まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国益

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/17(金) 00:25:51.96 ID:CAP_USER
    現在の韓国と日本の関係は非常に良くない。2018年10月、韓国の大法院が徴用工の個人請求権を認めて以後、韓国政府や国会は解決策を出せずにいる。これに伴い、日本では徴用工の大法院判決を「1965年基本条約の根本前提を変える最も大きい事件」として受けとり、失望感を見せながら、2019年7月、日本政府は対韓国輸出規制措置を取った。

    韓国と日本の対立が深刻化され、両国は民族主義、ポピュリズムの悪循環に陥っている。現在の両国関係が悪化したのには複合的な理由がある。ここには過去の歴史を本当に反省しない日本に重大な責任がある。だが、私たちが日本との関係を冷遇し、放置しているのも一つの理由と見られる。

    私たちが日本を冷遇し放置することが結局、私たちの国家・利益に役立つだろうか?そうではないと考える。その理由を歴史的にそして現在の観点から調べることにしよう。

    日本は韓国の隣国として長い間、私たちは日本に愛憎を持っており、その中でも憎しみと否定的見解がより多いのが事実だ。おおむね韓国は日本を卑下したり憎悪したり優越感を持っている。私たちは日本が文化水準が低く、体格が矮小だという理由で卑下する。そして壬辰倭乱、韓日併合により、途方もない被害意識を持って日本を憎悪する。

    また、私たちは三国時代以来、中国の文物である漢学、仏教、儒教、天文などを日本に伝えたという優越感がある。そして私たちの先祖が過去に日本に渡来して天皇家や貴族になったということだ。

    日本は近代になって先進国になったが、これは日本が武士が支配する国として文化水準が低く、「蛮夷」である西洋の文物を批判意識なしに取り込んだということだ。一方、朝鮮は優秀な儒教文明の継承者として西洋の文物を拒否した。
    (中略:歴史的経緯。壬辰倭乱や福沢諭吉の脱亜論など非常に長文)

    私たちは解放後、今でも依然として日本を冷遇し、歴史問題が他の懸案を圧倒する。日本の客観的な実力を評価し、日本を活用しようとすることもない。日本が軍事力を強化すれば日本が過去の軍国主義に戻っていると非難する。

    これに関連して、私たちは中国が日本に対する態度を参考にする必要がある。中国はもちろん日本と歴史問題があるが、歴史問題に埋没しはしない。第二次大戦後、中国は日本に対して復讐する代わりに戦略的に自制した。当時、毛沢東は戦争賠償金をあきらめ、歴史問題と関連した「二分法」を採択して「中国侵略の責任は当時の日本政府にあって大多数の日本国民にはない」と宣言した。

    そして日本の政治外交的譲歩を引き出すために歴史問題を戦略的に自由に使う。私たちはもう現実的な「国家利益」のために日本をこれ以上冷遇せずに客観的に評価して活用すべきではないだろうか?

    現在の急変する東アジア情勢の中で韓国と日本は多くの共同利益を共有している。
    最初に、北朝鮮の武力挑発を防ぐのに協力できる。(中略)
    二番目、韓国と日本は浮上する中国が平和的国家になるべく誘導する必要がある。(中略)
    三番目、両国は民主主義と市場経済など基本的価値を共有している。(中略)

    歴史的に韓国は日本を冷遇した時、損の方がはるかに多かった。日本は私たちにとって隣国として私たちと関係を深く持つほかはない避けられない隣国だ。私たちが日本を冷遇して放置するのは私たちの国家利益を放棄することだ。特に、現在の急変する東アジア状況は私たちが日本を客観的に知ってよく対応するよう要求している。

    韓国は日本に対して歴史的な感情があるが、これを記憶しながら、私たちが国益のために戦略的に行動する時だ。私たちは日本を冷遇して放置するのではなく、日本を直視して活用しなければならない。

    *このコラム内容は筆者個人意見であり本紙編集方向と一致しません
    *延上模(ヨン・サンモ)総領事は駐新潟総領事、駐上海副総領事、駐日本公使参事官、外交部中国課長、ソウル大中国研究所招へい研究委員を歴任し、誠信(ソンシン)女子大で国際政治学博士学位を取得、現在の誠信女子大東アジア研究所研究委員に在任中だ。

    ヨン・サンモ元駐新潟総領事/正吏=イ・ジヨン記者
    no title


    ソース:デイリー経済(韓国語)日本を直視して戦略的対応をしよう
    http://www.kdpress.co.kr/news/articleView.html?idxno=96340

    引用元: ・【用日論】 日本を直視して戦略的対応をしよう。それが韓国の国益になる~元韓国駐新潟総領事[07/16] [蚯蚓φ★]

    【こんなアホが新潟の領事だったのか 【用日論】 日本を直視して戦略的対応をしよう。それが韓国の国益になる~元韓国駐新潟総領事[07/16] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/11(木) 13:57:11.39 ID:CAP_USER
    激化している米国と中国の覇権争いの中、韓国は“中間者的位置”に立ち、国益を最大限上げねばならないという主張がでてきている。

