まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:外国人

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/25(水) 14:43:28.01 ID:gig9QyQX
    Record Korea 2023年10月25日(水) 7時0分

    2023年10月23日、韓国・聯合ニュースは「コロナ禍以降、韓国の大学に留学に来る外国人の数は再び増加しているが、少なくない留学生が言葉の壁に苦しんでいる」と伝えた。

    韓国の教育部は今年8月、韓国の大学の競争力強化と学齢人口減少の解決を目指し、27年までに外国人留学生の数を現在の約2倍、30万人まで増やすという「留学生教育競争力引き上げ案(Study Korea 300K Project)」を発表した。しかし、外国人留学生のサポートプログラムは依然として不足しているとの指摘が現場から出ているという。記事は「留学生が韓国での生活に適応し学業にも無理なく取り組めるよう、韓国語教育、メンタリング、交流プログラムなどを充実させる必要がある」と指摘している。

    ソウル市内の大学に在籍中の外国人留学生に話を聞くと、「韓国人の友達が欲しいが、言葉の問題でうまくいかない」「外国人学生同士で交流しがち」といった声が多い。韓国のアイドルグループ、EXOが好きで韓国文化に興味を持ち留学しに来たという中国人留学生は「入学前に語学堂で韓国語を学んだが、クラスには中国人ばかりで会話の練習もままならなかった。授業方法を見直してほしい」と話している。

    韓国語力不足は日常的な交流だけでなく学業にもマイナスの影響を及ぼしている。ソウル大学多様性委員会が18年に外国人学位課程生(学部生、大学院生)432人を対象にアンケート調査を行なった結果、「全く理解できない」が24.3%、「理解できない部分が多い」が22.9%で、半数近くの47.2%が韓国語で進められる専攻の授業の理解に苦労していることが分かった。ソウル大学に留学中のオーストリア人学生は、「入学前に3年間、韓国語を学んだが、韓国語での講義は難しいため、できるだけ英語の講義を取るようにしている」と話している。しかし、希望する内容の英語での講義を探すのが大変だという声は多い。

    韓国人学生と大学側も同様に、彼らとのコミュニケーションに苦労している。ある学生は「留学生とペアを組んで課題に取り組んだ時は意思の疎通が大きな問題になった」と話し、留学生には韓国語の講義を必修とするなど言語教育が必要ではないかと指摘している。

    韓国教育開発院(KEDI)によると、韓国の高等教育機関に在籍する外国人留学生(交換留学含む)は、統計を始めた13年には1万2314人にとどまっていたが、19年には16万165人まで増えている。コロナ禍を経て20年は15万3695人、21年は15万2281人と減少したが、昨年は16万6892人まで持ち直した。

    ソウル大学は05年から交換留学生と韓国人学生の交流、交換留学生の生活適応支援プログラムを運営しているが、外国人学位課程生は対象外としている。成均館大学もかねてから交換留学生の支援は行なっているが、外国人学位課程生のためのプログラムは昨年立ち上げられたばかりだという。成均館大学関係者は「外国人留学生向けに学問目的の韓国語への適応を目的とした講義と、留学生への指導はどう行なうべきかという教授対象の講義も開設すべきだ」と話している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国語ができないのに留学しに来るというのが理解不能なんだが」「もてなしてもらいたくて韓国に来たのか?」「K-POPばかり見て韓国に来て、言葉の壁が、とか言われても…」「あらかじめその国の言語を学んでから留学しに来るとか、実際に来てからしっかり努力するとかすればいいだけ」「語学堂に2年通っても韓国語が流ちょうでないなら頑張りが足らなかったんだろう」「友達まで国や学校に作ってくれと言うのか」など、厳しい声が多数寄せられている。

    一方で、「基本的な韓国語を学んでから来ても、韓国人は情緒的に初めて見る外国人と親しくしようとしない。韓国語が流ちょうでなければなかなか周囲に溶け込めないだろう。留学生向けの韓国語講義を必修に、というのはいい案じゃないかな」「韓国人は10年以上英語を勉強してるのに、10分以上フリートークもできないな」「大丈夫。韓国人も友達がいないから」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

    https://www.recordchina.co.jp/b922537-s39-c30-d0195.html

    引用元: ・【韓国】K‐POPが好きで来たけれど…外国人留学生が韓国社会になじめない理由は?=韓国ネット「理解不能」 [動物園φ★]

