まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:国内

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/19(火) 23:09:19.21 ID:CAP_USER
    韓国・SKハイニックス 国内工場の増設計画を保留=先行き不安で

    【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスが先月29日の取締役会で、中部・忠清北道の清州工場の増設決定を保留にしていたことが19日、分かった。世界的に企業経営を取り巻く環境の不確実性が増していることが影響したようだ。 

    業界関係者は「増設が必要なのか、もう少し慎重に検討すべきとの意見が取締役会で出たようだ」と伝えた。

    SKハイニックスは世界市場でしばらく半導体メモリーの需要が増え続けると見込み、約4兆3000億ウォン(約4500億円)を投じて清州の産業団地内の用地43万3000平方メートルに新たな半導体工場を設ける計画だった。2023年初めに着工、25年の完成を予定していたが、取締役会が増設を保留にしたことから着工は先延ばしになる公算が大きくなった。会社側は増設日程に関し「決定したことはない」とだけコメントした。

    背景として世界経済が近ごろ急速に冷え込み、半導体市場の見通しも不透明になっていることが挙げられる。半導体メモリーのDRAMはロシアによるウクライナ侵攻の長期化やインフレ、中国の景気減速などによる需要鈍化が響き、当分は価格下落が続くとの見方が強い。NAND型フラッシュメモリーの価格も下落傾向にある。

    SKハイニックスとしては新施設でどちらの半導体を生産するか決め難い状況だ。ドル高ウォン安と原材料価格上昇が続く中、当初の計画より投資費用が大幅に膨らむという懸念もある。SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は先ごろ原材料価格の高騰に触れながら「昨年立てた投資計画は当然ながら変わる可能性が存在する」と述べた。

    ファウンドリー(半導体受託生産)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は投資計画の下方修正を明らかにし、半導体メモリー大手の米マイクロン・テクノロジーも新規投資に慎重な姿勢を示している。

    韓国では5月に新政権が発足して以降、サムスン電子をはじめとする大企業が相次ぎ中長期投資計画を発表。SKグループも含め投資総額は1000兆ウォン超となった。

    企業側は「計画通りに投資を進める」との立場だが、物価高騰やドル高進行などの状況を注視しながら投資計画を再検討しているもよう。車載電池大手のLGエナジーソリューションは米国での工場建設に関する投資計画を全面的に見直す方針を示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71bd6b9d3260a15d305573276697026188aa9da4
    871

    引用元: ・【半導体】 韓国・SKハイニックス 国内工場の増設計画を保留=先行き不安で[07/19] [LingLing★]

    【もうオワコンw 【半導体】 韓国・SKハイニックス 国内工場の増設計画を保留=先行き不安で[07/19] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/18(月) 21:54:09.04 ID:CAP_USER
    【韓国】6月の自動車産業、国内販売・輸出がマイナス
    7/18(月) 11:31
    no title


    韓国産業通商資源省が発表した2021年6月の自動車産業動向(速報値)によると、「生産」は中国のロックダウン(都市封鎖)解除で部品の需給状況が回復したことなどから前年同月比で小幅に伸びた。一方、「国内販売」と「輸出」は、トラック運転手によるストライキで物流網が混乱したことなどが響きマイナスとなった。

    「生産」は0.8%増の32万8,360台。起亜(2.3%増)や韓国GM(2.5%増)は伸びたものの、現代自動車(0.4%減)や双竜自動車(2.6%減)、ルノーコリア自動車(旧ルノーサムスン自動車、1.1%減)は落ち込んだ。

    「国内販売」は14万6,102台と11.9%減少。一部モデルで国内販売分の供給が増えたルノーコリア以外の4社は軒並みマイナスとなった。環境対応車の国内販売は14.1%増となった。

    「輸出」は、ストや船舶スケジュールの調整などにより5.7%減の17万3,061台にとどまった。韓国GM(13.7%増)と双竜自(23.4%増)の2社は輸出が伸びた。環境対応車の輸出は、プラグインハイブリッド車(PHV、40.3%増)や電気自動車(EV、21.0%増)などが好調で20.9%増加した。

    上半期全体では、「生産」が177万9,044台と前年同期比2.0%減、「国内販売」が80万7,605台と11.3%減となった。一方、「輸出」は環境対応車の販売好調などで107万4,321台と、1.5%増えた。

    NNA
    https://news.yahoo.co.jp/articles/caf28cfbf592b7124ed7ee15c73c422ed7b24316
    827

    【韓国】 「自動車産業、貨物連帯ストライキで5400台の生産損失」[06/14] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1655204344/

    引用元: ・【韓国】 6月の自動車産業、国内販売・輸出がマイナス…貨物連帯ストライキの影響も[07/18] [LingLing★]

