まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国境

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/01(月) 23:06:40.78 ID:CAP_USER
    no title


    深センの民間ドローン会社である「深圳科衛泰実業発展有限公司」はこのほど、自社が中国軍と協力して中印国境で戦ったことを暴露した((Sean Gallup/Getty Images))

    深圳市のドローン民間企業「深圳科衛泰実業発展有限公司」はこのほど、同社が中国軍と協力して中印国境で戦ったことを暴露し、注目を集めた。同社はのちに同記事を削除した。深圳は中国のドローン研究開発のメッカであり、中国共産党政権は近年、「軍民融合」の政策で軍事用ドローンの開発を進めてきた。

    同社は2月24日、ウィーチャット(Wechat)の公式アカウントで、中印国境にあるガルワン渓谷での偵察任務に自社社員を派遣したことを暴露した記事を掲載した。同記事は広く転載された。

    同記事は、中国軍のドローン偵察任務や医療などに協力した同社社員2人は「苦難も死も恐れてない」と持ち上げた。

    一部の専門家は、この記事は、中国の民間ドローン会社が入手した情報を中国軍に渡しているという、これまでの報道を裏付けるものになったと指摘した。

    同社はまもなく、ウィーチャットから記事を削除したが、同記事は他のメディアやウェイボーでまだ閲覧できる。

    「深圳科衛泰実業発展有限公司」のウェブサイトによると、同社は1997年に設立した。無線モバイルビデオ伝送システム、無線ネットワーク伝送製品、コンピューターシステム統合、マルチロータードローンシステムの開発、生産、応用に特化したハイテク民間企業だと紹介している。

    同社はまた、国務院応急管理弁公室、中央テレビ、中国軍、武装警察隊などの警察、法執行部門、メディアに、ハイテクな無線モバイルビデオ伝送システムを提供している。

    深圳は中国におけるドローンの研究開発のメッカである。「日本経済新聞」は2015年、電子産業が繁盛していた深圳は、今や「ドローンの都」へと変貌を遂げていると報じた。当時、関連企業はすでに200社に上っていた。

    米国はトランプ政権の間、中国製ドローンの安全保障上のリスクについて繰り返し言及してきた。米国土安全保障省は2019年5月、「中国製ドローンシステム」と題したアラートを発表し、米企業に対し「権威主義国家の領土に米国のデータを持ち込む可能性のある、いかなる技術製品にも強い懸念を抱くよう」強く注意を促した。

    米商務省は2020年12月18日、深圳市にあるドローンの世界的なメーカー「深圳大疆創新科技有限公司」を制裁リストに追加した。

    今年の1月中旬、大紀元エポックタイムズは中国国防省の秘密文書を入手し、中国共産党が「軍民融合」を通じて軍用の長距離ドローンの開発に力を入れていると報じた。

    今年1月18日、トランプ政権は全政府機関に対し、中国企業や敵対国と思われる国(ロシア、イラン、北朝鮮など)の企業が製造したドローンに関する大統領令に署名した。同大統領令では、これらのドローンの安全保障上のリスクを検証し、軽減するために可能な措置を挙げることを指示すると同時に、必要に応じてリスクのあるドローンの連邦政府による使用の全面禁止を求めた。

    これに先立ち、2020年1月、米内務省は保有する800機以上のドローンの利用を停止した。さらに同年10月、当時の内務長官のデービッド・バーンハート(David Bernhardt)氏は中国製ドローンの追加購入を停止するよう同省に命じていた。

    (大紀元日本ウェブ編集部) 2021年03月01日 20時55分
    https://www.epochtimes.jp/2021/03/69139.html

    引用元: ・【大紀元】深圳のドローン民間企業、中印国境で中国軍の作戦に協力と自ら暴露 [3/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【民間もダメじゃん(言うまでもないこと) 【大紀元】深圳のドローン民間企業、中印国境で中国軍の作戦に協力と自ら暴露 [3/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/13(月) 23:39:18.41 ID:CAP_USER
    no title

    ▲朝鮮総督府官営学者・津田左右吉が設定した高麗国境(左側)と仁荷(インハ)大古朝鮮研究所が主張する高麗史および当時の中国側公式史書・遼史、金史を反映した高麗国境.[写真仁荷大]

    高麗の国境が既存の学説よりはるかに広かったと推定される内容の研究叢書が最近発行された。仁荷(インハ)大古朝鮮研究所朝鮮史研究チームが先月31日発行した研究叢書「鴨緑と高麗の北界」は高麗の国境線が西側の鴨緑江河口から東側の元山までという学界の定説を否定した。

    研究チームは朝鮮時代に編纂された「高麗史」に記録された内容を土台に様々な記録を検証した。高麗史および当時の中国側公式史書・遼史、金史を反映すると高麗の国境は中国遼河地域にあったと推定される。研究チームは鴨緑江から元山に続く現在の私たちが知っている高麗の国境線が「日帝強制占領期間」に固まったとも指摘した。

