まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国花

    1: LingLing ★ 2018/04/10(火) 23:52:44.76 ID:CAP_USER
    [ニュース探索] 「日本国花だから…」桜楽しむこと気まずいですか?
    -国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」
    -大部分「日本の花」認識…一時「排斥対象」に追われて

    [ヘラルド経済=キム・ユジン記者]「美しいけれど、日帝残滓ではないですか?」、「桜が日本の花だと思いました。」

    8日、京畿道安山花郎遊園地で、桜の行楽で出向いた市民に桜の原産地を聞いた結果、大部分の人が「日本」と回答した。この日会った大半の花見客は、日本の花というのが心に引っ掛かるのは確かだが、見事な桜道が美しく、見にやって来たと話した。美しい桜を見ながらも、心の片隅が重いという反応もあった。我が国民にとって、桜は未だ日本の国花「桜」のイメージ、日帝時代、王宮をはじめ韓半島の各地に強制的に植えた花樹というイメージが強烈だ。

    no title

    [8日、安山のファラン遊園地で満開の桜。写真=キム・ユジン記者]
    no title

    [肌寒い天候の中、ヨイドの桜祭りが始まった7日午前、市民たちがユンジュン路の桜道を歩いている。写真=聨合ニュース]
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    韓国の春を飾る咲き乱れた王桜の原産地は、日本ではなく、済州島の漢拏山という学説が説得力を持っている。

    韓中日の三カ国が桜の原産地の攻防を繰り広げる中、2001年国立山林科学院のチョ・ギョンジン博士チームは、日本が原産地であるとされる王桜のDNA指紋分析を遂行して、原産地が済州島と明らかにした研究結果が注目を浴びている。

    研究チームによると、漢拏山、韓国国内のその他の地域、そして日本の王桜のDNAを指紋分析した結果、漢拏山に自生した王桜が日本にある王桜よりも遺伝変異が2.5倍大きく現れて、変異も多様だった。研究チームは、このような近縁関係を通じて、韓国国内に植えられている王桜の木や日本産王桜の木が済州漢拏山から由来したものという結論を下した。

    韓国人すら知らなかった韓国文化の根を明らかにした研究結果だが、桜の原産地が済州という事実はまだ、国民の間に広く知られていなかった。研究結果が出たのが17年前にもかかわらず、毎年桜祭り自体を楽しむだけで、桜が韓国自生種という事実は知らない人が多い。

    このような誤解のために桜祭りを楽しむ人が、時々批判の対象になることもある。

    最近、30年余りの間でウリナラの国花であるムクゲの92%が消えたことが明らかになって、自国の国花は消え行くのに、日本の国花である桜を求めていると批判もあった。山林庁の「ムクゲ植樹及び支援の現況」資料によると、1983年から33年間で植えたのは計3366本だけで、ムクゲが2015年基準で全体の8%の298万本しか残っていないことが確認された。

    桜の根が韓国という事実は、未だに広く知られていないのに対し、桜と関連した日本の痕跡は広く知られている。

    日帝強占期に、韓半島の各地に日本の国花である桜の木を植えたという事実のせいで、桜は一時排斥の対象になることもあった。日帝が都市美観のために植えたのが始まりとして知られた慶尚南道・鎮海の桜も、一時、切り捨てなければならない木として認識されたが、1962年に植物学者たちが、鎮海桜の原産地は済州島であることを明らかにして、ようやく保存することができた。

    この日、桜の原産地が済州という事実を耳にすることになった市民のイム・ソルヨン(31)さんは、「桜も私たちの歴史で文化なのに、恥とだけ教わったようだ」とし、「桜の国籍を誤解することに至った歴史的な背景は残念だが、根が韓国であるだけに、はばかることなく愛される祭りになってほしい」と話した。

    ソース ヘラルド経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001378086

    引用元: ・【韓国起源】 「日本の国花だから…」桜を楽しむのが気まずい?韓国国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」[04/10]

    【【韓国起源】 「日本の国花だから…」桜を楽しむのが気まずい?韓国国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」[04/10] 】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/10/18(日)07:50:34 ID:???
    (朝鮮日報日本語版) 【寄稿】日帝に迫害されたムクゲ、国花にふさわしい学名を

