まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売却

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/02(土) 21:10:32.01 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は1日、国会情報委員会で、北朝鮮が中国から3000万ドル(約30億円)を受け取る条件で今年の漁業権を売却したと報告した。同委員会の与野党の幹事が伝えた。

    no title

    国会情報委員会の模様=(聯合ニュース)

     国情院によると、今年売却した漁業権は例年の3倍に達する約1500隻に操業の権利を与えるものだ。北朝鮮の住民は当局が漁業権を売却し、漁獲量が減ったことに不満を募らせている。中国による環境汚染も懸念しているという。

     また、北朝鮮は国連の制裁により、輸出の半分近くを占める石炭の輸出が前年比で約40%減少し、兵器類の輸出は88%減ったという。

     このため、北朝鮮では貿易船の国籍を変更したり船を売却したりするケースが見つかり、石炭や鉄鉱石の輸出の際は「民生目的」との口実をつけたりしているという。

     ただ、金融分野ではまだ制裁の効果が不十分だと説明した。

     中距離弾道ミサイル「ムスダン」(北朝鮮名:「火星10」)の試射については、約400キロを飛行したほか飛行安全装置が搭載されるなど、技術的な進展があったと報告した。
    その上で、北朝鮮は今後、作戦配備に向けた性能改善や技術的な能力を誇示するための政治的な目的でミサイルを発射し続けるとの見通しを示した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/01/0200000000AJP20160701003700882.HTML

    引用元: ・【中朝】北朝鮮 3千万ドルで中国に漁業権売却=韓国情報機関[7/02]©2ch.net

    【北朝鮮 3千万ドルで中国に漁業権売却。中国船1500隻以上が操業する事態に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/29(水) 01:01:10.42 ID:CAP_USER
    中国の武昌理工学院、韓中大の経営権を獲得することに 
    経営権獲得にかかる費用35億500万円と推算 
    「中国大学は財政が豊富...追加の事例出る可能性も」
    「韓国大学の発展に役立つかは疑問」との見方も

    no title

    江原道東海(トンヘ)市にある韓中大学教//ハンギョレ新聞社

     中国の有名大学が、教育部の大学構造改革評価で最下位の評価を受けて退出危機に追い込まれていた韓国の私立大学を買収することにした。買収が実現された場合、外国資本や教育機関が韓国の大学の経営権を持つ最初の事例となる。

     28日、韓中大関係者は「中国の武昌理工学院が横領金補填額を代わりに支払うことを条件に、韓中大の経営権を買収する内容の買収意向関連条約が22日成立した」ことを明らかにした。
    韓中大は7月中に武昌理工学院側から派遣された専門家を中心に、学校正常化方案を作成し、武昌理工学院側が過半数以上を選任した新しい理事陣の名簿を教育部傘下の私学紛争調停委員会に提出する計画だ。
    韓中大関係者は「経営権の獲得は、武昌理工学園側が選んだ理事が過半数以上選任されると完了するが、理事の承認と横領金補填の前後関係などは、私学紛争調停委員会での協議によって決定されると思われる」として、
    「遅くとも10月頃には、買収が完了されるものと期待している」と語った。

     江原道東海(トンヘ)市にある韓中大は学校法人光熙学園が運営する4年制の私立大学で、2004年財団理事長が公費380億ウォン(約33億3000万円)を横領した疑いで拘束された後、
    激しい財政難に苦しみ、大学の経営権を獲得できるような財政貢献を行う団体や個人を探していた。韓中大は昨年、大学構造改革評価で最下位等級のEランクの判定を受けた。
    武昌理工学院は中国の光信科学教育グループが運営する理工系の大学で、昨年、中国教育部の大学評価で700大学のうち42位にランクした名門大学として知られている。

     これまで外国大学の韓国進出は「外国教育機関特別法」に基づいて、経済自由区域などの特定の地域に分校を直接設立し、運営する方式で行われてきた。
    ところが、今回の武昌理工学院による韓中大の買収は、外国の大学が韓国の私立大学を直接経営することになるという点で、これまでの事例とは異なっている。
    現行の私立学校法は、「私立学校理事の定数の半分以上を大韓民国国民にしなければならない」と規定しているだけで、私立学校の経営の主体を韓国人に限定しているわけではない。
    教育部の関係者は、「学校基本財産の2分の1以上の財産を出捐した学校法人の場合は、3分の1だけを韓国人に選任すればよい」として、
    「私学紛争調停委員会に正常化に向けた計画が提出されたら、武昌理工学院の財政出演計画などを検討し、理事を選任するかどうかを決める」と述べた。
    韓中大は2004年から、文部科学省が派遣した臨時理事体制で運営されており、理事の選任には私学紛争調停委員会の議決が必要である。