    【ダマされるアホ【韓国】K‐POPが好きで来たけれど…外国人留学生が韓国社会になじめない理由は?=韓国ネット「理解不能」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/09/07(木) 06:42:21.67 ID:t6KxVTua
    韓国在住の外国人のうち、差別を経験した人は19.7%に上ることが分かった。
    出身国を理由に差別されるケースや、韓国語ができないために差別されるケースが多かった。

     韓国統計庁が6日に発表した「在留外国人の韓国生活」と題するリポートによると、差別を経験した外国人のうち、
    差別の主な原因として「出身国」を挙げた人は58.0%、「韓国語の能力」を挙げた人は27.9%だった。
    外国人は、韓国人が出身や言語能力を理由に差別する傾向があると感じているようだ。

    【写真】仁川国際空港に到着した外国人労働者の列
    no title


     外国人が頻繁に差別を受ける場所として挙げたのは、商店や飲食店、銀行など、日常生活でよく利用する場所だった。
    これらの場所で「ひどい差別を受けている」と答えた人は5.4%、「少し差別を受けている」と答えた人は37.6%だった。
    他に、ひどい差別を受けている場所として外国人が挙げたのは「職場」(7.6%)だった。

     このリポートは、昨年実施した「移民(移住)者の在留実態および雇用調査」を基に、
    外国人を対象にした韓国生活に関するアンケート部分だけを抽出して分析した。

     韓国生活で困っていることについては、男性は言語の問題(45.8%)と寂しさ(31.9%)を挙げる一方、
    女性は経済的な問題(21.9%)と外国人に対する誤解や蔑視(17.1%)を挙げた。

     ただし、韓国生活への満足度については全体的に高かった。
    韓国生活に「とても満足している」と答えた外国人は40.8%、「少し満足している」は39.6%で、合わせて80.4%に達した。
    特に、周囲の人々との関係にとても満足していると答えた外国人は63.7%に上った。

    記事入力 : 2023/09/06 19:32
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/09/06/2023090680242.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国に住む外国人の20%は「差別を経験」…主な原因は [9/7] [仮面ウニダー★]

    【自分が差別されるのは許さないけど 【朝鮮日報】 韓国に住む外国人の20%は「差別を経験」…主な原因は [9/7] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/28(水) 06:32:09.92 ID:I6x7GlSo
     日本と韓国は共通の課題が多い。その一つが「少子高齢化による労働力不足」である。
    ただし韓国の場合、「労働力不足」と言いつつ「若者の就職難」という、おかしな状況になっている。
    その背景には、選ばなければ仕事はあるものの、人手を望んでいる職種は重労働が多くて若者が来ない、
    若者側は「学歴至上主義」にとらわれて公務員や大企業など理想が高く、結果、マッチングしない……という現状がある。
    その結果、高齢者や外国人労働者がその人手不足を補うべく働いているという、かつては考えられなかった状況になっている。
    日本でも、外国人労働者の存在に頼っているところはあるが、日本と韓国では事情が異なるようだ。
    韓国の外国人労働者事情について紹介したい。(韓国在住ライター 田中美蘭)

    ● 日本で働く外国人労働者が韓国に流れている?

     筆者の長男が春休みに福岡に旅行に行ってきた。コロナ禍による影響で3年以上日本に行くことができず、
    待ちわびた久々の日本を満喫してきたのだが、「日本はとにかく外国人があちこちで働いていて驚いた」という感想を口にしていた。

     コロナ禍以前から、日本では至るところで外国人労働者の姿を目にしていた。
    そして、コロナ禍が落ち着いた現在は、以前にも増して外国人労働者が多くなっているという印象を受けるのだ。

     日本の友人に聞くと、特にサービス業を中心に人手不足が深刻なので、応募者が来るだけでもありがたく、
    それが外国人で多少日本語がおぼつかないとしても背に腹は代えられず採用しているところが多いのだという。

     しかし、別の友人は「最近、日本で働く外国人労働者たちは日本の賃金が安いことに見切りをつけて、
    韓国や台湾に行くようになっていると聞いた」と言っていた。

     これだけ聞くと「やはり日本よりも韓国が上になった」「日本はオワコンだ」などという声が聞かれそうだが、単にそうとはいえない事情がある。

     韓国に戻って、家族や友人とこの話をしていたときに指摘されたことがある。
    それは、「日本にいる外国人労働者は接客など表に出る仕事をしているが、韓国で働く外国人労働者はそうではない」ということである。
    つまり、日本では、コンビニ、スーパー、飲食店やホテルなどあらゆるところで外国人が働いているのを目にすることは珍しいことではない。
    しかし韓国の場合、外国人労働者が増加していると言われながら、実際に働いている姿を見かけることは少ないのだ。
    それでも、外国人労働者が多いというのはどういうことであろうか?