    韓国の国旗・太極旗は韓国の主権のシンボルであり、国歌・愛国歌は国を愛する心を
    格調高く表現したものだ。そして国花・ムクゲは民族精神のイメージを表した花だ。
    しかし残念なことに、ムクゲのラテン語の学名は「ハイビスカス・シリアカス(Hibiscus syriacus)」だ。
    ラテン語で「ハイビスカス」は「タチアオイ」を意味し、「シリアカス」は中東の国「シリア」を指す。
    名前だけを見るとムクゲの原産地はシリアだと勘違いしそうだが、各種文献や資料を見ると、
    主に東アジアが自生地だということが分かる。

     18世紀、ムクゲにこの学名を付けて分類したのはスウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネだった。
    リンネは2年にわたり中東地域で調査を実施し、同地域の植物研究記録と弟子の植物標本に基づいて
    ムクゲの原産地を「シリアカス」とした。しかし16世紀の欧州で、たくさんのムクゲが観賞用に
    栽培されていたことや、ムクゲの種が遠い昔に海外からシリアに入ってきたという記録から考えると、
    この学名が誤っているのは明白だ。

    続き Yahoo!ニュース/朝鮮日報日本語版 10月18日(日)5時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000370-chosun-kr

    【相変わらずアホな事やっとるなあ 【朝鮮日報】日帝に迫害されたムクゲ、国花にふさわしい学名を [10/18]】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 10:11:45.10 ID:???.net
    [特別寄稿]済州の王桜 ヒョン・ファジン 済州島教育三楽会顧問

    済州で4月に咲く王桜は実に美しい。枝々に見事に咲き誇った白い花びら、その清楚でありながら
    華やかな花のつぼみ、蜂蝶を弄する花の香り、済州の王桜は、真正なる4月に咲く花の中の女王で
    ある。日本では王桜を国花に指定保護しているが、その原産地はまさに済洲島である。

    1908年4月に西帰浦市西洪洞聖堂に来ていたフランス人タケ神父が、漢拏山で採集した
    王桜の標本をベルリン大学に勤務する世界的な植物学者に送り、済州島が王桜の自生地である
    ことを初めて明らかにしたのである。

    その後、日本の著名な植物学者たちも漢拏山を踏査して、王桜の自生地であることを確認した。

    1962年4月頃だったと記憶するが、我が国の植物学界の最高権威者として知られたパク・マンギュ
    (朴萬奎)博士が、中央文化財委員の資格で当時ソウル大学院生のオム・ギュベクソウル大学教授
    を同行し、済州の王桜の自生地を調査するために出向いた。 その時、現地調査には全羅南道師範
    同期生であるイ・キヒュ西帰農業高校校長や植物研究をしていたブ・ジョンヒュ先生、そして筆者が
    西帰中学校の教頭であった時、一緒に参加した。

    日本で国花として愛されるサクラ(王桜)はソメイヨシノ(染井吉野)サクラだが、この桜の原産地がまさに
    済洲なのである。 我々一行は、王桜の自生地の調査を終えて身軽な気持ちで帰ってきた。

    パク・マンギュ博士は、王桜の自生地調査報告書を中央文化財委員会に提出して十分な審議を
    経て1964年に天然記念物第156号に指定、現在に至っている。そうした点で、済州島の王桜は
    自生地の発見から名称の命名と天然記念物に指定されるまでパク・マンギュ博士が大きく寄与した。

    私は済州島の王桜をとても好きで愛している。 (省略...)
    今こそ、済州島では堂々と私たちの桜の植栽運動を展開して、済州の山や野に、それから街ごとに、
    美しい王桜を大きく咲かせなければならならない。

    例えば、済州市、沙羅峰や、 梧登峰、側火山にはもちろん、奉蓋洞4.3平和公園にも王桜の
    園を作って、毎年春が来ると国内外の観光客たちが先を争って済州の王桜を見物しに集まってくる
    真の「王桜の島」にしてみるのはどうか考えてみよう。

    ソース 済州日報 ※機械翻訳
    http://www.jejunews.com/news/articleView.html?idxno=1905316

    引用元: ・【韓国】「日本で国花として愛されるソメイヨシノ、原産地はまさに済洲なのである」 ~4月に咲く花の女王「済州の王桜」[04/19]

    【しつけぇええええええええええwwww 【韓国】「日本で国花として愛されるソメイヨシノ、原産地はまさに済洲なのである」 ~4月に咲く花の女王「済州の王桜」[04/19]】の続きを読む

    このページのトップヘ