まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:大国

    1: 動物園φ ★ 2018/07/16(月) 18:58:22.51 ID:CAP_USER
    7/16(月) 11:54配信
    中央日報日本語版

    「韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた」

    14日に北京精華大が主催した第7回世界平和フォーラム韓中関係セッションに出席した韓国・中国の専門家。左側から朴仁国(パク・イングク)韓国高等教育財団事務総長、金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長、劉建飛・中央党校国際戦略研究所副所長、鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大政治外交学部教授、李彬・精華大国際関係学院教授。

    「韓国の国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた。このような認識の変化は長く続くだろう」。

    高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備をめぐる韓中葛藤の最大の害悪は中国に対する韓国人の認識悪化という指摘が出てきた。北京で清華大学が14日に主催した第7回世界平和フォーラム(WRF)のセッション「韓中関係と北東アジア安保協力」でだ。

    韓中両国の学界の専門家はこの日、6・12シンガポール米朝首脳会談以降の北朝鮮の非核化解決法、韓半島(朝鮮半島)平和体制の構築、韓中関係に関して幅広く建設的な意見を提示した。

    鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大政治外交学部教授は「THAAD紛争で韓中両国はともに戦略的な失敗をした」とし「10・31合意で韓国は中国にTHAADがすべて永久解決するという希望を与えたが、THAADは依然として両国関係の障害であり、いつ消えるか分からない」と評価した。鄭教授は「中国は5年前に朴槿恵(パク・クネ)前大統領が就任すると、外交的ブルーオーシャンを見つけたと考えたが、2年半後に楽観はTHAADで崩れた」とし「朴前大統領と習近平主席の個人的な友情に過度に期待したことと、両国関係の躍動性を過度に政治化したのが誤り」と分析した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000018-cnippou-kr

    引用元: ・【国際】韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた

    【【国際】韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/04(水) 07:17:02.20 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/248/240248.html

    韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領外交安保特別補佐官が3日、朝日新聞に掲載されたインタビューで日本の北朝鮮政策について言及した。

    文氏は韓半島(朝鮮半島)問題で日本が疎外される、いわゆるジャパンパッシングに対する懸念について「なぜ日本政府が視野の狭いトンネルビジョンに陥り、積極外交をしないのか理解に苦しむ」とし「大国として責任あるリーダーシップを発揮できていない」と指摘した。

    続いて「韓国は日朝首脳による会談も歓迎する」とし、北朝鮮の非核化が実現すれば重要になるのが米朝、日朝の交正常化だと明らかにし、「過去の請求権問題などを含め、北朝鮮に経済的なインセンティブを最も明示的に与えられるのは日本だけ」と述べて、日本の積極的な北朝鮮外交を注文した。

    引用元: ・【韓国】韓国大統領外交安保特補「日本、大国として責任あるリーダーシップを発揮できていない」[04/04]

    【【韓国】韓国大統領外交安保特補「日本、大国として責任あるリーダーシップを発揮できていない」[04/04] 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/12/11(月) 04:19:11.99 ID:CAP_USER
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154198?cx_position=41

    2017年12月10日 9:30 発信地:ソウル/韓国

    【12日10日 AFP】トニー・キムさん(27)はこの6年間、裸の女性や性交渉の様子を捉えた画像や動画を日々注意深く見続けている──それが彼の仕事なのだ。

     キムさんが所属しているのは、リベンジポルノ撲滅を目指す韓国・ソウルの会社「サンタ・クルーズ(Santa Cruise)」。相手の同意を得ることなくインターネットに投稿された私的な性的画像や動画を発見し、それらを削除する業務を任されている。

     当初は「好奇心」からこの仕事に応募したというキムさんだが、「朝から晩までこうした動画を見続けなければならないので、すぐに不快に感じるようになった」と当時を振り返った。

     ただ、今では慣れて何も感じなくなり「もう単なる仕事にすぎない」と話す。

     この殺伐とした業務は、韓国で急成長している「デジタル洗浄」産業の一形態だ。ハイテク技術に精通している韓国だが、文化的な性差が大きく、一部には女性を物とみなす風潮すらある。