    【在庫積み上がってるじゃない。【韓国】 6月の自動車産業、国内販売・輸出がマイナス…貨物連帯ストライキの影響も[07/18] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/11(土) 20:38:11.99 ID:CAP_USER
    現代自動車、韓国国内では「赤字の泥沼」

    no title

    (写真:朝鮮日報日本語版) ▲現代自動車のソウル市良才洞本社。/朱完中(チュ・ワンジュン)記者(朝鮮日報日本語版)

    現代自動車は今年1-3月期に1兆9289億ウォン(約2025億円)の営業利益を記録した。ところが韓国法人だけでみると3563億ウォン(約374億2000万円)の営業損失を出していたことが分かった。現代自は2018年に44年ぶりに韓国国内事業での赤字を出したが、これはすぐ回復した。この時の年間赤字額は593億ウォン(約62億3000万円)ほどだったが、今回はわずか3カ月でそのほぼ6倍の赤字を出したのだ。

     現代自動車韓国法人はコロナの感染が広がっていた2020年の7-9月期にも3264億ウォン(現在のレートで約342億8000億円)の赤字を出したが、これはセタ・エンジンのリコールに伴う一時的な費用が主な原因で、実質的な営業利益は黒字だった。ところが昨年の7-9月期には半導体不足に伴う生産ストップや原材料価格の上昇で2926億ウォン(約307億3000万円)の赤字を記録し、さらに今回はそれ以上の赤字を出したことで「現代自の韓国国内工場における赤字が慢性化したのでは」との懸念が浮上している。

     さらに心配なことは今年の1-3月期に国内工場の稼働率が96.7%と事実上のほぼフル稼働状態にあったにもかかわらず、それでも巨額の赤字を出したという事実だ。現代自国内工場の慢性化した高賃金・低効率構造に加え、これに原材料価格の上昇など外部からの要因が重なった場合は全く対応できないということだ。自動車業界のある関係者は「韓国GMやルノー・コリア、双竜自動車が慢性赤字から抜け出せない中、現代自の韓国事業まで赤字構造に陥ってしまえば、韓国の自動車産業全体が危機に直面しかねない」と懸念を示した。

     現代自だけではない。韓国タイヤ、ハンオンシステム、万都など優良部品メーカーも今年1-3月期に赤字を出し、これを海外での収益で埋め合わせていたことが分かった。このような状況でも自動車業界の労働組合は今年も大幅な基本給引き上げを要求しており、強硬な闘争を予告している。産業研究院のチョ・チョル専任研究員は「韓国国内の自動車生産台数は2019年に4000万台を下回り、昨年は350万台のラインも崩壊した」「高費用、低生産性が固定化し、自動車製造業が外部の危機にいかにぜい弱かが明らかになった」と指摘した。

    柳井(リュ・ジョン)記者

    https://news.yahoo.co.jp/articles/154cbfa03c2e9331eae97b093b3525b8d1d7e7aa

    引用元: ・【企業】 現代自動車、韓国国内では「赤字の泥沼」[06/11] [LingLing★]

    【値上げすればいいじゃない(´・ω・`) 【企業】 現代自動車、韓国国内では「赤字の泥沼」[06/11] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/24(月) 08:19:14.64 ID:CAP_USER
    世界市場で「メイド・イン・コリア」の地位に赤信号が灯った。韓国の製造業の人材はますます減るのに対し海外法人を通じた人材雇用は急増する傾向だ。これとともに世界の製造業で韓国が占める割合もインドに逆転され6位に押し出された。

    全国経済人連合会が23日に2015~2019年の5年間の製造業分野の国内雇用と海外法人の現地雇用現況を分析した結果だ。資料によると、国内雇用は5年前と比べ約18万人減った。これは韓国最大企業のサムスン電子と現代自動車の2020年の国内従業員数を合わせた規模だ。これに対し同じ期間の海外人材採用は42万6000人(29.4%)に急増した。

    ◇日米独は国内就業増えるのに韓中だけ後退

    全経連が中国、米国、日本、ドイツ、韓国、インドの6大製造国のこの5年間の製造業の雇用・生産現況などを分析した結果、日独米の3カ国は製造業就業者数が増加したのに対し、韓国は18万人(3.9%)、中国は1388万人(6.1%)減少した。日独米の製造業就業者数が増えた理由は2008年の金融危機後に製造業基盤強化、自国企業のリショアリング(国内回帰)政策を推進した結果とみられる。

    全経連は「韓国の場合、船舶受注急減にともなう造船業種の構造調整と自動車業種の構造調整が製造業の就業者数が減少するのに大きな影響を及ぼした」と分析した。実際に雇用労働部の雇用保険加入者統計によると、2020年1月には造船業種が含まれるその他運送装備の就業者数は2016年1月と比べ7万4000人、自動車業種は1万4000万人減った。