     中国の教育を研究している西京大学教養課程部のク・ジャオク教授は、「中国の大学が公務員研修など、さまざまな事業を行うのに、韓国の大学が基地の役割を果たせる」として、
    「清華大学の1年の予算が2兆ウォン(約1752億3000万円)に達するほど、中国の大学の財政が豊富なため、今後も400億?500億ウォン(約35億2000万円~43億8000万円)程度かけて韓国の大学を買収しようとする中国の大学が出てくる可能性がある」と予想した。大学教育研究所のイム・ヒソン研究員は「自国の戦略と要求の中で韓国の大学を対象にした買収が行われているため、韓国の高等教育の発展に役立つかは疑問だ」と指摘した。

    ジン・ミョンソン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24504.html

    引用元: ・【韓国】中国資本、韓国の大学まで進出なるか 「韓国の大学発展に役立つかは疑問」との見方も[6/29]©2ch.net

    【【属国化進行中】韓国・韓中大、特例で中国資本に売却】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/16(木) 20:31:45.37 ID:CAP_USER
    中国の米国株保有は昨年7月末から1260億ドル減少と米財務省
    中国は38%削減と、海外投資家全体の9%削減に比べ顕著な落ち込み

    これまでは中国による米国債売りが、投資家を落ち着かない気持ちにさせてきた。同時にそれは、中国経済の健全性を測る指標の役割も果たしてきた。

    中国の外貨準備高は世界最大だが、中国人民銀行(中央銀行)は2014年以降その20%を取り崩した。米国債を約2500億ドル(約26兆4000億円)相当売却した上で、人民元相場を支え、資本流出を食い止めるためにその資金を使ってきた。

    中国の米国債売りのペースは鈍ってきたが、ここへきて米国株の保有が急減している。米財務省のデータによると、中国は昨年7月末から今年3月末までに、保有する米国株を38%、金額ベースで約1260億ドル相当削減して2010億ドルとした。

    同期間に海外投資家全体が保有を減らした米国株は計9%で、中国の削減ペースが世界を大きく上回った。中国による米国債保有はその間、約260億ドル(2%)減少したのみで比較的安定していた。

    ニューヨークの外交問題評議会(CFR)のブラッド・セッツァー上級研究員は「中国の米資産ポートフォリオは米国債だけではない。中国による市場での活動を測るには、米国債以外の市場を見ることがますます重要になっている」と話した。

    中国の米国債売りの勢いが弱まる一方で、保有する米国株を売って現金化していた事実は、人民銀が引き続きドルを調達して人民元の下落ペースを抑えるよう、圧力にさらされていたことを示唆する。


    原題:China Dumping More Than Treasuries as U.S. Stocks Join Fire Sale(抜粋)

    ブルームバーグ 2016年6月16日
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-16/O8U9B06K50Y101

    no title

    引用元: ・【経済】中国が米国株を大量売却-世界を圧倒的に上回るペースで保有削減[6/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【中国が米国債に続き米国株を大量売却】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/10(金) 07:58:23.69 ID:CAP_USER
    日本鉄鋼トップの新日鉄住金(新日本製鉄+住友金属)が保有中のポスコ株のうち1600億ウォン(約150億円)分を売るために時間外大量売買(ブロックディール)に乗り出した。
    先月3000億ウォン台の持ち株売却計画を明らかにした後、まず半分を処分するためだ。

    投資銀行(IB)業界によると、新日鉄はこの日の取引時間後、75万株(0.86%)をブロックディール方式で売却することにし、機関投資家を対象に需要予測に入った。
    売却価格はこの日の終値(22万4500ウォン)より1-3%低い21万7700-22万2300ウォンで決定される。シティグローバルマーケット証券が売却を主管する。

    新日鉄側は財務構造を改善するためポスコ株の売却に入った。同社は先月中旬、保有するポスコ株(5.04%)のうち150万株(1.72%)を売却すると明らかにした。
    売却対象株のうち半分をこの日、ブロックディールに出したのだ。売却に成功すれば残りの75万株の売却に着手するとみられる。

