まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売上

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/12(日) 00:38:46.35 ID:CAP_USER
    東亜日報より

    no title

    ▲韓国の仁川国際空港(Getty Images)

    4月27日に始まった日本のゴールデンウィーク(GW)のおかげで、韓国内の免税店が日本人観光客の特需に沸いた。ホテルの宿泊率も上がった。

    ロッテ免税店は、4月27日から5月4日までの8日間、ソウル市中区の本店の日本人観光客の売上が昨年同期に比べて45%上がったと発表した。今年に入って4月まで日本人観光客の売上の市場占有率は10%程度だったが、GWに入って急増した。

    新世界免税店明洞店でも同期間、日本人の売上が昨年同期比80%以上伸びた。

    日本人特需は、ホテルやデパートなどでも目立った。ソウル市中区のザ・プラザホテルは、日本人の宿泊比率が昨年GWに比べて17%上がった。ロッテホテルL7と新羅ステイでも、日本人観光客の予約がそれぞれ25%、15%上昇した。新世界デパートでは、女性ファッション(23%)で外国人売上の増加率が目立った。オリーブヤング(注:コスメショップ)明洞本店でも、日本人の売上が前の週に比べて2倍に増えたことも明らかになった。

    業界では、史上最長期間のGWを迎え、韓国を訪れる日本人が増えた影響とみている。日本では昭和の日、憲法記念日、こどもの日などで例年は7日ほど休む。今年は天皇即位(5月1日)と臨時公休日が加わってGWが10日間に増えた。

    (2019年5月6日付東亜日報 シン・ヒチョル記者)
    (翻訳・成川彩)

    ソース:The Asahi Shimbun GLOBE+<GWの日本人観光客、韓国のホテルや免税店へ 売上前年比最大80%UP>
    https://globe.asahi.com/article/12352756

    引用元: ・【韓国】 GWの日本人観光客、韓国のホテルや免税店へ~観光特需、売上前年比最大80%UP[05/11]

    【1が2になったら二倍だな 【韓国】 GWの日本人観光客、韓国のホテルや免税店へ~観光特需、売上前年比最大80%UP[05/11] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 11:52:35.56 ID:CAP_USER
    2017年8月16日、韓国・亜洲経済によると、韓国・起亜自動車は在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国の報復措置で急激に落ち込んだ中国でのシェア回復を目指し、多くの車種を改名する方針だ。環球時報(電子版)が伝えた。

    起亜自動車の中国邦人、東風悦達起亜はこのほど、中国での主力車種の「K4」と「K2 Cross」をそれぞれ「凱神」と「KX Cross」に変更した。起亜は07年、中国で「RIO 千里馬」を発表。その後、同車種は「鋭欧」、「K2」と名前を変えてきた。今回の再改名に業界の注目が集まっている。

    起亜の責任者は「K4を中国名の凱神に変えたのは、中国市場に親しみやすいイメージを打ち出すためだ。品位ある生活、名誉と成功の追求を意味する。中国の若者の理想に合致する」と話す。

    東風悦達起亜は今年上半期、中国での販売台数が前年同期に比べて55%減の約13万台まで落ち込んだ。今年の販売目標は70万台に設定しているが、達成には程遠いペースとなっている。

    韓国メーカーはTHAAD配備に対する報復措置による打撃をあの手この手で挽回しようとしている。(翻訳・編集/大宮)

    http://www.recordchina.co.jp/b187736-s0-c20.html

    引用元: ・【韓国】中国の報復措置で売上激減、韓国・起亜自動車が車種改名でシェア回復狙う―韓国メディア[8/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【都合が悪くなるとすぐに通名か】中国で売上激減の韓国・起亜自動車、車種改名でシェア回復狙う】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/12/17(土) 19:53:44.51 ID:CAP_USER
    韓国の大企業のうち、製造業における昨年の売上が前年比で5%減少するなど、製造業の不振傾向が明らかになった。

     これは、統計庁は16日に発表した「2015年基準営利法人企業体行政統計暫定結果」によるものだ。

     韓国の昨年の全営利法人企業体数は前年より8.3%増の58万5000社で、そのうち中小企業が99.2%、大企業が0.8%だった。企業全体の売上は2.2%増の4279兆ウォン(約424兆8450億円)で、内訳は中小企業が35.8%にあたる1531兆ウォン(約152兆円)、大企業が64.2%にあたる2748兆ウォン(約272兆8400億円)だ。

