まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売国奴

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 14:28:19.23 ID:???.net
    ■独立70周年の日に旭日旗を掲げた韓国人、自宅住所まで晒される・・韓国ネットは「いったいこの国はどうなってる?」「日本に住んでみると...」
    FOCUS-ASIA.COM 8月18日(火)2時55分配信

    韓国メディア・ヘラルド経済は17日、ある韓国ネットユーザーが光復(独立)節の15日、韓国国旗の
    太極旗ではなく旭日旗を掲げた写真をネットで公開したことで物議を醸していると報じた。

    このネットユーザーは15日、自宅マンションのベランダに旭日旗を掲揚した写真とともに「私は激しい
    自国嫌悪に陥ったので、自宅に太極旗の代わりに“戦犯旗”と非難される旭日旗を掲げた」とオンラ
    インコミュニティサイトに投稿した。

    ユーザーはさらに「人々が『ヘル朝鮮』(住みにくい韓国という意味の隠語)という名前を自然に書いて
    いる昨今の大韓民国は、この旭日旗が帝国主義、軍国主義の象徴として使われた1940年前後
    の日本のように感じる」とも書いた。

    これに対して他のネットユーザーから「明白な国家侮辱」「処罰しなければ」など、激しい反発が
    よせられた。

    このため投稿者は記事を削除したが、SNSなどを通じて拡散し、マンションの住所などの個人情報
    まで暴露される状態に陥っているという。

    この記事に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「失望させないゴミみたいな奴」

    「太極旗を掲げなければいいだけ」

    「韓国が嫌いなのと、旭日旗をつけるのと、どういう関係がある?」

    「太極旗を燃やす人と同じ」

    「まさに中2病」

    「ただ注目を浴びたいだけだから、気にしない方がいい」

    「いったいこの国はどうなってる?いつから売国奴が自慢すべきことになった?」

    「親日派の子孫か?」

    「あの旗はどこで?韓国ではなかなか手に入らないのに」

    「戦犯旗と呼ぶべき」

    「韓国より日本の方がいいと思っているみたいだが、日本に住んでみると、日本は韓国とそう変わらない」

    (編集 MJ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000002-xinhua-int

    引用元: ・【韓国ネット】 光復節に旭日旗を掲げた韓国人、自宅住所まで晒される ~「いったいこの国はどうなってる?いつから売国奴が…」[08/18]

    【朝鮮極右阿鼻叫喚w 【韓国ネット】 光復節に旭日旗を掲げた韓国人、自宅住所まで晒される ~「いったいこの国はどうなってる?いつから売国奴が…」[08/18]】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/07/07(火)22:32:41 ID:???
    中国国産アニメに「カーズ」のパクリ疑惑、監督が「疑う者は売国奴」と反論―中国メディア

    中国初のカーレースアニメ「汽車人総動員(原題)」がピクサーアニメ
    「カーズ」のパクリだと指摘されている問題で、制作側が真っ向から反論している。
    7日付で参考消息が伝えた。

    カーレースアニメ「汽車人総動員」(卓建栄監督)のポスターが国際子どもの日の
    先月1日に公開され、「カーズ」との酷似ぶりが中国ネットユーザーを震撼させた。
    主人公の赤い車「K1」はフロントガラスの目やボンネットの口、
    丸みのあるボディなどが「カーズ」の主人公のレーシングカー、ライトニング・マックィーンとうり2つ。

    続き Yahoo!ニュース/FOCUS-ASIA.COM 7月7日(火)22時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000046-xinhua-cn

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 23◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435737718/484

    引用元: ・【中国】中国国産アニメにピクサーアニメ「カーズ」のパクリ疑惑、監督が「疑う者は売国奴」と反論―中国メディア [H27/7/7]

    【流行語にノミネートしようず【中国】中国国産アニメにピクサーアニメ「カーズ」のパクリ疑惑、監督が「疑う者は売国奴」[H27/7/7]】の続きを読む

    このページのトップヘ