まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:外国人

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/14(水) 12:06:25.55 ID:CAP_USER
    13日のKOSPI(韓国総合株価指数)市場で外国人投資家は10営業日連続の売り越しとなった。8月に入ってすべての営業日で売り越しだ。昨年10月の暴落相場以降では最長記録となる。この期間、外国人が抜いた資金は1兆7530億ウォン(約1540億円)にのぼる。今後も売りが続くかどうかが注目される。

    KOSPIはこの日、前日比0.85%下落した1925.83で取引を終えた。米中貿易紛争が激化する中、米国の10年国債の利回りが落ちて景気沈滞の懸念が続いた。香港のデモ、さらにアルゼンチン大統領選の予備選挙で左派候補が優勢となり株式市場が暴落したのも影響を及ぼした。

    このようにグローバル悪材料が連日続く中、韓国株式市場の好材料は何もなく「セルコリア」は続くと予想される。最近の4-6月期の業績発表は悪影響をさらに拡大した。利益減少率だけを見ると通貨危機以降で最大だ。

    しかし外国人の売りが続いた期間、アジア新興市場も同時に値下がりした。この日、香港ハンセン指数は2.1%、上海総合指数は0.63%下落した。

    NH投資証券のノ・ドンギル研究員は「7月末から流出した外国人資金はほとんどが指数を追従するパッシブ性の資金」とし「韓国だけの問題でなく新興国市場全般の問題だが、最近は米中貿易紛争が激しくなり、リスク資産回避心理がさらに浮き彫りになった側面がある」と説明した。

    一方、韓国ウォンは前日比6ウォン値下がりした1ドル=1222.20ウォンで今年の最安値となった。これは2016年3月2日(1ドル=1227.5ウォン)以来3年5カ月ぶりのウォン安ドル高。

    中国はこの日、人民元を0.16%切り下げした1ドル=7.0326元と告示した。速度調節はしたものの、依然として低く評価している点は負担だ。この発表の直後、外国人はKOSPI市場で売りの規模を増やした。人民元と同調して動く韓国ウォンが値下がりし、外国人の売りも拡大している。


    2019年08月14日11時04分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/560/256560.html?servcode=300&sectcode=310

    引用元: ・【中央日報】 外国人、8月は毎日売り越し…セルコリアで韓国ウォンは今年最安値 [08/14]

    【何もしなくても借金が増える【中央日報】 外国人、8月は毎日売り越し…セルコリアで韓国ウォンは今年最安値 [08/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/14(水) 22:32:40.13 ID:CAP_USER
    no title

    ▲江原道江陵のチャムソリ博物館が「日本人観覧禁止」と「No Japs Allowed」と書いて掲げたが撤去した「ボイコットジャパン」の立て札。
    no title

    ▲フリーランサー記者ラファエル・ラシド(32)が去る10日、自身のツイッターアカウントに残したツイート。

    「『日本人立入禁止』と書かれていますが、韓国語でしか書かかれていないので、本来の日本人は何の意味か分かりません。この様な垂れ幕を掲げた理由は、本当に日本人を防ぐためだったのでしょうか?垂れ幕広報の対象は実際には韓国人でしょう。韓国人客に『愛国心がある私たちの食堂に来て』という愛国マーケティングです。」

    今年で韓国生活9年目のフリーランサー記者ラファエル・ラシド(32)は去る10日、自身のツイッターアカウントに「日本人立入禁止」と書かれた垂れ幕を掲げた釜山(プサン)のある食堂の写真と共に「これは国家主義ではなく人種差別主義だ」(This ain't nationalism, this is racism.)という文を残した。日本人の食堂出入りを禁止するという案内垂れ幕が「人種差別主義」に当たるという意味だ。