    韓国産業研究院(KIET)は今日(11日)発表した報告者“2020年 二つの会議(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)から見た中国政府の政策基調”で、「二者択一の二分法的接近より、中間者的な位置で米国と中国に対して相互緩衝の役割ができる」と主張した。


    2020/06/11 13:10配信
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0611/10261339.html

    引用元: ・【韓国産業研究院】 「韓国は米中覇権争いの中、“中立位置”で国益を最大化せねば」 [06/11] [荒波φ★]

    【リストラするときとか中立が真っ先に切られる】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/29(木) 20:36:47.58 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を決定したことに対し、米高官らが相次いで懸念を表明するなど、韓米同盟への影響を危惧する声が上がっていることについて、青瓦台(大統領府)の関係者は29日、米国は米国の立場と見方により事案をみているが、韓国も同様であり、各国は自国の利益のために最善を尽くす」とし、「(重要な)同盟関係であっても、韓国の国益のためには、何も優先することはできない」との見解を示した。

    日本とのGSOMIA終了を決定した際に、国益を外交政策の最優先基準とするとした政府の原則が米国との関係においても例外ではないことを強調したものと受け止められる。

     外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は前日、ハリス駐韓米大使を同部に呼び、韓日GSOMIAの終了と関連し、米政府が失望と懸念を繰り返し表明するのは韓米関係を強化する上で役立たないと指摘し、自制するよう要請した。

     一方で同関係者は、「2国間の情報共有や安保・経済分野の意思疎通がどの程度うまくいくかが問題であり、米国とより多くの意思疎通を通じ、(韓米関係に)隙が生じないよう最善を尽くす」と強調した。

     また29日の閣議で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新型の国産潜水艦の建造などにより国防力を強化すると述べたことに対し、南北関係に否定的な影響を及ぼしかねないとの指摘が出ていることについては、「国防力の強化はすべての国の共通事項」と反論した。

     9月に米・ニューヨークで開かれる国連総会に文大統領が出席するかに関しては、「決まれば発表する」と述べるにとどめた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190829004000882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.08.29 18:08

    https://i.imgur.com/tHkzHX5.jpg
    上段は16年11月23日、GSOMIAに署名する韓民求(ハン・ミング)国防部長官(当時、右)と長嶺安政・駐韓日本大使。下段は今月23日、協定終了の文書を受け取り、外交部を出る長嶺氏=(聯合ニュース)

    ★1が立った日時 2019/08/29(木) 18:22:55.69
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567070575/

    引用元: ・【韓国】GSOMIA終了は国益に沿った決定 米との同盟より優先=韓国大統領府[8/29] ★2

    【本当クズだわこいつらww 【韓国】GSOMIA終了は国益に沿った決定 米との同盟より優先=韓国大統領府[8/29] ★2 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/16(金) 23:40:47.05 ID:CAP_USER
    韓国の中年には「ドンチャモン」という名前の方が馴染みのあるドラえもんはジング(主人公のび太の韓国版の名前)とタイムマシンに乗って1945年の東京の動物園に時間旅行に行く。米軍の空襲により多くの日本人が戦死直前だが、殺処分される運命の動物たちを救うためだった。多くの兵士が命を捧げる時なのだから動物も喜んで命を捧げるべきだと、自ら象を殺すそうとする日本人兵士に彼らが投げかける言葉は「心配しないで、戦争はどうせすぐに終わって日本が負けるから!」(中央日報2018年8月20日付)

    戦後70年間で日本が到達した普遍性の姿はここまでだ。忠実な皇国の兵士たちは他者にすぎず、日本人は檻に閉じ込められたまま大量殺処分される動物と自らを同一視する。小さな命ほど大切なものはないという哲学は無害に見えるが、それは政治的な状況とは無関係な生命だけが大事だという裏側を内包している。日本のこのような無力な被害者マインドは彼らを世界情勢に対する普遍性から更に遠ざけたのかもしれない。タイムマシンを作ることができる時代が来ても、世界で戦争を終わらせるための努力や人類を救おうとする努力はしていないドラえもんの国は、世界第2位の経済大国になった後もとりわけ極東にとらわれた政治を繰り返した。

    今、日本政府が始めた貿易紛争はそのような意味でちょうどそれくらい野暮ったい。その外交的挑発は韓国に莫大な被害を及ぼすから問題なのではなく、人類が数十年間に築いた国際貿易秩序と高度化した分業システムを乱すから問題なのだ。冷戦後に世界が享受した繁栄の背景には自由貿易協定と国家間の経済統合があった。もちろん、国家間および国内の不平等の問題が常に提起されてきたが、米国の労働者が中国で生産された安価な家電製品を使用し、韓国の消費者がチリ産ブドウを容易に食べることができるようになったことを、我々は歴史の発展と呼ぶしかない。

    このようなことから日本が始めた貿易挑発は米国のトランプ政権が揺るがす国際貿易秩序や欧州連合から離脱しようとするブレグジットのアジア版のように見えたりもする。日本の貿易挑発の追加的問題は、強制徴用に関する国家間の政治的問題を経済的領域に公然と拙く露骨に拡大させたこと、すなわち、自由貿易の最初の原則をき損したことにあった。これに対して、安倍首相本人はもちろんのこと、日本外務省や経済産業省が一貫性のある答えを出せないことを見れば、自らも自分たちが普遍的な国際秩序に挑戦しているということをよく分かっているのだろう。
    (中略:>>2-5あたり)

