まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:地方政府

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/28(火) 12:39:56.94 ID:CAP_USER
    中国の李克強首相は7月23日、国務院(内閣に相当)の会議で、地方政府に対して、財政難に耐え倹約するよう再び指示した。中国当局が財政的・経済的に苦境に陥っている現状を浮き彫りにした。

    李首相は今年5月に行った政府活動報告において、「過緊日子(耐乏生活をする)」との表現を使った。首相は、「今年、中央政府は緊急ではない、または必要ではない支出を50%以上減らし、地方政府も予算を削減しなければならない」と述べた。

    首相は5月と同様に「耐乏生活をする」と述べたうえ、「経済の下振れと財政難」の現状に言及した。同氏は、各レベルの地方幹部に対して、「倹約を習慣にするように」と要求した。

    中国国営新華社通信などの各メディアも7月中旬、「財布の紐を締めよう」などと宣伝し始めた。

    今年、各レベルの地方政府の財政収入は大幅に減少している。中国当局の公表によると、上半期において、中央政府の公共予算の収入は前年比で14%減少し、地方の一般公共予算の収入は同7.9%減少した。全国の税収と非税収は前年比で、それぞれ11.3%と8%減少した。

    中国メディア「21世紀経済報道」によれば、7月23日までに国内24の省が財政収入を発表した。そのうち20省は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大で、上半期の財政収入が前年比でマイナスとなった。輸出産業が盛んな広東省、江蘇省、浙江省はそれぞれマイナス5.8%、マイナス2.8%、マイナス2.6%となった。最大の経済都市上海市と政治中枢の北京市の上半期の財政収入は前年比で、それぞれマイナス12.2%とマイナス11%。

    また、中共ウイルスの発生源である湖北省の財政収入の下げ幅は38%超。下げ幅としては各省の中で最も大きい。

    中国当局は各地方政府に「倹約」を呼びかける一方で、国民を監視し各地の住民の抗議活動を鎮圧する「社会安定維持費」の確保を要求している。

    大紀元はこのほど、河北省保定市政府が今年5月20日、市管轄の各区政府に送った内部文書を独自に入手した。文書は、「警察機関の公費を十分に保障するように」「県レベルの警察機関であれば、各地の派出所に優先的に公費を支給すること。2020年、1級地区では(警官)一人当たり5万元(約76万円)、2級地区は一人当たり4万元(約60万円)、3級地区は一人当たり3万元(約45万円)を支給する」などと明記している。

    (翻訳編集・張哲)

    ソース
    大紀元 EPOCHTIMES 2020年07月27日 22時02分
    https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/60052.html

    引用元: ・【お金がない】李首相、財政難で地方政府に「倹約生活」を要求[07/28] [Ikh★]

    【まじで戦時体制かもな【お金がない】李首相、財政難で地方政府に「倹約生活」を要求[07/28] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/16(木) 08:19:43.79 ID:CAP_USER
     15日に実施された第21代国会議員選挙で、共に民主党とその比例政党である共に市民党が単独で180議席近い議席数を得て圧勝した。正義党や開かれた民主党などの議席を加えると、与党系が国会先進化法を無力化できる180議席をはるかに上回る見通しだ。共に民主党はこれで中央・地方政府の行政権に続き、国会の立法権まで完全に握った。大法院や憲法裁判所などに対する人事権を含め、大韓民国の全権を事実上、掌握したと評価されている。これにより、任期4年目を迎えた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は執権後半期に意のままに国政運営を行えるようになった。

     共に民主党は16日午前5時30分現在、253の全国地域区のうち163区で1位になり、野党・未来統合党は84区にとどまっている。これに、17議席前後と予想されている共に市民党の比例代表議席数を合わせると、180議席近い議席を占めることが確実視されている。経済危機や「チョ国(チョ・グク)問題」があっても「新型コロナウイルス国難克服」を前面に押し出して16年ぶりとなる過半数の議席を確保したものだ。

