まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:回復

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 09:33:41.35 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が1日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、暫定)は前期比0.6%増加した。7月に発表した速報値と同じ。前期の成長率(1.1%)に比べるとほぼ半分で、再び0%台に落ちた。それでも韓国銀行は、高水準だった前期の反動や、民間消費と設備投資の改善を踏まえると、悪くはないと説明した。

    前年同期比の成長率は2.7%だった。

    4~6月期の民間消費は、前期比1.0%増加した。前期(0.4%)から大幅に拡大し、2015年10~12月期(1.5%)以来、1年半ぶりに1%台を回復した。新政権発足に対する期待感で消費者心理が改善したとみられる。

    政府支出は1.1%増で、前期の伸び(0.5%)を大きく上回った。

    設備投資の伸びは5.2%で、前期(4.4%)より高かった。一方、建設投資は土木建設が減少した影響で、増加率は前期(6.8%)から大幅に縮小し0.3%にとどまった。

    輸出は自動車や化学製品を中心に2.9%減少、輸入も原油が減り1.0%減となった。

    業種別では農林漁業が1.1%、製造業が0.3%、建設業が1.3%、それぞれ減少した。サービス業は0.8%増と集計された。

    4~6月期の実質国民総所得(GNI)は前期比0.6%減少した。マイナスは3四半期ぶり。韓国企業が海外に支払う配当金が増えたこと、原油価格の上昇などにより交易条件が悪化したことが要因に挙げられる。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/09/01/0200000000AJP20170901000300882.HTML

    【【あま~い見込み】4~6月GDP成長0.6%にとどまる=民間消費は回復】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/10(木) 00:54:55.45 ID:CAP_USER
    韓国経済の活力が低下して、2008年のリーマン・ショック後の景気変動性を示す韓国の指標が経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の半分程度にとどまることが8日、韓国銀行(中央銀行)の報告書で分かった。

    https://www.nna.jp/news/show/1646669


    韓銀が診断した韓国の経済活力低下の原因

    韓国の経済活力低下は革新不足のためという診断が出た。

    8日、韓国銀行が発表した報告書「景気変動性の縮小に対する再評価」で、3%台の成長率が期待されるほど景気回復が進んだにもかかわらず、それをあまり体感できないのは、景気変動性が縮小したためだとしている。

    景気が良くなってもその上昇幅は高くなく、またその期間も短いため、景気回復をなかなか感じられないのだ。

    韓国銀行は根本的な原因として「革新不足」を指摘した。報告書によると、景気変動性を示すGDP(国内総生産)成長率やGDP循環変動、景気動向指数などの標準偏差が、金融危機以前の2000年第1四半期~2007年第4四半期にはそれぞれ0.8、0.08、1.0を記録していた。

    だが、危機以降の2010年第1四半期~2017年第1四半期にはそれぞれ0.4、0.03、0.5へとほぼ半分以下になった。

    経済協力開発機構(OECD)のGDP変動性の平均は0.9倍だが、韓国は0.48倍にとどまっている。35カ国の中でもスロバキアとイスラエルに次いで3番目に変動性が低かった。

    このように景気変動性が縮小した背景には、民間消費と在庫投資の冷え込みがある。GDP変動性変化にともなう支出部門別寄与度を分析した結果によると、在庫投資-0.3%、民間消費-0.25%など、消費および投資の寄与度がマイナスだった。

    固定投資も-0.06%を記録した。純輸出は0.17%で、GDP変動性の増加に唯一貢献している。

    韓国銀行関係者は「民間消費が振るわない中で循環周期の短い輸出が景気変動を主導すれば小循環にとどまってしまいかねないので、内需の動向にもっと留意しなければならない」とし「雇用創出を通した家計の所得基盤拡充、企業の革新力強化による生産性向上に対し、政策的努力を集中しなければならない」と伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/165/232165.html

    引用元: ・【経済】韓国経済の活力が低下、OECD平均の半分[8/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ただいま緊急降下中】韓国銀行(中央銀行)「景気回復が進んだにもかかわらず、それをあまり体感できないのは」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/07(月) 09:48:39.25 ID:CAP_USER
    景気回復の温もりが広がる前にすでに燃料が切れているのか。

