まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大学

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/31(火)11:43:14 ID:???
    国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.214
        by 大礒正美(国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表)

    平成29年1月29日

     不可逆はない半島民族の日本蔑視

     ある日本の大学で、韓国の大学教授を招いて特別講義をしてもらった。たまたま日本に滞在していて、
    日本語も堪能な年配教授だったので、講義も日本語で気楽にしゃべってもらった。

     彼は、韓日間の領土問題や慰安婦問題などあらゆることに関して、韓国民は「日本人は考えることができないヤカラだ」と思っていると説明した。

     聴いていた学生たちは一様にポカンとした表情になった。「自分の主張に同意しないからといって、考えることができないとさげすむわけか?」

     そうなのである。「考えることができるなら、わが韓国の言うことをすべて受け入れるはずだ」というのが、
    韓国民(=朝鮮民族)の自然な感覚と言えるのである。

     実はこの話は日本でも知られていて、後半にオチがついているのだが、さすがにかの韓国人教授も日本語では言いにくかったらしく、
    途中までで打ち切ったということだろう。

     この話の全部を箇条書きにしてみよう。


     日本人は、考えることができないヤカラだ。
     考えることができるなら、われわれの言うことに従うはずだ。
     
     犬も、考えることができない。
     しかし犬は尻尾を振ってなついてくる。
     
     日本人は、考えることができない上に、尻尾を振ってなついてこない。
     それどころか、ことごとに楯突いてくる。
     だから、日本人は犬よりもはるかに劣ったヤカラだ。


     理路整然とオチがついている。さらに付け加えると、本当はヤカラのところには「倭奴」(ウエノム)という漢字が入る。
     倭はこびと、奴は奴隷のことで、すなわち「こびと奴隷」という究極の蔑称である。

    続き よむ地球きる世界
    http://www.geocities.jp/oiso_zemi/column/latest214.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★6 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483031389/479

    引用元: ・【日韓】不可逆はない半島民族の日本蔑視[H29/1/31]

    【【やはり共存は不可能】韓国人大学教授「だから、日本人は犬よりもはるかに劣ったヤカラだ」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/11/13(日) 18:31:47.10 ID:CAP_USER
    ソウル大学化学生物工学部の玄沢煥(ヒョン・テクファン)教授は2004年、目に見えないほど小さいナノ粒子を均一な大きさで大量生産する技術を開発した。

    磁気共鳴画像装置(MRI)検査用の先端ディスプレー素材などに使える画期的な技術として注目を集め、韓国のハンファケミカルが08年に43億ウォン(現在のレートで約4億円、以下同じ)でこの技術の権利を取得した。

    ソウル大が1946年の開校以来、自主開発して企業に販売した技術としては最高額だった。ハンファケミカルは商用化に失敗したが、代表的な技術移転事例に挙げられる。ソウル大工学部のある教授は「工学技術が産業の現場と切っても切れない関係であることを示すケース」だと説明する。

    韓国教育部(省に相当)によると、国内425校の大学が開発した技術を企業に売って得た技術移転収入は14年が576億ウォン(約53億円)だった。同年に大学が使った科学技術分野の研究費が5兆4015億ウォン(約5015億円)に達することを踏まえると、投資総額のわずか1%程度を回収した計算だ。

    これに対し、米国のスタンフォード大学は昨年だけで9422万ドル(約98億円)、プリンストン大学は1億4200万ドル(約147億円)の技術移転収入を得た。韓国の大学全てを合わせてもスタンフォード大の半分、プリンストン大の3分の1程度にすぎないのだ。

    科学技術連合大学院大学(UST)のムン・ギルジュ総長は、米国の場合は工学部が産業現場にすぐに取り入れられる技術や新産業をリードする技術を開発するため、生み出された技術が売れ、大学側はその収益でまた新たな技術を開発するという好循環が根付いていると説明。

    一方の韓国は「工学部の教授たちが論文を書くための実験室での研究にばかり重きを置いている」と指摘した。

    実際、ポステック(浦項工科大学)の教授が起業して株式上場まで果たしたケースはバイオ企業「ジェネクシン」が唯一で、国立大の韓国科学技術院(KAIST)も45年間で2件しかない。

