まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:報道

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/15(火) 14:48:56.67 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000001-cnippou-kr
    中央日報日本語版

    日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

    14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

    植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

    記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。

    引用元: ・【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15]

    【【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/29(水) 08:54:07.37 ID:CAP_USER
    また外国メディアに報道された「バッカスおばあさん」... FT「韓国老人の危機」

    「ソウル市内、高層ビルの前の公園に住んでいる80代の女性たちは、顧客を見つけるとモーテルに移動する「バッカスレディース(バッカスおばあさん)」は、露骨に高齢化に直面している韓国の人口構造的な困難を象徴する。」

    英フィナンシャル・タイムズ(FT)は27日(現地時間)、「韓国の年金受給者が貧困の危機に瀕している」というタイトルの記事で廃紙を収集する高齢者、性を売買するバッカスおばさん・おばあさんの事例を通じて、高齢化社会に突入した韓国の問題点に集中して光を当てた。

    FTは「貧困が(韓国の)高齢者の半分程度を苦しめる問題として浮上した」、「一時、先進国への経済跳躍を導いたこの世代は、今日の食事を確保することも不十分な、月20万ウォンの基礎老齢年金で生活しており、これによって多くの人たちが、下品で屈辱感を感じる仕事を探している」と紹介した。

    60代のオ・スンジャ(64・女)さんが一日中リヤカーを引いて集めた紙箱と廃紙を売って手にしたお金は、約2万ウォン。 4年前からこの仕事をしているという彼女は、「年を取るほど歩くのは大変だけど、私と夫を扶養する人は誰もいない」、「私はこれで生きなければならない」と困難を吐露した。

    さらに、売春に頼る人もいるとFTは紹介した。先立って、数回韓国の老齢売春文化を象徴する憂鬱な断面として報道された、バッカスおばさん・おばあさんの事例が再び外国メディアに言及されたのである。 FTは、彼らはみんなインタビューを望んでいないと付け加えた。

    イ・ホソン崇実大学サイバー大学教授は「このような仕事をする唯一の理由は、生計を立てるため」、「この女性は老年期に自分の仕事について、軽蔑と恥を感じている」と伝えた。

    問題は、このような高齢者の貧困がますます悪化するということである。少子高齢化が加速し、全人口のうち高齢者人口の割合はますます大きくなっている。

    報道によると、2060年、韓国人10人のうち4人の割合である41%が65歳以上になるものと推定される。これは2015年の13%から30%近く急騰した水準である。一方、今年上半期の出生率は、前年比12%減少した。昨年の出生児は40万6000人で、1981年の86万7000人から半分以上減った。

    FTは「これは韓国に限定されず、特に欧州などでも経験している人口学的変化」としながらも、「このような人口問題が国家経済に莫大な課題をもたらした」と指摘した。さらに、「ベビーブーム世代が高齢者になって働くことをやめる2030年以降、若者たちの扶養負担はさらに大きくなるだろう」、「多くの高齢者が自分の子供からの支援を受けられない」と付け加えた。

    ムン・ジェイン政府は、2021年までに基礎年金を月30万ウォンに引き上げる方針だ。 FTは「政府が支援してくれることを望んでいるが、期待することをあきらめた」と廃紙収集老人、オさんの言葉で記事を締めくくった。

    ソース:アジア経済 2017.11.28 09:25(韓国語)
    http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2017112809194892187
    関連
    【韓国】高齢者性売買、再び猛威。全国3年で3倍に急増。60代は若い、80代もバッカスを持ってたくさん出ている[11/05]★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1509847031/

    引用元: ・【韓国】「韓国老人の危機」…英フィナンシャル・タイムズがバッカスおばあさんを報道[11/29]

    【【韓国以外ではありえない異常さ】「韓国老人の危機」…英フィナンシャル・タイムズがバッカスおばあさんを報道】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/26(木) 03:02:50.99 ID:CAP_USER
    公共放送の報道の公正性について、 韓国国民の7割以上が「信頼していない」という世論調査の結果が出ました。

    国会の科学技術情報放送通信委員会に所属する与党・ともに民主党のパク・ホングン院内首席副代表が、世論調査会社に依頼して行った「公共放送に対する意識調査」の結果を25日、公表しました。

    調査は19日、全国19歳以上の男女1000人を対象に電話調査したものです。

    調査の結果、回答者の半数近い44%は「公共放送をあまり視聴しない」と答えており、理由として「報道内容を信頼しない」という回答が71.1%にのぼりました。

    「公共放送の報道内容が公正性を欠いた時期」について、李明博(イ・ミョンバク)政権と答えた人が38.2%と最も多く、次いで、朴槿恵(パク・クネ)政権28.5%、文在寅(ムン・ジェイン)政権16.2%、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権7.7%の順でした。

    さらに、公共放送の正常化を求め、公共放送であるKBSとMBCの記者やPD、アナウンサーらが経営陣の退陣を要求し制作拒否を行っていることについて、「支持する」と答えた人は65.4%と、「反対する」の24%を大幅に上回りました。

    こうした結果を受けて、パク・ホングン院内首席副代表は、「李明博・朴槿恵政権で報道の公正性が後退した公共放送を一日も早く正常化させる必要がある」と話しています。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65545&id=Dm

