まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:売れない

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/05(水) 20:51:50.15 ID:CAP_USER
    現代車ブランドが世界のメディアから相次いで絶賛を受けている。欧州でも自動車大国と呼ばれる国の主要メディアの賞に選ばれている。 

      英BBCの自動車メディア『トップ・ギア』マガジンは4日、「2018トップ・ギア・アワード」の「今年の自動車メーカー」に現代車を選定した。今回の評価はグローバル市場で変化している現代車の地位を見せている。現代車は2013年に「コストパフォーマンスが良い車」に選ばれた。数年前までコストで勝負していた現代車が、今では有数のグローバルブランドに劣らないという評価を受け始めたのだ。 

      今回の評価で『トップ・ギア』は「現代車は最も多彩なモデルを出すブランド」とし「自動車業界の嫉妬を一身に受けている」と評価した。 

      先月30日にはドイツ自動車専門マガジン『オートツァイトゥング』が「オートトロフィー2018」で「最も革新的なブランド」に現代車を選定した。『オートツァイトゥング』は昨年も小型車評価で現代車の欧州戦略型ハッチバック「i20」を1位と評価した。 

      『オートツァイトゥング』は「現代車はセダンはもちろん、プラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車、水素電気車まですべてのパワートレインを生産する珍しい自動車メーカー」とし、「革新的なブランド」に挙げた理由を説明した。 

      先月22日にも現代車は英国グリーンフリートアワーズで「今年の電気自動車メーカー」に選ばれた。現代車はアイオニックEV、コナEVなどを通じて電気自動車の走行距離・価格などで技術力が認められた。 

      現代車の代表モデルは年末年始の主要授賞式でも注目を浴びる。「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」で起亜シードは最終候補7モデルの一つだ。「北米カー・オブ・ザ・イヤー」でも同じだ。乗用車部門でジェネシスG70が、ユーティリティ部門で現代コナがそれぞれ最終候補に入っている。北米カー・オブ・ザ・イヤーの部門別競争率はそれぞれ3倍。 

      3日にも『モータートレンド』が「2019カー・オブ・ザ・イヤー」にジェネシスG70を選定した。 

      このように好評が続いているが、販売は振るわない。11月の現代車(40万3381台)と起亜車(24万7115台)の販売台数は前年同月比でそれぞれ4.2%減、3.8%減となった。 

      その間、国内販売が不振の海外実績を支えていたが、起亜車(4万8700台)は11月の国内販売実績も減少した(-0.7%)。輸出市場での不振も相変わらずだ。現代車の販売台数(33万9250台)は前年同月比5%減、起亜車(19万8415台)も4.6%減だった。 

      ただ、米国市場での反騰が慰めだ。米国市場で現代車(5万7082台)は販売台数が3%増え、起亜車(4万5101台)も小幅増加(1.8%増)した。

    https://japanese.joins.com/article/789/247789.html
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2018年12月05日 09時36分

    引用元: ・【中央日報】高評価でも売れない…現代・起亜車実績ミステリー[12/5]

    【ごり押し捏造の結果【中央日報】高評価でも売れない…現代・起亜車実績ミステリー[12/5] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 09:43:33.58 ID:???.net
    「今までプラスチック製品8万ドル分を出荷する際、45日以内に送金してもらう条件で、中国に輸出していたのに、
    (中国の代理商側が)販売が思わしくないとの理由で代金の支払いを断っています」。国内のあるプラスチックメーカーの訴えだ。
     
    中国の内需市場が急速に鈍化しているため、製品がよく売れず、韓国の中小企業から納品してもらった消費財を
    販売してきた中国現地の中間代理商が品物代金を途中で踏み倒したり、支払いを見送る事態が頻繁に起こっている。

    これにより、韓国貿易協会と大韓商工会議所中国現地事務所は中国進出韓国企業に対して、
    中国の代理商による「代金回収への支障・不能」警報を相次いで出している。

    貿易協会のホームページにある「中国ビジネスポータル」の質疑応答の掲示板には8月26日、ある国内企業の従業員の質問が載せられていた。
    「中国企業に物品を輸出・納品したが、現地企業が廃業したため、代金をもらえなかった。
    税法上、未受債権費用として処理するためには、中国企業の廃業証明書が必要だ」という内容だった。

    これについて、貿易協会上海支部は「こちらで調べた結果、その企業は中国関連当局に正常に登録されている」と答えた。
    故意に代金を踏み倒して、姿を消した可能性があるということだ。

    今年6月、韓国貿易協会北京支部は「最近、対中国輸出で決済リスクが高まる傾向が目立つ」と韓国本部に報告した。

    最近になり販売代金の回収に支障をきたすケースが頻発している要因としては、中国の内需の鈍化に伴う中国内の「金融梗塞」が挙げられる。

    現地の代理商たちは、韓国企業から卸売で納品された品物が、売り切れる前に物品預り証を担保に
    取引金融機関からの融資受け入れ代金を支払うのが一般的だ。

    ところが、内需市場が凍りついて、中国内のほとんどの金融機関が代理商に資金融資を渋るなど極めて保守的な態度に転じた。

    大韓商工会議所北京事務所は最近、
    「実体経済の鈍化で、昨年初め以降、中国内の銀行が、国営企業や100%担保が保証された企業を除き、民営企業との新規資金貸与取引をほとんど止めた。
    むしろこれまで融資した資金の回収に乗り出すなど、企業金融を締めている。このような“金脈硬化”により、『表では金をもうけているように見えるが、
    裏では損をする商売』という話が中国に進出した中小企業の間で広がっている」と、大韓商工会議所本部に報告した。

    金融の慣れが悪くなったことで、連鎖的に飛び火し、韓国の中小企業が「売上債権回収に支障を来す」事態を迎えているのである。


    2015.09.25 07:05
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22043.html

    >>2に続きます。

    引用元: ・【経済】納品後、製品売れないとの理由で中国の代理商、支払いを躊躇う・・・中国内需鈍化で韓国中小企業に代金踏み倒しの危機[09/25]

    【夜逃げVS踏み倒し 【経済】納品後、製品売れないとの理由で中国の代理商、支払いを躊躇う・・・中国内需鈍化で韓国中小企業に代金踏み倒しの危機[09/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