1: まぜるな!キケン!! 2020/05/19(火) 16:47:05.27 ID:CAP_USER
頭髪の薄毛や脱毛、いわゆる「ハゲ」は昔から男性の悩みであり、古代ローマの政治家だったユリウス・カエサルは「ハゲの女たらし」と呼ばれ、自身の薄毛を隠すために常に月桂冠をかぶっていたといわれています。そんなハゲを、自己増殖能力と特定の細胞に分化する能力を併せ持つ「幹細胞」を使って治療する方法を、韓国の研究チームが発表しました。

A randomized, double‐blind, vehicle‐controlled clinical study of hair regeneration using adipose‐derived stem cell constituent extract in androgenetic alopecia - Tak - - STEM CELLS Translational Medicine - Wiley Online Library
https://stemcellsjournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/sctm.19-0410

New Stem Cell-Based Topical Solution Helps Bald People Regrow Hair
https://scitechdaily.com/new-stem-cell-based-topical-solution-helps-bald-people-regrow-hair/

遺伝的要因、ホルモン的要因、環境的要因によって引き起こされる「男性型脱毛症(AGA)」は一般的に男性に多く見られる進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部で薄毛や脱毛が見られるようになります。AGAは命を脅かすような疾患ではありませんが、個人の自尊心と精神的健康を低下させる可能性があります。AGAの治療薬はいくつか存在しますが、効果が高いものには性欲の減衰や勃起不全といった副作用もあります。

釜山大学ヤンサン病院の家庭医学医療および生物医学科学技術融合研究所のイ・サンヨプ医師の率いる研究チームがAGA治療で注目したのが幹細胞です。特にヒト脂肪由来の幹細胞(ADSC)は細胞の成長と増殖を促す成長ホルモンを分泌し、その中に含まれる肝細胞増殖因子、血管内皮細胞増殖因子、インスリン様成長因子は、毛を産生する毛包のサイズを発毛中に大きくさせるという研究報告もあります。

イ医師率いる研究チームは男性29人・女性9人のAGA患者を2グループに分類。片方のグループの患者は、ADSEの成分抽出物(ADSC-CE)を毎日2回、指で頭皮に塗布しました。そして、もう片方は対照群としてプラセボを頭皮に毎日2回塗布しました。


すると、実験開始から16週間が経過した時点で、ADSC-CEを塗布されたグループでは毛髪の本数と直径で有意な増加が示され、特に大きな副作用も見られなかったとのこと。特に毛髪の密度については平均で28.1%増加したと報告しています。

以下の画像は実験に参加した患者4人の頭部を撮影したもの。左2人はADSC-CEを塗布したグループの患者で、右2人はプラセボを塗布したグループ。また、Aは実験開始時、Bは8週間後、Cは16週間後の様子です。


また、研究チームはADSC-CEを皮下注射した場合でも実験を行い、毛髪の本数と直径に増加が見られたと報告しています。ただし、塗布した場合と比べると効果は小さかったそうで、これについて研究チームは「手による刺激自体が、塗布された領域の血流を助けることにより、髪の成長に特定の効果をもたらすからだ」と論じています

イ医師は「これまでの研究で、脱毛症の男性と女性の両方にADSCが発毛を促進することが示されていましたが、人間を対象としたプラセボ対照試験は行われていませんでした。今回の研究は、中年のAGA患者におけるADSC-CEの有効性を評価することを目的としており、ADSC-CEが効果的で安全な治療薬であるという仮説を立てています」とコメント。「ADSC-CEが育毛に及ぼす有益な効果を確認するとともに、ADSC-CEが作用するメカニズムを解明するために、大規模で多様な集団で同様の研究を実施することが次の課題です」と述べています。

ソース GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20200519-hair-regrowth-stem-cell/
no title

引用元: ・【韓国】頭皮に塗るだけでハゲを治せる薬が開発される[05/19] [シャチ★]

【カエサルはハゲだったのか】の続きを読む