まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国産化

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/22(火) 19:29:49.71 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本による輸出規制を念頭に、半導体材料などの国産化で「意味のある成果が現れている」と演説で評価しました。

     来年度予算に関する施政方針演説に臨んだ文大統領は日本による輸出規制から半導体材料などの国産化の方針に踏み切ったことに触れ、「素材や装備の国産化は、わずか100日で意味のある成果が現れている」と述べました。「我々の意志が集まれば何でもできる」と団結して対抗する姿勢も強調しています。また、チョ国(チョ・グク)前法相の辞任に関連し、検察改革を継続する意思を改めて示しました。北朝鮮については非核化が「最後のヤマ場を迎えている」と述べ、対話に応じるよう呼び掛けました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191022-00000047-ann-int
    10/22(火) 18:14配信 記事元 テレ朝news

    https://youtu.be/raNh04MNLgw



    関連
    【文大統領】「革新・包容・公正・平和が目標」予算案巡り施政方針演説[10/22]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571712358/

    引用元: ・【文大統領】「意味のある成果が現れている」 半導体材料国産化で[10/22]

    【奴らは妄想を現実だと思い込む【文大統領】「意味のある成果が現れている」 半導体材料国産化で[10/22] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/23(月) 00:05:46.61 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/nkDhNwC.jpg

    18日午後、慶尚南道昌原市にある斗山重工業本社を訪れた。420メートルの長細い工場の一角に設置されたクレーンが長さ11.2メートル、高さ5.2メートル、重さ350トンのガスタービンをゆっくりと持ち上げ始めた。450個余りのブレードがすき間なく取り付けられたガスタービンは約10分後、ケーシング(覆い)の中に装着され、最終組み立て作業が完了した。発電用ガスタービンは圧縮された空気と燃料である液化天然ガス(LNG)を燃焼させたことで生じる高温、高圧のガスでタービンを回し、発電を行う設備で、硫黄酸化物、窒素酸化物、微細粒子状物質の排出量が石炭火力発電よりも少ないため、環境にやさしい発電源とされている。しかし、超高温・超高速に耐える高度の技術が必要で、これまで生産していたのは米国、ドイツ、日本、イタリアだけだった。

     斗山重工業はこれら国々に続き、5番目に発電用ガスタービンの国産化に近づいた。同社のガスタービンは建造作業が95%まで進み、来年3年まで性能試験を行った後、韓国西部発電が推進している金浦熱電併給発電所(出力500メガワット)で1年半試運転が行われ、2023年から商業運転に入る。

     斗山重工業関係者は「韓国で現在運用中のガスタービン149基は全て輸入品だ」とし、1基当たり500億ウォン(約45億円)前後のガスタービンが国産化されれば、2030年までに10兆ウォンの輸入代替効果が期待できると指摘した。韓国が30年以上のガスタービン下請け業者から脱却し、世界的な企業と肩を並べることになる。斗山重工業が2013年から1兆ウォンを投資し、大学21校、政府系研究所4カ所、中小・中堅企業13社と共同で成し遂げた成果だ。

    ■国産化は目前

     ガスタービンの最終組み立て作業を見守ったモク・チンウォン副社長は「うちがガスタービンを作ると言うと、グローバル企業の大半はあざ笑った」と振り返った。1500度を超える高温で高速鉄道KTXの6倍の速度(マッハ1.3)で毎分3600回回転する環境に耐えなければならないガスタービンは合金素材、精密鋳造など高度の技術が必要で、「機械工学の花」と呼ばれる。ガスタービン1基に450個余り取り付けられているブレードは1枚で中型乗用車並みの3000万ウォン前後する。毛髪2本ほどの太さの振動でも発電機が止まるほど精密な技術が求められる。そうした技術を持つのは、日本の三菱日立パワーシステムズ、米GE、独シーメンス程度だ。

    ■下請け業者から独自技術国へ

     斗山重工業は1990年代からGEとの技術提携を通じ、1300個余りの部品を供給し、ガスタービン事業を行ってきた。2006年からは日本の三菱から購入した図面に基づき、直接ガスタービンを製作し、国内の発電事業者に供給したが、実は上辺だけだった。ガスタービン開発担当のイ・グァンヨル常務は「重要技術であるブレードや燃焼器は日本から購入する条件だった。技術移転も受けられず、単純な組み立て水準にすぎなかった」と話した。斗山重工業は技術を保有するイタリアのアンサルド・エネルジアの合併・買収(M&A)を目指したが、最終段階でイタリア政府が国家戦略事業だとして反対し、実現しなかった。2013年に斗山重工業が「韓国型ガスタービンモデル開発」に乗り出すと、日本の三菱が「独自開発するならば、技術提携を中断する」と脅迫してきたこともある。

    ■ライバル企業を押しのけての市場確保が課題

     斗山重工業は国内企業230社余りとガスタービンのサプライチェーンを構築した。2026年までに年間売り上げ3兆ウォン、3万人以上の雇用創出が可能な事業へと育成することが目標だ。国内のLNG発電所だけでなく、米国、サウジアラビアの市場攻略を目指している。

     しかし、一部からは「小さな故障でも発電所全体が止まる可能性があり、発電所タービンをまだ検証されていない後発メーカーに気軽に委ねるのは難しいのではないか」との懸念も聞かれる。キム・ジェガプ常務は「後発ランナーだった三菱も2010年に自国の発電所にガスタービン6基を大量供給し、それを足掛かりにして成長し、昨年は世界市場でトップに立った」とし、「我々も必ず成功してみせる」と意気込んだ。

