まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:壬辰倭乱

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 10:45:39.39 ID:???.net
    no title


    光州(クァンジュ)大学は11日、「学校学生軍事教育団(訳注:写真にROTCとあり、これは「予備
    役将校訓練課程」で将校を養成するための教育課程のことと考えられる)が候補生の見聞拡大お
    よびグローバル時代の優秀人材育成のために日本国内の壬辰倭乱(文禄の役)・丁酉災乱(慶長
    の役)遺跡などを見回る海外軍事文化探訪を実施した」と明らかにした。

    ウン・ソンス学軍団長をはじめ軍事学教授2人と学軍士官候補生25人が参加した今回の海外軍
    事文化探訪は4泊5日の日程(9月4~8日)で、△朝鮮通信使碑△壬辰倭乱出兵基地であった
    名護屋城跡△陶工、李参平を祀った有田陶山神社などを訪問した。

    この他にも過去の日本海軍と自衛隊の資料がある海上自衛隊佐世保資料館および長崎原爆資
    料館、平和公園などを見学した。

    キム・ジンファン(サイバー保安警察学科4年)候補生は「壬辰倭乱と丁酉災乱当時、捕えられて帰
    ってこられない方々と日本の原爆投下の時、死んだ罪のない我が国の人々がたくさんいることを
    知って驚いた」とし、「これから、このような歴史的事実を広く知らしめるべきだとの考えを持つよう
    になった探訪だった」と話した。

    光州=ホン・キチョル

    ソース:マネーウィーク(韓国語) 光州(クァンジュ)大学区団、日本壬辰倭乱遺跡探訪
    http://www.moneyweek.co.kr/news/mwView.php?no=2015091116078054840

    引用元: ・【韓国】 光州大学学生軍事教育団、壬辰倭乱の遺跡等探訪~候補生「これから歴史的事実を広く知らしめたい」[09/11]

    【ファンタジーとヒストリーは違うぞ【韓国】 光州大学学生軍事教育団、壬辰倭乱の遺跡等探訪~候補生「これから歴史的事実を広く知らしめたい」[09/11]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 12:16:42.11 ID:???.net
    「資治通鑑綱目」完本の発見に学界が揺れた。朝鮮第4代国王の世宗時代に経筵(国王の教養講義)で使用された「資治通鑑綱目」の
    完本59巻59冊が、中国上海図書館で発見された。

    国外所在文化財財団(以下、文化財財団)によると、10月に行われた上海図書館および復旦大学図書館所蔵の韓国典籍調査過程で
    これを確認したという。上海図書館の所蔵本は1420年に作られた銅活字「庚子字」で刊行された版本。

    文化財財団は「朝鮮で初めて刊行された版本であるうえ、同一の印刷本の伝来が珍しい貴重な書物という点で意味が大きい」と評価した。
    国内には国立中央図書館、清州古印刷博物館、ソウル大奎章閣韓国学研究院、湖林博物館などに庚子字本の資治通鑑綱目があるが、
    1、2冊または5冊など一部だけが伝えられている。

    印章(蔵書印)を分析した結果、これは世宗当時に経筵で使用され、壬辰倭乱で日本軍に略奪された後、上海図書館に所蔵されたことが
    分かった。

    文化財財団は「韓日中3カ国を行き来した資治通鑑綱目の流浪史から、我々の文化財が体験した痛みを確認することができた」とし
    「上海図書館と復旦大学図書館で計252種・1768冊の韓国典籍を調査し、この過程で朝鮮時代の多様な金属活字本など貴重な典籍
    があることを確認した」と明らかにした。調査の結果は整理と補完研究を経て、来年、報告書として出す予定だ。

    ソース:中央日報 2015年01月05日16時54分
    http://japanese.joins.com/article/868/194868.html?servcode=400&sectcode=400
    「資治通鑑綱目」完本を発見(写真=韓国学中央研究院)
    http://japanese.joins.com/upload/images/2015/01/20150105165447-1.jpg

    引用元: ・【韓国】壬辰倭乱で日本軍に略奪された「資治通鑑綱目」完本発見、我々の文化財が体験した痛みを確認できた[01/06]

    【では,支那に返還要求しなさい。 【韓国】壬辰倭乱で日本軍に略奪された「資治通鑑綱目」完本発見、我々の文化財が体験した痛みを確認できた[01/06]】の続きを読む

    このページのトップヘ