    英国の大学で韓国学と日本学を、韓国の大学院で韓国学を学んだというラファエルはなぜこの様な文を書いたのだろうか。彼は13日<ハンギョレ>との通話で「韓国人がなぜ日本を批判し、日本製品不買運動を行うのかみな理解している。しかし、批判の対象は日本人でなくアベ政府でなければならないのではないか。そのツイートを書いた後『韓国の歴史をちゃんと勉強しろ』という内容のメッセージをたくさん受けとった」と話した。

    「韓国人と日本人のどちらも東洋人だから学問的に言えば『人種差別』とは規定できないかもしれないが、国籍や皮膚の色などを理由に誰かを差別するのは結局、差別でしょう。韓国に住む私の日本人の友人たちも韓-日の過去の歴史をよく知っていますが、彼らがなぜ食堂の出入りを禁止されなければならないのか理解できません。」

    ラファエルがアップしたこのツイートは14日午前10時現在、1300回以上リツイートされ全世界のインターネットユーザーに広がっている。彼らは韓国食堂の垂れ幕の文章に対して「人種差別が正しい」「厳密に言えば民族差別という表現がより正確だ」等、少しずつ異なるが「差別」に当たるという意見に多数が同意する雰囲気だ。

    食堂だけではない。これに先立って7日頃、江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)のチャムソリ博物館が「日本人観覧禁止」"‘No Japs Allowed"と書き、「ボイコット ジャパン」のポスターを掲げて観覧客の抗議を受け撤去する事件が発生した。「Japs」は日本人を侮辱する意味をこめた人種差別的英語表現だ。同博物館関係者は<ハンギョレ>との通話で「今月初め、日本に抗議する意味で三日程書いたが、訪ねてこられたお客さんが人種差別だと言って下さって一週間程前にすぐにおろした。『ジャップス』という表現は(人種差別的意味を)知らずに使った」と話した。
    (中略:これに対する批判のツイッター紹介)

    反面、対馬など日本国内の一部地域で外国人の公共施設利用や出入りを制限するものを見て、「日本人立入禁止」を掲げた韓国食堂だけ批判するのは難しいというネチズンもいた。ラファエルはこういう指摘もよく知っている。彼は「外国人を差別した日本の案内文にも当然同意しない。ところで人種差別問題をめぐり『目には目を歯には歯を』という論理で戦うことは正しい解決策とは違うようだ」と自身の考えを明らかにした。

    「今回の件と関連してしたい話があるが、『日本人立入禁止』という文句は差別に対する教育とも関連があると思う。」ラファエルは最近の韓-日葛藤局面で日本製品不買運動を越えて「日本人立入禁止」ポスターまで登場した背景に韓国社会の人権教育不備と差別禁止法の不在を挙げた。「韓国の学校では『差別』が何かきちんと教えないようだ。また、ご存知の通り、包括的差別禁止法も制定されていないではないですか。そのような状況では日本人だけでなく他の差別もいつ起きてもおかしくはないでしょう?」

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)<‘日本人立入禁止’看板‘No Japs’立て札はなぜ人種差別でしょう>
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/905692.html

    引用元: ・【韓国】 「日本人立入禁止(No Japs)」のポスターはなぜ人種差別なのか?~外国人記者「韓国では差別を教えていない」[08/14]

    【その前に反日教育という大前提があるわけだが 【韓国】 「日本人立入禁止(No Japs)」のポスターはなぜ人種差別なのか?~外国人記者「韓国では差別を教えていない」[08/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/12(火) 16:55:35.29 ID:CAP_USER
    韓国観光公社が昨年フェイスブック、微博など海外SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の会員944人を対象に調査した「最も食べてみたい異色の韓国料理」アンケート結果、外国人が最も食べてみたい異色の韓国料理はサンナクチ(テナガダコの踊り食い)だった。