    日帝強制支配期、日本が朝鮮史を編纂する過程で御用学者、津田左右吉が高麗の国境線を上のように主張し、その見解は100年近く韓国史の重要な枠組みに席を占め、これを土台に韓国史が叙述されたということだ。

    研究チームによれば津田は「高麗の人々は嘘が上手だ。その中の代表が徐熙(ソヒ)だ」として「徐熙が遼国と談判した時「高麗は高句麗の子孫で、これは本来、高句麗の領土であるから今も私たちの領土だ」といったがこれは嘘」と主張した。津田は高麗人の嘘を正さなければならないという考えで高麗の北側国境が今日の鴨緑江から元山に続く線という理論を主張した。

    研究チームは津田の主張は日本が植民史観を作る過程で一番最初に考えた半島史観の根拠になったと指摘した。

    今回の研究は韓国中世史学会会員で高麗時代の土地制度社を研究した古朝鮮研究所ユン・ハンテク研究教授が主導した。ユン教授は「高麗西北国境について遼・金時代の鴨淥と鴨綠を中心に」という文で高麗時代の鴨緑江は現在の遼河であり、ここが高麗の西北界と主張した。(記者注:鴨淥と鴨綠が併記されていることから、それぞれ別の地名であり、鴨綠江が現在の鴨緑江なら、もう一方の鴨淥江は遼河だろうという論理の様である)

    彼は鴨緑江を表記する時「鴨淥江」と「鴨緑江」を区分できず、高麗時代の国境線に大きな混乱をきたしたとし、<高麗史><遼史><金史>等を交差検討して高麗時代の鴨淥江を確認し、現在の中国の遼河が高麗前期の鴨緑江であることは確実だと話した。

    研究チームを率いる卜箕大(ボク・ギテ)教授は「徐熙に対する津田の考えを始め、日本学者らが韓国史について持っていた考えを徹底的に分析して対応する必要がある」と強調した。

    チョン・ウンヘ記者

    ソース:中央日報(韓国語) 「高麗国境、はるかに広かった…今国境は日帝時代の時引かれて」
    http://news.joins.com/article/22109567

    引用元: ・【韓国】 高麗の面積、今の定説よりはるかに広かった…日帝時代に国境線を引いた津田左右吉「高麗の人々は嘘つきだった」[11/13]

    【【当時から嘘つきだったんだなぁ~w 】「高麗国境、はるかに広かった…今国境は日帝時代の時引かれて」中央日報(韓国語)】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 22:21:58.78 ID:???.net
     北朝鮮と国境を接するロシア極東沿海地方ハサン地区に建てられ、地元で「金日成の家」と呼ばれていた建物
    「ロシア・朝鮮友好の家」が12日、火災で焼失した。施設を管理するロシア鉄道が明らかにした。

     タス通信によると、1986年に建設された友好の家は、故金日成主席が列車でソ連(当時)を訪問した際に、
    現地で歓迎を受けた場所。故金正日総書記も訪れたことがある。

     火災は12日午前5時ごろに発生し、木造平屋建て約100平方メートルを全焼した。出火原因は分かっておらず、
    連邦保安局(FSB)が調べている。ロシア鉄道はタス通信に対し「内部に貴重な文献や物品はなかった」と説明した。

    (共同)

    産経ニュース 2015.11.12 19:04
    http://www.sankei.com/affairs/news/151112/afr1511120028-n1.html

    引用元: ・【ロシア国境】「金日成の家」が全焼 ロシア・北朝鮮国境 出火原因は不明[11/12]

    【今度も焼き芋か 【ロシア国境】「金日成の家」が全焼 ロシア・北朝鮮国境 出火原因は不明[11/12]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 13:55:15.73 ID:???.net
     南北統一には二つの道がある。一つは武力統一、もう一つは平和統一(または平和的統一)だ。
    武力統一は要するに戦争による統一だ。何百万人もの犠牲を前提とした統一には言及する価値
    もなければ意味もない。われわれが望んでいるのは平和統一だ。

     平和統一にも幾つかの道がある。一つは南北の当事者の合意による統一だ。おそらく連邦制に
    よる統一がモデルとなるだろう。もう一つは、周辺大国あるいは南北それぞれの背後で影響力を
    行使する「大株主」諸国の合意による統一だ。この場合は一方の体制がもう片方の体制に吸収さ
    れる形の統一となる。旧ソ連の同意と誘導によって引き起こされた東ドイツの自己崩壊と西ドイツ
    への吸収が代表的な例だ。

     朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今回の訪中の際「平和統一」を口にしたが、それはどちらのケー
    スを念頭に置いたものだったのか。朴大統領は「今後、韓半島(朝鮮半島)の平和統一のために、
    中国と共に協力していこうという話になった」として、その方法をめぐる「さまざまな論議」がすぐに
    始まるかのような口ぶりで話した。朴大統領の述べた「平和統一」は、武力統一でも赤化統一(共
    産主義による統一)でもなければ連邦制統一でもない、おそらく北朝鮮周辺国(中国・ロシア)の
    「協力」と暗黙的な誘導による韓国主導の吸収統一を念頭に置いていたはずだ。

