まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:団体

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/10(木) 12:43:51.86 ID:CAP_USER
    2019年に駐韓米国大使公邸に塀を乗り越えて無断侵入した韓国大学生進歩聯合(大進聯)のメンバーが大使公邸前で「1人デモ」を継続できるように保障すべきだとする国家人権委員会の判断が示された。

    人権委は9日、デモを制止したソウル南大門警察署の署長に対し、1人デモを最大限保障し、所属警察官を教育するよう勧告したことを明らかにした。

    大進聯に所属するメンバー19人は19年10月、ソウル市中区の米大使公邸の塀付近で違法デモを行った際、奇襲的に塀を乗り越え、内部に侵入した。

    メンバーらは大使の家族が生活する建物の玄関前を占拠し、1時間以上にわたり、反米デモを展開した。うち4人が逮捕されたことを受け、大進聯のメンバーらは1週間後に大使公邸の正門前で「拘束メンバー釈放」を求める1人リレーデモを行おうとした。

    当時現場の警察官は付近の噴水台に場所を移してデモを行うように伝えたが、メンバーらは表現の自由を侵害されたとして、人権委に陳情を行った。

    警察は人権委の調査に対し、「当時は1人デモを行う人物の周辺に3人が同行しており、純粋な1人デモとは言えず、外国の公館の100メートル以内でのデモを禁止する現行法に基づく措置だった」と反論した。

    また、「侵入事件後、米国務省が公館保護の強化を求めたことも考慮したものだ」とした。

    一方、人権委は「デモを行う人物が突発的な状況を計画していたとしても、1人デモ自体を最初から阻止するのではなく、物理的危険の発生が明らかに懸念される場合に阻止することが侵害の最小性原則に一致する」と判断した。

    また、米国務省の要請についても、「表現の自由の保障を考慮することなく、1人デモまで全面禁止するよう求めたと解釈すべきものではない」とした。

    米大使公邸侵入事件を主導した大進聯のメンバー、K被告(23)ら4人は昨年4月、ソウル中央地裁で懲役1年、執行猶予2年の判決を受けた。二審裁判は今月24日に開かれる。


    2021/06/10 11:34
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/10/2021061080048.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 米大使公邸に無断侵入した団体なのに…韓国人権委が警察に勧告 大使公邸前で「1人デモを保障せよ」 [06/10] [荒波φ★]

    【またリッパート事件をやるつもりか? 【朝鮮日報】 米大使公邸に無断侵入した団体なのに…韓国人権委が警察に勧告 大使公邸前で「1人デモを保障せよ」 [06/10] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/19(月) 01:54:16.65 ID:CAP_USER
    韓国経営者総協会や大韓商工会議所など経済5団体が16日、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相に、前大統領への贈賄罪で1月に再収監された李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の赦免を建議したことが分かった。17日付韓国メディアが伝えた。 孫京植(ソン・ギョンシク)韓国…

    https://www.nna.jp/news/show/2178364

    引用元: ・【韓国】経済5団体、サムスントップの赦免を提案 [動物園φ★]

    【さすがインチキ無法国家www 【韓国】経済5団体、サムスントップの赦免を提案 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/17(土) 18:14:42.65 ID:CAP_USER
    no title


    ※動画
    日本大使館前の日本の放射能漏れ糾弾大学生デモの現場
    https://youtu.be/vrfowyUEI2I?t=1119


    17日午後、ソウルチ ンノグ(鍾路区)にある在韓日本大使館前で、日本政府による放射能汚染水放流の阻止を要求しデモを行っている大学生団体と警察の対立が続いている。

    韓国大学生進歩連合(大進連)などで構成された「日本放射能汚染水放流阻止大学生緊急デモ団」は、前日の午後からの抗議書簡を伝達するとして大使館への進入を試みたが、警察に阻止され、その後大使館の前で路上座り込みデモを行った。

    警察は300人を投入し、大使館近くの歩道を統制している。大使館前の歩道にデモ団関係者5人が座り込み中であり、防寒用品と追加人員投入をはじめ、大使館前の歩道への接近自体が統制され、警察との対立が続いている。

    午後3時55分ごろ、共に民主党のヤン・イウォンヨン議員が座込みデモ現場を訪れ、防寒用品が座込み場に投入されるよう支援し学生を奨励して、警察の協力を要請した。午後3時30分ごろには、チン・ソンジュン民主党議員も訪れていたという。

    デモ団は午後4時から、大使館の前の道路で日本の汚染水放流糾弾記者会見を行った。警察は該当地域が感染症予防のため集会制限区域に指定されたという点を挙げ、同日午前から3回に渡って解散命令を下した状態である。

    同時正午には、民衆共同行動の関係者30人が、日本の汚染水放流を批判するプラカードを持って、日本大使館周辺を取り囲むデモを行った。


    2021/04/17 17:57配信 Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0417/10295908.html

    引用元: ・【韓国大学生団体】 「汚染水放流糾弾」日本大使館前で座り込みデモ...警察との対立も [04/17] [荒波φ★]

    【射殺されても文句言えんくらいの馬鹿行為【韓国大学生団体】 「汚染水放流糾弾」日本大使館前で座り込みデモ...警察との対立も [04/17] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/24(日) 13:19:12.76 ID:CAP_USER
     2013年9月、慰安婦問題の解決を促す水曜集会がフランスのパリで初めて行われた時、ある催しの会場で、共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)当選人=写真左から3人目=、故・金福童(キム・ボクトン)さん=同2人目=、ブノワ・ケネディー(Benoit Quennedey)フランス上院所属公務員=写真右=が一緒に記念写真を撮った。ケネディー氏は北朝鮮のためにスパイとして活動した容疑で2018年11月にフランス情報当局に逮捕され、数日間取り調べを受けて釈放された。フランス捜査当局は、ケネディー氏を正式に起訴するかどうかについて、まだ結論を出していない。ケネディー氏はパリで進歩系韓国人が主催する催しによく参加していた。