    先のドラえもんの話は、少なくとも「東アジア覇権主義」より2歩進歩している。たとえ反省はなくても、軍国主義を他者化させる文化の力は明らかだからだ。そして鏡の前で、我々は自分自身に改めて問う。我々の普遍は何で、我々はそのような普遍に向かう旅程でどこまで来たのか。我々は寛容する準備ができていて、連帯する準備ができているのか。残念ながら今夏のドラえもんのソウル新作公開は取り消された。

    パク・ウォンホ/ソウル大学政治外交学部教授

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<【中央時評】国益の時間と普遍の時間(II)>
    https://japanese.joins.com/article/629/256629.html

    引用元: ・【中央時評】 国益の時間と普遍の時間~戦争を終わらせる努力をしないドラえもんの国[08/16]

    【なんか気持ち悪い【中央時評】 国益の時間と普遍の時間~戦争を終わらせる努力をしないドラえもんの国[08/16] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/03(月) 09:17:23.83 ID:CAP_USER
    四方の扉を閉じて部屋の中に座っている状況だ。外は吹雪だが、あえて無視する。心配する人には「大げさに騒ぐな」と面と向かって非難する。扉を開けようとする人には冷たい風が入ると怒鳴りつけるため、扉を開ける気にさせない。

    部屋の責任を負う人たちは外側の事情をよく知りながらも、周囲の目を気にして対策の準備をためらう。その間に隙間から寒気が入り込んで人々は寒さを感じ始める。

    韓国が直面している状況と韓国をめぐる国際情勢の話だ。国内論理に閉じ込められて最悪になった韓日関係をこれ以上放置できない状況だ。まず、米国の東アジア政策で日本の戦略的価値が急上昇中だ。

    日本は米国が主張するインド太平洋構想など対中国牽制戦略に積極的に参加している。また、保護貿易主義への回帰、在日米軍の防衛費分担金引き上げ要請、貿易不均衡解消要求など気まぐれなトランプ大統領に柔軟に対応することで米国の最も重要なパートナーになった。

    もう日本を排除した米国の東アジア戦略など想像できないほど対米関係をきめ細かく築いた。

    こうした戦略の延長線で中国を狙った「組み分け」作業が露骨になっている。米中対決は逆らえない覇権競争だ。軍事・安全保障はもちろん、第4次産業革命時代の技術と市場を誰が先に獲得するかをめぐる殺伐な対立だ。

    強固な日米同盟を誇示した日本はすでに立場を明確にした。韓日関係が極度に悪化した状態で日米が接近すれば、韓国の立場は狭まるしかない。米国が戦略的価値が高い日本の言葉にさらに耳を傾けるからだ。

    最近ワシントンでは韓国の戦略的価値を低く評価するという話が出ているのもこれと無関係でない。最近、米国はTHAAD(高高度防衛ミサイル)正式配備、ファーウェイ(華為技術)製品の使用禁止、南シナ海航行の自由への支持など韓国に対する要求を増やしている。

    これは韓国の立場を試そうとするリトマス実験だ。日米と中国の間で選択を強要される状況は最も良くない。韓国の立場が尊重される環境を形成しなければいけない。

    こうした事情にもかかわらず、最悪の韓日関係は強制徴用賠償判決問題などで一歩も進めない。これでは韓国が不利な状況になるしかない。国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時になった。

    まず、韓国政府が強制徴用などの懸案について積極的に解決策を模索する姿を見せる必要がある。政府は昨年、民間専門家の意見を聴取して解決策を用意すると明らかにしたが、まだいかなる対策も出していない。

    もちろん司法府の判断や三権分立の精神は尊重されるべきだが、外交の責任を負う行政府としてできる役割は確実にある。今月末の大阪G20首脳会議までは前向きな雰囲気を形成する必要がある。

    2つ目、国益のためなら時には世論に反する決断をするリーダーシップの発揮が要求される。日本との問題は世論が敏感であるため容易に動きにくいというのが政治的現実であることは間違いない。しかし国のための決断なら後に高く評価されるはずだ。

    3つ目、政府が大きな枠で仕事ができるよう世論の配慮が必要となる。特に文在寅政権を支持する人たちがすべきことだ。日本との外交で創造力を発揮できる空間を与えなければ状況はさらに難しくなるしかない。方策の熱は徐々に冷めている。もう扉を開けて空気を入れ替え、さらに強まる冷たい暴風雨に積極的に対応する必要がある。時間はない。

    張済国(チャン・ジェグク)/東西大総長


    2019年06月03日08時54分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/038/254038.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【中央日報】 韓日関係、これ以上放置すれば韓国の立場ない 国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時 [06/03]

    【自分等が反日教育をやってるクセに【中央日報】 韓日関係、これ以上放置すれば韓国の立場ない 国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時 [06/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