まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:地価

    1: 動物園φ ★ 2018/07/17(火) 10:36:26.46 ID:CAP_USER
    韓経:外国人観光客が押し上げた日本の地価
    2018年07月17日10時29分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    今年の日本の全国平均公示地価が0.7%上昇し3年連続で上がった。3年連続で上昇したのはバブル崩壊前の1992年以降で初めてだ。韓国では「日本型不動産大暴落」がくるかどうか論争が起きているが、日本ではまったく新たな様相が現れているのだ。

    注目すべきは日本の公示地価が上がった理由だ。国土交通省は日本を訪れる外国人観光客が急増したことが主要な理由のひとつだと解説した。外国人観光客を受け入れるためのホテル店舗などの需要が増え公示地価が上がったという説明だ。昨年日本を訪れた外国人観光客は2869万人を記録した。2011年には662万人にすぎなかった。毎年20%ずつ増える傾向だ。

    ◇どのように差別化されているのか

    地方の公示地価がさらに上がっている点も注目すべきだ。京都の商業地域公示地価上昇率は東京23区の商業地域公示地価上昇率を上回った。東京、大阪、名古屋の3大都市圏より札幌、仙台、広島、福岡の4大中核都市の公示地価が大きく上がった。

    住宅地公示地価上昇率1~3位もすべて倶知安町など北海道のリゾート密集地域に集中した。外国人観光客が日本の地方都市まで訪れるようになり地方の地価も恩恵を得ているということだ。日本メディアは「20年間経済の足を引っ張っていた『資産デフレ』現象が解消されている」として歓迎している。

    もう少し詳しく見てみると、すべての日本不動産がうまく行っているのではない。日本経済新聞によると東京など大都市周辺の40年以上の老朽集合住宅密集地域の地価はこの10年で9%落ちた。韓国の大都市周辺に建てられた新都市のマンション価格が大きく下がったと考えれば理解が早い。人が暮らしにくいほど老朽化しているが収益性不足により再建築が不可能なために現れる現象だ。

    ◇韓国も外国人引き込まなくては

    全国の空き家も800万軒に達する。さらに東京など大都市周辺にも空き家が生じている。持ち主のいない土地はソウルの67倍に迫る。子孫が相続を放棄して放置されてから長くなり所有主がわからなくなった土地だ。産業構造の変化により深刻な差別化現象が現れていると日本メディアは解釈する。

    差別化にもかかわらず平均公示地価全体が上がったというのは外国人観光客のパワーがそれだけ大きいという傍証だ。外国人観光客が増えれば食べる所、寝る所、買う所などに対する空間需要もそれだけ増えるため別の見方をすれば当然のことだ。

    韓国でも外国人観光客が地価を左右することがすでに起きている。外国人観光客が2011年の979万人水準から2016年に1700万人に急増した時、済州(チェジュ)とソウルの明洞(ミョンドン)、弘大(ホンデ)、梨泰院(イテウォン)、カロスキルなどは類例のない好況を享受した。明洞の4階建てビルの1カ月の賃貸料は5億ウォンを軽く超えた。弘大入口駅、孔徳(コンドク)駅、ソウル駅など仁川(インチョン)空港鉄道沿線は新たなホットプレースとして浮上した。

    好況はそれほど長くは続かなかった。中国人観光客と日本人観光客の急減が内需景気沈滞とかみ合わさりほとんどの広域商圏が萎縮した。代表商圏である明洞ではビル全体が空室になる事例が続出している。

    外国人観光客誘致を経済政策の重要軸とすべきという専門家らの指摘に共感する。日本の事例で見るように内国人の空席を外国人観光客で満たせば人口減少時代にも景気低迷と資産デフレを防げる。

    http://japanese.joins.com/article/253/243253.html?servcode=100&sectcode=100

    引用元: ・【中央日報】外国人観光客が押し上げた日本の地価

    【もう日本はほっといてくれ【中央日報】外国人観光客が押し上げた日本の地価 】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2018/08/27(月) 10:26:51.19 ID:CAP_USER
    ソウルの地価急騰、開発構想保留
    市長、公表の翌月に

