まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国連

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/17(火) 05:46:09.93 ID:CAP_USER
    南北軍通信線の復旧へ制裁除外
    安保理、韓国要請受け承認
    2018/7/17 05:25
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/391687563100324961

    【ニューヨーク共同】韓国政府が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮の軍当局との通信線を復旧させるために使う燃料などを北朝鮮側へ持ち出すことを安保理制裁対象から除外するよう要請し、認められていたことが16日、分かった。
    安保理外交筋が明らかにした。

    搬出が認められたのはガソリンなど燃料のほか、光ファイバーケーブルやトラック、バス、発電機などの機材。いずれも制裁決議で北朝鮮への輸出が制限されている。

    韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月の南北首脳会談で、偶発的な軍事衝突の防止を目指すことで合意した。

    引用元: ・【朝鮮】国連安保理、韓国要請受け、北朝鮮軍への燃料持ち出しを制裁対象から除外 通信線を復旧させるため[18/07/17]

    【【朝鮮】国連安保理、韓国要請受け、北朝鮮軍への燃料持ち出しを制裁対象から除外 通信線を復旧させるため[18/07/17] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/07/23(月) 10:19:28.00 ID:CAP_USER
    韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が20日、国連安全保障理事会のブリーフィングで、南北間には対北朝鮮制裁の例外が必要だと言及したことが分かった。

    政府当局者はその直後、ニューヨーク特派員との懇談会で、「(制裁)例外が必要な面がある。北朝鮮との対話・協力を引き出すのに、制裁の枠組みの中で例外を認めてほしいということだ」と述べ、言及を認めた。

    また、中国とロシアが同日の安保理で対北朝鮮制裁の一部解除を要求していたことも分かった。国連加盟諸国は、韓国が中露と共に対北朝鮮制裁から離脱しようとしているサインだと受け止めている。

    康京和長官は「北朝鮮の非核化まで制裁は維持されなければならない」という見解を示し、公式発表でもそのように言った。ところが安保理では「例外を認めてくれ」と言ったのだ。

    鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が二日間、米ワシントンを訪れたのもこれと関連していた可能性がある。政府は、北朝鮮産石炭の国内搬入を知りながらも処罰せず、国連制裁を破った船の入港・通過をその後も許可していた。

    米国務省職員は19日、「国連制裁に違反して北朝鮮政権を支援し続ける主体に対して、米国は独自の行動を取るだろう」と言った。これには中露だけでなく韓国も含まれるというのがワシントンの雰囲気だという。

    北朝鮮は南北・米朝首脳会談後、非核化措置を何も取っていない。韓米は合同軍事演習まで中止したのに、北朝鮮は既に必要なくなった核実験場の入り口を爆破する「ショー」を見せただけで、時間稼ぎをしている。非核化実務協議のためのワーキング・グループを作ろうという米国との基本的合意さえ守っていない。

    米紙ワシントン・ポストは、ホワイトハウスの参謀ら6人の話として、「トランプ大統領は、非核化で北朝鮮の進展がないことに挫折感を抱き、参謀たちに腹を立てている」と報道した。トランプ大統領は新たな北朝鮮人権法にも署名した。

    苦労してつかんだ非核化のきっかけを無駄にしてはならない。それには金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「非核化以外の道はない」と痛感させることだ。その手段は対北朝鮮制裁以外にない。


    2018/07/23 10:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/23/2018072300729.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】 この期に及んで国連で「対北朝鮮制裁の例外」に言及した韓国政府 [07/23]

    【【朝鮮日報/社説】 この期に及んで国連で「対北朝鮮制裁の例外」に言及した韓国政府 [07/23] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/19(木) 18:56:34.56 ID:CAP_USER
    韓国:国連が再び軍刑法同性愛処罰条項の廃止を勧告

    国連が再び軍刑法同性愛処罰条項の廃止を勧告

    2015年の自由権委員会に続いて二回目...軍人権ネットワーク「政府と国会は耳を傾けよ」

    国連の経済社会文化圏委員会(以下、司会権委員会)が軍刑法同性愛処罰条項の軍刑法第92条の6の廃止を勧告した。 2015年、国連市民的政治的権利規約委員会(以下、自由権委員会)の勧告に続き二回目だ。

    10月9日、司会権委員会は韓国4次国家報告書に対する最終見解(Concluding Observations)を公開した。 司会権委員会は、韓国軍刑法で同性間性関係を犯罪化している点と、 公的領域に広く存在する性少数者に対する差別的な態度が憂慮されるとし、 「性少数者に対する差別を制度的、実質的に除去する手段を取るべき」だと明らかにした。 特に、軍刑法第92条の6の廃止、性少数者に対する差別禁止を含む差別禁止法制定などを勧告した。

    軍刑法第92条の6の廃止は2015年の自由権委員会でも韓国に勧告された内容だ。 自由権委員会は2015年11月に発表した最終見解で 「韓国政府は性的指向を理由とするいかなる種類の社会的烙印と差別も容認しないという点を明示しなければならない」とし、 軍刑法第92条の6の廃止を勧告した。

    自由権委員会に続いて司会権委員会でも軍刑法第92条の6の廃止を勧告した点について、 「軍関連性少数者人権侵害差別申告および支援のためのネットワーク(以下、軍人権ネットワーク)」は歓迎の意向を明らかにして 「今は本当に軍刑法92条の6を廃止する時だ。 韓国政府と国会が積極的に動かなければならない」と強調した。