    国策研究機関である韓国開発研究院(KDI)が「景気改善傾向が弱まっている」と診断し、景気回復動向がすでに勢いを失っているのではないかとの懸念をもたらしている。

    専門家らの間では「8・2不動産対策」が景気回復動向をさらに鈍化させかねないとの観測も出ている。ここに外国人投資家が韓国証券市場で株式を売り始めており、物価も不安な様相を見せている。

    KDIは6日に発表した「経済動向8月号」で、「昨年10-12月期以降持続してきた景気改善傾向がやや弱まる姿を見せている」と診断した。

    「景気改善傾向は維持されているが、速度はやや緩慢になっている」という先月の景気評価よりも否定的な色合いがさらに深まった。生産、輸出、消費、投資など主要指標の成長傾向が鈍化していたり依然として期待を下回っているというのが理由だ。

    実際に6月の全産業生産は前年同月比1.5%増えるのにとどまり、5月の2.6%より増加傾向が鈍化した。建設既成額(工事した金額)増加率は前年同月比で5月の15.1%から6月は6.5%に落ちた。建設受注増加額はマイナス0.4%など、建設投資関連の先行指標も振るわなかった。

    最も注目されるのはやはり輸出だ。輸出は今年に入り好調が続き景気回復動向を主導してきた。7月の輸出増加率は前年同月比で6月の13.6%より高い19.5%となり、見かけには問題がないように見える。

    だが半導体など特定品目を除くと話は変わる。半導体の57.8%増と船舶の208.2%増を除くと7月の輸出金額増加率は2.8%にとどまった。1-3月期の12.5%や4-6月期の6.8%より大幅に低下した数値だ。

    半導体の場合も「好況サイクル」が終了すればいつでも輸出が鈍化する恐れがある。KDIマクロ経済部のキム・ヒョンウク部長は、「輸出は半導体と船舶を除けばほとんど停滞状況だ。産業競争力を育て企業が本来の事業に集中できる環境を作らなければならない」と話した。

    西江(ソガン)大学経済学科のキム・ヨンイク教授は、「米国経済はバブルが激しく近く消えそうで、中国は構造調整をしなければならない状況だ。対中・対米輸出が減少すれば景気が再び折れる可能性が大きい」と見通した。

    8・2不動産対策の影響による不動産市場萎縮の可能性と外国人の売り攻勢に触発された証券市場の調整ムードも負担だ。

    現代経済研究院長を務めた水原(スウォン)大学のハ・テヒョン特任教授は「不動産政策にともなうある程度の景気萎縮は避けられないが、『不動産ハードランディング(不動産価格急落)』が発生するなら打撃は大きくなるだろう。韓国政府は不動産市場のソフトランディング(段階的価格安定化)を引き出さなければならない」と話した。

    外国人投資家も韓国株式市場から抜け出ている。先月24日から今月4日まで外国人投資家はただ1日(今月2日)を除いてKOSPI市場から資金を引き揚げ続けた。韓国取引所によるとこの期間に外国人投資家が売却した韓国株式はKOSPI基準で2兆3505億ウォン(売り越し基準)に達する。

    ハンファ投資証券のクォン・ヒジン研究員は「現在今の外国人の売り越し差益実現のような一時的要因が大きく作用している。ただ下半期の生産・輸出鈍化の可能性が大きくなっているがこれによる否定的影響は下半期の株式市場で本格的に現れる可能性がある」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/081/232081.html
    http://japanese.joins.com/article/082/232082.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】景気回復するかと思ったら…すでに勢い折れたか[8/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【文でするわけねーだろw】中央日報「景気回復の温もりが広がる前にすでに燃料が切れているのか」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/28(水) 07:31:39.83 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/606/230606.html?servcode=200&sectcode=200

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、「今が韓国経済を回復させることができるゴールデンタイム」と明らかにした。