     サンタ・クルーズのキム・ホジン(Kim Ho-Jin)最高経営責任者(CEO)は2008年にこの事業を立ち上げた。当初は、インターネット上で拡散する地元企業や著名人に対する悪意のあるうわさや不正確な情報の削除を専門に行っていたという。

     しかし近年では、新しいタイプの顧客も現れ始めた──執念深い元彼や元夫、悪意のある知人らによって、プライベートでの性的な行為を捉えた動画や写真を許可なくインターネットに投稿された女性たちだ。

    「リベンジポルノ」は何も韓国だけの社会現象ではない。ある研究論文によると、米国でもインターネット利用者の2%が、こうした画像や動画を投稿されたことがあるという。

     韓国政府の統計によると、私的な画像や動画をインターネット上から削除するよう求める依頼が、2016年だけで7325件あったという。依頼件数は、過去4年間で7倍に増えたとされる。

     韓国ではこのほど、インターネット上での性犯罪根絶を目指し、こうした違法行為を取り締るための広範な対応策について発表があった。この中には、禁錮刑を最も軽い刑罰とする計画も含まれていた。
    (リンク先に続きあり)

    引用元: ・【韓国】 ハイテク大国の韓国、サイバー性犯罪撲滅への闘い

    【【女性蔑視大国、人権軽視大国、性犯罪大国、逆恨み大国】 ハイテク大国の韓国、サイバー性犯罪撲滅への闘い 【AFP】】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/15(金) 21:01:15.61 ID:CAP_USER.net
    (機械翻訳)

    聯合ニュース記事転送2017-12-15 13:04

    (北京=聯合ニュース)ノヒョドンイ・サンホン記者=ムン・ジェイン大統領が15日、北京大学で、現地の学生を対象とした講演では、中国との感情的な共感を形成しようとする努力があちこちで埋めた。

    普段の歴史に興味を持って深い文大統領は韓中との間の友誼を示す歴史の事例を多く引用し、若い世代が頻繁に訪れる中国のビールとつまみまで言及し、中国との距離を縮めるために心血を傾けた。

    特に文大統領は演説のあちこちで、中国を「高峰」「大国」とおだて韓国を「小さな国」と呼ばながら、中国が周辺国をより広く受け入れてくれることを強調して目を引いた。

    文大統領は演説序盤に韓国と北京台の縁を述べた。

    文大統領は「韓国の近代史に足跡を残した人物の中、北京大学出身がある」とし「1910年代北京の史学科で数学たイユンジェ先生は日本に対抗してハングルを見て、私の国を失った暗い時代の光を明らかにした」とと述べた。

    韓中関係が数千年にわたる友好親善の歴史上という点を強調して部分では、歴史的な事例が次々続いた。

    http://news.nate.com/view/20171215n16553?mid=n1006

    1
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513330494/

    引用元: ・【国際】文大統領が講演 中国を大絶賛「中国は大国、我が国は小国」「中国の夢、全人類と一緒に見る夢になってほしい」★2

    【【小韓民国誕生の瞬間である】文大統領が中国大絶賛の講演「中国は大国、我が国は小国」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 05:04:24.39 ID:CAP_USER
    先月、中国の北京を訪れた。滞在中、「グラウンドゼロ」という言葉が脳裏に浮かんだ。 グラウンドゼロは核兵器が爆発した地点または被爆の中心地を指す軍事用語だ。この単語が一般に広く知られるようになったのは、2001年の米同時多発テロでニューヨークの世界貿易センタービルが崩壊した跡地をそう呼んでからだ。

    北京は韓中関係のグラウンドゼロだ。両国の外交が正常に機能せず、企業経営者の間で「中国脱出」がささやかれている。そこで出会った韓国側関係者は一様に「先が見えない」と語った。

