まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:多額

    1: 名無しさん@涙目です。(長屋) [ES] 2017/10/07(土) 12:23:15.32 ID:qhuplF920 BE:479913954-2BP(1931)
    今月中旬から中国共産党大会が始まるのを前に、アメリカで、共産党指導部が汚職していると告発してきた中国の富豪の男性が首都ワシントンで記者会見して共産党への批判を繰り広げ、5年に1度の党大会を控えて非難のトーンを強めています。

    この男性は中国山東省出身の富豪で現在ニューヨークに在住し、ソーシャルメディアなどを通して共産党指導部の批判を続ける郭文貴氏で、5日、ワシントンで記者会見しました。

    この中で郭氏は「中国では法の支配が全く行われていない」と述べたうえで、共産党の最高指導部のメンバーで汚職摘発の指揮にあたってきた王岐山常務委員の一族がアメリカなどに多額の資産を保有しているとして批判しました。

    そのうえで中国政府内部の極秘文書を撮影したとする写真を示しながら、中国政府がことし27人の公安関係者をアメリカにひそかに入国させて情報収集や
    扇動活動にあたらせているとして、中国は長期的にアメリカの政治制度の転覆を狙っており警戒すべきだと主張しました。

    郭氏は今回のワシントン訪問に合わせてシンクタンクで講演を予定していましたが直前になって中止となり、中国当局が圧力をかけたことが原因だとしています。

    郭氏について中国政府は、インターポール=国際刑事警察機構が国際手配する犯罪者だとしていますが、郭氏は今月18日に始まる共産党大会を控えて非難のトーンを強めています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011169641000.html

    引用元: ・在米中国人の富豪が中国共産党を批判 「汚職取り締まりの最高司令官が米国に多額の資産を保有」

    【【まずは習近平を調べろ】在米中国人の富豪が中国共産党を批判 「汚職取り締まりの最高司令官が米国に多額の資産を保有」 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 17:56:58.56 ID:???.net
    乗務員が米国で前副社長を提訴 背景に関心=ナッツ事件

    【ソウル聯合ニュース】大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が女性乗務員のナッツの
    出し方に激怒し離陸直前の航空機を引き返させた事件で、ナッツをサービスしたキム・ドヒさんが
    11日までに米国で趙前副社長と会社を相手取り損害賠償訴訟を起こし、その背景と意図に関心が集まっている。

     キムさんが韓国ではなく米国で提訴したのは、米国の裁判所の方が精神的な被害などに多額の
    賠償を命じる傾向があるためとみられる。ある弁護士によると、韓国では数百万ウォン(数十万円)
    しか受け取れないケースでも、米国でなら数十万ドル(数千万円)を受け取ることも可能だという。

     AP通信などによると、キムさんの弁護側は、キムさんは精神的なダメージを受け、乗務員と
    してのキャリアや社会的評判にも傷がつくなど、多大な損害を受けたと主張している。また、
    韓国にはない懲罰的損害賠償金の支払いも要求している。

     弁護側は、趙前副社長と大韓航空が損害賠償をめぐる協議に応じなかったとしているが、
    提訴された以上、会社側はキムさんとの和解を模索することになりそうだ。

     趙前副社長は昨年12月5日、米ニューヨークのケネディ国際空港から仁川に向かう大韓航
    空機内で、キムさんがナッツを袋から出さずにサービスしたことにマニュアルと違うと腹を立て、
    キムさんらを罵倒し、離陸しようとしていた航空機を搭乗ゲートに引き返させてサービス責任者を
    降ろした。航空保安法違反などに問われ、先月12日に一審で懲役1年の実刑判決を受けた。

     趙前副社長は判決公判に先立ち、キムさんとサービス責任者に宛てそれぞれ1億ウォンの謝罪金を
    裁判所に供託したが、二人は受け取っていない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/11/2015031103140.html

    引用元: ・【韓国】ナッツ事件の被害者の乗務員が米国で提訴 米国の方が多額の賠償金を得られるからか

    【もう韓国の政府機関って要らなくね? 【韓国】ナッツ事件の被害者の乗務員が米国で提訴 米国の方が多額の賠償金を得られるからか】の続きを読む

    このページのトップヘ