まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:増大

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/17(日) 19:11:08.82 ID:CAP_USER
    大統領府は17日、ハノイ談判決裂以降、北米間(※北朝鮮と米国間)の冷却気流が拡散する状況だが、北米とも過去1年間の交渉を介してかなりの進展を遂げただけに、過去に回帰はしないだろうと予想した。

    青瓦台関係者はこの日、記者たちと会って、「ハノイ会談以後、3つの大きな気流がある」と前提した後、
    「北米とも2017年以前の葛藤・対立状態に戻ることは絶対にしたくない」(中略)
    「トランプ大統領を含む世界のすべての国がムン・ジェイン大統領の今後の役割が増大しているという点を強調している」とし、
    「今回の東南アジア歴訪時も、すべての首脳が、我らが大統領の役割に多くの期待を表明した」と述べた。

    https://news.nate.com/view/20190317n13844?mid=n1006

    引用元: ・【大本営発表】韓国大統領府「全世界が文大統領の(米朝間での)役割が増大していると認識」

    【精神病患者が現実逃避してる【大本営発表】韓国大統領府「全世界が文大統領の(米朝間での)役割が増大していると認識」 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 22:37:55.43 ID:???.net
    <アンカー>
    戦闘中に最も重要なことは味方なのか敵なのかを識別することでしょう? 戦闘機も同様です。
    戦闘機は特有の電子信号を送って、味方の戦闘機なのか、それとも敵機なのかを互いに区別します。
    ところが私たちの空軍の主力戦闘機『KF-16』の相当数が、この相互識別装置の性能改善が遅れ、
    2020年からは作戦に投入できない危機に置かれました。
    ニュース・イン・ニュース、キム・テフン記者です。

    <記者>
    私たちの空軍の主力戦闘機KF-16は計134機です。
    空軍は、昨年から毎年10余機ずつKF-16の主要性能を改良する1兆8千億ウォン規模の事業を計画しました。

    戦闘機の脳に該当する任務コンピュータを、イージス艦や早期警戒機などと情報を共有する戦術データリンク、
    そして相互識別装置が主な改良対象です。

    ところが性能改良を引き受けた多国籍防衛産業企業『BAE』が事業費を1兆8千億ウォンから2兆6千億ウォンに
    8千億ウォン上げてほしいと要求して性能改良事業が中断されました。

    アメリカと同盟国の相互識別装置が2020年からモード4からモード5に切り替えられるのに、KF-16は手も足も
    出せない状況になってしまいました。

    すべての戦闘機は相互識別装置から送られる信号を通じて100~200km外でも味方機なのか敵機なのかを
    区別しますが、KF-16はこの機能を使うことができなくなるという話です。

    性能改良事業を来年に始めても、2020年にはKF-16,134機の80%以上が相手の戦闘機を区別できなくなるものと
    空軍は懸念しています。

    ソン・インチュン/セヌリ党議員・国会国防委 「相互識別装置を性能改良事業から外して別に行えば良いのでしょうが、
    これを別にあれを別にと工事をすれば、戦闘機を運用しない期間が長くなり、それもできないことです」

    KF-16に戦術データリンクがなく、イージス艦や早期警戒機の情報をすぐに受け取ることができないことも大きな問題です。

    空軍内部では全体的な性能改良事業は後回しにし、相互識別装置だけでも交換しなければならないという
    主張が出てきています。

    SBSニュース 2015.09.08 22:35 (原文は韓国語:ソース元に動画あります)
    http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003161270

    引用元: ・【韓国軍事】韓国空軍のKF-16戦闘機が2020年から作戦投入不可に? 相互識別装置の性能改良事業が増大する予算のために中断[9/8]

    【目視で十分だろ。 【韓国軍事】韓国空軍のKF-16戦闘機が2020年から作戦投入不可に? 相互識別装置の性能改良事業が増大する予算のために中断[9/8]】の続きを読む

    このページのトップヘ