    引用元: ・【韓国】公共放送の報道、韓国国民の7割以上「信頼しない」[10/26]

    【【だけど反日ネタは盲信する】「公共放送の報道、韓国国民の7割以上「信頼しない」」韓国放送公社】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:19:36.66 ID:CAP_USER
    中国中央電視台(CCTV)はこのほど、
    中国空軍の主力戦闘機J-11Bとその生産過程と技術についての大規模な報道を行った。
    中国メディアがJ-11B戦闘機を全面的に近距離から外部に伝えるのはこれが初めて。
    no title


    専門家によると、J-11Bは、中国海空軍のスター設備と言える戦闘機で、
    重大ミッションで何度も登場し、中国航空工業もこの機種を通じて製造水準を高めてきた。
    J-11Bは、空軍にとっても、中国の航空工業にとっても、重大な意義を持っている。
    J-11Bについてこれほど立ち入った報道がなされたということは、
    中国空軍がますますオープンな態度を取り、自信を高めているということを側面から示してもいる。

    ■CCTVがJ-11Bの生産過程を暴露

    CCTVは今回、現役の先進戦闘機の製造現場に立ち入っての初の報道を行った。
    映像は全部で11分を超える。

    記者がまず、現場で読み解くという方式で、
    レーダー、光電レーダー、エアインテイク、国産エンジン、搭載兵装の基本的な用途を紹介した。
    その後、炭素繊維復合材料やレーザー積層造形技術(3Dプリンター技術の一種)など
    製造材料と技術についての解説がなされ、最後に瀋陽飛機工業集団の重戦闘機シリーズの展望が示された。

    専門家は、この映像で最も注意を引くのは、3D印刷を行う輸入設備なども映された生産過程だと指摘する。
    またこの番組で明らかにされた最大の情報は、J-11Bがまだ生産を続けているということとも言える。

    客観的に考えて、フェーズドアレイレーダーを備えた
    J-10B/CやJ-16などの戦闘機がすでに部隊に配備され、閲兵を受けている状況下で、
    従来型の機械式スキャンレーダーの搭載されたJ-11Bの技術はすでに遅れていると考えられる。
    また同機は部隊に配備されてすでに長い時間が経っており、
    同機は生産停止に直面していると外部では考えられていた。

    だが今回の番組では、同機がまだ生産されていることが示された。

    メディアが今回、これほど近距離からJ-11Bを扱い、その生産現場と技術を明らかにしたことは、
    この型の戦闘機の技術的な敏感度が低まったことを側面から示している。

    ■米軍機の前で「バレルロール」したスター戦闘機

    CCTVが今回、J-11Bについての大規模な報道を行った重要な原因の一つには、
    同機が海空軍のスター戦闘機であり、海空軍の各種の重大ミッションで幅広く登場しているということが挙げられる。
    同機はこれまで、空軍の開催した一般開放の航空イベントで、
    飛行デモンストレーションや展示を何度も行い、その高い機動性を示してきた。

    海軍のJ-11BHは南中国海方向で国外の軍用機を追い払うのに何度も使われてきた。
    米国の偵察機を「バレルロール」で妨害したと米国にいわれなき非難を受けているのはまさにこの戦闘機だ。

    専門家によると、この時期にJ-11Bの大規模な宣伝がなされ、
    国慶節(建国記念日、10月1日)前に『空天猟』が上映されるのは、
    一方では第19回党大会に捧げる贈り物となり、
    もう一方ではまもなく訪れる第68回空軍設立記念日を祝う措置となると考えられる。

    以下ソース:中国網 2017年9月18日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-09/18/content_50019962.htm

    引用元: ・【中国】J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道[09/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【設計図盗んででっち上げ】中国空軍の主力戦闘機J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/06(月) 03:40:15.20 ID:CAP_USER
    【シンガポール聯合ニュース】韓国国防部は5日、韓日が北朝鮮対応で連携を深めるため国防相同士の直通電話(ホットライン)の設置を申し合わせたとする日本メディアの報道を否定した。

     同部は、1999年に設置した局長級の直通電話を補強することで一致し、具体的な内容を協議していくことにしただけで、国防相同士の直通電話の設置には合意していないと説明した。

     国防部関係者は「直通電話の回線増設には合意したが、今後どのようにするかは協議が必要。日本は国防長官級を念頭に置いた意味として言及したようだが、これは協議していく問題」と述べた。

     日本メディアは中谷元・防衛相がシンガポールのホテルで4日に韓国の韓民求(ハン・ミング)長官と会談し、閣僚間の直通電話の設置を申し合わせたと報じた。

     韓国国防当局は、歴史問題などに対する日本側の姿勢に変化がない状況で閣僚間の直通電話を開設することに負担を感じているようだ。

     韓国と中国は昨年12月に直通電話を開設している。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/06/05/0400000000AJP20160605001000882.HTML

    引用元: ・【軍事】韓日国防相の直通電話設置 韓国は否定[6/06]©2ch.net

    【日本メディアの報道を韓国が否定 韓日国防相の直通電話設置】の続きを読む

    このページのトップヘ