まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:土台

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/20(月) 13:56:56.52 ID:CAP_USER
    「韓国はベトナムに心の負い目を持っている。」

    11日、ベトナム戦争韓国軍派兵についてムン・ジェイン大統領が言ったと伝えられるこの発言でまたベトナム民間人虐殺問題が浮上した。派兵当時の大衆雑誌を分析した研究『大衆メディアに現れたベトナム戦争とジェンダーイデオロギー-1964~1973年「サンデーソウル」、「ヨウォン」を中心に』(イ・ジンソン、2017年)によれば当時、メディアはベトナム女性だけでなく韓国女性も韓国軍人を慰めるための手段に動員した。

    同論文は大衆雑誌「サンデーソウル」と「ヨウォン」をベトナム派兵期間の1964年から1973年まで分析した。「ベトコン」(共産陣営)相手に戦う韓国軍、韓国女性の支援を受ける韓国軍、実際には暴力も振るわれたが韓国軍を「慰労」するベトナム女性、韓国軍の専有物になったベトナム民衆などがメディアに登場した。

    政府は反共体制を維持するために家父長制と軍事主義などを適切に活用し、メディアはこれを広めた。韓国軍派兵は共産主義で廃虚になったベトナム民衆を救うための過程とイメージ化した。自然に「救援者」が行った虐殺はメディアから消えた。

    no title

    ▲ベトナム派兵当時ポスター。パク・チョンヒ政府は「打倒しようベトコン」、「平和の十字軍」などのポスターを通じてベトナム戦参戦を促した。(記者注:日本刀らしきものをふっている)

    朝鮮戦争で米軍が韓国で行ったことに似ていると著者は指摘した。韓国女性は韓国軍を助ける役割に描写される。主に「賢母良妻」、軍人らを慰めるお母さんの温み、夫や父がいない家庭の女性の困難などを強調し後方で戦場を助ける国民の役割を示す姿が見られた。

    no title

    ▲サンデーソウル1969年3月30日付。ベトナム慰問公演に行った韓国女性たちの姿

    慰問公演・慰問手紙などはやはり性愛化した形で軍人を慰めた。サンデーソウルは主な読者層が男性だから扇情的なイメージを表面に出し女性を性的対象化する傾向が強かったし、ヨウォンは主読者層が女性だから「手紙を送って欲しい」という要請が主だったという差もある。
    (中略)

    以下は1967年7月号ヨウォンにのせられた小説形式の記事の一部門だ。「コンガイ」はベトナム語で女、少女という意味で性差別的な単語だ。

    「今日ホ・キルジュ軍曹の分隊はベトコン・コンガイを一つはさらってこなければならないぞ」
    「ご安心ください。口で強く噛んで食べても生臭い臭いもしない新鮮な処女を引っ張ってきます」

    女性のからだは男性の植民地であり、ベトナムは「韓国内部の植民地」だった。論文はベトナム戦争当時、メディアはベトナム女性はベトコンの不道徳さを表わすために使われたり韓国軍のチアリーダーの役割として活用されるなど「性的な動物」以下に表現されたと指摘した。劣等なベトナム女性が韓国男性との結婚を通じて文明化されるファンタジーもある。

    http://ph.mediatoday.co.kr/news/photo/201711/139864_204650_1819.png
    ▲ヨウォン1967年2月号.越南(ベトナム)の新婦

    韓国軍がベトナムで行った数多くの性暴行と良民虐殺はこの様な土台の上で発生した。韓国軍は80件以上かけて約9000人の民間人を集団虐殺した。ベトナムには3基の韓国軍憎悪碑と50基以上の慰霊塔が立っている。
    >>2-5あたりに続く

    チャン・スルギ記者

    ソース:メディアトゥデイ(韓国語) 「新鮮な娘を引っ張ってきます」ベトナム戦争の韓国メディア
    http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=139864

    関連スレ:【文氏】ベトナム戦の虐殺で遺憾表明「韓国は心の負い目をもっている」[11/16]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1510869175/

    引用元: ・【韓国】 「新鮮なベトナム娘を連れてきます」~ベトナム戦争時の韓国メディアを分析、性暴行や良民虐殺の土台になっていた[11/19]

    【【まだ謝罪も賠償もしてないんだが?】 「新鮮なベトナム娘を連れてきます」~ベトナム戦争時の韓国メディアを分析、性暴行や良民虐殺の土台になっていた】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/12/23(金) 00:16:38.23 ID:CAP_USER
    韓国の主力産業である情報通信技術(ICT)、半導体、自動車、造船などは中国に押され、徐々にその動力を失いつつある。15-20年後を眺めて、第6次産業である生命工学、特に医・生命工学などを結びつけた「Kメディシン(medhicin)」を国の新しい成長動力の土台にすればどうだろうか。

    米国、ドイツ、英国などをはじめとする先進国では、現代化学物質を利用して病気を治療する従来の方法から方向転換している。開発費用が非常に大きく、根本的な治療には接近できず、対症治療にとどまるケースが大半であり、化学製剤の副作用も少なくないという限界を悟ったからだ。すでに米国は生薬を利用したさまざまな健康補助食品を作って商品化し、大規模な市場を構築している。米国は国立衛生研究所(NIH)傘下の27研究所およびセンターの一つ、国立補完統合衛生センター(NCCIH)を1992年に米議会の支援で設立し、健康補助食品市場は過去10年間、毎年20%ほど成長している。NIH傘下の他の機関もNCCIHと共同で補完代替医学(CAM)関連研究費を2014年基準で4000億ウォン(約400億円)ほど支援している。中国は中医学発展政策を1950年代に始め、研究費を2005年の3億元から2014年には13億元と9年間に約438%増やした。

    医・生命工学の中心は新薬開発、医療観光だが、それ以前の段階として、いくつかの生薬をテーマにした効果が検証された健康補助食品を「Kメディシン」の出発点とし、新薬候補物質を発掘して新しい治療剤を作るのがよい。ここには第1次産業の国内外農水畜産物を基盤とした素材開発、そして第2次産業の加工・生産・流通、そして第3次産業として治療剤および新薬の製剤化および商品開発、動物実験、最終的に各大学、医院、製薬会社を「統合医学臨床センター」に参加させてデータを作り、クラスターを構築して多くの雇用を確保しようという腹案だ。また「統合医療クラスター」を構築し、これを韓国型医療観光へと発展させていこうというのが「Kメディシン」だ。

    現代医学の個人向け治療はカクテル療法が大部分であり、あれこれ使ってみるが副作用が少なくない。あらかじめ体質を知ってその人に合う生薬と自然療法を使い、自ら食習慣や運動など生活習慣を正しながら慢性疾患を予防して治療すれば、最も理想的な医学になるだろう。

    このために韓国も医大と韓医大から米国の代替医学専門医のような統合医学専門医を輩出し、実際に統合医学として臨床で診療するよう大学病院で修練し、専門医制度を準備する必要がある。これとともに医学と生命工学が関連する研究所、企業と金融機関を1カ所に集め、「Kメディシン」関連の新しいベンチャー生態系を構築していくべきだろう。

    キム・ギオク元韓国韓医学研究院長・雲住山城療養病院院長

    ソース:中央日報<【コラム】統合医学「K-メディシン」を新しい成長動力に=韓国>
    http://japanese.joins.com/article/841/223841.html

    引用元: ・【韓国】 統合医学「K-メディシン」を新しい成長動力の土台に/元韓国韓医学研究院長[12/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ただの健康食品じゃねえか 】 統合医学「K-メディシン」を新しい成長動力の土台に/元韓国韓医学研究院長】の続きを読む

    このページのトップヘ