まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:増加

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/21(月) 20:17:48.63 ID:CAP_USER
     韓国統計庁が18日発表した家計動向によると、今年第3四半期(7-9月)の1世帯当たり月収は444万5000ウォンで、月間支出は341万7000ウォンだった。所得は名目では前年同期を0.7%上回ったが、物価上昇を考慮した実質では0.1%減少した。

     実質所得の伸び率は昨年第3四半期から5四半期連続でマイナスが続いている。5四半期連続の減少は統計を取り始めた2003年以降で初めてだ。企画財政部(省に相当)は「失業者が増えているほか、企業が賃金引き上げを控えており、家計所得に悪影響を与えている」と説明した。

     国内消費が停滞する中、海外消費が爆発的に増えたことも特徴的だ。韓国銀行の集計によると、今年第3四半期に韓国人による海外でのクレジットカード決済額は37億8400万ドルで、四半期ベースで過去最高を記録した。前年同期(33億100万ドル)に比べると14.6%増加した。背景には海外旅行の増加がある。第3四半期の出国者数は605万人で、前年同期(502万人)を20.5%上回った。

    アン・ジュンヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/21/2016112100457.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】実質所得はマイナス、海外消費は爆発的増加 海外旅行には財布を開く韓国人[11/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どうせ借金】実質所得はマイナス、海外消費は爆発的増加 海外旅行には財布を開く韓国人】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/05(土) 00:00:31.44 ID:CAP_USER
    中国の債務残高が大幅に拡大しており、経済の安定成長を阻む可能性が高まっている。モルガン・スタンレー証券(MS)は最新リポートで、過去1年間の中国の債務増加額が4兆5000億米ドル(約461億円)になったと推測し、拡大額は日米欧の合計額約3兆6200億円を上回ったと指摘した。

    また、中国の人民大学が発表した月次リポートの中で、今年に入ってから中国が25兆元(約375億円)超の債券を新たに発行し、発行額は昨年通期を上回ったと指摘。債券市場の残高が80兆元に接近していると警告した。人民大学のリポートからみると、MSの推測額の信憑性が高いと肯定されている。

    専門家は、過去1年の中国経済の回復について、新たな債券発行などを通じて経済を押し上げていると指摘。中国経済がL字型で成長しており、今後の経済政策について、「安定成長の維持」から「リスク回避」に切り替える必要があると提言した。

    また、新たに増加した債務の中、大部分が不動産やインフラ関連に流入しているため、これが住宅価格を押し上げているほか、商品価格の高騰につながっていると分析された。

    専門家は、経済がさまざまな要素によって影響されているため、成長率ばかり追求すると経済が健全性を失うことになると警告し、バランスの取れた景気対策が必要になると強調した。

    https://zuuonline.com/archives/126692

    引用元: ・【経済】中国経済がヤバイ?昨年の債務増加は日米欧の合計以上[11/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【いつ吹っ飛ぶかだな】中国経済がヤバイ?昨年の債務増加は日米欧の合計以上】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/10/17(月) 10:43:44.10 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】今年に入り韓国主要10大企業グループ(財閥)の株式時価総額が36兆ウォン(3兆2900億円)以上増加したことが17日、分かった。
     韓国取引所によると、主要10大企業グループの株式時価総額(優先株含む)は今月12日の終値基準で714兆3320億ウォンと昨年末(677兆8410億ウォン)に比べ36兆4910億ウォン(5.4%)増加した。

     グループ別では、現代重工業グループが8兆3725億ウォンから13兆1720億ウォンと57.3%急増し、増加率トップだった。

     ポスコグループが18兆4029億ウォンから25兆3065億ウォンと37.5%増加し2位。SKグループが14.3%増で3位だった。

     最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産打ち切りを発表したサムスン電子を抱えるサムスングループは、326兆9696億ウォンから352兆1561億ウォンと7.7%の増加となった。

     だが、LGグループは83兆239億ウォンから73兆2496億ウォンと11.8%減少した。

     現代自動車グループ(2.0%減)やハンファグループ(1.7%減)も減少となった。

     株式市場全体の時価総額に占める10大企業グループの割合は55.2%で、昨年末(54.5%)に比べ0.7ポイント拡大した。

     10大企業グループの上場企業のうち株価上昇率が最も高かったのは防衛事業などを手掛けるハンファテックウィンで、84.8%上昇した。
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2016/10/17/0500000000AJP20161017001100882.HTML