    今回の調査で挙げられた食べ物ではサンナクチ(26%)、カンジャンケジャン(生のワタリカニの醤油漬け、14.6%)、スンデ(豚の腸詰、14.2%)、ホンオ(発酵させたガンギエイ、10.3%)等が高い割合を占めた。また、ユッケ(7.7%)、チョングクチャン(発酵させた大豆の鍋料理、6.7%)なども外国人が好奇心を刺激される食べ物に選ばれた。トッポッキ(餅の辛みそ炒め)、プデチゲ(スパムやラーメンなどが入った鍋料理)、ホットク(おやき)、平壌(ピョンヤン)冷麺、参鶏湯(サムゲタン)などの項目は反応が薄かった。

    言語圏別では英語圏の回答者はカンジャンケジャン(18%)とサンナクチ(16.7%)、チョングクチャン(15.0%)とスンデ(10.7%)、ユッケ(10.3%)が食べてみたいと答え、日本語圏ではホンオ(23.5%)の順位が高く、続いてスンデ(17.3%)、サンナクチ(13.3%)だった。中国語圏では3人に1人がサンナクチ(34.2%)を挙げ、スンデ(13.2%)とカンジャンケジャン(7.9%)が後に続き言語圏による韓国料理に対する関心の違いが見られた。

    以前は外国人に馴染みが薄かったサンナクチやカンジャンケジャンのような韓国料理への関心が広がる理由として、映画やドラマ、K-POPなど韓国大衆文化の中の韓国料理に対する好奇心と共に有名ユーチューバーらの韓国料理紹介番組などにより外国人が食べてみたい韓国料理も多様化しているものと見られる。

    ソース:中央日報
    https://japanese.joins.com/article/141/251141.html

    引用元: ・【K-フード】外国人が食べてみたい韓国料理…1位は?[03/12]

    【アジアで一番貧しい料理だ【K-フード】外国人が食べてみたい韓国料理…1位は?[03/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/11(木) 12:07:48.33 ID:CAP_USER
    no title


    今年第1四半期に韓国に投資すると申告した外国人直接投資の規模が31億7000万ドルで、7年ぶりに最低値を記録した。 今年から外国人投資企業に対する法人税・所得税の減免特例制度が廃止されて直撃を受けたものとみられる。 5年連続で年間の外国人直接投資(FDI)を200億ドル誘致するという目標達成にも赤信号がついた。

    11日、産業通商資源部によると、今年第1四半期(1-3月)のFDI申告額は31億7000万ドルと集計された。 昨年の第1四半期と比較して35.7%減少した金額である。

    第1四半期ベースで見ると、今年の実績は、2012年第1四半期(23億5000万ドル)以来7年ぶりに最も少なかった。

    以下略

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm id1%3D101 id%3D008%26aid%3D0004202629&usg=ALkJrhjEkFqtFjRPfCWcBf4Sd4lEKpZicg

    引用元: ・【韓国】外国人による対韓投資、36%激減

    【条約守らない国だしなw 【韓国】外国人による対韓投資、36%激減 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/11(土) 13:29:49.00 ID:CAP_USER
    トランプ米国大統領が8日(現地時間)、韓国について「米国が好きでない国」と言ったという。防衛費分担金引き上げを圧迫する発言の中で出てきた言葉だ。トランプ大統領は支持者対象演説で「国名は言わないが『とても危険な領土』を守るために米国が多くの金を使う国がある。彼らが(米軍駐留費の)残りも出すように要求せよ」と言ったという。それを韓国を指定したものと政治評論家らは分析した。

    韓国が米国を好きでない?これは間違った言葉だ。米国のズボンの裾を掴んでいるのが韓国だ。たとえ他の心を持っているとしても、米国の話を聞かなければ始まらない構造になっている。たとえ米国が好きでないとして、米国の社会や文化に対する拒否を意味するわけではない。相対的で両面的な感情の複合体と見なければならない。すなわち両国関係でそれしか方法がない構造的な問題を切り出して「反米」と断定すれば間違いということだ。

