まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売却

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/18(水) 03:20:45.18 ID:CAP_USER
     新日鉄住金が、保有する韓国の鉄鋼最大手ポスコの株式150万株を売却すると発表した。提携関係は続けるというが、新日鉄住金にはポスコによる技術盗用をめぐる訴訟のしこりも残る。
    韓国メディアは「提携解消への手順か」「ポスコを突き放そうとしている」など悲鳴が上がっている。

     17日午前の東京株式市場で新日鉄住金の株価は一時約3・8%上昇、韓国の株式市場でポスコ株は一時4・6%下落するなど好対照な値動きとなった。

     新日鉄住金のポスコへの出資比率は5・04%から3・32%に下がる。売却時期は市場動向を見て決めるが、売却見込み額は300億円程度とみられる。ポスコも新日鉄住金に2・51%出資しているが、保有株式を売却するかどうかは未定としているという。

     ポスコは新日鉄住金の前身である八幡製鉄が技術支援して誕生した経緯もあり、50年近く提携関係を続けてきた。1998年に互いの株式を取得。
    2000年に戦略的提携契約を結んで株式を追加取得したほか、06年には欧州のアルセロール・ミタルによる買収を警戒する意図もあって、相互に買い増した。今回売却する150万株は06年の取得分にあたる。

     その後、ミタルの業績悪化や中国メーカーの供給過剰を受けて、新日鉄住金が買収されるリスクが薄れたことからポスコ株を手放したとの見方もある。

     加えて、新日鉄住金が特殊な鋼板の製造技術を盗用されたとしてポスコを訴え、同社が300億円の和解金を支払った一件も両社に溝を作ったようだ。

     韓国メディアは、朝鮮日報電子版が「世界2位の新日鉄住金が5位のポスコを突き放し、格差をさらに広げるものとみられる」と報じた。イートゥデイは「16年の提携関係にピリオドを打つ手順ではないか」などと懸念を示している。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160517/frn1605171900004-n1.htm

    引用元: ・【経済】韓国メディアから悲鳴…新日鉄住金のポスコ株売却に「提携ピリオド?」[5/18]©2ch.net

    【新日鉄住金のポスコ株売却 新日鉄住金の株価上昇、ポスコ株下落】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 08:32:13.97 ID:CAP_USER.net
    ■ 時価会計が決定打?
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (写真)
    no title

    ▲ 中国北東部の遼寧省大連にある、スターウッドホテル&リゾートチェーンの「ザ・キャッスル・
    ホテル」
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国の金融界、産業界で大きな話題になっている売却がある。独アリアンツ生命が韓国法人を
    売却して撤退を決めたことだ。買収以来1兆ウォン(1円=10ウォン)以上を投じた韓国法人をわずか
    300万ドル(約35億ウォン)で売却するという。買い手は、あの中国の安邦保険グループだ。

    「1兆投資のアリアンツ、35億で売って韓国を去る」

    ■ 1兆ウォン投資して35億ウォンで売る
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    2016年4月6日、大手紙「朝鮮日報」はこんな見出しで今回の売却劇を1面で報じた。金融界、産業
    でも大きな話題になっている。

    アリアンツは1999年に当時、韓国第4位だった第一生命を買収した。3年後に「アリアンツ生命」
    (韓国、以下韓国アリアンツ)に社名を変更した。買収額は4000億ウォンだった。

    期待をこめての韓国進出だったが、その後も、茨の道が続いた。韓国メディアによると、アリアンツ
    が買収してから17年になるが、この間、韓国アリアンツは8年間赤字だった。

    アリアンツグループは合わせて7回の増資に応じ、買収資金と合わせてこれまでに1兆2000億
    ウォン以上を投じる羽目になった。

    それでもなかなか業績は好転しなかった。

    追い討ちをかけたのが労使問題による混乱だった。何とか業績を立て直そうと経営側がリストラを
    試みるが、そのたびに労使関係がこじれる。2008年には給与制度改革を巡って労組が対立し、
    200日以上もストが続いた。