    引用元: ・韓国10大財閥の株式時価総額 今年5.4%増加 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【スワップいらんやん】 韓国10大財閥の株式時価総額 今年5.4%増加 [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/05(月) 06:41:18.10 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が5日に発表した8月末の外貨準備高は3754億6000万ドル(約39兆円)となり、前月比で40億8000万ドル増加した。
    14億9000万ドル増加した先月に続く2カ月連続の増加で、昨年6月に記録した3747億4000万ドルを超え、過去最高となった。

     韓国銀行は増加の要因について、外貨資産の運用収益が増えたことに加え、ユーロなどドル以外の資産のドル換算額が増加したと説明した。

     内訳を見ると、有価証券は3448億で、前月比79億7000万ドル増えた。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は25億5000万ドルで1000万ドル増加した。IMFリザーブポジションも18億1000万ドルで1000万ドル増加した。

     一方、預金は215億ドルで39億1000万ドル減少した。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

     韓国の外貨準備高は7月末時点で世界7番目の規模だ。1位は中国の3兆2011億ドルで、日本(1兆2648億ドル)、スイス(6850億ドル)、サウジアラビア(5635億ドル)、台湾(4341億ドル)、ロシア(3939億ドル)と続いた。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/09/02/0200000000AJP20160902004600882.HTML

    引用元: ・【韓国】外貨準備高 2カ月連続増加=過去最高を更新[9/05]©2ch.net

    【スワップなしだなwww 【韓国】外貨準備高 2カ月連続増加=過去最高を更新[9/05]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/30(火) 06:17:18.33 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国で小中高校生の数が急減している。こうした中、多文化家庭(国際結婚、移民者の家庭)の生徒数は20%以上増え、外国人留学生も初めて10万人を超えた。

     韓国教育部と韓国教育開発院が30日に発表した「教育基本統計」によると、幼稚園から高校生までの園児、児童、生徒の数は4月1日現在で663万5784人となり、前年比18万4143人(2.7%)減少した。減少幅は昨年の2.4%より0.3ポイント増加した。

     中学校の生徒は同8.1%減少して最も減少幅が大きかった。小学生は同1.5%、高校生は同2.0%減った。

     子どもの人数が減ったことで、1クラス当たりの人数、教員1人当たりの児童・生徒の数も減っている。1クラス当たりの人数は小学校22.4人(0.2人減少)、中学校27.4人(1.5人減少)、高校29.3人(0.7人減少)だった。
    教員1人当たりの児童・生徒の数は小学校14.6人、中学校13.3人、高校12.9人で前年比それぞれ0.3人、1.0人、0.3人減少した。

     国際結婚した世帯など、親が外国出身の児童・生徒は前年比20.2%増加した9万9186人だった。児童・生徒全体に占める割合は1.7%で前年比0.3ポイント増えた。小学生は2.8%、中学生は1.0%、高校生は0.6%だった。

     親の出身の国籍はベトナムが24.2%で最も多く、中国(21.3%)、日本(13.0%)、フィリピン(12.6%)と続いた。

     一方、外国人留学生の数は前年比14.2%(1万2930人)増となる10万4262人となり、初めて10万人を超えた。

     外国人留学生数は2011年に記録した8万9537人から減少を続け、14年には8万4891人に落ちたが、15年以降、増加傾向に戻った。 

     外国人留学生のうち中国からの留学生は61.7%で最も多かったものの、割合は前年比0.9ポイント下がった。中国人留学生の割合は10年には76.6%に達したが、減少を続けている。
    ベトナム(5.5%)、モンゴル(3.6%)、米国(2.5%)の順で留学生が多かった。 

     幼稚園、小学校、中学校の教員のうち、女性は0.4ポイント増加した70.1%を記録し、初めて70%を超えた。女性教員が増加したことで教頭以上の女性管理者の割合も増加を続けている。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/08/29/0200000000AJP20160829004000882.HTML

    引用元: ・【韓国】小中高校生が急減 外国人留学生は10万人突破[8/30]©2ch.net

    【【韓国】韓国人小中高校生が急減。 親が外国出身の児童・生徒は増加】の続きを読む

    このページのトップヘ