    事実、反米主義は世界的に普遍化した現象だ。ヨーロッパはもちろん中東、アフリカは強度がさらに高い。東ヨーロッパ崩壊直前、東欧諸国が反ソ連主義を叫んだ脈絡と同じだ。それはどんな体系的なイデオロギーだとか整えられた社会的批判体系から出たことというよりは、一般的感情の性格が強い。米国が非合理的政策や強圧的態度を見せて、出てきた民衆の感情的対応である。

    そのような面で私たちは外勢から途方もない苦しみを受けた。それで米国よりさらに隣国の日本を嫌い、中国も嫌いだ。歴史的にやられているので力ではできず、言葉で言うのだ。俗な言葉で日本人・中国人・米国人を呼ぶ時、私たちはチョッパリ、チャンケ、ヤンキーという。日本人・中国人・米国人と正しい名前を呼んだ記憶はあまりない。特に悪意があったり底意があるからではない。考えなしで呼ぶが、その言葉の中には民衆の外勢に対する拒否感情が含まれている。そこにはだいぶ複雑な性格が潜んでいる。

    私たちの外勢に対する蔑称は長い間の歴史性を持っている。日本人は倭寇(背の低い海賊)、中国人は野蛮人(略奪する北方民族)であった。苦しめられるたことに対する自己防御的ヤジだ。この時、米国がそばにあれば彼らもきっと侮辱的な名前を得ただろう。

    ところが、これらの国の呼称は最近になってさらに多様に刺激的に「進化」した。日本人はウェノム(倭奴)-チョッパリ-ベント(弁当?)-イルボンノム(日本奴)で、中国人はテノム(垢奴)-チャンケ-チャンコロ-チュングンノム(中国奴)と呼ぶ。米国人はヤンノム(洋奴)-ヤンキー-コジェンイ(鼻が高い人)-ミグクノム(米国奴)だ。ソ連人も当然、ソ連奴と非難を受けている。外国人は概して「ノム(奴)」と侮辱されている。

    このような蔑称が人種差別的な姿勢から出たものとは見ない。外勢に対する国民感情的拒否感と恐れ、そして日頃、知らずに積もった敵対感から出た蔑称だ。被害意識にともなう民族的感情と、私たちと違えば恐ろしいと見る不安感のためにできたものだ。門を閉ざしていれば孤立し、外部は恐ろしくて不安な対象だ。昔から被害ばかり受け入たという自己防御的論理だ。
    (中略:中国・日本・米国について関係を説明)

    とにかく中国、日本、米国が韓国を植民地または従属国程度と見たので民衆の外因に対する視線も良いはずがない。それで各国への非難性嘲弄が出てきたのだろう。数百年の歴史でずっと被害にあった私たちが自分たちの恥辱の歴史に対する怒りをこのような形で自衛した側面があると見る。私たちにも守るべき自尊心があるということだ。

    外勢に関する限り今も私たちには弱い輪がある。通りにあふれる事大主義的姿勢だ。南北が平和の時代を開くというと米国に亡ぼしてくれと星条旗を振り、どこで手に入ったのかとんでもないイスラエル旗まで持って振りまくる。旭日旗だけ聞かなかったでだけで日本にもずっと色目を投げる。外勢にすり寄って相変らず利益を取ろうとする日和見主義者などが見られる。
    (中略:もう私たちは虚弱な国ではない)

    私たちを押さえ付ける外勢に対する元気な悪口は必要だ。あえてあざ笑ってののしる必要はないが、「つつく」必要もない。自信を持つ必要がある。

    ソース:プレシアン(韓国語) 光化門(クァンファムン)で星条旗とイスラエル旗を揺さぶるこれらに
    http://www.pressian.com/news/article?no=240372

    引用元: ・【韓国】 外国人に対する蔑称は差別ではなく恐れからでた民衆の感情的対応~外勢に対する元気な悪口は必要だ[05/10]

    【つまり朝鮮はレイシスト【韓国】 外国人に対する蔑称は差別ではなく恐れからでた民衆の感情的対応~外勢に対する元気な悪口は必要だ[05/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