1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/10/18(土) 19:29:15.02 ID:???.net
 2014年10月17日、「日中関係の悪化で日本に暮らす中国人は悲惨な生活を送っている」という中国人の一般認識について、
在日中国人男性が「全くのデマ」と反論した。中国メディア・九個頭條が伝えた。

 尖閣問題や安倍首相の靖国神社参拝などで、中国人の反日感情は急速に高まっている。その結果、一部の中国人は
「日本にいる中国人は日本人から差別されている」と思い込み、間違った認識を事実として受け止めている。だがそれはすべて
デマなのだ。そのなかで代表的なものを紹介する。

「中国人は日本社会の底辺で奴隷のような生活を送っている」というが、中国人は日本社会の各層に存在する。調理人もいれば
大企業の幹部や経営者もいる。

「日本にいる中国人は中国語を話さないようにしている。中国人と分かれば日本人に殴られるからだ」というのも間違い。
日本は犯罪発生率の低い法治国家であり、日本人は暴力を最も野蛮な行為だと考えている。中国語を話すと殴られるなんて、
日本では絶対にありえない。

「日本の若者は右翼化しており、反中デモが盛ん」というが、日本の若者は政治にあまり関心がなく、自分の生活を充実させることに
熱心だ。駅前で街頭演説をしている右翼団体は高齢者がほとんど。

「中国人アルバイトは日本人よりも時給が低く、差別待遇を受けている」もデタラメだ。懸命に働いて日本人の同僚より高い時給を
もらっている中国人もいる。

「地下鉄に日本人専用車両がある」というが、日本では見たことも聞いたこともない。

「中国人は職場で日本人にいじめられるが、抵抗することもできない」というのもデマだ。はっきり言おう。日本で中国人をいじめるのは
中国人なのだ。

(翻訳・編集/本郷)

レコードチャイナ 2014年10月18日 12時21分
http://www.recordchina.co.jp/a95967.html

【デマじゃないから来ないで 【レコードチャイナ】「中国語を話すと殴られる」「日本人にいじめられる」に在日中国人が反論、「全部デマ!」―中国メディア[10/18]】の続きを読む