    ■ 逆ザヤにストで大苦戦
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    韓国アリアンツが本業で苦戦したのは、逆ザヤのためだった。保険業界関係者はこう話す。

    「第一生命時代から、年金や終身保険などの商品をかなり販売したが、予定利率が年間7~8%
    以上の場合も多かった。韓国も未曾有の低金利時代になり、毎年、相当の逆ザヤによる損失が
    続いていた。賃金引下げや人員削減などの合理化で打撃を食い止めようとしたが、労使関係の
    悪化で逆に経営の足を引っ張ることになった」

    朝鮮日報は「財務健全性を回復させるためには今後2~3年間で1兆ウォンを超える資金が必要」
    と報じている。

    韓国での事業がうまく行かない。労使問題も解決の兆しが見えない。それでも、1兆ウォン以上を
    つぎ込んだ韓国法人をこんな安く売るのか。

    ソース:JBpress
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46673

    >>2につづく

    引用元: ・【保険】独アリアンツ生命、韓国法人格安売却し撤退・・・買い手は中国の安邦保険[04/25]

    【何とか逃げられたってとこだろうな【保険】独アリアンツ生命、韓国法人格安売却し撤退・・・買い手は中国の安邦保険[04/25]】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/10/30(木) 10:46:54.77 ID:???.net
     先祖墓地に孤墳があれば、子孫の隆盛に悪影響を与えるという風習は過去にあった。従って、死者の結婚を行う。すなわち、結婚して
    いない死亡者のため、異性の死体を捜し、合葬を行うとのことである。一部犯罪者はこの風習を悪用し、死体窃盗・販売を働いた。

     山東省の巨野県公安局が2014年6月に捕まえた王は他人と共に、女性の死体を盗み、販売したと白状した。王によると、3月に
    ほかの8人と共に、巨野県田橋鎮のある村の畑で、埋葬されて3ヶ月の女性の死体を掘り出し、その後、1万8000元で売却した。
    王は「死んだばかりの死体は1万6000元から2万元で売れる。骨だけの死体は低い」と言った。

     犯罪容疑者の劉によると、まず、病院の霊安室に死体を置き、その後、買い手を捜して回った。約1週間後、3万8000元で河北省
    武安市で売れたという。それにより、2万元近くを儲けた。

     警察当局は容疑者11人を捕まえた。この事件はいま審理中だ。

    ソース(新華社) http://www.xinhuaxia.jp/social/50886
    写真 no title

    引用元: ・【中国】中国の死体窃盗グループ、女性の死体を盗み売却…「死んだばかりの死体は1万6000元から2万元で売れる」[10/30]

    【ほんとに金が儲かるなら何でもやるのな【中国】中国の死体窃盗グループ、女性の死体を盗み売却…「死んだばかりの死体は1万6000元から2万元で売れる」[10/30]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 00:06:09.13 ID:???.net
     中国国営新華社通信(英語版)は24日、病気などで死んだ豚を業者に売り渡したなどとして、
    安徽省宿州市●(=土へんに甬)橋区にある動物検疫当局でトップを務める男が逮捕されたと報じた。

     男は、この動物検疫当局が集めた病気などで死んだ豚138頭を業者に1頭約200元(約3300円)で売った。
     男は業者に食肉加工業者の連絡先まで教えていた。

     ほかにも、男はこれまでに20以上の業者から賄賂を受け取り、検疫などを免除していた。
     このため違法に処理された肉が市場に出回ったという。(共同)

    msn産経ニュース 2014.7.24 23:24
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140724/chn14072423240015-n1.htm

    引用元: ・【中国】病死の豚138頭を業者に売却し、食肉加工業者の連絡先まで教えていたトンでもない検疫当局者を逮捕[07/24]

    【チャイナフリーじゃなきゃ食べちゃダメ 【中国】病死の豚138頭を業者に売却し、食肉加工業者の連絡先まで教えていたトンでもない検疫当局者を逮捕[07/24]】の続きを読む

    このページのトップヘ