     【ソウル共同】ソウル市の朴元淳市長は27日までに、自身が先月公表した都市開発構想を保留すると発表した。
     公表後に予定地を含む地価が急騰しており、朴氏は「都市の未来をつくっていくことは重要だが、同時に住宅市場の安定化もやはりソウル市長の重要な責務だと考えた」と述べた。
     聯合ニュースが伝えた。

     朴市長は7月、ソウルの汝矣島地域を都市開発し、ソウル駅―龍山駅の鉄道を地下化して地上には大規模な国際会議・イベントを招致するMICE(マイス)施設やショッピングセンターを造る構想を明らかにした。
     その後、地価が上昇した。

    共同通信 2018/8/27 10:19
    https://this.kiji.is/406619472815719521

    引用元: ・【韓国】ソウル市長、先月公表した都市開発構想を保留に 地価が急騰していた[08/27] 

    【【韓国】ソウル市長、先月公表した都市開発構想を保留に 地価が急騰していた[08/27]  】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 06:05:32.39 ID:???.net
        地価総額は1964年の2兆ウォンから2013年に5800兆ウォン 
        面積3.3%の土地が地価の50%を占める


     50年間に韓国経済(GDP)が1900倍(名目基準)成長する間に地価は3000倍以上騰がったことが分かった。

     韓国銀行経済統計局チョ・テヒョン チーム長とチェ・ビョンオ課長は、16日に出した報告書「韓国の土地資産長期時系列推定」で、
    1964年に1兆9300億ウォンだった全国地価総額が2013年には5848兆ウォン(約590兆円)になったと明らかにした。 1995年以後、
    全国の公示地価とそれ以前の部分的地価資料を総合して推算したもので、韓銀が経済開発本格化以後の地価変化を追跡したのは
    今回が初めてだ。

     50年間の全国地価上昇は3030倍に達する。 平方メートル当たりの平均価格は19.6ウォンから5万8325ウォンに騰がった。同じ期間に
    韓国の国内総生産(GDP)は1933倍増加した。

    (画像:地価総額はGDP比(%)。1970年547%、1978年434%、1991年597%、2013年409%。
    期間平均は392%=資料:韓国銀行//ハンギョレ新聞社)
    no title


     国富の半分を超える土地価格が国内総生産に対する比率は2013年現在で409%であり、50年間の平均(392%)をやや上回る。
    国内総生産に対する地価総額は1970年に547%、91年には597%まで上がったことがある。 1970年には高速道路および産業団地建設と
    ソウル江南(カンナム)開発、91年には“三低好況”にともなう所得増加と住居価格の暴騰が影響を与えた。

     地価の上昇は住宅用地が主に牽引した。 50年間に宅地の比重は土地全体の1.4%から3.3%に増えたが、同じ期間に地価総額に占める
    宅地の比重は28.8%から50.8%に上がった。 道路・鉄道・上水道用地など主に都市化や産業化と関連した地目である「その他」の地価の比重も
    14.0%から20.6%に高まった。 その反面、農地・林野の価格比重は57.2%から23.7%に縮小した。

     チョ・テヒョン チーム長は「全般的に地価は開発や産業化の過程、規制の影響により動いた」と説明した。

    イ・ポニョン記者

    韓国語原文入力:2015-11-16 20:01
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/717711.html 訳J.S(964字)

    ハンギョレ  2015.11.17 05:27
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/22521.html

    引用元: ・【韓国】韓国GDPが1900倍増える間に地価は3000倍 面積3.3%の土地が地価の50%を占める[11/17]

    【資産の多くが不動産だったら大変だなw 【韓国】韓国GDPが1900倍増える間に地価は3000倍 面積3.3%の土地が地価の50%を占める[11/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