    わずか2年前の今ごろ、韓中関係は「これ以上ないほど良好」とされていた。2015年9月3日、当時の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が習近平国家主席と並び、天安門の城楼に登ったことが契機だった。

    中国が軍事的に大国となったことアピールするために開いた「抗日戦争勝利・世界反ファシスト戦争勝利70周年記念行事」だった。米国、日本、欧州などの首脳は中国の招待を受け入れなかった。朴前大統領は西側の民主主義陣営から唯一出席した首脳だった。

    朴前大統領は当時、日本とはほぼ絶縁状態に見えた。そんな朴前大統領が中国の「大国崛起(くっき)記念ショー」に出席する様子を米国や日本がどう考えていたかは説明せずとも分かるだろう。韓国の立場では一種の外交的な賭けだった。北朝鮮核問題の解決、韓半島(朝鮮半島)の統一、米日の合計よりも大きい韓中貿易などを考慮しての決定だった。

    しかし、結果的に賭けは失敗に終わった。中国は10カ月後、韓国政府による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定を問題として、全面的な報復に乗り出した。軍事技術的な面で見れば、THAADのミサイルやレーダーは中国にいかなる影響も与えない。北朝鮮のミサイル攻撃から在韓米軍の戦略資産を守るための最小限の防衛手段にすぎない。

    中国もそうした事実を知らないはずはない。それでも韓国がまるで大逆罪でも犯したかのように責め立てている。

    今回北京で聞いた話は、中国が韓国に裏切られたという感覚を抱いたことが、強硬な報復を行う重要な理由だという点だ。THAAD配備決定直前に北京入りした韓国の首相がTHAAD配備の可能性について明確に答えず、その直後に配備がなされたことに対し、中国の指導部が怒ったというのが定説のように固まっている。

    それは真の理由ならば、中国はささいな感情で揺らぐ「狭量な大国」としか言いようがない。中国が感じたという不満は同盟国である米国の不快感をあらわにした視線を押し切ってまで天安門の城楼に登った韓国外交の苦悩とは比較にならない。

    そうした中国側の不満は文在寅(ムン・ジェイン)政権にまで続いている。今年初め時点で中国は韓国のTHAAD配備を「どうしようもないこと」として受け入れる雰囲気に傾いていた。しかし、今年5月に文大統領の特使が北京を訪れて以降、再び強硬路線に転じたという。親中派を自称する韓国の政治家が中国に向かい、無駄な期待を抱かせた格好だ。

    しかし、THAAD配備に慎重だった文在寅政権の選択の余地をなくしたのは北朝鮮による相次ぐ核・ミサイルの挑発だった。中国がそうした基本的な事実関係や情勢判断すらできない国ではないと信じている。

    結局中国が現在韓国を相手に行う報復は、米国を狙った巨大な地政学的ゲームだというのが北京の外交関係者の結論だ。東アジアで覇権的地位をめぐり、そのゲームの素材として、韓国のTHAAD配備を問題視したとの見方だ。THAADが問題の全てではないため、出口はなかなか見つからない。

    北京で会った学者は「韓中関係がTHAAD報復を超え、さらに険悪な時期に差し掛かっている」と述べた。韓国を見本として選択を強要する中国にとって、現時点でその計画を見直す理由はないからだ。

    記者は25年前に北京の釣魚台で開かれた韓中国交正常化協定の調印式を取材した。当時の韓国外交は中国語を駆使する外交官すらなかなかいないほどだった。それから25年もたてば、中国に韓国を代え難き隣国と認識させるには十分な時間があった。

    実際に韓国外交部には「チャイナスクール」ができ、韓国にも「知中派」が少なくない。しかし、それでも打つ手がない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400266.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】中国は韓国が大逆罪でも犯したかのように責め立てている 中国はささいな感情で揺らぐ「狭量な大国」としか言いようがない

    【【まだまだ躾がなってないな】「「狭量な大国」中国が、韓国が大逆罪でも犯したかのように責め立てている」朝鮮日報】の続きを読む

    このページのトップヘ