    ● 韓国で外国人労働者を見かけない理由

     サービス業を中心に人手不足にあえいでいるのは韓国も同じであり、求人アプリを見れば募集は多々ある。
    それでも、アプリで「外国人可能」というキーワードを入力して求人の検索をしてみると、ヒットするのは
    物流センターや、工事・建設現場、工場、清掃業や食堂の厨房など、肉体労働や裏方的な仕事が多いことが分かる。

     また、引っ越し会社で「弊社では外国人スタッフはいません」ということをあえてアピールしているところがあったという話を聞き、
    複雑な気持ちになると同時に韓国社会の閉鎖的な雰囲気も感じたのであった。
    ー後略ー

    全文はソースから
    DAIAMOND online 6/27(火) 6:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4566d34eef2504e06b6fdedce5fed453c6940784?page=1

    引用元: ・【韓国】 日本より閉鎖的?急増する外国人労働者を街中で見かけない裏事情 [6/28] [仮面ウニダー★]

    【差別的なんじゃ? 【韓国】 日本より閉鎖的?急増する外国人労働者を街中で見かけない裏事情 [6/28] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/04(水) 08:45:03.18 ID:6CfrKHj1
     またノーベル賞の季節がめぐって来た。1901年の最初の授与からの歴史も今や122年。生理学・医学賞、物理学賞、化学賞の受賞者が増えてきたことに伴い、統計を分析してノーベル賞の流れと現代科学の素顔を明らかにしようという研究も現れている。

     何より統計で非常に目立つのは女性受賞者の少なさだ。韓国研究財団が2019年にまとめた科学分野のノーベル賞の分析報告書によれば、1901年から2018年までの607人の受賞者の97%は男性で、女性は3%に過ぎなかった。もちろん条件と環境のせいで女性科学者が少なかったからでもあるが、それでも行き過ぎた偏重の問題はノーベル財団も重視しているようだ。ノーベル財団は公式ウェブサイトに女性受賞者のページを設け、将来の女性科学者を激励している。科学界に進出する女性研究者が増えたことで、女性受賞者は過去100年間(1901~2000)で11人だけだったが、この22年間では13人出ている。

     そして、単独受賞が多かった初期に比べ、共同受賞(最大3人)が増えているのも目につく。共同受賞のすう勢は1950年代以降に明確になり、最近は2、3人の共同受賞の方が一般的だ。共同研究が増え、似たような研究で多くの科学者が競争しつつ協力するという、最近の科学の特徴をよく示している。

     ノーベル化学賞が次第に伝統的な化学の領域から脱しつつあるとの指摘も目を引く。最近ではDNAやたんぱく質のような生体分子を扱う生化学者が生理学・医学賞だけでなく化学賞を受賞する例がしばしば見られるが、このようなすう勢は化学賞本来の性格が薄まりつつあることを示しているという。米国の化学史研究者ジェフリー・シーマンはオンラインメディア「ザ・カンバセーション」への先日の寄稿で「受賞者を選定するノーベル化学賞委員会の生化学者の割合は、1910年代の10%から2000年代には50%に増加」していることをその背景として分析している。

     「ノーベル賞受賞までのタイムラグ」は長期化している。科学ジャーナル「ネイチャー」は最近、受賞までにかかる期間は1960年代の2倍以上になっていると分析した論文を引用し、受賞者のほぼ半数が研究業績を発表してから20年待たなければならなかったと報道した。もちろんmRNAワクチンの研究者たちが3年で超高速受賞した今年のような例外もあるが、タイムラグの長期化はすう勢となっている。引用された論文によると、この10年間のタイムラグは化学賞で最も長く平均30年で、最も短い生理学・医学賞でも26年にもなる。「ネイチャー」は、現代科学においてはパラダイムを変えるほどの画期的な研究や発見が減っていることを示すシグナルかもしれないと解説する。

     毎年10月になると、世界中のメディアが同時にノーベル賞に注目する。1世紀以上にわたって最高の権威を保ってきた科学賞だからだ。しかし、受賞だけが目標になってしまうと異様に執着していると思われてしまう。韓国の大学の外国人教授が、学内に掲げられている「ノーベル賞を受賞する方法」と題する討論会のバナーを見て「韓国に来るまで、このようなテーマの討論会は聞いたことがなかった」と語っていたことが思い出される。基礎研究環境を整え、支援しつつ待つという研究文化がまず強固になってこそ、それを土台として独創的な成果も得られるはずだ。

    オ・チョルウ|ハンバッ大学講師(科学技術学)
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/47973.html