     昨年は企業規模が大きいほど売上が下がったことも分かった。中小企業基本法の分類に基づく大企業4600社の昨年の売上は2748兆ウォンで、その年間増加率は0.6%だが、韓国企業の平均売上増加率2.2%を大きく下回っている。特に製造業の大企業(-5.0%)や卸売・小売業の大企業(-5.0%)の売上の減少幅が大きかった。

     一般的に「財閥」と呼ばれる資産5兆ウォン(約5000億円)以上の企業グループ(計1613社)における昨年の売上は前年比4.9%減の1589兆ウォン(約157兆7700億円)だった。平均売上も9854億ウォン(約980億円)で、1兆ウォン(約1000億円)を割り込んだ。売上減少幅は、資産5兆ウォンを超える卸小売業の大企業(-15.8%)が最も大きく、次いで製造業(-7.6%)だった。

    ヤン・モドゥム記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/17/2016121700410.html

    引用元: ・【経済】韓国大企業、製造業の売上は前年比5%減[12/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それでは2016年だと】2015年の韓国大企業、製造業の売上は前年比5%減だった】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 10:52:34.10 ID:???.net
    韓国の飲食店の中で、平均の売上高が最も高いのは日本料理店、最も低いのが韓国料理店であることが明らかになり、韓国で話題となっている。

    22日の韓国紙・ヘラルド経済によると、韓国外食産業研究院が、韓国の約4万6000の飲食店を対象に行ったアンケート調査では、
    韓国料理店が低い売上高と収益性に苦しんでいることが浮き彫りとなった。

    調査結果によると、最も売上高が高かったのは日本料理店で平均月1223万ウォン(約124万円)だった。
    2番目はベトナムやタイ、インドなどの「その他外国料理」で1063万ウォン(約108万円)、
    3番手が西洋レストランで1017万ウォン(約103万円)だった。

    これに中華が817万ウォン(約83万円)で続き、韓国料理は794万ウォン(約81万円)で最下位となった。

    韓国料理店は平均の利益も月225万ウォン(約23万円)で、最も低かったという。

    専門家は、韓国料理店は全国の飲食店の半数近くを占め、他の料理と比べて競争が激しいことなどが原因とみている。

    このニュースが報じられると、韓国ネットユーザーから様々な書き込みが殺到した。主なコメントは以下の通りだ。


    「不衛生だし、おかずの食べ残しを使い回すし、原産地ごまかすし」

    「韓国料理は家で食べるもの。韓国料理屋など行く必要ない。サムギョブサル屋だらけで、最近の若い奴は韓定食を好まん」

    「家では食べられない変わったものを食べたい」

    「俺は韓国料理が一番好きだな~」

    「韓定食が消える…」

    「ネットの書き込みは日本の悪口だらけなのに、実際は和食を一番多く食べてるのか」

    「当然のこと…。和食・洋食はそれなりの味でも食べられる…中華・韓国料理は不味いと食う気もしない…」

    「和食店はそもそも高級店が多く、テーブル2、3卓の食堂は全部韓国料理に分類。こんな調査意味あるか?」

    「経済が厳しいと庶民は外食しないが、金持ち相手の和食、洋食は影響を受けない」

    「和洋中は料理が上手くないと自分で調理できないし」

    「隣国日本は、材料をごまかさず新鮮なものを使い、料理人=経営者が多いが、韓国料理屋は目先の利益だけ。料理人も長続きせず味の変化にも無頓着」

    「和食を一日三食食ってみろ。嫌気がさすぞ。生臭く、吐き気がして」


    2014年10月23日
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/399151/

    引用元: ・【食】韓国の飲食店、売上は和食>洋食>中華>韓国料理・・韓国ネット「書き込みは日本の悪口だらけなのに…」[10/23]

    【どうせ食ってるのほとんどザパニーズ料理だろ 【食】韓国の飲食店、売上は和食>洋食>中華>韓国料理・・韓国ネット「書き込みは日本の悪口だらけなのに…」[10/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