    文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた閣僚会議で「追加経費さえ迅速に執行されれば、2%台の低成長から脱出して3%台の経済成長を再び開いていけるというのがわれわれ経済チームの展望」としながら「韓国経済と国民の切迫した状況を国会が無視することはないと信じ、野党の協力を丁重に要請したい」と伝えた。

    文大統領は「歴代政府を振り返っても、新政府が発足すれば追加経費を通じて政策基調が整うよう国会が協力し、政府組織の改編にも最大限協力することが政治的道義だった」とし「しかし今は雇用の追加経費や最小限の政府組織改編が国会で議論すらされていないという残念な状況だ」と述べた。

    文大統領は続いて「今回の追加経費は不足している消防公務員の補充と社会福祉サービスの拡大、高齢者の雇用拡充など、ほとんどの地域で使われる予算であり、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)や日照り被害の復旧も支援することができる」とし「国会が国民の代議機関として責任ある役割を果たすなら、国民にとって大きな力になるだろう」としながら追加経費予算案の通過を求めた。

    引用元: ・【韓国】韓国大統領「今が経済を回復させることができるゴールデンタイム」[06/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【頭ん中はいつもゴールデンタイム】韓国大統領「今が経済を回復させることができるゴールデンタイム」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/03/15(水) 05:22:21.42 ID:CAP_USER
     朴槿恵(パク・クネ)前大統領が弾劾訴追によって罷免された韓国で次期大統領選に向けた動きが本格化する中、エコノミストの間では新政権の財政出動により韓国経済を下支えするとの見方が広がっている。

     米銀JPモルガン・チェースのエコノミスト、リム・ジウォン氏は、今後、国内の消費支出が増大するとの見込みから、エコノミストらは政策金利は現在の年1.25%のまま据え置かれ、引き下げは見送りになると予測する。

     同氏がこのほどまとめたリポートで「歴史的にみて、新政権は発足後の数年間、比較的積極的な財政出動を行う傾向がある。韓国国内では新政権が下半期に大規模な補正予算を組むとの期待が高まっている」と指摘した。

     野村インターナショナルのアナリストは、6月にも10兆ウォン(約1兆円)の追加予算が組まれると予想する。中国の韓国団体旅行客数の落ち込みや国内企業のリストラによる経済的な打撃を緩和するのが狙いだ。

     大統領選の最有力候補と目されるのは、最大野党「共に民主党」前代表の文在寅(ムン・ジェイン)氏だ。同氏は雇用創出のための補正予算編成に加えて、増大する家計債務対策を公約に掲げている。

     別の候補者で同党所属の李在明(イ・ジェミョン)氏は、低所得層の家計負債の縮小を掲げている。

     仏ソシエテ・ジェネラル証券のエコノミスト、オウ・スクタエ氏は、「共に民主党」の候補者が当選する公算が大きいと予想する。その理由について、国民の間で家計債務の増大を不安視する人が多いことがあると説明する。

     さらに同氏は、政策金利の引き下げは年内に行われないと予測。その根拠として、輸出業などの経済データが改善しているほか、大統領選挙の候補者らがこぞって記録的水準に達した家計債務の解決策を公約に掲げていることを挙げた。

     英銀バークレイズのエコノミスト、アンジェラ・サイ氏は「早期の大統領選実施によって最近の政情が安定を取り戻し、景況感が大幅改善する可能性もある」と述べた。

     大統領罷免が決定したことを受けて停滞していた国内需要が、大統領選の実施により回復する見込みがあるという。選挙は5月9日までに実施される見通しだ。(ブルームバーグ Jiyeun Lee、Hooyeon Kim)

    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170315/cpd1703150500010-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170315/cpd1703150500010-n2.htm

    no title

    ソウル市内で記者からの質問に笑顔で応じる韓国大統領選候補の文在寅氏=2016年12月5日(AP)

    引用元: ・【韓国】新政権の大型補正期待 市場観測 経済下支え、家計債務不安[3/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【徳政令でも出すんか?】ブルームバーグ「韓国の国内需要、大統領選の実施により回復する」】の続きを読む

    このページのトップヘ