まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大宇造船

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/08/02(水) 16:18:41.34 ID:CAP_USER
    大宇造船海洋が韓国で初めて潜水艦の海外輸出に成功した。1988年にドイツから技術提供を受けて開発を始めて約30年で成し遂げた快挙だ。 

      大宇造船海洋は2011年、インドネシア国防部から受注した1400トン級潜水艦3隻のうち、1隻目の潜水艦引渡式を2日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の玉浦(オクポ)造船所で行った。引渡式にはインドネシアのリャミザルド・リャクドゥ国防部長官やアデ・スパンディ海軍参謀総長のほか、大宇造船海洋の鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長ら80人余りが出席した。 

      この日引き渡された潜水艦の名前は「ナーガパーシャ(NAGAPASA)」で、古代ヒンドゥー神の一人であるインドラジットが使った矢の名を冠している。ヒンドゥー神話では、矢尻に蛇の頭がついているナーガパーシャで攻撃されると、敵は全員眠ってしまうとされている。インドネシアはイスラム国家だが一部ヒンドゥー教文化も存在する。 

      全長61メートル・1400トン級を誇るナーガパーシャは、乗員40人を乗せて一度に1万カイリ(1万8520キロ)を進むことができる。これは釜山(プサン)港から米国ロサンゼルス港までの距離に該当する。また、魚雷や機雷などの武器を発射できる8本の発射管と最新武器システムで武装している。大宇造船は「潜水艦の命であるすぐれた水中作戦能力を備えている」とし「特に、設計・生産・試運転などすべての建造過程を国産技術で行い、造船技術の最高峰と評価される潜水艦技術力を立証した」と説明した。 

      大宇造船海洋が受注した潜水艦3隻の合計額は約11億ドル(約1218億円)に達し、韓国防衛産業輸出史上、最大規模を記録した。これは国産の中型自動車7万3000台分の輸出額に匹敵する価格だ。今回の輸出成功で、韓国は英国・フランス・ロシア・ドイツに次いで世界5番目の潜水艦輸出国となった。 

      この日、大宇造船海洋の鄭聖立社長は「大韓民国初の輸出潜水艦を成功裏に引き渡し、新しい歴史を記録すると同時に、世界に対して大宇造船海洋の潜水艦分野における技術競争力を立証することになった」とし「この技術力をベースにわが国の海軍力強化に寄与することはもちろん、インドネシア海軍の水中戦力増強計画と足並みをそろえて持続的なパートナーシップを築いていけるよう期待している」と述べた。


    http://s.japanese.joins.com/article/946/231946.html?servcode=300&sectcode=320
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年08月02日 15時19分

    no title

    大宇造船の潜水艦が試運転している様子。(写真=中央フォト)

    引用元: ・【中央日報】大宇造船、潜水艦の海外輸出に成功 韓国初[8/2] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【まーたインドネシアか】大宇造船、潜水艦の韓国初の海外輸出に成功 インドネシア国防部から受注】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/03/24(金) 10:40:46.85 ID:CAP_USER
    「追加支援はない」と言っていた韓国政府が大宇造船海洋に2兆9000億ウォン(約2873億円)を新たに支援することにした。債権銀行と会社債投資家の50%以上出資転換により2兆9000億ウォンの資本拡充もなされる。金融委員会と産業銀行は23日、このような内容を含む大宇造船流動性支援法案を確定発表した。新規資金2兆9000億ウォンは産業銀行と輸出入銀行が半額ずつ分担する。2015年10月、西別館会議を経て産業銀行・輸出銀行が大宇造船に4兆2000億ウォンを投じてから1年5カ月後のことだ。

    任鍾龍(イム・ジョンニョン)金融委員長は同日のブリーフィングでサムジョン会計法人の実態調査報告書を引用し、「大宇造船が倒産すれば国家経済的波及効果が最大59兆ウォンに及ぶ」と話した。建造中の船114隻の大部分が契約取り消しで屑鉄処理される最悪の状況を仮定したものだ。任委員長は「数字を大きくした恐怖マーケティングでなく明らかになっている危険を計算したもの」とし、「大宇造船の正常化が国民経済にとって望ましい」と支援の正当性を強調した。

    国民経済論。政府と債権団が大宇造船に新規資金2兆9000億ウォンを支援しながら掲げた核心論理だ。言い換えれば結局、大馬不死(大企業は結局は潰れないという意味)だ。昨年、韓進(ハンジン)海運法廷管理行で崩れたように見えた大馬不死神話が1年も経たずに大宇造船の構造調整により蘇った。

    昨年末の時点でも「追加支援はない」と言っていた政府と債権団は数カ月で言うことが変わった。任委員長はこの日「確かに発言を変えました。その点、申し訳なく思います」と認めた。「追加支援の可能性を示せば大宇造船の自救努力が緩くなるかと思ってわざとそう言った」という解明を付け加えた。大宇造船は約束した5兆3000億ウォンの自救計画のうち1兆8000億ウォンの履行に終わった。「先・自救努力、後・支援」の原則を破る甘やかしだという批判が出ている。オ・ジョングン建国(コングク)大学金融IT学科特任教授は「大宇造船の競争力がある部分だけ生かす果敢な構造調整がなされるべきだが、戦略なしでおカネばかり注ぎ込んでいる」とし、「底の抜けた瓶に水を入れること」と批判した。