    韓国で最も優れた工学系人材が産業の現場に目を向けていないということだ。


    パク・コンヒョン記者 , カン・ドンチョル記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/11/2016111101672.html

    引用元: ・【韓国】韓国425大学の技術移転収入、米スタンフォード大の半分[11/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【失敗したが、代表的な事例?】韓国425大学の技術移転収入、米スタンフォード大の半分】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/11/13(日) 18:38:54.61 ID:CAP_USER
    米マサチューセッツ工科大学(MIT)でコンピューター工学を専攻する学生は「ポーカーボット対決」という授業で人工知能(AI)を学ぶ。教授は人工知能によるポーカー・プログラムの開発を課題として出し、学生同士を競わせながら人工知能の原理と応用を自然と気付かせる。

    また、「バトルコード・プログラミング対決」という授業では、学生にチームを組ませ、学内プログラミング・コンテストに参加させる。賞金総額は5万ドル(約520万円)だ。

    グーグルに勤めていた教授が行うスタンフォード大学の人工知能の授業は「自動運転車」に人工知能技術がどのように適用されるかなどの実用的な事例を中心に進められる。

    シリコンバレーのベンチャー企業で働くスタンフォード大学卒のク・ジョンジンさん(34)は「授業の一つ一つがスタンフォード大学でしか聞けない、特化された内容になっている」と言った。人工知能という科目もそれぞれの大学、それぞれの教授で全く異なる方法で学べるのだ。

    これだけではない。スタンフォード大学の「仮想現実(バーチャル・リアリティー)コンテンツ作成」「暗号化された貨幣・ビットコイン」、MITの「iPhone向けゲームデザイン・開発」など、情報技術(IT)産業の動向をリアルタイムで反映させた授業も多い。

    学校の授業を通じて自然な形で産業の現場を経験すれば、学部1-2年生でも早期に起業が可能になる。スタンフォード大学がグーグルの共同創設者ラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏を輩出したのは決して偶然ではないのだ。

    一方、韓国の主な大学工学部の専攻授業でこうした「実務型」の講義を見つけるのは難しい。ソウル大学コンピューター工学部の2学期の授業は「コンピューター・プログラミング」「論理設計」など講義名からしてお硬い理論の授業一色であることが分かる。

    延世大学コンピューター科学科も28の専攻授業のうち「論理回路設計」「ソフトウェア総合設計」などの科目が時間帯だけを変えて2-3コマ開設されている。ある私立大学のコンピューター工学科教授は「研究室や科目の看板を付け替えるだけで、実際に教える内容は10年前も今もあまり変わらない。

    ソウル大学をはじめ、韓国の主な大学のコンピューター工学科の科目は70%以上が開設されてから10年は経っている」と言った。

    MITで学び、ベンチャー企業を立ち上げたチョン・スドクさん(34)は「韓国の大学は試験問題を解くコツを教えるだけ。米国の大学は産業現場の問題を教室に持ち込むので、学生が自然と問題解決能力を身につけることができる」と語った。


    パク・コンヒョン記者 , カン・ドンチョル記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/11/2016111101665.html

    引用元: ・【韓国】韓国の大学工学部は10年前と同じ理論の講義ばかり[11/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【同じなら上出来】韓国の大学工学部は10年前と同じ理論の講義ばかり】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/31(水) 20:45:13.82 ID:CAP_USER
    2016年8月31日、ロイター通信が発表した「アジアの革新的大学ランキング」で韓国科学技術院(KAIST)が1位に輝いた。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

    ロイターは31日、学術論文数や特許出願件数・成功率などを基にアジアの教育機関75校について「革新性」を評価したランキングを発表した。同ランキングがアジア・太平洋地域の大学に限り公開されるのは初めて。

    1位のKAISTは、独創的で影響力ある研究を進める機関として高い評価を受けた。
    ロイターは「KAISTの特許出願実績はアジアの大学の中で群を抜いていると評価された。KAISTが世界の研究開発(R&D)に非常に大きな影響を及ぼしていることを示す重要な指標だ」と説明している。

    KAISTに続いては東京大、ソウル大、大阪大、浦項工科大(POSTECH)、東北大、京都大、成均館大、延世大、慶応大の順で、上位10校に日韓の大学が5校ずつ並んだ。
    また全75校の国別の内訳では中国が最も多く22校、日本・韓国が各20校、オーストラリア6校、シンガポール・インド・マレーシア各2校、ニュージーランド1校だった。

    これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「だからって何になる?韓国の理工系の博士はみんな米国に移民してるよ」
    「他の国は革新すべきことが特にないのかも」
    「特許も論文も量より質だろ」
    「こういう大学の学生たちも、公務員試験の勉強をするか“ヘル朝鮮”脱出を試みているのが現実」

    「韓国は政治を除けば実にいい所だよ」
    「韓国の人口は日本の半分以下なのに、これほどのものすごい成績を収めたんだから立派だよ。韓国には頭のいい人が多いんだなあ」
    「こういう国でノーベル賞が出ないというのは皮肉だ」

    「どこが1位だって?それだけの特許やアイデアは一体どこに消えたんだ?」
    「ネットユーザーが不平不満を叫んでも、大韓民国は今日も発展中」
    「ノーベル賞受賞者をたくさん輩出している名古屋大が見当たらないね。ノーベル賞があるから、これはロビー活動しなかったのか?」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a149109.html

    引用元: ・【韓国】アジアの革新的大学ランキング、韓国の大学が東大押さえ1位=韓国ネット「これでノーベル賞が出ないとは皮肉だ」[8/31]©2ch.net

    【さすがランキング対策は優れている【韓国】アジアの革新的大学ランキング、韓国の大学が東大押さえ1位】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/12(火) 00:27:14.27 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】少子化により志願者減少の影響を受けている韓国の大学が海外進出に活路を見いだそうとしている。

     名門の梨花女子大(ソウル市)がこのほど米国と中国進出プロジェクトを公開したほか、地方の国立大学も海外キャンパスの設置に意欲をみせている。

     これまで国内大学の海外キャンパス設置を一切認めてこなかった教育当局が私立大学の海外進出許可に続き、地方の国立大学にまで海外進出を認めるか注目が集まる。

    no title

    忠清北道清州市にある国立忠北大=(聯合ニュース)

     ◇定員の大幅縮小で廃校の危機

     韓国教育部によると、2017年度の受験生の数は約52万人。韓国の大学386校の入学定員は約51万人で受験生より1万人少ない。

     これは大学側が定員を縮小したためだ。そうしなければ、定員割れする大学が相次ぐとみられる。

     実際に、大学の定員はこの4年で5万人近く減った。

     教育部は人口減少により大学志願者数は20年に47万人、21年に43万人、22年に41万人、23年には40万人にまで減少すると予想している。

     国会では大学構造改革評価で2回連続して最低等級を受けた大学を閉校させる「大学構造改革推進法」が発議されており、各大学の生き残りをかけた競争はますます激しくなる見通しだ。

     ◇中国やモンゴルから分校設立のラブコール

     こうした状況の中、地方の国立大学、忠北大が海外進出の打診を受け注目を集めている。

     忠北大は先月、中国陝西省で大学を運営する企業グループから同省西安にキャンパスを設置することを提案された。

     4月にはモンゴルの私立大学、モンゴル国際大がカザフスタンに共同で分校を設立することを忠北大に提案している。

     忠北大は現在こうした海外からの提案について、海外キャンパス設立規定を検討している。

     ◇国立大の海外進出 教育部「国費投入には慎重」

     韓国の大学が海外進出を模索するのは今回が初めてではない。忠南大は08年に米ロサンゼルスでの分校設立を推進した。

     しかし、関連法が足かせとなって約2年でプロジェクトは中断した。

     教育部は「大学設立・運営規定」の改定を通じ、来月から私立大に限り海外進出を認める。

     これを受け、梨花女子大が米国と中国への進出計画を発表するなど私立大学で海外進出の動きが活発になっている。

     一方、国立大学の海外進出は現行法では依然として認められていない。

     ただ、教育部はこのほど国立大学の海外進出をめぐって具体的な検討に入った。

     同部関係者は「国立大学の海外キャンパス設立には国費が投入されるため私立大学とは違い多角的な検討が必要」と説明した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/11/0200000000AJP20160711001400882.HTML

    引用元: ・【韓国】少子化に直面する韓国の大学 海外進出で活路模索[7/12]©2ch.net

    【少子化に直面する韓国の大学 海外進出で活路模索】の続きを読む

    このページのトップヘ