まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国防部

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/03/29(火)13:56:46 ID:7Fl

    北朝鮮の:長距離ロケット(ミサイル)光明星4号の発射の際、日本メディアはリアルタイムで情報
    を発信したが、韓国軍当局は「知らないふり」を通していたため、記者たちには不評だった。事実確
    認を求めても「私たちの情報ではないので…」と返答を避ける。1ヶ月を過ぎた現在、北朝鮮は相変
    わらず挑発を続け、米メディアはSLBMの発射実験や潜水艦沈没などを報じている。


     一方、韓国の情報当局は依然として口を閉ざしている。このような状況では米国・日本のメディア
    報道、北朝鮮の威嚇や恐喝がなければ韓国国民は何も分からない真っ暗な闇が身上になるほかはない。
    当局の弁解はこうだ。「私たちが公開すれば米国が情報を提供しない」。

     対北朝鮮情報の相当部分を米国に依存しているのは事実だ。韓国軍はいまだに軍事衛星どころか高
    性能偵察機もない。空から北朝鮮を見回す情報は、全面的に米国の「善心(善意)」にかかっている。
    したがって米国の顔色をうかがうほかはない当局の立場をそれほど理解できないというわけではない。
    その上、昨年末には国軍統帥権者が出て情報セキュリティー意識を特に強調することさえした。

     これまで韓米が共有してきた軍事情報が韓国側を通じて漏れた場合、これに伴う「代償」もあった
    という。霧や雲で遮られた映像をわざと提供したり米高位当局者が公式に抗議したりするなどのやり
    方だった。だが盗聴情報などの人間情報(ヒューミット)はむしろ韓国が米国より先んじたりもする。
    これをまともに活用できずに米国と日本がメディアプレーを通じて自国の利益を取りまとめている時
    に、口封じばかりに忙しい韓国政府を見ていると遺憾が大きい。

     情報は適切に使えば効果が最大化される。時には北朝鮮に「私たちがすでに知って準備しているの
    だからおかしな真似はするな」という警告になりうる。挑発と戦争抑止のための緻密な情報活用戦略
    が必要な理由だ。韓国軍も近い将来「グローバルホーク」という高高度無人偵察機と軍事衛星を持つ
    ようになる。今は「知らないふり」戦略の代わりに国益のために情報を最大限活用する発想の転換が
    必要な時だ。

    チョン・ヨンス政治国際部門記者

    省略部の詳細はソースで
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/813/213813.html

    引用元: ・【取材日記】韓国国防部の「知らないふり」戦略、国益の助けにならない[3/28]

    【そりゃあ米帝様も情報くれなくなるわw 【取材日記】韓国国防部の「知らないふり」戦略、国益の助けにならない[3/28]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/12/10(木)12:22:39 ID:tf0
    【ソウル聯合ニュース】
    前略:政府代表団が訪米し、大枠で21項目の技術移転を受けられる事になった。

     金報道官は「一部、技術的に具体化が必要な詳細な内容については事業推進中に追加協議を行う」
    と説明。今回の訪米結果を踏まえ、事業への着手手続きを進めると伝えた。

     両国はKFX事業の戦略的な重要性に関する認識を共有しており、米政府は最大限支援する姿勢を
    あらためて示したという。

    後略:技術移転の見返りを前提にF35を40機購入したが4件が拒否されていた。

    聯合ニュース

    省略部の詳細はソースで。
    Chosun Online | 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/09/2015120902852.html

    引用元: ・【韓国】戦闘機開発事業 米から21項目の技術移転=韓国国防部[12/9]

    【あと何回「そんなことは言っていない」【韓国】戦闘機開発事業 米から21項目の技術移転=韓国国防部[12/9]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 12:53:44.87 ID:???.net
    職務上のストレスにより乳がんを発症し、転役(除隊)することになったとして、女性軍人が韓国国防部
    (省に相当)を相手取り傷痍(しょうい)年金の受給権を認めるよう求めた訴訟で、ソウル行政裁判所行政
    12部(イ・スンハン裁判長)は25日までに、発病と業務の相関関係を立証できないとして原告敗訴の判決
    を言い渡した。

    裁判所は判決文で「超過勤務や当直勤務、欠員による代替勤務などで過労とストレスを抱えていた中で
    乳がんとの診断を受け、心身障害により転役することになった点は認められる」としながらも「こうした事情
    だけでは職務上のストレスによりがんを発症したとか、病状が急激に悪化したとは見なし難い」と説明した。

    また、育児休業などで欠員が発生したため原告が業務を肩代わりし、同僚も原告が激務に追われていたと
    証言したが、業務分担や代替人員の投入の有無などを記録した客観的な資料がない以上、欠員による
    業務負担が原告に転嫁されたとは断定できないとした。

    続けて、軍人であれば当直勤務は当然であり、原告の当直勤務が同僚に比べ特に多かったことを示す
    資料もないとし「傷痍年金の受給者に該当しないという決定は法律にかなっている」と説明した。

    原告の女性は2002年7月に陸軍少尉に任じられ、軍服務中の09年6月に乳がんと診断された。同7月に
    部分切除術を受けた後、抗がん剤治療を続けた。

    13年2月に心身障害により転役することになると、国防部に傷痍年金の支給を請求したが、同部は交代
    勤務や徹夜勤務でホルモンバランスが乱れる可能性はあるとしながらも、原告がホルモンバランスを崩す
    ほどの過労を抱えていたとは見なせないとし、年金の受給権を認めなかった。

    これに対し、女性は「過度な代替勤務や海外派遣勤務などで重度の過労とストレスに悩まされて乳がんを
    発症し、結果的に転役することになったため、公務上の疾病と見なすべきだ」として国防部を提訴した。

    ソース:NEWSIS/朝鮮日報 2015/03/25 10:55
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/25/2015032501402.html

    引用元: ・【韓国】「職務上のストレスで乳がんを発症した」…女性軍人が国防部を相手に傷痍年金の受給権を求め訴訟、ソウル行政裁が棄却[03/25]

    【金の為ならどんな因縁も付けるニダw 【韓国】「職務上のストレスで乳がんを発症した」…女性軍人が国防部を相手に傷痍年金の受給権を求め訴訟[03/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