1: まぜるな!キケン!! 2020/05/07(木) 10:56:26.90 ID:CAP_USER
昨年、キムチの輸出額は1億ドル(約106憶円)を超えた。2012年以降7年ぶりだ。K-POPブームで韓国料理の消費が増え、発酵食品に対する関心が大きくなった影響だ。

米国で販売されるキムチ製品だけで300個を超える。「韓国産キムチ」は一般製品に比べて10~30%ぐらい価格が高い。問題はこの点を悪用して安価で味の違う外国産キムチが太極マークを付けたり、「韓国キムチ」というラベルを付けたりしているということ。米国で1、2位のキムチ「キングスキムチ」と「ソウルキムチ」は両方とも米国企業だ。

農林畜産食品部はこのように海外で外国産キムチが韓国産に装って販売されていることを防ぎ、国産キムチの輸出を活性化するために「国家名地理的表示制」を導入した。今年8月からはキムチに入るすべての原料が韓国産である場合、国内で生産した場合に限って「大韓民国キムチ(Korea Kimchi)」に表記することができるように協議中だ。

改正案の趣旨は良いが、一部の企業はキムチ輸出奨励政策が輸出を防ぐもう一つの障害になり得るとして懸念を示している。ハクサイやダイコン、唐辛子など主な材料が韓国の異常気象と災害などで需給が円滑でなく100%国内産にする場合、安定した価格で原材料を確保しにくいということだ。通関も問題だ。国家別に許される農薬成分はすべて異なる。例えば、韓国内の唐辛子栽培に広く使われる「ヘキサコナゾール」は米国では禁止物質だ。ある食品業者関係者は「韓国の輸出企業が各国の輸出基準に合わせて一部の材料は外国産を使っている」として「キムチ輸出量が増えてこそ韓国産ダイコンやハクサイの消費も自然に増加するだろう」と話した。

The Korea Economic Daily
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.05.07 10:18
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265674

no title

引用元: ・【中央日報】韓経:キムチ国籍表示制、むしろ韓国企業の足を引っ張るかも [5/7] [新種のホケモン★]

【ラベル張り替え【中央日報】韓経:キムチ国籍表示制、むしろ韓国企業の足を引っ張るかも [5/7] [新種のホケモン★]】の続きを読む