    支援を決めた時期を巡る論議も少なくない。大統領選挙まで1カ月半しか残っていない時だ。大宇造船の社債のうち4400億ウォンは来月21日に満期になる。2015年10月に決定された支援金のうち残った金額は3800億ウォン。したがってここに若干の資金だけ追加支援してもひとまず4月の危機は乗り越えることができる。だが、政府と債権団は大宇造船が2021年まで持ちこたえられるようにする支援計画を組んだ。カン・ソンジン高麗(コリョ)大学経済学科教授は「今は政界の誰も大宇造船を潰そうと言えない大統領選挙期間」としつつ、「金融委が今大宇造船の再生に乗り出したということ自体が政治的行為」と指摘した。大統領候補の文在寅(ムン・ジェイン)元共に民主党代表は同日「造船業は後日再び韓国経済の孝行産業になるだろう」と政府の大宇造船支援案を支持する発言をした。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://s.japanese.joins.com/article/249/227249.html?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【韓国】「底の抜けた瓶」大宇造船にまた5兆8000億ウォン支援[03/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【死体に輸血】「底の抜けた瓶」大宇造船にまた5兆8000億ウォン支援[03/24] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2017/02/23(木) 09:59:51.94 ID:CAP_USER
    「大宇造船海洋の財務状況は厳しい。必要なら資料を提供することができる」。韓国国内のある大手造船企業が先月、欧州の船主に述べた言葉だ。大宇造船海洋が国内競合他社の「ネガティブマーケティング」に苦しめられている。

    金融当局の関係者は22日、「国内ビッグ3の造船企業の一部が、大宇造船海洋がすぐにも倒産するかのように海外の船主にマーケティングしているという情報を何度か入手した」と懸念を表した。

    造船業界によると、あるアジアの船主は先月、大宇造船の関係者に「大宇造船は現金不足で不渡りを出す可能性があるという情報を他の韓国造船企業から聞いた」と話し、確認を求めた。大宇造船に船舶を昨年発注した中東の船主も最近、韓国の造船企業から「なぜ大宇造船に発注したか。少し経てばつぶれる会社なのに…」という話を聞き、大宇造船に説明を要求した。

    欧州の船主も韓国の造船企業から「政府が再生を決めて企業回復手続き(法定管理)に入ったSTX造船海洋の事例を見ただろう。大宇造船は危ない」という話を聞いた。今年に入って船1隻も受注していない大宇造船は営業に打撃を受けている。鄭聖立(チョン・ソンリプ)大宇造船社長は役職員に動揺しないよう注文した。大宇造船は今年満期を迎える約9400億ウォン(約940億円)の社債のために危機説が出ているが、受注と経営改善の努力、金融当局の支援などで克服できるとみている。

    金融当局の関係者は「大宇造船が消えることは国内のライバル企業に利益にならない」とし「協力会社の倒産、国内業界の評判悪化などで一斉に打撃を受けるだろう」と指摘した。
    http://japanese.joins.com/article/109/226109.html?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【韓経】ネガティブマーケティングに苦しむ大宇造船[2/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【他人の足を引っ張るのが好き】危機説が出ている大宇造船、国内競合他社のネガティブマーケティングに苦しむ】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/15(水) 10:56:22.13 ID:CAP_USER
    流動性危機を迎えた大宇造船海洋が今月初め、産業銀行と輸出入銀行から3200億ウォン(約320億円)を借りたことが確認された。
    船舶の建造に必要な資金が不足しているからだ。

    これを受け、2015年10月に政府が発表した大宇造船支援限度4兆2000億ウォンのうち3兆8200億ウォンが投入された。
    大宇造船支援の残りの限度は3800億ウォンにすぎない。

    ◆残りの限度7000億ウォンから3800億ウォンに

    金融界によると、大宇造船は今月初め、産業銀行から100億ウォン、輸出入銀行から3100億ウォンの計3200億ウォンを追加で借りた。
    3月末までに必要な船舶建造費名目だ。

    この資金は政府が2015年10月の青瓦台(チョンワデ、大統領府)経済懸案点検会議で支援することにした4兆2000億ウォンに含まれる金額。
    当時、政府は大宇造船の経営正常化のため、産業銀行から2兆6000億ウォン、輸出入銀行から1兆6000億ウォンの限度性与信で支援することにした。

    限度性与信はマイナス通帳のように必要な時に引き出すことができる資金。

    このうち両国策銀行は先月末までに3兆5000億ウォンを大宇造船に投入した。
    産業銀行が2兆4000億ウォン(貸出2兆ウォン、有償増資4000億ウォン)、輸出入銀行が1兆1000億ウォン(貸出)を支援した。

    4兆2000億ウォンのうち残りの資金は先月末基準で7000億ウォンであり、金融当局はこれが最後とみている。
    大宇造船に対する追加の資金支援が難しい状況で、今年末までは資金不足分をこの資金で埋めるしかないからだ。