     共同常任選挙対策委員会の李洛淵(イ・ナクヨン)委員長は同日、ソウル鐘路選挙区で黄教安(ファン・ギョアン)候補=未来統合党=に勝利した後、「非常に重い責任感を感じる。新型コロナウイルスと国難克服にこん身の努力を尽くす」と述べた。共に民主党は121議席がかかった首都圏103選挙区で上回った。全羅道も28議席のうち27議席を席巻した。1987年以降、与党として過去最大規模の圧勝を遂げたものだ。未来統合党は昔からの選挙地盤である慶尚道や江原道などだけで上回った。また、未来統合党では黄教安代表が敗れたのに続き、呉世勲(オ・セフン)氏=ソウル広津乙選挙区=、羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)氏=ソウル銅雀乙選挙区=ら大統領選候補クラスの人物が敗れ、次期大統領選の見通しも極めて暗くなった。黄教安代表は選挙敗北の責任を負って辞任した。

     比例代表政党投票では16日午前5時現在、未来韓国党が34.3%(19議席)、共に市民党が33.1%(17議席)前後得票している。正義党が5議席、国民の党が3議席、開かれた民主党が3議席を得られるものと予想されている。

    黄大振(ファン・デジン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020041680001

    2020/04/16 07:30

    引用元: ・【朝鮮日報】与党単独180議席に迫る…共に民主党、前例のない圧勝 中央・地方政府の行政権に続き、国会の立法権まで完全に握った [4/16]

    【地獄への道だな 【朝鮮日報】与党単独180議席に迫る…共に民主党、前例のない圧勝 中央・地方政府の行政権に続き、国会の立法権まで完全に握った [4/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/18(月) 18:20:24.18 ID:CAP_USER
    (シドニー中央社)オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は17日放送のニュース番組で、中華民国(台湾)と今年9月に断交した太平洋の島国ソロモン諸島の地方政府トップの話として、中国がソロモン諸島の高官に賄賂を贈っていたと報じた。

    ソロモン諸島マライタ州のダニエル・スイダニ州長は同テレビ局の記者に対し、台湾との断交前に、「100万ソロモン諸島ドル(約1311万円)を支払う代わりに、外交関係を台湾から中国に乗り換えることを支持してほしい」と持ちかけられたことを認めた。さらに、「政府に多くの汚職政治家がいるということを示唆しているのか」との記者の質問に「そうです」と答えた。

    (丘徳真/編集:名切千絵)

    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201911180002.aspx
    中央社フォーカス台湾 2019/11/18 15:17

    引用元: ・【約1311万円】中国が台湾との断交求め買収か ソロモン地方政府トップが証言=豪テレビ報道[11/18]

    【だから人望がないんだよ【約1311万円】中国が台湾との断交求め買収か ソロモン地方政府トップが証言=豪テレビ報道[11/18] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/27(金) 03:12:05.87 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、南部の全羅南道・麗水で開かれた「地方自治の日」記念式であいさつに立ち「地方分権(に向けた)憲法改正を推進する」と述べ、国家機能を大胆に地方に移譲する考えを示した。

    文大統領は、強い「地方分権共和国」を国政目標として揺るぎなく推進していくとし、市・道の知事らが参加する「第2国務会議(閣議)」を制度化し、地方自治体を「地方政府」と改称することを憲法に明記すると説明。

    また、自治立法権、自治行政権、自治財政権、自治福祉権という四つの地方自治権を憲法に盛り込むとした。

    財政の地方分権化に向けては「国税と地方税の比率を7対3とし、将来的に6対4水準になるよう改善する」と述べた。

    文大統領は「首都圏が人とカネを吸い込むブラックホールになることを放置してはいけない」と首都圏への集中に懸念を示した上で、国の均衡発展に向け全国各地の「革新都市」を育成し、地方の産業の競争力を高めていく意向を表明した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/10/26/0900000000AJP20171026001800882.HTML

    no title

    記念式であいさつする文在寅大統領=26日、麗水(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国】文大統領「自治体を地方政府に」 国家機能を大胆に地方に移譲する考えを示す[10/27]

    【【めんどくさくなった】文大統領「自治体を地方政府に」 国家機能を大胆に地方に移譲する考えを示す】の続きを読む

    このページのトップヘ