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【経営危機の大宇造船、防衛産業事業部を売却】の続きを読む

    このページのトップヘ