    しかし今回の追加貸出で大宇造船が両国策銀行から借りることができる限度は3800億ウォンに減った。

    これに関し金融委員会の関係者は「昨年下半期から両国策銀行が大宇造船に7000億ウォンの限度内で随時資金を貸して償還を受けている」とし
    「少なくとも上半期中は大宇造船の流動性に大きな問題はないだろう」と強調した。

    ◆「3月以降」を心配する金融委

    しかし市場では、大宇造船の流動性危機が最悪の状況に向かうのではという懸念もある。
    大宇造船は4月から社債の満期を迎えるが、償還の余力があるかというのが危機説の要旨だ。

    満期が到来する社債は4月4400億ウォン、7月3000億ウォン、11月2000億ウォン。

    一部では正常企業に分類している大宇造船を債権団共同管理(自律協約)に入れて債務再調整をする必要があるという指摘が出ている。

    満期を迎える社債に関して社債権者集会を開き、個人投資家にも損失を分担させるべきだという主張もある。
    これに関し金融当局は「自律協約は検討しておらず、社債権者集会の開催も検討する段階ではない」という公式立場を出した。

    しかし市場では根本的な解決法を考えるべきだという声が出ている。

    政府が4兆2000億ウォンの支援計画を出した当時は大宇造船を第2のSKハイニックスとして再建できると見なしたが、
    今の状況は法定管理(企業再生手続き)に入ったSTX造船海洋のようになりつつあるという見方が少なくない。

    金融当局の関係者は「大宇造船の流動性危機を解消する道が見えない」と述べた。

    結局は政界に大宇造船解決法を任せるしかないという主張も出ている。大統領候補に支援について問うしかない状況を迎えているということだ。


    2017年02月15日10時28分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/791/225791.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【韓国】大宇造船にまた3200億ウォン投入…限度まで残り3800億ウォン[02/15]©2ch.net

    【【もうダメでしょ】大宇造船にまた3200億ウォン投入…限度まで残り3800億ウォン[02/15]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/06(月) 10:21:50.20 ID:CAP_USER
    大宇造船海洋が今年に入っても資金難を解消できずにいる。毎月1000億ウォン(約100億円)以上の現金が不足していると分析されている。
    長い「受注の崖」の影響で運営費として出ていく費用がより多くなったからだ。

    造船業界によると、大宇造船は正常な営業活動で毎月入ってくる現金が6000億ウォンであるのに対し、
    運営費として出ていく金額は7000億ウォンにのぼり、流動性問題に苦しんでいる。

    大宇造船の流動性危機を加重するのは4月21日の4400億ウォンをはじめ、今年満期を迎える9400億ウォンの社債だ。

    今年の利子費用(2400億ウォン)と営業関連の現金不足(年間1兆2000億ウォン)を勘案すると、
    計2兆3800億ウォン(日常的な営業活動除外)が大宇造船から今年出ていく現金となる。

    一方、入ってくる現金は引き渡しや売却交渉が少しでも遅滞する場合、支障が生じる可能性がある。

    大宇造船はアンゴラ国営石油企業ソナンゴルとの交渉を通じて引き渡し代金1兆ウォンほどを3回に分けて受けるが、今年は6000億ウォンほど入る計画だ。

    また子会社と資産を売却し、今年は現金1兆3000億ウォン程を確保することにした。

    7000億ウォンを投入して建造しながら引き渡しが取り消しになった掘削船1隻をはじめ、
    大宇造船海洋建設、ルーマニアのマンガリア造船所なども売却を進めている。

    大宇造船は債権団の残りの支援金7000億ウォンで資金のミスマッチ(需給不一致)をかろうじて解消するほど流動性が「一触即発」状態だ。

    政府と債権団は大宇造船が流動性危機を迎えることに備え、債権団共同管理(自律協約)を本格的に検討し始めた。
    債権団共同管理とは、最大株主の産業銀行や今まで資金を支援した輸出入銀行のほかの銀行も債権を株式に転換する方式で苦痛を分担することだ。

    4月から満期を迎える社債も社債権者集会を通じて満期を延長し出資転換をしてこそ大宇造船の生存が可能になる。
    出資転換対象の債権者はウリィ・国民・新韓・KEBハナ銀行、農協などの銀行と国民年金管理公団、証券会社、保険会社など債権投資家。

    一部は「債権団主導型法定管理」も代案に提示している。

    2014年の大韓造船、2016年のSTX造船海洋の法定管理事例を参考にしようということだ。
    大韓造船は法定管理であるにもかかわらず債権団が4300億ウォンの新規資金を支援し、商取引債権もすべて返済し、協力会社の連鎖不渡りを防いだ。

    STX造船も法定管理中に船主との交渉を通じて受注契約取り消しを最小化した。


    2017年02月06日09時54分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/442/225442.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【経済】大宇造船、毎月100億円の現金不足[02/06]©2ch.net

    【【教科書的な自転車操業】大宇造船、毎月100億円の現金不足[02/06]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