まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売国

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/18(月) 13:57:33.18 ID:CAP_USER
    ブルームバーグ通信の「文大統領は金正恩氏の首席報道官」記事めぐり衝突

    韓国与党「共に民主党」が、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は金正恩(キム・ジョンウン)氏の首席報道官」と表現した米国ブルームバーグ通信の記者を実名で批判したことについて、韓国担当の外信記者たちが「言論の自由に水を差すものだ」との公式声明を発表した。

     海外メディア約100社の記者およそ500人で構成されるソウル外信記者クラブ(SFCC)は16日、「共に民主党が先ごろ、大統領に関する記事を作成したブルームバーグ通信の記者個人に関連する声明を発表し、これによって記者個人の身の安全が大きく脅かされたことに憂慮を表明する」との理事会声明を発表した。外信記者クラブは「大衆の関心事や意見について報道した記者個人に対し『国家元首を侮辱した売国』と非難するのは非常に遺憾なこと」だとして「これは言論統制の一種であり、言論の自由に水を差すものだ」と主張した。また「記事に関する疑問や不満は社に正式な手続きを経て行うべきで、決して公の場で個人を攻撃してはならない」とした上で「記者を非難する声明が現在も『共に民主党』のウェブサイトに掲載されており、記者を脅かし続けている。即時撤回すべきだ」と訴えた。

     外信記者クラブが指摘した「共に民主党」の声明は、13日に李海植(イ・ヘシク)報道官が発表したものだ。李報道官は声明で、昨年9月26日にブルームバーグ通信が文大統領の国連総会での演説について書いた「韓国の文在寅大統領が国連で金正恩氏の首席報道官となる」と題する記事に言及し「悪名高い記事」と述べた。また、記事を書いた記者の実名を挙げ「この記者は韓国国内のメディアに勤務していたが、後にブルームバーグ通信のリポーターとして採用され、ほどなくして問題の記事を書いた」と記者の経歴を問題視した。その上で「米国国籍の通信社を隠れみのとして国家元首を侮辱した、売国に近い内容」と批判した。

    キム・ギョンピル記者 , キム・ウンジュン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/17/2019031780026.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/17 23:09

    関連
    【ブルームバーグ記者を実名で攻撃】「文大統領批判した記者への個人攻撃、フセイン時代のイラク以下」[3/17]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552842100/

    引用元: ・【韓国与党】「文大統領批判した記者は売国」外信記者会「言論統制だ」ブルームバーグの「文は北の首席報道官」記事めぐり衝突[3/17]

    【文字通りの弾圧【韓国与党】「文大統領批判した記者は売国」外信記者会「言論統制だ」ブルームバーグの「文は北の首席報道官」記事めぐり衝突[3/17] 】の続きを読む

    1: ろこもこ ★@無断転載は禁止 2017/10/01(日) 14:16:58.47 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00002044-chosun-kr

     今年8月、韓日両国が軍事情報を共有する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が1年延長された。北朝鮮を除くと、反応は静かなものだった。朴槿恵(パク・クンへ)政権が昨年11月、弾劾の局面で同協定を締結した際には韓国内部が騒々しかったのと比べると、「同じ国なのか」と思ってしまうほどだ。北朝鮮の宣伝メディアだけが「1000年の宿敵との醜悪な共謀結託」「極めて危険かつ犯罪的な事大売国交渉」と猛烈に非難した。

     9カ月前、当時の野党が同じ主張をしていた。今では与党になっている民主党の院内スポークスマンは「密室、拙速、屈辱の協定」だとして撤回を要求した。民主党の予備選候補だった文在寅(ムン・ジェイン)氏は、ツイッターに「国務会議(閣議に相当)が議決したのは韓日GSOMIAではなく、大統領解任建議案」と書き込んだ。同党の別の予備選候補は「退陣の危機に追い詰められても売国の本能はどうすることもできないらしい」とあざけった。歴史問題も重要だが、差し迫った北朝鮮の核武装に対応するためには避けられない-と韓国国防部(省に相当)がコメントすると、野党は長官の解任建議を進めようとする動きまで見せた。民主党は「効用を検討した後に延長するかどうかを決定する」という公約を掲げた。

     しかし結局、「協定延長」という結論が出た。緊迫した展開を見せる安全保障の状況を考慮すると、どのみちこうするしかなかった。結末がはっきりしていたという点では、高高度防衛ミサイル(THAAD)と似ている。差があるとすれば、中国のような邪魔者がいないせいか、韓日GSOMIA延長はひっそり行われたという点だ。THAADのように、大統領とそのブレーンが要らぬゴタゴタを起こすこともなかった。文在寅政権における対日関係の基本的な方向は、過去史と安全保障問題は切り離して対応するというものらしい。実際、そのほか別の道は見当たらない。

     トランプ政権になる前から、米国は韓日を相手に「仲良くしろ」と迫ってきた。安全保障上の必要性が大きかったからだ。にらみ合っていた韓日の首脳が手を握ることになったのは、北朝鮮の核の脅威のせいだった。これは、今年7月の韓米日首脳会談の共同声明にも反映された。共同声明には「北朝鮮がもたらす脅威に対して、3国間の安全保障協力を推進し続けることを約束した」という記述が盛り込まれた。日本をパートナーとする「安全保障協力」は、韓国国内の感情を考慮し、かつての政権では明文化を避けていたものだ。当時は、文大統領が「われわれが運転席に座って(南北関係を)主導したい」と自信を見せていたころだった。北朝鮮さえうまく説得すれば、域内の緊張の水位も下がっていくだろうと考えることができた。しかし大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射、6回目の核実験で、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は完全に反対側へと向かった。