    これに対し韓国企業の海外人材雇用は急増した。全経連によると韓国企業が2019年までの5年間に海外法人を通じて雇用した人材規模は42万6000人(29.4%)に達した。国内製造業就業者数が大幅に減った中国の場合も海外法人(製造業含む全業種)の現地雇用人材が104万1000人(85%)と大きく膨らんだ。これは米国が1万人(0.2%)、日本が21万6000人(4.9%)減少したのと比較すると大幅な増加傾向だ。

    ◇韓国、世界の製造業に占める割合でインドに逆転

    世界の製造業に占める韓国の地位も縮小した。世界の製造業での生産割合は2019年基準で過去5年間に中国が2.1ポイント、インドが0.4ポイント増加したのに対し、米国が0.6ポイント、ドイツが0.3ポイント、韓国が0.2ポイント下落した。その結果、世界の製造業で順位5位だった韓国はインドに逆転され6位に押し出された。

    2018年に3.3%まで上がった世界の製造業生産で韓国が占める割合が2019年基準で3.0%まで落ちた理由としては、米中覇権競争にともなう輸出減少、企業の新規設備投資萎縮、工場海外移転、自動車・造船業種に対する構造調整などが影響を及ぼしたと分析される。

    全経連のキム・ボンマン国際本部長は「国内製造業の投資条件が悪化し国内投資比の海外投資の割合が高まっている。国内製造企業の海外投資拡大が国内投資・雇用を萎縮させないよう政府は核心技術開発と製造業の国内投資環境を改善しなければならない」と指摘した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/287009?servcode=300§code=320

    関連スレ
    【韓国】大統領候補「サムスン電子級企業5社作れば世界5大強国になる」 [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1642950414/l50

    引用元: ・【中央日報】「日米独は国内就業増えるのに韓中だけ後退」…韓国の製造業順位、インドに押され6位に [1/24] [昆虫図鑑★]

    【当たり前やろ? 【中央日報】「日米独は国内就業増えるのに韓中だけ後退」…韓国の製造業順位、インドに押され6位に [1/24] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/01(木) 22:04:05.26 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】現代自動車、起亜、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社が1日発表した3月の国内・海外販売台数は計70万4935台で、前年同月比8.3%増加した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年販売が減少したことによるベース効果(反動)とみられる。

     ただ海外販売は増えたものの、昨年好調だった国内販売は今年に入って初めて減少した。

     5社の国内販売は14万971台で、前月より39.1%増えたものの、前年同月より6.7%減少した。国内販売(前年同月比)は今年に入ってから1月16.7%増、2月24.0%増と増加を続けていたが、3月は減少に転じた。

     5社のうち現代は小幅増加、起亜はほぼ横ばいだったが、外資系3社は減少した。

     昨年3月の販売台数が消費税引き下げ延長の発表など消費活性化政策により、2019年に比べ9%増えた影響もあるものとみられる。

     海外販売は前年同月比12.9%増の56万3964台だった。前月よりも19.7%増え明確な回復傾向を示した。 

     メーカー別にみると、現代は国内が2.3%増の7万3810台、海外が28.6%増の30万2114台。全体では22.4%増の37万5924台を記録した。

     国内市場では小型トラック「ポーター」を中心とした商用車と、高級車ブランド「ジェネシス」が好調だった。

     「ポーター」は1万1213台を売り上げ、大型セダン「グレンジャー」(9217台)を抜いて昨年2月以来13カ月ぶりに月間ベストセラーモデルに返り咲いた。ポーターの月間販売台数が1万台を超えたのは、2019年7月(1万355台)以来20カ月ぶり。「ジェネシス」は126.8%増の1万4066台を記録。前月(7321台)比でも約2倍増えた。

     起亜の国内販売は前年同月と比べほぼ横ばいの5万1011台、海外は11.0%増の20万351台だった。起亜も商用車が24.7%増の7635台を記録するなど好調だった。

     韓国GMは21.8%減の2万9633台だった。国内は31.4%減の6149台、海外は18.9減の2万3484台だった。ほかに半完成品の輸出もある。

     ルノーサムスンは43.2%減の8572台。国内は52.6%減の5695台、海外は6.8%減の2877台だった。

     双竜は23.5%減の7152台。国内は37.2%減の4306台、海外は14.5%増の2846台だった。

    聯合ニュース 2021.04.01 19:31
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210401005000882?section=economy/index

    no title

    小型トラック「ポーター」(現代提供)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国完成車】5社の3月販売 8.3%増も国内は減少 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【で、売上と利益はどうなんです 【韓国完成車】5社の3月販売 8.3%増も国内は減少 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