    引用元: ・韓国の大学の「ノーベル賞を受賞する方法」と題する討論会 外国人教授「韓国に来るまで、このような討論会は聞いたことがなかった」 [昆虫図鑑★]

    【俗物そのもの - 韓国の大学の「ノーベル賞を受賞する方法」と題する討論会 外国人教授「韓国に来るまで、このような討論会は聞いたことがなかった」 [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/07/07(金) 14:11:59.70 ID:+xmqNiYp
    no title


    【07月07日 KOREA WAVE】6月24日午前、東京を代表する富裕層の街「東京ポートシティ竹芝 ポートホール」前は、大勢の10~20代の日本女性でにぎわった。
    この日午後に開かれたソウル観光プロモーションイベント「2023ソウルエディションイン東京」で公開されるK-POP公演に入場するための人出だった。
    当選者に選ばれなかったK-POPファンが、
    そこに入るチャンスをつかもうと、長蛇の列を成したのだ。ソウル市関係者は「一部は前日夕方から入り口前で待機していた」と明かした。

    約700人に達した日本人観客たちは韓国の歌手BoAの「NO.1」▽ガールズ・グループ「KARA」の「ミスター」
    ▽男性アイドルグループ「EXO(エクソ)」の「Growl」▽ガールズグループ「NewJeans(ニュージーンズ)」の「Hype Boy」まで、
    1~4世代のK-POPアイドルの歌に合わせて踊り、歓声を上げた。
    これに続く6人組ボーイズグループBTOB(ビートゥービー)の公演が始まると、客席は瞬く間に歓声と熱狂で熱く盛り上がった。

    K-POPだけではない。
    同27日、銀座のロッテ免税店で開かれたソウルファッションウィークブランド専用館開館イベントにも、20人余りの日本人インフルエンサーが集まった。
    K-ファッションの独創性を見て、日本でK-ファッションに対する関心が高まった、と現地業界関係者は見ている。

    韓国企業の日本マーケティングを代行する会社に勤める女性(25)も「韓流は、歌やドラマなどの流行ではなく、一つの文化として定着した」とみる。

    新型コロナウイルスの流行で韓国に行けなかった残念さを癒すため、日本では韓国に来たかのように遊んで料理を食べる「渡韓遊び」も流行している。

    ◇インフラ整備へ大胆な措置を

    このように、全方位でK-カルチャーが関心を集め、観光産業にもチャンスになっている。

    「ソウル観光客3000万時代」を公約したオ・セフン(呉世勲)ソウル市長は早くも「観光総力戦はこれからが始まり」と打ち上げる。
    「観光が国内総生産(GDP)で占める割合は、世界平均が10%を超えるのに韓国は3%にも満たない」
    「ソウルはまだ先が遠い」とも指摘し、政策づくりを加速させる意志を表わした。

    韓国政府も観光産業の振興に力を入れている。K-POP・K-コンテンツと連携した観光商品を開発し、
    豊かなストーリーテリングを活用してソウル以外の地域観光を多彩に披露する策を進めている。

    このプロセスで、韓国を訪れる外国人の要求を把握する必要がある。

    日本で会った多くの人々は、より安全で便利な旅行を望んだ。
    先の女性は韓国を5回訪問した経験から「韓国行きの飛行機代が安ければ安いほどいい。
    ホテルのほかに、いろいろな種類の宿泊施設も必要だと思う」と指摘する。

    ここで、旅行の必需品であるグーグルマップが使いにくいという点も不便さとして挙げられた。
    宿泊業の営業登録もないまま運営される違法企業も多いが、訪韓外国人はこれを区別できない。

    新型コロナウイルスで止まっていたグローバル観光時計は、再び急速に回り始めた。K-カルチャーを通じて世界の人々が韓国に注目している。
    観光のためのフェスティバルなどさまざま楽しめるプログラムも開発しなければならない。
    一方で、外国人観光客が満足できるインフラを整えるための大胆な措置が打ち出されるべきタイミングでもある。

    【MONEYTODAY キ・ソンフン記者】
    2023年7月7日 10:00 発信地:韓国
    https://www.afpbb.com/articles/-/3471515?act=all

    引用元: ・【K-カルチャーブーム】 だからこそ訪韓外国人のニーズを把握せよ [韓国記者コラム] [7/7] [仮面ウニダー★]

    【ゴリ押しにニーズとか考えてないだろ 【K-カルチャーブーム】 だからこそ訪韓外国人のニーズを把握せよ [韓国記者コラム] [7/7] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    このページのトップヘ