    昌原=全洙竜(チ ン・スヨン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/20/2019092080113.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/09/22 06:05

    引用元: ・【韓国】斗山重工業「機械工学の花」ガスタービン技術独立 米独日伊に続き、5番目に発電用ガスタービンの国産化に近づいた[9/22]

    【水車作れないのにwwwwww 【韓国】斗山重工業「機械工学の花」ガスタービン技術独立 米独日伊に続き、5番目に発電用ガスタービンの国産化に近づいた[9/22] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/04(水) 20:02:04.89 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官が4日、国内素材メーカーを視察し、日本の対韓輸出規制による産業界への影響を確認した。

    訪問したのはソウル郊外の京畿道安山市に本社を置く大韓光通信。成氏は研究開発(R&D)や生産の現場の声を聴くとともに、国内素材メーカーの競争力強化策を模索した。

     大韓光通信は光通信ケーブル、光ファイバー分野で40年以上にわたり競争力を維持してきた企業で、韓国で唯一、合成石英の製造技術を持つ。

     同社は大胆な投資を通じ、半導体基板に回路を描く工程で使われる部品向けの石英基板素材と製造工程の国産化・内製化に成功したケースを紹介した。合成石英は96%のシェアを持つ日本メーカーが実質的に独占していた素材だ。

     成氏は、製造業の主軸であり未来産業の競争力を担保する素材・部品・装備(装置や設備)産業の競争力を引き上げるため、需要企業と供給企業間の協力モデル構築に向けたR&D制度改善、予算、金融、税制、規制特例など、全方面にわたり支援を講じていることを紹介した。

     また「特定国に対する高い依存などを解消するため、政府と共に国内の素材・部品・装備企業の意志と努力がいつにも増して切実に求められている。国産素材の競争力向上に引き続き努めてほしい」と求めた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190904003100882?section=economy/index
    聯合ニュース 2019.09.04 17:07

    no title

    成允模氏(中央)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【必死のパッチ】ソン・ユンモ韓国産業相 素材国産化に成功した企業訪問=日本輸出規制の打開模索[9/4]

    【その原料がこれまた日本からの輸入【必死のパッチ】ソン・ユンモ韓国産業相 素材国産化に成功した企業訪問=日本輸出規制の打開模索[9/4] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/26(月) 17:34:54.71 ID:CAP_USER
    韓国の自動車部品会社「DIC」は現代・起亜車の「グレンジャー」「K7」に搭載される電子式ボタンの変速機(SBW ACTUATOR)部品の供給メーカーに選ばれたと26日、公示した。

    供給期間は2021年から生産中止となるまで、供給予想金額は850億ウォン(約74憶円)だ。

    DICは「全量を日本からの輸入に依存していた部品だった変速機部品を韓国で初めて当社で生産し、国産化することになった」として「1段階で大型セダンに搭載され、今後全車種に拡大するものと予想している」と説明した。


    8/26(月) 13:04配信 中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000025-cnippou-kr


    2019/08/26(月) 13:50:58.89
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566795058/

    引用元: ・【企業】韓国自動車部品会社、「日本から全量輸入していた変速機部品を国産化」★2[08/26]

    【100%リコール要因w 【企業】韓国自動車部品会社、「日本から全量輸入していた変速機部品を国産化」★2[08/26] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/19(水) 20:26:08.48 ID:CAP_USER
     中国が部品や素材の国産化を進める「チャイナ・インサイド」の動きを加速し、韓国の対中輸出に本格的に打撃を与え始めた。

     中国はこれまで半導体や液晶パネルなどの部品を輸入し、完成品を組み立てて輸出する形態が主流だったが、最近は部品まで国産化する戦略へと転換している。韓国産業通商資源部(省に相当)によると、今年1-9月に中国に輸出した素材・部品は604億ドルで前年同期を13.2%下回った。韓国の対中輸出に占める素材・部品の割合は70%に達しており、代替品目を育成できなければ、輸出自体が大きな危機に直面する懸念がある。

     品目別では電子部品の輸出が18.7%減少し、落ち込みが最大だった。中国は最近大規模な投資を行い、半導体などIT関連部品の生産を増やしている。また、中国で供給過剰状態の化学製品も韓国からの輸出が10.1%減と2桁台の落ち込みだ。現代経済研究院のハン・ジェジン研究委員は「部品・素材産業に対する研究開発投資の強化で中国製品を圧倒する競争力優位製品を作る必要がある。中間財輸出への依存度を抑え、消費財で中国の内需市場を本格的に攻略するのもよい」と指摘した。

     一方、昨年まで減少していた素材・部品の輸入の対日依存度が再び上昇しており、韓国政府は原因分析に着手した。素材・部品の輸入全体に占めるに日本製の割合は昨年、過去最低の16.5%まで低下したが、今年9月現在で17.6%に上昇した。韓国貿易協会のムン・ビョンギ首席研究員は「景気低迷の影響で全般的に輸入が減少する中、他国の製品で代用が困難な日本製の重要素材・部品の輸入は続いており、日本製の割合が高まったのではないか」と分析した。

    金承範(キム・スンボム)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/19/2016101900630.html

    引用元: ・【経済】部品の国産化が進む中国、韓国製の輸入減少 韓国の対中輸出に打撃[10/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【今まで何してたの?】中国の部品国産化で韓国製の輸入減少「消費財で中国の内需市場を攻略」】の続きを読む

    このページのトップヘ