    軍人権ネットワークは 「軍刑法第92条の6廃止案は19代国会に続いて20代国会にも発議されており、 法制司法委員会で議論している」とし 「2015年の自由権委員会勧告以後、続いている国連の勧告を大韓民国の政府と国会は無視せず、 即刻廃止に力を入れなければならない」と主張した。[記事提携=ビーマイナー]

    ソース:レイバーネット 2017.10.12 10:09
    http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2017/1508328517963Staff

    引用元: ・【韓国】国連が軍刑法同性愛処罰条項の廃止を勧告[10/19]

    【【よかったなw】韓国軍に、国連が再び同性愛処罰条項の廃止を勧告する】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/13(金) 01:59:41.29 ID:CAP_USER
    【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮政府が、国連機関の職員派遣制度を利用して男性職員をニューヨークの国連本部に送り込み、この男性が9月に本部中枢の政治局に着任したことが11日、分かった。国連関係筋が明らかにした。

    核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、国連安全保障理事会は制裁決議を重ねており、日米両国は内部情報の漏洩(ろうえい)の恐れがあるとして採用に反対し、事務局に懸念を伝えていた。

    北朝鮮が利用したのは「JPO派遣制度」。国際機関で働くことを目指す若者を対象に、派遣国が経費を負担して一定期間派遣し、正規職員として必要な知識や経験を積ませる仕組みとなっている。

    北朝鮮は今年3月、国連と同制度の覚書を結び、政治局でのポストを目指して手続きを進めてきた。派遣された男性職員は、北朝鮮高官の通訳も務めたことがあるエリート外交官とみられる。

    採用を管轄する国連幹部は7月の会見で「国連加盟国はどの国も、JPO派遣制度に応募する資格がある」と述べ、制裁対象の北朝鮮も例外ではないとの見解を示していた。北朝鮮は国連事務局に対しても反発を強めており、内部から揺さぶりを掛ける狙いもあるとみられている。

    http://www.sankei.com/world/news/171012/wor1710120024-n1.html

    引用元: ・【国際】国連本部中枢に北朝鮮が職員派遣 情報漏洩の恐れ、日米が採用反対を伝達[10/13]

    【【腐敗しまくっている 】国連本部中枢に北朝鮮が職員派遣 情報漏洩の恐れ、日米が採用反対を伝達】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 12:11:10.91 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が21日(現地時間)、初めてとなる国連総会での演説を無難に終えた。予想通り「平和」を強調しながら強い「制裁と圧力」の必要性も浮き彫りにした。文大統領は「北の核実験後、韓国政府は北を対話テーブルに引き出すためによりいっそう強力な制裁と圧力が必要だという点を積極的に明らかにしてきた」と述べた。また「国連安保理が以前よりはるかに強い対北制裁を決議したことを高く評価する」と話した。これと同時に韓半島(朝鮮半島)の平和を守ろうという呼び掛けも欠かさなかった。文大統領は「韓国政府と国際社会は北核問題を平和的な方法で解決するためにあらゆる努力をしている」と説明した。 

      その間、文大統領が対話による北核問題解決を繰り返し強調してきただけに、今回も「圧力」より「平和」に重点が置かれるという見方が少なくなかった。しかし文大統領は均衡の取れた演説をした。演説の後半に「北が自ら核を放棄するまで強力かつ断固たる対応をすべき」としながらも「過度に緊張を激化させたり偶発的な軍事的衝突で平和が破壊されることがあってはならない」と指摘したのも同じ脈絡だ。 

      文大統領がこのような演説をしたのは、19日に国際的な論議を呼ぶほど北朝鮮を強く非難したトランプ米大統領の国連演説を意識したためとみられる。3日前にトランプ大統領は「米国と同盟を防衛するしかない状況になれば、我々は北朝鮮を完全に破壊するしか選択の余地がない」と警告した。こうした中で今回の演説は、韓米同盟の間で距離が生じるのではという懸念を払拭させるための程度調節をした結果と見るべきだろう。 

      しかし文大統領の演説とは対照的に、南北交流協力推進協議会は21日、800万ドル(約9億円)規模の人道的対北朝鮮支援をすることにした。北核危機に対抗して制裁と圧力を強化する国際的な流れに反する判断ではないか心配だ。我々は人道的レベルの対北朝鮮支援を支持してきた。飢えて病気になった子どもと妊婦を助けようとすることに誰が反対するだろうか。ただ、今はこうした決定をするのに適切な時期かは疑問だ。今でも北核問題をめぐり朝米が水面下接触を通じて電撃的に妥協する可能性を排除できない。こういう場合に対応して対北朝鮮支援事業を中断してはならないという主張も一理ある。 

      とはいえ、依然として金正恩(キム・ジョンウン)政権は我々の命を奪う核兵器の開発に暴走している。さらに20日には李容浩(イ・ヨンホ)北朝鮮外相が暴言と変わらない「犬のほえる声」という表現を使ってトランプ大統領の国連演説をけなした。このような時期に北朝鮮を支援するといえば国際社会はどう考えるだろうか。 

      韓米同盟の間に亀裂が生じるのではという声があちこちで出ている。南北交流協議会が対北朝鮮人道的支援を決めたが、実際の執行は最大限に遅らせる必要がある。今後、政府は対北朝鮮政策を決めたり発表する場合、国内外の状況を見極めながら賢く対処することを望む。

    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年09月22日 09時38分
    http://s.japanese.joins.com/article/706/233706.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報/社説】均衡の取れた大統領の国連演説…対北支援は最大限遅らせるべき[9/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【またバランサー気取りかよw】中央日報「文大統領の国連演説は均衡の取れた演説。でも対北支援は最大限遅らせろ」】の続きを読む

    このページのトップヘ