    5/23(土) 10:20配信

    朝鮮日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb81376365288356005d2c2809b5d8d42638e6b8
    (写真:朝鮮日報日本語版) ▲フランス韓国親善協会
    no title

    引用元: ・【慰安婦団体】パリの水曜集会で…尹美香氏、北朝鮮に核開発情報渡したフランス人と接触[05/25] [シャチ★]

    【この手のニュースをまったく報道しない】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/24(金) 22:49:08.07 ID:CAP_USER
    政治家の発言やニュース報道の内容について事実関係を検証する「ファクトチェック」は、韓国で盛んに行われている。ソウル大学では「ファクトチェックセンター」が設置され、今では大手新聞社やテレビ局など27機関が参加している。

    センター長のチ ン・ウンリョン氏が2020年1月11日、ファクトチェックを支援する国内団体「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」などが都内で開いた研究会に登壇し、その取り組みについて紹介した。政治家の発言を検証したことで政党から刑事・民事で告訴されたり、世論と違う検証結果に対して強い批判が寄せられたりと困難もあるが、ファクトに基づいて粘り強く説明を続けていく重要性も強調された。

    大統領選の2017年が「ファクトチェック元年」
    韓国にとっての「ファクトチェック元年」は17年だ。この年は5月に大統領選の投票が行われ、これに先立つ3月にファクトチェックセンターがスタート。東亜日報出身のチ ン氏が初代センター長に就任した。チ ン氏によると、

    「政治的指向や党派の違いが現実に存在する中で、ジャーナリストの間で合意できる言説の規範は果たして何なのか。事実を正確に伝えること、少なくともこのことについてだけは、政治的指向性の違いを超えて合意できると思った」
    などとしてメディアに広く参加を募った。その結果、大統領選が行われた41日間で、12社が候補者の発言など144件についてファクトチェックを行い、うち88件が「事実でない」「おおむね事実ではない」と判定された。

    こういった取り組みには反発も大きかった。野党の自由韓国党は、

    「候補者の言葉が事実かどうかを判断したことで選挙に影響があり、党の名誉を棄損した」
    などとして、公職選挙法違反や名誉棄損の容疑で刑事、民事の両面でファクトチェックセンターを告訴したが、刑事では起訴に至らず、民事では原告敗訴となった。

    この問題をめぐっては、ソウル南部地方裁判所は判決文で、

    「報道機関が定める検証の結果が常に正しいとは断定できない。しかし、メディアが信頼できる根拠に基づき、合理的な思考プロセスを通じて判断を下した場合、それを容易に名誉棄損だと認めるべきではない」
    などとする見解を示している。チ ン氏は

    「ファクトチェックの意義について裁判所が認定したことに意味がある」
    と説明した。

    世論と違う結果出ると「韓国の読者から大変な攻撃にさらされる」
    日本がファクトチェックの対象になることもある。同センターのファクトチェックで、「日本」という文字が含まれるものは約200件。日本に関連する出来事が検証の対象になったり、日本のデータが比較対象として用いられたりしているケースだ。東京五輪や、福島の放射線をめぐる問題に関する関心が高いという。ファクトチェックセンターでは、これらの問題について、民放のSBSとファクトチェック専門機関の「ニューストップ」を支援している。

    例えば、「東京の『ホットスポット』は、レントゲン写真を100万回撮る(被ばく)量である」という書き込みには、現地に出向いて放射線量を測定した結果などから「まったく事実ではない」と結論づけた。

    ホットスポットについての検証結果は、「韓国人からすれば『日本寄りの判断をした』ということになる」(チ ン氏)。それでも丁寧に説明していくことの必要性を強調した。

    「こういった場合は、韓国の読者から大変な攻撃にさらされる。取材した記者は、その攻撃に対して、ひとつひとつ反論し、説得にあたる。根拠のない非難や批判に対して、合理的な事実をもって説得するというのがファクトチェックの目的だと、この記者は考えている」
    チ ンさんに続いて、公共放送KBSの記者出身で、全国言論労働組合主席副委員長を務めるソン・ヒョンジュン氏が登壇。テレビ番組でのファクトチェックの取り組みを紹介した。ソン氏は

    「日韓の不協和音を最小化するのが民間の役割だが、それを担う韓国の保守的メディアが間違った記事を書き、それをそっくりそのまま日本の保守的メディアが引用して日本に伝える。そのために国民同士が対立してしまう」
    などとして、ファクトチェックを通じた日韓協力が両国関係の改善に寄与することを訴えた。

    (J-CASTニュース編集部 工藤博司)
    https://www.j-cast.com/2020/01/18377217.html?p=all

    引用元: ・【ソウル大学のファクトチェックセンター】韓国ファクトチェック団体の「苦悩」 「日本寄り」だと攻撃され、野党から訴えられ...[1/24]

    【反日ヘイト広報【ソウル大学のファクトチェックセンター】韓国ファクトチェック団体の「苦悩」 「日本寄り」だと攻撃され、野党から訴えられ...[1/24]】の続きを読む

    このページのトップヘ