    ポスコと新日鉄は2000年に株式持ち合いおよび共同技術開発などの内容の包括的提携を結び、5年ごとに提携関係を延長してきた。
    これに基づき新日鉄はポスコ株を3.3%、ポスコは新日鉄株を2.5%保有している。新日鉄が今回売却するのは提携のために保有する3.3%とは関係がない別途の保有株。提携のための保有株はそのまま維持するという。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/692/216692.html

    引用元: ・【経済】新日鉄、ポスコ株1600億ウォン分ブロックディール[6/10]©2ch.net

    【新日鉄、ポスコ株持ち株の3分の1を売却】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/20(金) 13:25:11.79 ID:CAP_USER
    流動性危機を迎えている大宇造船海洋が潜水艦などを建造する特殊船(防衛産業)事業部を分社して売却することにした。

    また、アフリカの海運会社ナイダス、ルーマニアのマンガリア造船所など、現金化が可能なすべての子会社と資産を処分する方針を決めた。

    投資銀行(IB)業界によると、大宇造船海洋はこうした内容の追加の経営改善計画案を20日ごろ、産業銀行に伝える計画だ。金額にすると2兆ウォン(約2000億円)台という。

    大宇造船海洋の特殊船事業部は潜水艦・戦闘艦などを建造中で、年間売上高は1兆ウォン以上。年平均営業利益率が7-8%台と推定される最も重要な事業部だ。

    国内M&A(企業の合併・買収)市場で1兆5000億ウォン以上を受けるという分析が出ている。

    大宇造船海洋は特殊船事業部を分社後に売却するか、防衛産業事業を保有する国内外企業との合併を推進するなど、さまざまな処理案を検討している。

    この場合、大宇造船海洋のほか、現代重工業、韓進重工業、STX造船海洋などに分散している防衛産業事業部門を統廃合する「ビッグディール」が実現することも考えられる。

    単に売却する場合は、防衛産業の特殊性を勘案し、海外の企業は対象としないことにした。

    また大宇造船海洋は産業銀行など国策銀行の負担を減らすため、現金化が可能なすべての資産を売却する原則を決めて対象の物色に入った。

    同社は昨年から大々的な資産売却に入っている。ゴルフ場を運営する子会社FLCの売却を終えたのに続き、斗山エンジン、ファベスチールなど保有株も売った。

    大宇造船海洋は今回の経営改善計画にアフリカの海運会社ナイダスとルーマニアのマンガリア造船所を売却する案を含めた。

    マンガリア造船所は売却に一度失敗したが、最近また買収者を決めて了解覚書(MOU)を締結したと明らかにした。米国の風力会社DeWindは売却価値がないと判断し、清算することにした。

    産業銀行はこうした計画案を検討した後、流動性追加支援をするかどうか決める。大宇造船海洋は昨年下半期以降の受注の中断で、流動性問題のほか、長期的な実績不振に対する懸念も強まっている。

    昨年10月に債権団が支援することにした4兆2000億ウォンのうち、今後受ける金額は1兆ウォンほどしか残っていない。

    産業銀行は最近、サムジョンKPMGを諮問会社に選定し、大宇造船海洋の経営診断をしている。

    最悪の経営状況を仮定したストレステストを通じて、回復の可能性が高いと判断されれば、資金を支援する方針だ。

    コンサルティング業界の関係者は「今回の経営診断は、追加の流動性支援に先立ち、受注の崖を乗り越えることができるのか、未来の生存のためにどの程度の資金が必要なのかを把握することが核心」と説明した。

    しかし一部では大宇造船海洋の防衛産業事業部売却に対する懐疑論も提起されている。

    あるIB業界の関係者は「防衛産業事業の特性上、買収者に対する制約が多い」とし「現実的に巨済島(コジェド)の玉浦(オクポ)造船所の真ん中にあるドック一つを分離して売却するのも難しいようだ」と述べた。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。2016年05月20日
    http://japanese.joins.com/article/930/215930.html

    引用元: ・【韓国】大宇造船、潜水艦などを建造する特殊船(防衛産業)事業部を分社して売却へ[5/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【経営危機の大宇造船、防衛産業事業部を売却】の続きを読む

    このページのトップヘ