     先日ワシントンで、米国政府・議会・シンクタンクの韓半島(朝鮮半島)専門家らと会った。文在寅政権に対する不安感は予想よりも深かった。「中国は諦めていたのに、韓国がTHAADの配備に時間をかけ、中国に『韓国いじめ』のチャンスを与えた」「韓国が北朝鮮に対話提案を行うと、2日前に伝えてきた。相談ではなく通知だった」などなど…。この過程で出てきた話が、韓米日の安全保障協力だった。中国が中朝関係にこだわり続けるのなら、米国としては韓日の弾道ミサイル・対潜防衛システムを強化する準備ができている、という話だった。韓国の海上ミサイル防衛能力を米日のレベルに、韓国海軍の対潜作戦能力を日本の自衛隊のレベルに引き上げるというものだ。ここには、韓米日の合同演習も伴ってくる。ソウル-ワシントン、東京-ワシントン間でこうした協議が進んでいるという話がメディアを通して一部伝えられたが、実際に接してみると、米国側の意志が強いように見えた。

     北朝鮮のICBMの実質的脅威に米国がさらされる中、外交・安全保障の専門家らが頭に描いていたシナリオが現実にアプローチし始めた。韓米日、三角軍事協力の高度化もその一つだろう。実際に米国が要求したら、韓国国内の進歩・左派陣営はもちろん、中国が「米国のミサイル防衛(MD)システムへの編入」だと反発するだろう。日本との軍事協力にアレルギー反応を示す人々も少なくないだろう。しかし、その選択がもたらす別の側面も、同じ重みで議論しなければならない。売国だとか親日だとかいって攻防を繰り広げていられるほど、韓国の安全保障の現実は安穏とはしていないからだ。

    引用元: ・【朝鮮日報】日本との軍事協力、「売国」「親日」と騒いでいる場合か 韓国の安全保障の現実は安穏とはしていない[10/01]

    【【「また日本を利用する」つもりなのか?】朝鮮日報「日本との軍事協力、「売国」「親日」と騒いでいる場合か 韓国の安全保障の現実は安穏とはしていない」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/07(水) 09:19:12.32 ID:CAP_USER
    2017年6月5日、韓国・マネートゥデイによると、ソウル市教育庁が独自に編さんした韓国現代史の教師用指導教材が、小・中・高校に配布されることが分かった。

    昨年初め、国の教育部が歴史教科書の国定化を強行したことをきっかけに作成されたという教材「今日と出会う歴史」の2次検討本は、123項目の歴史テーマで構成。年代順に歴史的な出来事が記載される一般の教科書とは異なり、歴史的な出来事が起きた1日がA4用紙1枚分の分量にまとめられている。他に「質問がある教室、議論がある歴史授業」「東アジアの平和教科書」と題する教材も制作が進められているが、現在、執筆作業がある程度完了しているのは「今日と出会う歴史」だけだ。

    内容をみると、やはり「国定教科書との視点の違いが目立つ」と記事は指摘する。例示されているのが、1965年、日本の佐藤栄作政権と韓国の朴正熙(パク・チョンヒ)政権の間で結ばれた日韓基本条約に関する解説の違いだ。

    国定教科書では「無償3億ドル、長期低利借款2億ドル、3億ドル以上の民間産業借款は、農林水産業の開発と浦項(ポハン)製鉄建設などに投入された」とし、韓国側が交渉で得た経済的・外交的利益が強調されていた。一方、「今日と出会う歴史」では、条約に反対する市民によって1964年6月3日ソウルで起きた大規模デモを中心にまとめられており、デモに参加した学生らによる「日本の謝罪がない韓日協定は売国であり、日本の資本で行った近代化は従属をもたらすだろう」とする主張が詳細に記載されているという。

    市教育庁関係者は「『今日と出会う歴史』の内容は中学生のレベルに合わせた」とし、同教材を小・中・高校の教師すべてに配布する方針を明らかにした。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「朴正熙が大統領になったのが間違いの始まり」
    「朴正熙によって韓国が豊かになったのではない。彼がいなければもっとまともな民主主義国家になっていた」

    など、日韓基本条約を結んだ朴正熙元大統領への批判の声が多く寄せられた。

    その一方で、「朴正熙の業績は業績として認めるべきだ。歴史は事実だけを知らせ、判断は個人に委ねるべき」との意見もあった。

    その他、

    「ちゃんとした教材を準備し始めたんだね」
    「当然必要なもの」
    「異常な状態が正常化し始めた」
    「正義が生きている証拠」
    「危うく日本のように歴史を歪曲(わいきょく)する後進国になるところだった」

    など、ソウル市による教材作成に肯定的なコメントも多くみられた。


    2017年6月7日(水) 9時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b180281-s0-c10.html

    引用元: ・【日韓基本条約】「日本の謝罪なき協定は売国」ソウル市が独自の韓国現代史教材を作成[06/07]©2ch.net

    【【反日教の経典】「日本の謝罪なき協定は売国」ソウル市が独自の韓国現代史教材を作成】の続きを読む

    このページのトップヘ