     しかし、中国側は異なることを言っている。「南北が対話を通じて関係を改善し、和解と協力を推
    進しながら最終的に平和統一を実現することを歓迎する」というのだ。統一は韓国と北朝鮮が自
    分たちで進めるものであり、中国が介入する問題ではないということを明言しているのだ。

     統一の問題で中国の役割を期待するのは、もともと幻想にすぎない。中国は北朝鮮の主導する
    統一ならともかく、韓国の主導する統一はいかなる形であっても(平和的であれ武力を使う形であ
    れ)容認できない。それは米国と軍事同盟を結んでいる国とは国境を接することができないという
    中国の古い「安保第1条」に起因している。6.25戦争(韓国戦争)のとき中国の軍隊が後になって
    参戦することになったのは、北朝鮮が敗れて米軍が鴨緑江・豆満江に布陣するという状況を見過
    ごすことができなかったからだ。ヘンリー・キッシンジャー元米国国務長官の回想録には「6.25戦
    争当時、国連軍が韓半島(朝鮮半島)の最もくびれた地点(半島東海岸の鎮南浦と元山)で北へ
    の進軍をやめて休戦していたら、中朝国境は無事で、よって中共軍の介入は防げただろう」という
    内容がある。これは中国が潜在的敵軍によって包囲されるという構図をいかに恐れていたかを物
    語っている。今でも中国と国境を接している国はどこであれ、そこに米軍の軍事基地がある場合、
    中国は公然と軍事介入に乗り出すだろう。

     これはほぼ全ての大国に適用される安全保障の論理だ。統一ドイツが旧ソ連と国境を接してい
    たら、すなわち間にポーランドという緩衝地帯がなかったなら、ソ連は統一ドイツを容認しなかった
    はずだ。ロシアがクリミア半島に侵攻し、ウクライナ騒乱を誘発したのも、そこに米国の軍事基地
    が設置されるのを防ぐことができなかったからだ。今ロシアと国境を接している国で米国と軍事同
    盟を結んでいる国はない。1960年代に米国のケネディ大統領がキューバを侵攻したのも、米国の
    すぐそばにあるキューバがソ連のミサイル基地建設を許容したからだった。

     このような歴史上の実例に照らし合わせてみると、現在の中国はどんなに北朝鮮が面倒な存在
    だとしても、米軍基地のある韓国が統一を主導する場合、それを容認することはできないだろう。
    韓国が韓米同盟を破棄して米軍の撤退を断行するなら中国も態度を変えるかもしれないが、現在
    の状況では中国は、緩衝地帯として北朝鮮の存在が必要だ。そうした意味でも、統一に向けた韓
    国の努力に中国が「協力」することは考えられない。さらには、北朝鮮内部の政治的混乱によって
    韓国主導による統一の可能性が開けたとしても、中国が北朝鮮に進駐して韓国による吸収統一
    を阻止するだろうという見方も専門家の間では出ている。
    >>2-5のあたりに続く

    金大中(キム・デジュン)顧問
    no title


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/28/2015092801280.html

    引用元: ・【韓国】 中国は韓国主導の統一を望んでいない~今ロシアと国境を接している国で米国と軍事同盟を結んでいる国はない/コラム[09/29]

    【もう無理ゲー宣言したのもおなじだなw 【韓国】 中国は韓国主導の統一を望んでいない~今ロシアと国境を接している国で米国と軍事同盟を結んでいる国はない/コラム[09/29]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 20:13:59.48 ID:???.net
    (画像)
    no title


     台湾・蘋果日報電子版は24日、韓国と北朝鮮が一触即発の状況となっている中、韓国の住民避難地域付近で
    22日夜に花火大会が行われ、「戦争が始まったのか」と避難住民らを驚かせたと報じた。

     南北国境付近の避難住民に冷や汗をかかせたのは、ソウルから北西方向にあり、国境地域に近い金浦市で22日夜に
    行われた花火大会だった。臨戦態勢に入ったと北朝鮮が揚言し、南北両国の高官が会談を開始してから間もなくという
    タイミングで「爆発音」を空に響き渡らせたことに対して、「あまりにも不謹慎すぎる」との強い批判の声が出ている。

    (編集翻訳 城山俊樹)

    フォーカスアジア 2015年08月24日
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/427083/

    引用元: ・【韓国】一触即発状態の南北国境付近で花火大会・・「爆発音」に避難住民ら肝を冷やす[8/24]

    【気が狂ってますな【韓国】一触即発状態の南北国境付近で花火大会・・「爆発音」に避難住民ら肝を冷やす[8/24]】の続きを読む

    このページのトップヘ